うっかり洋服のポケットに

何かを入れたまま洗濯してしまった!

一度は経験ありますよね?

 

ちょっとした小物などならまだしも

ティッシュや紙類だと

他の洗濯物にも付着して、最悪!

 

これ、もしも、お札だったら

どうなるのでしょうか。

 

お札を洗濯したらやっぱり

グチャグチャに破けてティッシュのように

他の洗濯物にまとわりついたり

してしまうのでしょうか。

 

そして、そのお札の運命は?

 

今回は、お札を洗濯してしまった場合の

あれこれについて調べてみました。

 

縮むっていう噂があるけど、本当?

洗濯して縮んだお札は使える?交換方法は?

 

一緒に見ていきましょう!



スポンサーリンク





洗濯したお札はどうなる?

ティッシュや紙類などを

洗濯してしまった場合

洗濯層の中がエライことに

なってしまいますよね!

 

自分がやってしまっても

ガックリ苛立ちますが

家族が原因だとしたら

呼び出しです!(笑)

 

紙類の洗濯については

そんなイメージがありますが

同じような紙類であるお札の場合は

どうなのでしょうか。

 

実は、お札を洗濯しても

そう簡単には破れることは

ないそうです。

 

もちろん洗濯の水に濡れるので

ビショビショでグチャグチャな

お札にはなりますが、

破れることはほとんどないそう。

 

なぜ、お札は洗濯しても

破れないのか。

その理由は、お札に使われている原料!

 

通常、私達がよく目にする

コピー用紙などの紙はパルプが原料に

使われています。

ところが、お札は

 

・みつまた(三椏):高級な和紙に使われ、柔らかくて光沢がある繊維を持つ植物

・マニラ麻:バナナと似たハショウ科の植物、軽くて水に浮く性質がある

 

などを特殊加工して使われている為

丈夫で破れにくいそうです。

 

とはいえ!

 

破れはしないものの

洗濯したお札は乾かしてみると

縮んでいることが多いそう。

 

1~3ミリ程縮むことが

あるそうで、この縮んだお札は

元に戻すことは出来ないそうです。

 

え?元に戻せない?

 

と、いうことは

洗濯して縮んだお札は使えない?

それとも使える?

 

気になりますよね!

次の項目で詳しく見ていきましょう!



スポンサーリンク




洗濯して縮んだお札は使える?

お札をうっかり洗濯してしまっても

破れることはほとんどないことが

わかりました。

 

さすが日本の造幣技術!

心強いですよね。

 

ただ、洗濯してしまったお札は

縮んでしまうとのこと。

この縮んだお札は使えるのでしょうか。

 

この答えは、

 

「法的には、洗濯して縮んだお札の

使用を禁止するなどの規制はない」

 

そうです。

 

ただ、銀行としては

出来るだけ縮んだお札は

使わないようにと

案内をしているそうです。

 

特に、自販機などの機械を

通す場合はNG!

 

機械の故障などに繋がる場合も

あるので縮んだお札は

使用しない方がいいそうです。

 

通常の買い物には問題ないとも

されているそうですが、

買い物をした際に縮んだお札を出して

 

「あれ?このお札・・?」

 

などと、お店の方に

不信がられてもイヤですよね?

 

なので、縮んだお札は

交換したほうが安心かもしれません。

 

縮んだお札の交換方法については

後程、詳しく解説しますが

お札が縮んだ程度であれば

基本的にはどの銀行でも

交換してくれるそうですよ。



スポンサーリンク




お札が破れてしまった場合は使える?

洗濯してしまって縮んだお札は

自販機などでなければ

使うこともできるようでしたが

出来れば銀行などで

交換することが望ましいようでした。

 

では、万が一、お札を洗濯してしまって

縮んだだけでなく、破れてしまった場合は

どうなのでしょうか。

 

洗濯をしてしまった場合だけでなく

何かの拍子にお札が破れてしまうことも

あるかもしれません。

 

その破れたお札は使えるのでしょうか?

 

調べてみたところ、程度にもよりますが

少しだけピリっと裂けているくらいなら

使えることが多いようです。

 

とはいえ、やはり自動販売機などは

故障などのトラブルの原因になる可能性が

あるので使わない方がベター。

 

また、最近ではスーパーのレジでも

自動精算の導入などで

機械でお札を投入することも多いので

注意が必要です。

 

直接人に手渡しするレジでの

買い物などに使うほうが

安心のようです。

 

とはいえ、破れたお札を

レジに出すのって

ちょっと躊躇しますよね?

 

私は以前、店頭で働いていた時に

ビショビショに濡れたお札を

出されたことがあって!

 

その時は、上司の指示で

濡れたお札を受け取りましたが

気分としては良いものでは

ありませんでした。

 

実際のところ、

ピリッと破れたお札だったり

破れた個所をセロテープなどで

補強してあるお札は

受け取るお店側としても

 

そのお札の金額が低くなる可能性がある

金融機関に入金する際などに手間取る可能性がある

 

などから、当然ながら

あまり喜ばしくはないそう。

 

出来れば、銀行などで交換して

きれいなお札で気持ち良く

買い物をした方がいいのかも

しれませんよね。

洗濯して縮んだお札や破れたお札の交換方法は?

洗濯して縮んだお札や

破れたお札は出来れば

交換したほうがいいようでした。

 

自分が受け取ったらイヤだなと

思うお札はやはり

使わないようにするのも

ひとつのマナーかもしれません。

 

では、さっそくお札を交換しに

行きましょう!

 

とはいえ、縮んだお札や破れたお札は

どこで交換する?交換方法は?

縮んだお札も破損したお札も

すべて近所の銀行で交換してくれるの?

 

実は、お札の交換方法には

お札の状態や破れ方などによって

いくつかの決まりやルールが

あるようです。

 

どんなルールがあるのでしょうか。

詳しく見ていくことにしましょう!

 

お札の破れ方によって交換金額が違う?

これはお札が縮んだどころではなく、

お札が破れてしまった場合になるのですが

お札が破れてしまった場合

その破れたお札の状態によって

交換の金額が変わってくるそうです。

 

具体的には

 

・破れたお札が、2/3以上残っている場合:全額交換できる

・破れたお札が、2/5以上2/3未満残っている場合:半額の金額と交換できる

・破れたお札が、2/5未満しか残っていない:交換できない

 

に、なるそう。

 

なので、お札を洗濯してしまって

縮んだくらいであれば全額交換は出来ますが

破れて、お札のその残りが、2/5未満の場合は

交換不可能になってしまうそうです。

 

縮んだお札や2分割に破れたお札の交換方法!

お札は、たとえ破れても

2/3以上残っていれば

全額交換してくれることが

わかりました。

 

丈夫なお札ですから

洗濯してしまったくらいであれば

縮んだり破れたりはしても

恐らく、お札の全面は

残っていることが多いはずです。

 

さっそくお札を

交換しに行きたいところですが、

実はお札の交換場所は

破れ方によって違ってくるようです。

 

具体的には、お札が全面手元にあっても

その破れ方が2分割なのか3分割以上なのかで

交換場所や交換方法が違ってきます。

 

まずは、縮んだお札や

2分割のお札から!

 

手元のお札が縮んだ場合や

お札が全面残ってはいるが

2つに破れてしまった場合の

交換場所や交換方法について

見ていきましょう。

 

お札が縮んだ、ピリっと裂けた

2つに破れてしまった場合の交換場所は

 

両替業務を行っている

金融機関であればどこでもOK!

 

に、なるそうです。

 

都市銀行をはじめとする銀行や

信用金庫などでも交換してくれるそう。

 

じゃぁ、郵便局でも交換してくれる?

 

何となく郵便局でも

縮んだり破れたりしたお札の交換は

してくれそうなイメージがありますよね?

 

ところが!

 

郵便局では基本的には両替業務を

行っていない為、お札の交換が

できない場合が多いそう。

 

ただ、中にはサービスのひとつとして

お札の交換をしてくれる郵便局も

あるそうなので、一度確認してみても

いいかもしれませんよね。

 

また、交換方法にてついても

とても簡単!

 

金融機関の窓口でお願いすれば

中には両替表を書くように言われる

場合もあるようですが、基本的には

身分証明書、手数料、なんらかの書類等の

必要はなくお札を交換してくれるそうですよ。

関連記事:財布の使い始めに良い日2019!風水でベストなのはこの日!

 

3分割以上に破れたお札の交換方法!

お札が縮んだ場合や2分割に破れた場合は

わりと簡単に交換ができるようでした。

 

では、3分割以上にお札が

破れてしまった場合は

どのように交換するのでしょうか。

 

実は、お札が3分割以上に

なってしまった場合は

鑑定が必要になるそうです。

 

その為、日本銀行か

全国に32店舗ほどある

日本銀行の支店で

お札を交換する必要があるそう。

 

もちろん鑑定するので時間もかかり

日本銀行で鑑定し、交換可能であれば

自分が持っている口座に振り込んでくれる

という交換方法になるので

2~3週間はかかってしまうそうです。

 

また、手数料はかからないものの

日本銀行に交換の申請に行く際には

免許証やパスポートなどの

身分証明書も必要で

書類等の記入も必要になるそう。

 

また、お札の交換で日本銀行に

実際に出向く際は電話などで

予め必要なものを確認することを

日本銀行では推奨しているそうです。

 

3分割以上に破れてしまった

お札の場合は、ちょっと交換が

大変になるようですね。

 

もし、日本銀行が近くにない!

支店であっても遠方にしかない!

 

そんな場合は、自分が口座を持っている

銀行でもお札の交換ができるそうです。

 

ただ、その銀行から日本銀行にお札が送られ

鑑定され口座に振り込まれるという

流れになるので、日本銀行に

直接持ち込むよりも交換の時間は

かかってしまうそうです。

関連記事:銀行で小銭を入金する時の手数料や枚数制限は?休日もできる?

破損がひどいお札も交換できる?

色々とルールがあるとはいえ

交換金額の違いはあっても

2/5以上お札が残っていれば

交換できるのは嬉しいですよね!

 

万が一、お札を洗濯してしまったとしても

2/5以上お札が残っていれば

交換してもらえるようです。

 

しかも手数料はかからない!

 

この手数料がかからないというのは

日本銀行法で定められているそうで

どんなお札の状態であれ

お札を交換する際には、手数料は

かからないと決められているそうです。

 

とはいえ、どんな状態の

お札であれ・・とは

どこまでの状態のことを

言うのでしょうか。

 

気になりますよね?

ちょっと調べてみました。

 

例えば、シュレッダーにかけてしまったお札や

燃えて灰になってしまったお札は?

交換してくれる?

 

 

この答えは、交換してくる

 

そうです。

驚きですよね!

 

とはいえ、シュレッダーしてしまった

紙の欠片を集めてテープで貼って

元のお札の状態にしないとならないそう。

 

シュレターに細断された

欠片のままではお札と

見なされず交換が出来ない

可能性が高いそうです。

 

また、燃えてしまって灰になった

お札につては、そもそもお札には

特殊なインクが使われている為

お札と鑑定することが可能なのだとか。

 

灰になってしまっても

お札であると鑑定できれば

交換ができる可能性があるそうです。

 

ただし!

 

やはり、出来る限りお札の原型を

とどめることが大切で

細かい灰もしっかりと集めて

容器に入れて持って行く必要が

あるようです。

 

なお、交換場所については

先のお札が3分割以上に

破れてしまった場合と同様に

日本銀行か自分が口座を持っている

銀行での交換になるそう。

 

ちょっと気が遠くなりますよね!

細断されたお札や灰になったお札を

集めて日本銀行へ・・などと、考えると

ちょっとゾっとします。

 

とはいえ、大切なお札です!

諦めずに根気よく集めて

交換してもらうようにしましょう!



スポンサーリンク




関連記事:風水で寝室のベッドの位置や向きはどうすればいい?ベッドカバーの色は?

まとめ

お札を洗濯して縮んだり

破れたりした場合は使えるのか

また、その交換方法などを見てきました。

 

洗濯して縮んだお札は

自動販売機などでなければ

使えることもあるようですが

マナーとしては、きれいなお札に

交換することが望ましいようでした。

 

シュレッダーや燃えてしまった

お札でも交換が可能なこともあるようなので

うっかりお札を洗濯して縮んでしまっても

それほど心配はいらないようでしたよね。

 

とはいえ、洗濯前にはしっかりと

ポケットのチェックを!

 

大事なお札ですから

大事に扱うようにしましょう!



スポンサーリンク