初詣に行くと、

新たな年の運勢を知りたい!と

おみくじを引く方も多いと思います。

 

大吉が出れば嬉しいですし、

反対に凶などが出ると、

気を付けて過ごさねば、と思いますよね。

 

おみくじの種類は

大吉から凶まで数種類ですが、

その中に「平」というものが存在するのを

知っていますか?

 

この「平」、なかなかレアなおみくじで

知っている人はもちろん、

引いたことある!という人は

あまりいないようです。

 

そもそも「平」って

なんて読むのでしょう?

ひら?たいら?へい??

また、平とは一体どんな運勢を持つ

おみくじなのでしょう?

謎が多いですね。

 

今回はおみくじの「平」について

読み方や運勢の順番、

平の出る確率などを

まとめてご紹介します。



スポンサーリンク





おみくじの平とは?読み方は?

おみくじの「平」、

一般的な読み方は「たいら」です。

しかし、場所によって読み方が異なるので

「ひら」や「へい」と読んでも

 

間違いではないそうです。

 

「平」はかなりレアなおみくじで、

用意している神社も限られているようです。

「平」が引ける神社や

「平」が出る確率については、

後ほどご紹介しますね。

 

気になる「平」の意味は、

書いて字のごとく、

「可もなく、不可もなく」

だそうです。

 

珍しい割に意外と普通ですが、

「平穏無事こそが尊い」という

神道の基本の考えを表しています。

 

また占いの中には、

中国から伝わった易占いというものがあります。

易占いでは「大吉」の場合

運気の良い今より今後下がる一方なので、

大吉は良くないとされています。

 

反対に「凶」の場合、

これから運気が上がる良い結果だと

考えられていますが、

今の運気が良い訳ではないので

最善ではありません。

 

このような理由から、

易占いでは平穏無事、

平和な「平」が

1番良い結果だと考えられています。

 

ここまで読むと

「で、結局「平」って良いの?普通なの?どっち!?」

と疑問を抱くかもしれません。

 

「平」は何番目に良いおみくじなのでしょう?

順番を見てみましょう。



スポンサーリンク




おみくじの順番!「平」は何番目に良い?

基本のおみくじの順番

おみくじの運勢は

以下の順番になっています。

 

大吉→吉→中吉

→小吉→半吉→末吉

→末小吉→凶→小凶

→半凶→末凶→大凶

 

「吉」は上記の通り、

大吉の次の良いと言われたり、

小吉の次に良いと言われたりと、

諸説あるようです。

 

「平」を抜いても12種類も

あるなんて、知っていましたか?

しかしちょっと多すぎる気もしますね。

「末小吉」や「小凶」なんて、

見たことあったっけ?という印象です。

 

実は、

「大吉、吉、中吉、小吉、末吉、凶、大凶」

しか用意していない神社も多いそうです。

12種類(+平)、全てある神社は少ないんですね。

 

「平」は何番目?「平吉」とは?

気になる「平」の順番は、

「末吉(末小吉)」と「凶」の間で、

ちょうど真ん中あたりです。

 

可もなく不可もなく

平穏無事、平和

良くも悪くもない

といった意味を持ち、

先程も述べた通り、

レアな割に意味も順番も普通です。

 

せっかく珍しいものを引いた!

と思っても、

微妙な運勢でガッカリしてしまうかも

しれませんね・・・

 

しかし、易占いでは1番良いとされていたように、

神社によって

少しずつ解釈が異なります。

 

例えば、「凶」がない代わりに「平」がある場合、

「平」は「凶」の意味になり、

「平」も「凶」もある場合は、

「可もなく不可もなく」で

中間あたりの運勢になると言われています。

「平」が出たら、神社で聞いてみるといいですね!

 

また、これも神社によりますが、

「平」だけでなく

「平吉(たいらきち)」と呼ばれるものも

存在します。

 

「平吉」の順番は「平」とほぼ同じで、

神社によって普通だったり、

「凶」の意味だったりします。

 

では「平」はどこの神社にあって、

どのような位置づけになっているのでしょうか?



スポンサーリンク




「平」が出る神社や確率!神社別の「平」の位置づけは?

「平」が出る神社・確率は?

おみくじで「平」が出る場所は

数か所、かなり限られています。

 

2017年の年末時点で、

「平」が入ったおみくじがある神社は

次の8つです。

・埼玉県 氷川神社

・長野県 戸隠神社

・大阪府 住吉大社

・京都府 石清水八幡宮

・京都府 伏見稲荷大社

・京都府 下鴨神社

・香川県 金刀比羅宮

・広島県 厳島神社

 

※今後この8つ以外にも、

「平」をおみくじに入れる神社が

増加する可能性もあります。

 

実はおみくじはお寺にもあるのに、

「平」が引けるのは神社だけです。

何故でしょう?

 

平安時代、天台宗の僧である「良源」が考案し、

改良を重ね、江戸時代に広まった

「元三大師御籤(がんざんだいしみくじ)」が

現在のおみくじの元となるものです。

 

元三大師御籤は仏教色が強く、

その結果には漢詩が用いられていました。

仏教の僧が考案したので当然ですね。

 

当時(現在も・・・?)、

日本は神道と仏教の区別が

ハッキリとされていなかったので、

神社でも同様の漢詩のおみくじを使っていましたが、

明治維新の際に明治新政府により、

「神仏分離政策」が行われたことにより、

状況が大きく変わってきます。

 

神仏分離政策は、

神道(神社)と仏教(お寺)を

しっかり区別しようというものです。

 

この政策により、神社では

漢詩のおみくじの使用をやめ、

和歌を用いたオリジナルのおみくじを

作りました。

 

「平」もこうして作られた

神社オリジナルのおみくじなので、

お寺のおみくじには入っていないんですね。

 

「平」だけでなく、恋みくじなどの

個性的なおみくじがあるのも、

ほとんどが神社です。

 

こうした歴史的背景も持つ「平」、

出会える確率がかなり低いですが、

何%だと思いますか?

 

なんと、「2%以下」だそうです!!

「平」には色々な意味があるとはいえ、

出たら超ラッキーですね!!!

 

「平」は中間的な意味を持っていますが

神社によって運勢が変わる場合もある、

と言いました。

 

それぞれの神社で、

「平」がどのような意味になるのか

見てみましょう。

 

「平」の意味「氷川神社」

埼玉県の氷川神社のおみくじには

「平」の他に

「平吉」「吉平」が入っています。

 

この2つは

大吉→吉→吉平→平吉

と、かなり上位に位置しています。

 

「平」は

「平穏で穏やかな状態なので、今の状態を保つのが良い」

と説明されており、

「吉」モノと「凶」モノの間、

ちょうど真ん中辺りの順番です。

 

「平」の意味「戸隠神社」

長野県の戸隠神社は、

おみくじ発祥の地だと

言われています。

 

ここでも「平」は

「吉と凶の間」です。

また、「中吉や半吉とは違う」

とも言われています。

 

「平」の意味「住吉大社」

大阪府の住吉大社では

大吉→吉→末吉→平

→吉凶相交→凶末吉→凶向吉→凶

の順となっています。

 

「平」はやはり、

「良くも悪くもない」ようです。

凶が多いので、若干良い印象を受けますね。

 

 

「平」の意味「石清水八幡宮」

京都府の石清水八幡宮では、

「平」は大吉と同じ扱いになります。

 

「平」自体は可もなく不可もないので、

吉か凶か判別しにくいですが、

運気が安定し今の状態がしばらく続く、ということで

良い運勢だとされています。

 

また、石清水八幡宮のおみくじには

「平」の他に、「未分(いまだわかれず)」という

珍しいおみくじも入っています。

これは、未だ運勢が定まっていないので、

これからの行動によって

吉にも凶にも運命が分かれる、という意味のものです。

 

大吉や平以上に、引き当ててみたいおみくじですね!

 

「平」の意味「下鴨神社」

京都府の下鴨神社は縁結びで有名な神社です。

下鴨神社のおみくじには

「凶」がありません。

と、言うことは!

「平」が「凶」と同じ扱いとなります。

 

ちなみに、下鴨神社の「恋みくじ」は、

よく当たると言われています。

大事な恋の運勢なので、

「平」はあまり引き当てたくない!

と、思うかもしれませんが、

もし「平」が出ても、

恋が成就しないというわけではありません。

 

そもそもおみくじは、くじ引きなどのように

その場の運試しをするものではありません。

より良い結果を出すために、

神様にアドバイスを頂くものなのです。

 

ですから、結果よりも

おみくじに書かれたアドバイスを

しっかりと読んで、

今後の運気アップに努めてくださいね!

 

「平」の意味「金刀比羅宮」

香川県の金刀比羅宮のおみくじは

大吉→吉→平→小吉→末吉

の5種類しか入っていません。

 

「凶」はありませんが、

「平」はちょうど真ん中で

可もなく不可もなく普通、

という結果となっています。

 

「吉」のつくものばかりなので、

どの結果が出ても

あまりガッカリしなくて良さそうですね。

関連記事:おみくじの吉の内容や意味!結ぶ、結ばない?

 

「平」の意味「厳島神社」

広島県の厳島神社でも、

「平」は真ん中あたりの順番です。

 

「吉でも凶でもなく、波風の立たない穏やかな状態」

だと言われています。

 

また、京都府の伏見稲荷大社も

特に悪い結果であるという情報は

ありませんでしたので、

伏見稲荷大社の「平」も、

可もなく不可もない、という結果だと言えます。

 

レアな「平」なので、

「凶」の扱いになる下鴨神社でも、

もし引いたら嬉しい気もしますが、

せっかくなら「大吉」と同じ結果の

石清水八幡宮の「平」を引いてみたいですね!

関連記事:おみくじの待ち人の意味!来る・来ず・音信あり・驚く事ありはどんな意味?

「平」が出たら境内に結ぶ?結ばない?

悪い結果のおみくじが出たら、

境内に結んで帰ることがあると思います。

しかし、結ばなくても特に問題はありません。

 

悪いおみくじにも「神様からのアドバイス」が

書かれていますから、

その内容を忘れないように、

大切に持ち帰っても良いのです。

 

また、引いたおみくじを結ぶか、

持ち帰るかは、

神社によっても異なります。

 

最近では環境問題の点から、

持ち帰りを推奨する神社もありますので、

神社の貼り紙を見たり、

巫女さんに聞いたりして、

確認してくださいね。

 

「平」のような珍しいおみくじは

ぜひ持ち帰って保管、自慢したいですよね。

しかし、いつまでも財布などに入れておくと、

無くしたり汚したりしてしまいます。

 

おみくじをキレイに保管したい場合には

「おみくじ帳」がオススメです。

 

 

のりやテープは必要なし、

日付や社寺名なども書き込める、

便利な一冊です。

 

伝統的な技術を持った職人による

手作りの商品なので、

非常に上品で繊細な仕上がりです。

 

運勢やアドバイスを

見返すのにも便利ですし、

全国の色々なおみくじを

収集、保管する楽しみにも

なりそうですね。



スポンサーリンク




関連記事:半吉の順番や読み方!末吉・中吉・小吉とどっちがいい?確率は?

まとめ

おみくじの「平」の出る神社や確率、

「平」の運勢の順番などを

ご紹介しました。

 

平穏無事な運勢の「平」は、

大吉にも凶にもなりますが、

とても珍しいものなので、

引いたら運が良いと言えるでしょう。

 

ぜひ、「平」のある神社に足を運んで、

おみくじを引いてみてくださいね。