突然の不幸があると悲しい気持ちの中、

喪服などお葬式のいろいろなマナーに気をつけながら準備をしないといけませんね。

そしてそんな中でも、香典は相手に渡すものなので絶対に失礼があってはいけません!

 

ですが、香典袋というのは普段から書きなれているという人も

なかなかいないのでしょうか?

お葬式の前に慌てないためにも、

書き方やお札に関してのマナーは心得ておきたいものです。

 

今日は、香典袋の書き方を横書きの書き方などを中心に

その他のマナーもまとめて解説してみたいと思います!

ぜひこの機会に、覚えておきましょう!



スポンサーリンク





香典袋の金額は横書きでもOK?正しい書き方は?

市販の香典袋には、だいたいの場合、枠が設けてあり記入欄が分かります。

しかも最近では、横書きの枠になっていることもあるようです。

 

しかし縦書きに慣れていると、横書きに戸惑ってしまいますよね。

横書きの場合でも基本的に書く内容は同じですが、

数字の書き方が一番迷うのではないでしょうか?

ここでは横書きの書き方をご紹介するので、必読ですよ!

 

横書きの場合はどうやって書く?

香典袋に記入することは、自分の名前と住所、そして金額です。

そして横書きでのルールは、数字に関しては算用数字を使うことです。

1、2、3というのが算用数字のことです!

 

たとえば1万円を包むときには、「金10,000円」と書けばOKです。

このとき、ちょっと気になるのが金額のあとに「也」という漢字を付けているのを

見たことがありませんか?

「金10,000円也」とするのが正式なのかな?と迷ったりします。

 

しかし、この「也」というのは結論から言うと、あってもなくてもかまいません。

ひとつの考え方として、香典の金額が10万円を超えるような高額の場合に

「也」をつけるとも言われていますが、あまり気にする必要はないでしょう!

 

裏書は縦書き?その場合の書き方は?

金額欄は横書きになっていても、裏面は縦書きであることが多いですね。

縦書きは縦書きでマナーがあるので、これも覚えておく必要があります!

 

そして、縦書きでも注意が必要になるのは、数字の書き方。

横書きは算用数字なので、書き方さえ知っておけば間違えることはありませんが、

縦書きの場合には、「大字」という漢字を使うことがあります。

漢字を間違えるのはマナーとしても良くないですし、

大人としても恥ずかしいので、しっかり覚えておきましょう!

 

大字というのは、会計処理の際に不正に改ざんされないようにした漢字のことですが、

なかなか普段の生活で使うことがない漢字です。

ここにまとめて記載しておきますので、ぜひ参考にしてください!

 

1=壱、2=弐、3=参、5=伍、10=拾、

1000=仟もしくは阡、10000=萬

6、7、8は常用漢字のままでOKです。

そして4と9に関しては、肆と玖という漢字があてられますが、

こういった場面では避けられる傾向にあるので覚えておかなくても大丈夫です。

 

ちなみにこの大字の使い方は、一万円なら「壱萬円」となりますし、

五千円なら「伍仟円」となります。

そしてこれに合わせて、円を「圓」と書くことがあります。

これも必須ではありませんが、合わせて書いたほうが格好はつくでしょう。

 

葬儀に参列するときに欠かせないのは、数珠。

これも普段なかなか使用しないものなので、どこに閉まったっけ?となりがち。

大人として、数珠もしっかりしたものを持っておく必要があるので

パールの数珠と専用ポーチがついてくるこちらの商品がおすすめ。

 

パールなのでフォーマルですし、年齢関係なく使えるので

ひとつあれば長く使うことができます。



スポンサーリンク




香典袋には薄墨が必須?中袋がないのはNG?

香典袋の書き方は縦書きでも横書きでもマスターできましたね!

しかしもうひとつ重要な要素があります。

それは、どんなペンで書くかということ。

 

もちろんペンではなく、筆や筆ペンで書くのがマナーですが

薄墨で書いたほうがいいという話を聞いたことがありませんか?

これは、四十九日までの喪が明けるまでの期間は

薄墨を用いることがマナーとされているのです。

 

これはなぜかというと、墨に涙が入って薄まってしまった

ということを表しており、すなわち深い悲しみを表現しているのです。

 

表書きでは自分の名前をきっちり書く必要がありますが、

どうしても普段使い慣れていない筆だとうまく書けないという方や

もともと自分の字にコンプレックスを持っている方もいますよね。

 

そんなときのために、薄墨の名前スタンプがおすすめ。

どうしてもある程度の年齢や社会的なポジションになると

葬儀に参列する機会も多くなったりします。

こういったスタンプがあれば、見栄えのよい香典をお出しすることができますよ。

 

しかし、薄墨で書いた場合には数字や住所の漢字がにじんで見にくいという

デメリットもあります。

そういった考えから、あえて薄墨は使わず濃墨を使うという考え方もあります。

これは、誰からいくら香典としていただいたのか後で集計する方たちのことを

配慮した考え方なので、決してマナー違反ではないのです!

 

ということは、結論として薄墨が必須ではないので、濃墨でも大丈夫。

今まで普通の濃さで書いていたかも・・と心配になった方も安心ですね!

 

中袋がない場合にはどうする?

香典袋の中袋に関しては、2枚重なった袋が、不幸が重なることを連想させるとして

地域によっては、中袋は使わない形式で販売されている場合があります。

遠方でお通夜やお葬式に参列する場合には、出先で香典袋を購入することも

あるかもしれませんね。

 

中袋を使っていない地域もあると知っておけば、

購入して、いざ記入しようとした時にも焦らず対応できますね。

そして中袋がない場合には外袋に自分の氏名、住所、金額を記入すれば大丈夫です。

 

そしてここで気をつけたいのは、縦書きにするか横書きにするかによって

記入する場所が違うということです。

 

縦書きなら封筒の裏面、左下。

横書きなら封筒の裏面、右下となります。

どちらがフォーマルというような決まりはないので、

書きやすい方、綺麗に書ける方で書いてかまいません。



スポンサーリンク




香典袋に入れる金額やお札のマナーを知っておこう!

香典に使うお札に関しては、新札は良くないと言われています。

それは不幸があることを予め予想して、お札を準備していたことを

連想させてしまうので、新札は絶対に避けなければいけません。

 

しかし、稀にどうしても新札や新札に見えるような綺麗なお札しか

手元にないという場合もありますよね。

そんなときには、一旦自分でお札を折って折り目をつければ大丈夫!

変にくしゃくしゃにしたりする必要はありませんよ。

もし気になるようなら、コンビニやスーパーなどに寄ってお札を交換してもらいましょう。

 

また新札がNGだからと言って、汚いお札ならいいというものではありません。

あまりにシワシワだったり、破れていたら、それはそれで失礼になるので

お札の状態はよく確認しておきましょう。

 

お札の向きにも注意が必要!

細かいことですが、香典袋にお札を入れるときには、その向きにも

気をつけなければいけません。

裏と表、上と下を把握しておきましょう。

 

まずお札の表面と言うと、人物が描かれている方になります。

そして袋に入れるときの上側は額面が書かれている方になります。

つまり、香典袋に入れるお札の向きは人物が描かれている面、

そして人物が下に来るようにして、香典袋(中袋)を裏向きにして入れます。

(自分の手前に封筒のフタが来ないようにして、封入するということです!)

 

ちなみに、お札を2枚以上入れる際には、必ずお札の向きが

揃っているか確認しましょう!

関連記事:香典は薄墨で書くの?中袋はボールペンでもOK?

 

香典の金額はどうする?

香典の金額として、最初の項目でも少し触れましたが、4や9は避ける傾向にあります。

なぜかというと、4=死、9=苦を連想させる数字だからです。

 

そのため、そういった数字は避けて最低でも3千円から5千円、1万円など

キリのいい数字にする必要があります。

これは連名で出すときにも同様なので、全員で出し合った金額が

キリのいい数字になるように計算して割り振りをすることが大切です!

関連記事:内のしと外のしの使い分け方!お供えや引き出物・香典返しの場合は?

 

宗教によって表書きが違う?

そもそも香典というのは、お線香やお花の代わりに亡くなった方にお供えするもの。

また、急な不幸に対する出費を助け合うという意味合いもあります。

しかし香典袋を買うときに迷うのが、表書きの「御仏前」や「御霊前」。

これは実は喪家の宗教に合わせて選ぶ必要があるんです。

ですが、相手の宗教が分かるという場合の方が少ないではないでしょうか?

 

そんな時には、「御霊前」を選んでおくのが無難です。

これはお通夜から四十九日まで使える表書きだからです。

ちなみに「御霊前」なら、キリスト教の場合にも使えますよ!

そしてキリスト教ならば、お花代としても失礼には当たりません。

 

こういったデザインのものなら一般的な仏事に使え、

どんな宗教にも使える香典袋が一番使い勝手がよく安心。

 

しかも材質にこだわり伊予和紙が使われています。

これによって、にじみにくく書きやすいので綺麗に仕上がります。

筆文字の代筆サービスもあり、失敗がないので

忙しい準備の中で、少しでも手間を省きたいと言う場合におすすめです。



スポンサーリンク




関連記事:お見舞いは新札?お札の向きは?中袋の書き方も詳しく解説!

まとめ

いかがでしたか?

香典袋は横書きの場合には、算用数字を使えばOKということなので

縦書きにこだわる必要はないということですね!

そして中袋の有無に関しても気にする必要はありません。

 

実際に不幸があった場合には、きっと気が動転してしまうことも多いでしょうが、

香典袋の書き方はこれでマスターできたのではないでしょうか?

お札の入れ方や金額などに注意して、喪家の失礼のないように振舞いましょう。



スポンサーリンク