「上様」と言えば、思い出すのは有名な時代劇、

暴れん坊将軍に出てくる徳川吉宗公の呼び名ではないでしょうか。

ですが実は、領収書の宛名にも「上様」と書くことがあるのを知っていますか?

 

でも、宛名には名前や会社名を書くところです。

「上様」なんて書いて通用するのでしょうか。

 

それにそもそもなぜ、領収書で上様なんて書く風習があるのでしょうか。

 

ここでは上様の意味や、読み方や由来、領収書で使うのは禁止なのかどうかを説明します。

領収書の宛名に上様と書いてもらおうかどうか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね。



スポンサーリンク





上様の意味、読み方や由来は?

では、上様の意味や由来、読み方やについて説明しましょう。

 

まず意味についてですが、多くの方が知っている時代劇で使われる「上様」と

領収書で宛名として書かれる「上様」は意味が違います。

 

時代劇の上様の意味は、「天下を治めている人」です。

 

天下を治めている人をそう呼ぶようになった由来ですが、

当時の日本では天下を治めている人というのは偉過ぎて雲の上の存在だったので

名前で呼ぶのも恐れ多く、「上にいる人」=「上様」という由来から

そう言った敬称が生まれたそうです。

 

また上様という呼び方は偏移があり、

昔は天皇の事を指しましたが時代が進むと室町時代には大名に、

そして江戸時代には将軍を指すようになりました。

 

暴れん坊将軍の吉宗は徳川幕府のトップなので、そう呼ばれても不思議ではないですね。

上にいる人というのが由来なので、「上様」の読み方は、「うえさま」です。

 

一方領収書で宛名として書かれる「上様」の意味は、

「上得意(じょうとくい)」「上客(じょうきゃく)」です。

 

上得意、上客というのはどちらも

「取引をたくさんしてくれたり金払いがとても良かったりする、商売上のありがたい客」

の事です。

 

上得意先、上客が略されて「上様」となったのですから、

こちらの上様の読み方は、「じょうさま」となります。

 

でも、なぜ領収書に直接相手の名前や会社名を書かないのでしょうか。

おそらくそれは、そのお金の使われ方に理由があるように思われます。

 

昔は、今後も取引で贔屓してもらえるように

特別な上客や上得意先には会社の経費で食事を奢ったり品をプレゼントしたり

今でいう根回しや賄賂がよくありました。

 

その時支払ったお金は後で会社からお金を出してもらう為に

お店に領収書を書いてもらわないといけないのですが

その時に領収書に相手の名前や会社名を記載してしまうと

根回しや賄賂の証拠として残ってしまうので、あえてぼかして書いたのだと思われます。

 

会社内だけで通じる「あの人」という意味合いもあったかもしれませんね。

 

昔は規則が緩かったのでそれでも会社の経理で落とせる事が多く

それで慣習になったのだと考えられます。



スポンサーリンク




上様は領収書では禁止?

では、現在はどうでしょうか。

現在も領収書の宛名に「上様」と書いても良いのでしょうか。

 

答えは「はい」であり「いいえ」です。

 

領収書に書いてもらう宛名は、基本的には何でもいいんです。

例えば「御代官様」「フリーザ様」という変な宛名でも書いてくれます。

ですから当然「上様」と書いても大丈夫です。

 

ただ、それで会社の経費が落とせるかというと、それは難しいでしょう。

 

会社の経費で落とすには、「そのお金が誰に使われたのか」を

しっかり把握する必要があります。

 

その為に相手の名前や会社名が記載された領収書が必要なのですが、

その名前がただの役職名だったり架空の人物だったりすると

当然「誰?」という事になり、会社の経費では落とせなくなります。

 

もし経理の人が落としたとしても、それで税金の控除を受けたら

「明らかにおかしい出費」として税務署から脱税を疑われてしまいます。

 

ですから、ただ個人で楽しむだけなら「上様」と書いても大丈夫ですが

会社の経費で落とそうと考えているなら領収書には

「上様」とは書かない方がいいので「上様は禁止」と言い切った方がいいですね。



スポンサーリンク




関連記事:天赦日と寅の日2018年はいつ重なる?入籍や財布・宝くじの購入にベスト?

会社の経理や領収書に役立つオススメアイテム

 

ここでは、会社の経理や領収書に役立つオススメアイテムを紹介します。

領収書には「上様と書くのは禁止」と書きましたが、

「では相手の名前さえきちんと書けば何でも領収書は通るんだ」と考えるのは間違いです。

実は相手の名前を書いても経費として落とせない事があるんです。

 

ではどういう領収書はダメなのでしょうか。

そんな疑問にオススメするのがこちらの本です。

 

どんな領収書が通り、どんな領収書が通らないのかを分かりやすく解説しています。

会社の経費関係で損をしない為にも、気になった方はぜひ読んでみてくださいね。

 

 

「領収書について調べていたら、会社の経理の仕組みやあれやこれも知りたくなった」

という事もあると思います。

 

確かにひとつの事を知ると、さらに他の事が知りたくなったり

別の疑問が浮かんだりしますよね。

それは非常に良い事です。

 

「思い立ったが吉日」とも言いますが、時間もやる気も有限なので

特に勉強は「やりたい!」と思った時に好きなだけつっこんでやるのがオススメです。

 

そこで、会社の経理から総務・労務まで簡単に知る事ができるのがこちらの本です。

細々した事がまとめて一冊になっているので非常に読みやすいですよ。

この機会に会社の仕組みについて学べばいつかきっと役に立つでしょう。

 

 

散らかしやすいのが領収書です。

うっかりしているとかなりの量が溜まってしまい、

「あれ?あの領収書どこ行ったっけ?」と家中を探し回る事になる事も多いです。

 

そんな時に便利なのがこちらの「領収書専用ファイル」です。

こちらはファイルの中が小さなポケットで分けられていますから、

同じような種類の領収書ごとに分けて入れる事ができます。

ファイル自体が大きいのでなくす事もありません。

 

一旦自分の財布から支払った料金なんかは、

領収書を失くしてしまうと自腹になってしまう場合があります。

 

そんな悲劇を引き起こさないように、領収書は専用のファイルを用意して

きっちり管理しておきましょうね。



スポンサーリンク




関連記事:ゆうパックの土日発送はコンビニで!持ち込み割引は適用されるの?

まとめ

時代劇の上様も領収書に書く上様も同じ「上様」ですが、

時代劇の上様は天下人の事、領収書に書く上様は上客の事を指します。

 

似ているようで全然違いますよね。

 

昔は領収書に上様と書くのは割と普通の事でしたが、

今は監視の目も厳しくなったので会社の経理として落としたいなら

上様は禁止にした方がいいです。

 

それから領収書はあっという間に増えるので管理が大変ですが

今は領収書専用のファイルなどもありますので

なくさないようにうまくアイテムを活用してくださいね。

 

またこの機会に、会社の経理の仕組みを勉強してみるのもオススメです。



スポンサーリンク