最近、話題になっているステンレス製の指輪。

ステンレスというと、一番最初に思い浮かぶのはキッチンシンクではないでしょうか?

そのため、ステンレスの指輪と聞いても、想像が付かない方もいるかもしれませんね。

 

実は、ステンレスには様々なメリットがあり、結婚指輪に選ぶカップルも

増えてきているんですよ!

今日はステンレスの指輪はお風呂で着けていても大丈夫なのかという

素朴な疑問から、ステンレスのメリット・デメリットをまとめてみました!

 

これから指輪の購入を考えている方はぜひご参考にどうぞ!



スポンサーリンク





ステンレスの指輪はお風呂で着けても大丈夫?傷や変色の心配は?

まず指輪に関して気になることと言えば、傷や変色などの劣化ですよね。

結婚指輪はもちろん、大切な人からもらったプレゼントなどは

いつまでも最初の美しい状態を保ちたいものです。

 

そして人によっては、指輪は一日中はずさずに、お風呂にも着けて入る

という習慣がある方もいますよね。

そこで気になるのは、そもそもステンレスの指輪を着けてお風呂に入っても

指輪にダメージはないのか?ということ。

 

結論としては、指輪を着けてお風呂に入ってもOK!

さらに言うと、温泉やプールに着けて入って大丈夫なんですよ。

 

お風呂ならまだしも、温泉やプールにはいろいろな成分が含まれているので

アクセサリーに影響が出そう・・・と心配になりますよね。

もちろん、他の素材でできたアクセサリーは温泉に浸けたとたんに変色したりするので、

素材によってはNGです。

 

では、なぜステンレスはOKなのか?

次の項目で解説していきたいと思います!

 

ステンレスの最大のメリットは?

お風呂や、温泉、プールでも大丈夫なステンレスの指輪。

そこからもお気づきかもしれませんが、

ステンレスの最大のメリットは、錆びにくいこと!!

 

とくに、「サージカルステンレス」という医療器具にも使われるものなら

ステンレスの中でも、耐蝕性が強いと言われていますよ。

 

ステンレスというのは、英語で書くとSTAINLESSとなりますが、

これはシミや汚れを意味するSTAINと、少ないという意味のLESSを

合わせた言葉なんですよ!

これでステンレスの強さにも納得ですよね。

 

指輪ははずして、どこに置いたか忘れてしまったり

うっかりどこかに落としてしまったりして、苦い経験があるという方も

少なくないのではないでしょうか?

そういった経験がある方や、指輪を肌身離さず着けておきたいという方、

そして指輪の着けはずしが面倒!という方にはぴったりな素材ですね。

 

ステンレスの指輪のお手入れ方法は?

日常使いに向いていると言えるステンレスの指輪ですが、

もちろん全くお手入れをしなくてもいいというわけではありません。

放置していると、ツヤがなくなってしまうんですよ。

 

しかし、ステンレスはお手入れも簡単です!

シリコンクロスで磨くだけででOK。

シリコンクロスは、薄い皮膜を形成してくれるので光沢を保ってくれる働きがあります。

 

ここで注意しないといけないのは、研磨剤入りのクロスは使用しないこと!

せっかくのコーティング加工が薄くなってしまうので、劣化させてしまいます。

クロスを選ぶときには、しっかり確認しましょうね。

 

こういったジュエリー用のシリコンクロスを使えば、

指紋やホコリを除去し、錆やカビの発生を防いでくれます。

 

指輪を毎日はずす方なら、アクセサリーケースに戻す前に磨いたり

はずす頻度が少ない方なら、気になったときに磨くだけでも

ステンレスの光沢を保てます!

ぜひ、アクセサリー購入の際に一緒にそろえておきましょう。



スポンサーリンク




こんなにもある!ステンレス指輪のメリットをご紹介

ステンレスのメリットは、錆びにくいということだけではなく、

他にも、もっとあるんですよ!

ここではメリットをまとめてご紹介してみたいと思います。

 

金属アレルギーが出にくい

金属アレルギーのせいで、ほとんどアクセサリーをつけられないという方もいますよね。

そんな方でも、ステンレスがアレルギーを起こしにくいと言われています。

なぜなら、金属アレルギーはニッケルという成分がその原因になっているのですが、

ステンレスは特性上、表面に溶け出すことが少ないんです。

 

ちなみに先ほどご紹介した、

サージカルステンレスはさらにアレルギーを起こしにくく

人間の肌にもなじむと言われているので、

重度のアレルギーがある方にはおすすめです。

 

傷がつきにくい・変形しにくい

ステンレスは、非常に強度に優れた素材です。

そのため傷がつきにくく、変形にもとても強いんですよ。

指輪は毎日着けるという方にはおすすめの素材と言えますね。

ちなみにステンレスは熱にも強いので、熱による変形の心配もありません。

 

私の友人は、ご主人が仕事柄、手を酷使するという理由で

結婚指輪をステンレス素材のものにしていましたよ!

外仕事が多い方や、作業が多い方などにはもってこいの素材ですね。

 

値段が安価

ステンレス素材の指輪は合金なので、

比較的お手頃な値段で購入することができます。

 

たとえばプラチナの指輪で結婚指輪、もしくはペアリングを揃えるなら

安く見積もっても、10万円以上はかかります。

しかしそれがステンレスなら、2~3万円で揃えることができるんですよ!

 

結婚の前後は何かとお金がかかるので、費用を抑えたいカップルや

学生さんカップルのプレゼントとしても、ステンレスは重宝しそうですね。

 

サージカルステンレスを使ったペアリングでも、

ぱっと見てステンレスと気付く方は少ないのではないでしょうか?

 

輝きもなめらかな曲線も金属の指輪と遜色ないので

ちょっと予算が厳しいときや、カップルのどちらかに金属アレルギーがある場合でも

あきらめずにペアリングを楽しむことができますよ!



スポンサーリンク




ステンレスの指輪のデメリットも知りたい!

ここまでは、ステンレスの指輪を選ぶメリットをご紹介してきましたが、

やはりデメリットもいくつかあります。

詳しくご紹介してみたいと思いますので、しっかり読んでくださいね!

 

デザインが少ない

先ほどの項目でご紹介したステンレスのメリットである「変形しにくい」という特徴が

紙一重でデメリットにもなり得ます。

なぜかというと、硬い素材であるがゆえ、凝ったデザインがしにくいのです。

 

そのためステンレス素材の指輪はシンプルなデザインのものが多くなりがち。

もし一般的な指輪のように、細かいデザインを注文すると

ゴールドやシルバーの指輪を購入するより、高くついてしまうこともあるんですよ。

 

サイズ調整が難しい

これも先ほどのデザインの難しさと同じ理由、ステンレスの強度から

サイズの調整が非常に難しいという難点があります。

 

長くひとつの指輪を着けていると、太ったり痩せたりして

どうしてもサイズが少し合わなくなることがありますよね。

 

一般的な指輪なら、購入した店舗やその取り扱い店に持っていけば

サイズ調整をしてくれますが、

ステンレスの場合にはお店によっては、受け付けてもらえないことも!

そうなると、新しいものを購入したほうが安くて早いこともあるんですよ。

 

体型が変化しやすい方にとっては、要注意ですよね!

関連記事:エナメル靴の汚れの落とし方!除光液は効果ある?黄ばみはどうする?

 

資産価値がない

こちらも安価に購入できるというメリットと背中合わせですが、

ステンレスは合金であるため純粋な金属ではありません。

そのため金などと違って、大切に残しておいても価値は出ません。

 

なにかあった場合に売ってお金の工面の助けにするという役目は

果たしてくれませんので、それは知っておきましょう。

 

取り扱い店舗が少ない

そもそも、ステンレスの指輪は広まってきているものの

やはり取り扱っているブランドはまだ少ないのが現状です。

 

そのため結婚指輪などで人気のあるブランドや

ハイブランドで取り扱っていない可能性は非常に高いので

そういったこだわりはあきらめなくてはいけないということになります。

 

また取り扱い自体はあっても、店頭に置いていないこともあり

実際に手にとって見ることができないなんてことも。

いろいろ試着して気に入ったものを選ぶことができないので、

おそらく女性にとっては指輪を選ぶ楽しみが半減してしまうかもしれませんね。

関連記事:雨の日は髪の毛がボサボサ・チリチリ!簡単にできる湿気対策をご紹介!

 

はずれなくなる可能性がある

そして最後に、これもステンレスの強度に関係してきますが

万が一、指輪が抜けなくなったときに切断することが簡単にはできません。

 

たとえば指がむくんでしまって、指輪がどうしてもはずれなくなってしまった時に

シルバーなどの一般的な指輪であれば、消防署などで切断してもらうことができます。

 

病院にもステンレスを切断できる機械を置いているところは少ないので

指輪がはずせなくなって、うっ血してしまうと大変なことになりますよね!

ちなみにステンレスは、歯医者にある歯を削る機械なら削れることもあるようです。

 

普段からむくみが気になる方や、むくみやすい体質の方は

避けたほうがいいかもしれませんね。



スポンサーリンク




関連記事:キュービックジルコニアとは?価値やダイヤモンドとの違いについて詳しく解説!

まとめ

いかがでしたか?

ステンレスは錆びにくく、非常に強度が高い素材であるということが分かりましたね!

そのためお風呂や温泉などは問題なく着けて入ることができます。

 

しかしたくさんあるメリットの反面、それがデメリットにもなるので

よく理解したうえで、自分の体質や仕事、ライフスタイルに合っている

という方には、とっても相性のいい素材になるでしょう!