新年、改まった気持ちで今年の運勢を占うおみくじ。

神社などではおみくじ番号で抽選をするところや、おみくじにも色々な種類があり、

毎年楽しみにしているという人も多いのではないでしょうか。

 

ただおみくじの結果は色々な順番があり、

神社などによっては凶や大凶を入れていないというところもありますが、

大吉はうれしいけれど、小吉と吉はどちらがいいのか悩んでしまいますよね。

またどの順番なのか、兄弟同士で勝負したりということもよくありますので、

その点もちょっと気になりますよね。

 

さらに引いたおみくじは、よく神社で結ぶ場所が用意されていますが、

場所がないところでは、

木を傷めるので結ばないでくださいと張り紙がされていることもあります。

そういった場合は結ばなくてもいいのか、処分の仕方に悩みますよね。

 

今回はおみくじの順番やその意味、引いた後はどうすればいいのか、

その方法について詳しくご紹介します。



スポンサーリンク





おみくじの吉は順番でいうと何番目?

おみくじと聞くとまず思い浮かぶのは、

大吉から大凶まで7種類、もしくは5種類あるものではないでしょうか。

実はおみくじの順番や種類は、正式には決まっておらず、

神社やお寺によって、種類が多くあるところや、少ないところがあるのです。

 

おみくじの期限は、かつて政などで重大な決断をする時に、

神様の声を聞くために行われていた「籤引き」が起源とされています。

今のようなおみくじの形となったのは、

平安時代に比叡山延暦寺の高僧である、

元三大師が授かった観音籤が最初とされています。

 

さらに今のように個人の吉凶を占うおみくじとなったのは、鎌倉時代初期からで、

長い歴史があることが分かります。

神社やお寺は日本中に無数にあるため、おみくじの順番については諸説あります。

ここでは基本的な順番についてご紹介していきます。

 

5種類のおみくじの順番

大吉→吉→中吉→小吉→凶、となっています。

ただし神社やお寺によっては、中吉と小吉の間が吉とされることもあります。

 

7種類のおみくじの順番

上記の5種類をさらに区分けしたものも、多くの神社やお寺で取り扱われています。

大吉→吉→中吉→小吉→→末吉→凶→大凶

 

12種類のおみくじの順番

大吉→吉→中吉→小吉→半吉→末吉→末小吉→平→凶→小凶→半凶→末凶→大凶

ただし最近では凶や大凶を入れないという神社やお寺も増えてきています。

 

京都の伏見稲荷大社のおみくじは17種類ありますが、

明治神宮のように比較的おみくじの導入が新しく、

吉凶ではなく歌が使われているところや、

大阪の住吉神社のように、「平」が使われているところなどもあります。

 

おみくじの順番については、それぞれの神社で巫女さんなどにお伺いするのが

一番確実ともいえます。

 

また伊勢神宮では、参拝した日が吉日となるため、おみくじがありません。



スポンサーリンク




おみくじの吉の内容や意味は決まってる?

おみくじの吉については、

大吉の次とされるパターンと、中吉と小吉の後にされるパターンと2パターンがあります。

これは吉についての解釈の違いともいえます。

 

神社やお寺によっては、吉の方が運がいいという考えと、

凶よりはまだ吉の方が運がいいという考え方があるためです。

 

おみくじの種類それぞれはどんな意味があるの?

多く採用されている5種類、もしくは7種類の吉凶の意味についてご紹介します。

 

大吉

 

物事が思い通りに運ぶが、油断は禁物、落とし穴があることも。

 

小吉

 

これから大吉に向かうので希望がある。

 

 

良きことも悪きこともある。

 

半吉

 

吉ほど程度には運はいいが油断はしないよう。

 

末吉

 

良き時期が来るまで忍耐の時期。

また別の解釈でこれから段々末広がりに運が良くなるという説も。

 

末小吉

 

忍耐の時期なので、焦るとかえって良くない。

 

 

新しいことはしてはいけない。

 

おみくじは吉凶よりは運勢の内容が大事!

おみくじを引くと、まず大吉や吉といった吉凶に一喜一憂する人が多いかと思いますが、

実はその下に書いてある内容が大切なのです。

おみくじには大吉でもその運勢によって、

良いことが書かれていたり、厳しい言葉が書かれていたりするのです。

 

一般的に運勢には以下のような内容が書かれています。

 

待人(まちびと)

 

自分の人生に関わり、良い方向に導いてくれる人のこと。

これから出会う、人生に関わってくる人。

 

失せ物(うせもの)

 

なくしたり落としたり失った物。

 

旅行(たびだち)

 

出掛けたり、旅行をすることについて。

 

商売(あきない)

 

売り買いや商売。

 

学問(がくもん)

 

勉強や勉学について。

 

相場(そうば)

 

株の売り買いや株式相場について。

 

争事(あらそい)

 

他人とのいさかいやケンカ、訴訟などについて。

 

転居(てんきょ・やうつり)

 

引っ越しや移住などについて。

 

出産(おさん)

 

出産について。

 

恋愛(れんあい)

 

恋心や恋愛に関すること。

 

縁談(えんだん)

 

結婚や結婚に関わる出会いについて。

 

探し物(さがしもの)

 

探している物について。

 

方位(ほうい)

 

方角や方向について。

行かない方がいい方角、行った方がいい方角など。

 

おみくじの運勢については、難しい言葉で書かれているものもあるため、

一度読んだだけでは内容がよく理解できないということもあります。

ただし、おみくじに書かれている言葉は、今のあなたに送られたメッセージです。

 

おみくじの内容は、おみくじを引いてから1週間程度の期間の運勢とされていますので、

良いおみくじを引いたとしても慢心せず、

また悪いおみくじを引いたとしても、心がけ次第で運が良くなっていきますので、

気にしすぎないことが一番です。



スポンサーリンク




関連記事:正月飾りは再利用して来年も使える?保管方法や処分方法も詳しく解説!

おみくじは結ぶ?結ばないで持ち帰る?

おみくじを引いた時に、大凶や凶だったりすると、

そのまま持って帰ると悪いことを引き寄せてしまいそうだから、

神社やお寺の境内にある木に結んで帰るという人も多いのではないでしょうか。

 

おみくじはその結果が良いものであっても悪いものであっても、

持ち帰っても、また神社やお寺の木に結びつけてもかまわないとされています。

結ぶという言葉には霊的な意味合いがあり、神様との縁を結ぶ意味があるためです。

 

おみくじを結ぶ場合の意味

良いおみくじの場合は、神様や仏様との縁を結び、書かれていることが無事叶うように、

成就を願う意味があります。

また悪いおみくじの場合には、利き手ではない手で結ぶことが修行とされ、

神様や仏様の加護を祈る意味合いがあります。

 

おみくじを持ち帰る場合の意味

神社やお寺におみくじを結ぶ場所がない場合は、

境内の木々を守るためにも、無理に結ばずに持ち帰るのがおすすめです。

おみくじはお守りとは違うため、

書いてあることを教訓として見返すだけでも十分とされています。

 

ただし粗末に扱うことはよくないとされていますので、

必要ないと思った場合には、おみくじを引いた神社やお寺で、

お守りと同じように奉納するといいとされています。

 

また旅先などで引いたおみくじの場合は、お返しに行くことができませんので、

白い紙に包んで捨ててもいいですし、近くの神社やお寺にお伺いして、

問題がなければ処分をお願いするようにしましょう。

関連記事:おみくじの待ち人の意味!来る・来ず・音信あり・驚く事ありはどんな意味?

おみくじを何度も引いたり他の神社やお寺で引いてもいいの?

初詣に行った時に、色々なおみくじがあるから他のも引いてみたい、

最初に引いたおみくじがあまり良くなかったからもう一度引きたい、

そういったことは神様や仏様に失礼にならないか、ちょっと心配になりますよね。

 

おみくじを何回も引いたり、他の神社やお寺でおみくじを引くことは、

問題はないとされています。

もし後で引いた方が良いおみくじであれば、そちらを持ち帰ってもいいですし、

良いことが書いてあるおみくじを信じてもかまわないのです。

 

日本では多くの寺社仏閣がありますし、

八百万の神様がいると古くから信じられているので、

他の神社やお寺をお参りしても、それがいけないこととはされていません。

 

また大きな神社やお寺では、広い敷地に多くの神様や仏様が祀られていますので、

そこを訪れるだけでも多くの神様にお参りしているのと同じことといえます。

そのため、何度もおみくじを引いたとしても、

それが罰当たりなことにはなりませんので、安心してください。

 

もし最初に引いたおみくじが悪い運勢だったら、

良い運を願って引き直してもいいかもしれませんね。

 

おみくじを引く際には、初詣の時のように、

これからの未来の吉凶を占う意味合いと、

願い事が叶うかどうか、叶えるためにはどう行動すべきかを、

おみくじの言葉で示してもらうという2つの意味合いがあります。

そう考えると、おみくじを最低でも2回は引いても大丈夫ということなのです。

 

次におみくじを引く場合には、

ぜひ願い事を頭に思い浮かべながら引いてみましょう。

参考になるアドバイスが書かれているかもしれません。

 

おみくじ入りの可愛いおせんべいのプチギフトです。

お餞別やお礼に贈るのもおすすめの大きさで、値段もお手頃です。

おみくじが大好きな女性に特に喜ばれるギフトなので、

ぜひ結婚式のプチギフトにも、たくさん用意してみてはいかがでしょうか。

気になる凶が入っていないのもうれしいですね。



スポンサーリンク




関連記事:お賽銭の金額の意味!縁起のいい金額は?

まとめ

初詣でおなじみのおみくじに書かれている吉や凶の順番や、

その意味についてご紹介しました。

いかがだったでしょうか?

 

おみくじを引く時には、つい大吉や大凶を気にしてしまいがちですが、

大切なのは中に書かれている運勢の言葉です。

今あなたに必要な言葉が書かれていますので、

じっくり読んで、これからの指針の参考にしてみましょう。

 

そうはいってもあくまでもおみくじはあくまでもアドバイスなので、

その言葉に振り回されないことも大切です。

おみくじに書いてある言葉に感謝しながら、行動するようにしたいですね。



スポンサーリンク