肌が元々黒っぽい人の事を「地黒」と言います。

黒い肌もそれはそれで魅力的ではありますが、白い肌は七癖を隠すとも言いますし、

地黒だけど色白になりたい!という人もいると思います。

 

そこでここでは、地黒の原因や治す方法、

また逆に地黒のメリットなどを詳しく紹介していきます。

 

地黒を治したいと思っている方、また地黒の良さを知りたい方は、

ぜひこの記事を読んでみてくださいね



スポンサーリンク





地黒の主な原因は2つある!①遺伝

地黒とは、辞書では「日焼けなどに寄らず、元々の肌が黒い事」と書いてあります。

 

日焼けも何もしていないのに、他の人と映った写真をふと見てみると

自分だけ妙に顔も体も黒い!という場合、それは地黒かもしれません。

 

では、地黒になる原因は何なのでしょうか。

地黒には主な原因が2つありますので、1つずつ見ていきましょう。

 

地黒の原因、ひとつめは「遺伝」です。

両親や近い親戚が地黒の場合、その子供も地黒になる可能性が高いです。

ではどうして地黒になるかというと、体の中の

「メラニンの量」が遺伝しているからだそうです。

 

メラニンとは、細胞を黒くさせる物質です。

実は髪の毛もメラニンによって色がつけられているんですよ。

 

ちなみに髪の毛は存在するメラニンの量によって

「黒→ブラウン→赤→ブロンド→白」という風に変化します。

 

またメラニンは紫外線を防ぐ働きがあります。

ですから普通であれば、日焼けなどをして紫外線を浴びて皮膚が刺激を受けると、

それ以上紫外線を浴びないように体の中でメラニンが作られて、肌が黒くなります。

 

ですが、日焼けをする前から元々肌にメラニンをたくさん持っている人がいます。

 

それが地黒と呼ばれる人達です。

そんな人達は日焼けをする前から肌を黒くさせるメラニンが多いので、

最初から肌が黒いという訳です。



スポンサーリンク




地黒の原因は2つある!②肌のくすみ

では次に、地黒の原因2つめを見ていきましょう。

 

と言っても、こちらの原因は厳密には地黒という訳ではありません。

「肌のくすみ」が原因で、地黒っぽく見える事があります。

 

このような人達は元々は肌が白く地黒ではないのですが、

肌がくすみすぎて、日焼けをしたように全体の肌が黒っぽく見えてしまうという事です。

 

ではなぜくすみで肌が地黒っぽく見えてしまうのかというと、

これも紫外線とメラニンが関係しています。

 

紫外線は太陽から発生しているので、地中で生活でもしていない限り必ず浴びるものです。

 

そして紫外線を浴びると、肌を守るために肌がメラニンを作ります。

ただ、肌というのはずっと同じではなく細胞が生まれ変わって日々新しいものに入れ替わっています。

いわゆる「新陳代謝」です。

 

ですから、紫外線を浴びた皮膚もいつかはメラニンと共に垢として剥がれ落ちていきます。

 

そして下からはメラニンのない、きれいな肌が出てきます。

元々肌が白い人は、そうやって肌を元の色に戻します。

 

ですがこの新陳代謝が遅いと、いつまでもメラニンの残った細胞が体に居座ってしまい

肌が黒いままになります。

 

これがくすみで地黒っぽく見える原因です。



スポンサーリンク




地黒を治す方法は?①遺伝が原因の場合

では次に、地黒を治す方法を見ていきましょう。

 

地黒になる(っぽく見える)原因は2つありましたので、それぞれ分けて説明しますね。

まずは、「遺伝が原因で地黒の人が地黒を治す方法」です。

 

①美白成分の入っている化粧グッズを使う。

遺伝が原因の地黒というのは、体質がメラニンを多く生成するようにできているので

「地肌を白くする」というのはちょっと難しいです。

 

例え肌を白くする栄養を摂取しても体質には中々勝てませんし、

無理やり肌を白に変えるような刺激の高い薬品は

肌が白くなる前にボロボロになってしまいます。

 

ですから地黒の人が地黒を治したい場合、地黒を「治す」のではなく

美白など白を強調したような化粧品を使い、

「上から塗って白く見せる」という方法がおすすめです。

 

②日焼け止めをしっかり使う。

肌が元々黒くても、紫外線対策は必須です。

意外ですが、肌が黒い人は日焼けをしやすいと言われています。

 

遺伝が原因で地黒の人は元々メラニンが多い体質なので、

色白の人よりもメラニンが生成されやすいのかもしれません。

 

地黒の人が日焼けをしたらさらに黒くなってしまいますから、

これ以上黒くなりたくないという人は日焼け止めをしっかり塗ってから外出しましょう。

 

なお、紫外線と言えば「夏」をイメージすると思いますが、

紫外線は太陽から出ているものなので一年中降り注いでいます。

 

ですから、夏以外の季節でも日焼け止めを使うようにしてください。

 

塗るだけで白くなれる!魔法のローション

 

地黒の人は肌が元々普通の人より黒いので、

普通の化粧品では中々白くならない事もあります。

 

そんな中、塗るだけでしっかり白くなれるおすすめのローションがこちらです。

 

こちらは肌を白く見せるホワイトパウダーがかなり多めに入っていますので、

さっと塗るだけで強い白味を見せる事ができます。

 

ファンデーションとしても使えますが、さらに強力に白く見せたい時は

下地として使ってさらに上から別のメイクを重ねる事もできます。

 

ローションですがサラサラしていて、不快なベトつき感もなく、

落とすのも簡単で

石鹸だけでキレイにリセットする事ができる肌にも優しいメイク用品です。

 

肌を白く見せたい方は、ぜひ試してみてくださいね。

 

海やプールに行くならウォータープルーフ日焼け止めが必須!

 

特に紫外線がきつくなるのが、海やプールなどの水辺です。

 

それは知っている人も多いので、海やプールに行く時は

特に念入りに日焼け止めをつけると思いますが、

日焼け止めは種類によっては水や汗で流れ落ちてしまうものがあります。

 

せっかくしっかり日焼け止めを塗ったのに、

プールに入った事ですぐに洗い落とされて結果日焼けしてしまったら悲しいですよね。

 

ですから海やプールに行く時は、

ウォータープルーフの日焼け止めをつけるようにしましょう。

 

ウォータープルーフは水に強い日焼け止めです。

水に濡れても簡単に落ちないので、しっかりあなたの肌を守ってくれますよ。

 

日焼けを気にせず安心してレジャーが楽しめますのでぜひおすすめです。

地黒を治す方法は?①肌のくすみなどが原因の場合

では次に、「くすみなどが原因で地黒の人が地黒を治す方法」です。

 

こちらの場合は遺伝ではないので、いくらでも改善の余地があります。

勿論色白の肌を取り戻す事もできますよ。

 

ではさっそく、地黒を治す方法を見ていきましょう。

 

①ビタミンCを摂る。

肌を色白に戻したいなら、ビタミンCを積極的に摂取するようにしましょう。

 

肌を黒くさせるのはメラニンです。

ですがビタミンCには、なんとそのメラニンの生成を抑える力があるんです。

さらにビタミンCは新たなメラニンを作り出すのを止めてくれるだけでなく、

すでに肌に染みついているメラニン(シミ)を薄めてくれる効果まであるんです。

 

ですからビタミンCは、

肌のくすみなどによる地黒をなんとかしたい人には、ぜひおすすめの栄養素です。

 

ぜひ積極的にビタミンCを摂取してください。

 

②お酒を控える。

肌のくすみを治して地黒状態を改善したいなら、お酒は控えるようにしましょう。

 

さきほどくすみなどの原因であるメラニンを抑えたり薄めたりしてくれる

重要な栄養素としてビタミンCをあげましたが、

お酒を飲んでしまうとそのビタミンCがごっそり減ってしまいます。

 

お酒はアルコールですが、

アルコールは人体に有害なので肝臓で無害なものに変換されます。

 

そしてアルコールを無害なものに変換するのに、ビタミンを大量に消費してしまうのです。

ですからせっかくビタミンCを摂取しても、お酒を飲んでしまえば意味がありません。

 

③タバコを控える。

タバコは肌の新陳代謝を遅らせます。

遅らせるどころか、毒素を吸い込んでいるのでさらに肌のくすみを加速させます。

 

もしタバコを吸っていて肌が地黒っぽく見えてしまうのなら、

タバコは控えるようにしましょう。

 

④睡眠は眠り始めて最初の3時間が大事!

地黒の改善方法として意外に重要なのが、睡眠です。

1日の理想的な睡眠時間は「8時間」とされていますが

実は肌質を改善させたいだけならそんなに時間は必要ありません。

 

昔は肌のゴールデンタイムと言って「22時~2時の間に眠ると肌に良い」と

言われていましたが、現在では少し違った解釈になっています。

 

人の新陳代謝を助けるのは成長ホルモンですが、この成長ホルモンが

もっとも多く分泌されるのが、人が眠り始めて3時間までと現在では考えられています。

つまり、肌の為には眠り始めの3時間をしっかり眠れればいいという訳です。

 

勿論3時間だけでは身体の疲れは取れないので

睡眠時間として3時間だけにするのは無理です。

 

ですが、まずは「3時間しっかり眠る事」を目標にすれば、

夜更かしが好きな人でも意外と長続きできますよ。

 

サプリメントで簡単にビタミンCを摂取!

 

ビタミンCはレモンやみかん、ほうれん草などに多く含まれていますが、

毎日それらの野菜や果実をそろえてビタミンCを摂取するのは大変ですよね。

 

そんな時におすすめなのがサプリメントです。

 

サプリメントは必要な栄養素をダイレクトで摂取できるので、

中々食事に時間をかける事ができない方には特におすすめの方法ですよ。

 

また、実は人が一日に摂取できるビタミンCの量は1000mg程度と決まっていて

それ以上を摂取すると体に吸収されずに外へ排出されてしまいます。

 

ですがこのサプリメントはちょうど一粒に1000mgのビタミンCが配合されていますので、

無駄にビタミンCを摂取する事もありません。

 

管理もしやすいので、

ビタミンCで地黒を治そうとしている方にはぜひおすすめのサプリメントです。

地黒にはこんなメリットがある!

くすみなどによる地黒は、不健康な生活が根本的な原因なので治した方がいいです。

 

ですが遺伝による地黒ならそれが本来肌の一番良い状態ですので、

むしろ治さずにそのままを受け入れるのもオススメです。

 

というのも、地黒には色白の人にはない色んなメリットがあるからです。

 

そこでここでは、地黒のメリットをいくつか紹介します。

 

1.シミやシワが目立ちにくい。

人は大人になると、どんな人でもシミやシワがでてきます。

 

そしてシミやシワは黒っぽい色をしているので、

色白の人にシミやシワができればとても目立ってしまいます。

ですが地黒の人は元々肌が黒いので、皮膚の色に隠れてシミやシワが出ても目立ちません。

 

若い頃は色白の肌に憧れる事もあると思いますが、

年を取れば取る程若く見えやすいのが地黒の良い所です。

 

2.健康的に見える。

肌が黒いと、ぱっと思い浮かぶのが「日焼け」のイメージです。

ですから地黒の人は初対面で「外で元気に活発する人」という印象が持たれやすいです。

 

例えば色白の人が頑張って「こんにちは!」と挨拶しても、

あの人ちょっと頑張り過ぎてない~?と揶揄される事もありますが、

地黒の人が「こんにちは!」と元気に挨拶すると見た目通りの印象なので

あいつは元気でいいな!というイメージを持たれやすくなります。

関連記事:服の捨て方!風水では?燃えるゴミでいい?ファスナーはどうする?

 

3.太っても目立たない。

同じ体型の人でも、白い服と黒い服では黒い服の方が痩せて見えます。

それは黒に引き締めているように見せる効果があるからです。

 

そしてそれは肌も同じで、地黒の人は多少太っていても目立ちません。

また太っていても健康的に見えるので、愛嬌を持たれやすいです。

 

4.日焼けをしやすい。

「地黒の人は元々肌が黒いから、逆に日焼けはしにくいんじゃない?」と

思うかもしれませんが、実は地黒の人は日焼けをしやすい体質です。

 

ですが逆に言うと少しの太陽光でもこんがり綺麗に日焼けするので、

日焼けしたい場合には逆にラッキーです。

 

特に憧れの芸能人やダンサーが色黒でそれを真似するなら地黒の人の方が簡単です。

関連記事:帽子で髪型が崩れる!髪がぺちゃんこにならない方法!

 

5.化粧がそんなに必要ない。

肌が白い人は、シミやくすみだけでなくちょっとしたニキビも目立ってしまうので、

気になる人は化粧を厚塗りして隠さざるを得ません。

 

ですが地黒の人は元々肌が黒くシミやくすみだけでなく

ニキビのような肌の吹き出物、また毛穴の開きも目立たないので

そこまで厚化粧をする必要がありません。

 

メラニンによって天然の化粧がうっすら施されているという事です。

 

勿論色白になりたければ化粧はかなり必要ですが、

地黒を地黒としてそのまま受けれればメイクなどはかなり楽になります。

 

6.笑顔が眩しい。

肌が黒い人が笑うと、とても輝いて見えませんか?

 

勿論色白の人が笑ってもステキですが、

肌が黒いとそれだけでスポーティなイメージを持たせるので、

健康的と相まってさらにさわやかに見えます。

 

色黒の人はぜひ、いつも素敵な笑顔をしていてほしいです。



スポンサーリンク




関連記事:雨の日は髪の毛がボサボサ・チリチリ!簡単にできる湿気対策をご紹介!

まとめ

地黒の原因は遺伝によるものとくすみなどによるものの2つがあります。

 

遺伝による地黒はその人の元々の体質なのでそれを治すのは少し難しいですが、

くすみなどが原因の場合は治す方法があります。

 

ただ、遺伝による地黒はとても健康的で良い印象があるので、

無理に色白を目指そうとせず地黒の良さを伸ばしていくのもおすすめですよ。