寒中見舞いを出したことはありますか?

寒中見舞いは、1月1~7日の

松の内が明けてから

立春(2月頭)までの間にだすものです。

 

1年のうちで1番寒さが厳しいこの時期に、

相手を気遣う意味で贈るものですが、

喪中で年賀状を出さなかった年に、

代わりに寒中見舞いを出す人も

多いかと思います。

 

喪中で寒中見舞いを出す場合、

切手やはがきの種類は

どのようなものを選べば良いのでしょうか?

また、挨拶文と一緒に、

写真などを載せても良いのでしょうか?

 

今回は喪中に出す寒中見舞いの

そんな疑問にお答えします!



スポンサーリンク





喪中時の寒中見舞い!どんな切手を使う?

喪中時の寒中見舞いの切手の種類は?

喪中で出す寒中見舞い。

専用の切手などはあるのでしょうか?

結論から言いますと、ありません。

 

寒中見舞い専用の切手というものは

そもそもありませんし、

喪中だからと言って

特別な切手を貼る必要もありません。

 

喪中の人の場合、

年賀状が出せなかった代わりに

寒中見舞いを出すので、

弔事用の「花模様」の切手を貼る、

と思っている人もいるかもしれませんが、

これは大きな間違いです。

 

あくまでも、寒さ厳しい時期に

相手を気遣う「寒中見舞い」として

送りますから、

弔事用の切手では失礼にあたります。

 

弔事用の切手は、喪中はがきなどの

身内の不幸を知らせる手紙、仏事の案内、

お悔やみの手紙を出す際に

使用するものですから、

寒中見舞いは

寒中見舞いのルールに従って

普通の切手にしてくださいね。

 

という訳で、

寒中見舞いは慶弔用の切手以外であれば

特に指定はありません。

 

私製はがきに切手を貼る場合は、

珍しい記念切手、

冬らしいデザインの切手、

相手の趣味に合いそうな切手など、

自由に選んでOKです。

 

切手の種類はたくさんありますから、

どんな切手を貼れば良いか悩む場合は、

柄や色合いが落ち着いたものを選ぶか、

通常の「ソメイヨシノ」を選ぶ、

または、私製はがきではなく

はじめから官製はがきを購入することを

オススメします。

 

官製はがきの場合、切手部分に

・タンチョウ

・ヤマユリ

・胡蝶蘭

・山桜

がプリントされた

4種類から選ぶことができます。

 

寒中見舞いの切手は自由ですから、

どの切手のデザインでも構いませんが、

寒中見舞いでは「胡蝶蘭」の切手が

よく使われています。

 

無難なものを、と思うのであれば

胡蝶蘭を選ぶと良いでしょう。

 

切手を複数貼るのはNG?

2017年6月よりはがきの郵便料金は

52円から62円に値上がりしました。

 

それ以前に購入した

手持ちの52円の官製はがきや

余っている52円切手に

不足分の10円切手を貼って

寒中見舞いに使いたい、

という人もいるかと思います。

 

切手を複数貼って出すのは

失礼にあたるのでしょうか?

 

基本的に、切手を複数貼ることは

マナー違反ではありませんから、

寒中見舞いにも複数貼ってOKです。

 

ちなみに、料金が足りているなら、

2枚と言わず複数貼っても

特に問題はありません。

 

とはいえ1円切手を10枚貼るのは

さすがにスペースもありませんし、

失礼になりますからやめてくださいね。

 

切手を複数貼る場合のルールも

特にありませんが、

値段の高い方から順に、

52円を上に、10円を下に貼ることが

多いと思います。

 

しかし、複数の切手が貼られている

寒中見舞いが送られてきた時に、

「あるもので間に合わせた」

と不快に思う人もいるかもしれません。

多くの人はそこまで見ていないか、

値上がりしたからね~と思うだけでしょうが…

 

もし気になるようであれば、

余っている52円の切手やはがきは

懸賞の応募などに使用し、

寒中見舞い用のはがきや切手は

新しい62円のものを用意しましょう。



スポンサーリンク




喪中時の寒中見舞いのはがきの種類は?

切手の種類がわかったところで、

はがきの種類にも

決まりはあるのでしょうか?

 

寒中見舞いには

夏に送る暑中見舞い(かもめーる)や

年賀はがきのような、

寒中見舞い専用のはがきが

存在しません。

 

ですから、先程も説明したように、

切手が胡蝶蘭のデザインの

官製はがきがよく使用されます。

 

ちなみにこの胡蝶蘭の官製はがきは

喪中はがきにも使用できるものなので、

寒中見舞いを見て、

喪中はがきと間違える人も

よくいるみたいです。

 

胡蝶蘭のはがき以外でも、

色合いの落ち着いたものであれば、

私製はがきでも官製はがきでも

特に問題はありません。

 

ただし、弔事用の切手同様、

寒中見舞いに使用してはいけない

はがきもあります。

 

「年賀はがき」です。

年賀状は「新年を祝う挨拶状」

寒中見舞いは「寒い季節に相手を気遣う挨拶状」

で、そもそもの意図が違うので、

寒中見舞いに年賀はがきは

使用できません。

 

喪中で年賀状が出せなかった代わりに

寒中見舞いを送るのに、

お祝いの意味のある

年賀はがきを使うのはおかしいですよね。

 

年末が近づき、

年賀はがきを買ってから

急に身内に不幸があった場合など、

「せっかく買ったのに…」

などと思うかもしれませんが、

大丈夫です!!

 

郵便局に持って行けば、

弔事用切手や

他の官製はがきなどに

無料で交換してくれますよ。



スポンサーリンク




喪中時の寒中見舞いは写真入りでも良い?

寒中見舞いの切手やはがきの

種類はわかりましたが、

裏面はどんなことに注意して

作成すれば良いのでしょうか?

 

写真入りはOK?

年賀状の場合、

家族写真などを使用するという人も

多いかと思いますが、

一般的に、寒中見舞いには

家族や子供の写真は使わないようです。

 

ただ、これは使ってはいけない、

という意味ではありませんから、

近況報告の意味も含め

写真を載せたいと思うのであれば

使用しても問題ない、というのが

通常の寒中見舞いのスタイルです。

 

しかし喪中の場合はどうでしょう、

身内に不幸があったので

新年をお祝いする気持ちになれず

年賀状を出さない代わりに送るのが

寒中見舞いです。

 

それなのに、笑顔の家族写真や

旅行先での楽しい様子などを

載せたはがきが送られて来たら、

受け取る側はどう思うでしょうか?

 

写真を載せてはいけない訳ではありませんが、

自分が喪中だということを考えると、

写真を載せるのは控えた方が

良いでしょう。

 

人以外の写真も同様で、

乗せること自体は問題ないですが、

お正月を連想するようなものは

避けた方が無難です。

 

どんなイラストが良い?

寒中見舞いには写真同様、

イラストも使用して問題はありません。

どんなイラストが良いのでしょうか?

 

寒中見舞いは季節の挨拶状で、

年賀状とは全く別のものですから、

日の出や干支など、

お正月を連想させるイラストは

使用を避けます。

 

そもそもの決まりでNGなので、

喪中であれば、

特に気を付けなければいけませんね。

 

ではどんなイラストを使用すれば良いの?

ということになりますが、

冬や早春を連想させるイラストが

オススメです。

 

例えば

雪だるま

雪景色

コタツと猫

椿、水仙、さざんかなど季節の花

などです。

 

写真やイラストの縛りが多い

喪中の寒中見舞い、ということで

かしこまったデザインにしなければ、

と思うかもしれませんが、

そんなこともありません。

 

雪の結晶や雪だるまなどの

イラストや写真は

シンプルで無難なのに、

案外カジュアルで

可愛らしい仕上がりになります。

 

無理にイラストを入れる必要も、

文章のみの仕上がりにする必要も

ありませんが、

色々と考えるのが嫌!

ゼロからデザインするのが面倒!

忙しくて時間が取れない!という人向けに

印刷サービスもあります。

 

 

喪中用の文章、デザインも豊富ですし、

挨拶文の差し替えもできるので、

通常の寒中見舞いのデザインに

喪中の文章を差し込んで

カジュアルな仕上がりにすることも可能です。

 

デザインは花や雪、動物などの

イラスト・写真がありかなり豊富です。

 

お花のデザインは、赤系なのに派手すぎず、

喪中でも可愛らしい

寒中見舞いが作成できます。

 

いかにも喪中です、という

かしこまった感じのデザインも

用意されています。

 

また、文字やレイアウトの修正を

3回まで無料で行ってくれます。

字体も変更することができますよ。

 

文面の決まりは?

写真やおめでたいイラストは使用せず、

シンプルなデザインを

意識することはわかりましたが、

文面にはどんなルールがあるのでしょう?

 

縦書き・横書きどちらでもOKです。

頭語(拝啓)や結語(敬具)は必要ない

句読点は使用しない

 

というシンプルなルール以外に、

内容にも気を付ける点があります。

何度も言いますが、

喪中、ということは新年を祝えない、

おめでたい気持ちになれません。

 

ですから、お正月の雰囲気に流され

「おめでとう」などのお祝いの言葉を

使用したり、

楽しげな表現を使用するのはNGです。

 

自分の心情よりも

受け取る相手の気持ちを考えて

無理に文章を盛り上げることは

逆に相手に違和感を覚えさせたり、

失礼にあたる場合もあります。

 

あくまでも喪中、というスタンスを

貫きましょう。

 

また、寒中見舞いは何度も言うように

寒い季節に相手の健康を気遣って

送るものですから、

「また遊びましょう」

「久しぶりに会いたいね」

などのくだけた感じではなく、

「ご自愛なさってください」

「皆様にとって良い年でありますように」

など、きちんとした文章を

添えるようにしましょう。

 

何を書けば良いかわからない、

という場合は無理に手書きをせず、

印刷した文面のみで送っても

失礼にはなりませんよ。

関連記事:寒中見舞いの切手の種類や値段は?普通のでいいの?コンビニで買える?

 

寒中見舞いの例文①

喪中はがきを出して、

相手からも年賀状は来ませんでしたが

季節の挨拶をしたい、

という場合に送る寒中見舞いの

例文をご紹介します。

 

寒中お見舞い申し上げます

亡き(続柄) ○○(名前)の喪中につき

念頭のご挨拶を失礼させて頂きました

厳しい寒さが続いておりますが 皆さまにはお変わりはございませんか

暖かな春の訪れまでもう少し

皆様のご健勝を心よりお祈り申し上げます

関連記事:手術成功祈願・お守りで有名な神社!関東と関西についてご紹介!

 

寒中見舞いの例文②

こちらは前の年に

喪中はがきを出さなかった相手から

年賀状を頂き、

喪中の報告をしたい場合の例文です。

 

寒中お見舞い申し上げます

ご丁寧な年頭のご挨拶を頂きありがとうございました

昨年○月に(続柄) ○○(名前)が○○歳にて他界し

服喪中のため新年のご挨拶を失礼させて頂きました

旧年中にお知らせ申し上げるべきところ

ご通知が遅れましたこと どうぞお許しください

今後とも変わらぬご厚誼のほど お願い申し上げます



スポンサーリンク




関連記事:お年玉のお礼!メールや手紙・はがきの文例をご紹介!

まとめ

喪中の寒中見舞いについて、

はがきや切手の種類、

写真やイラストを使用する際の注意、

例文などをご紹介しました。

 

年賀状をはじめ、

手紙やはがきのやりとりは

年々減少しています。

そんな中、寒中見舞いを出すのは

非常に良いことです。

 

しかし、気持ちあってこその

寒中見舞いとはいえ、

ルールやマナーを守らず

相手に失礼があっては、

せっかく出しても台無しです。

今後の人間関係にも影響しかねません。

 

常識を知らない人だと

思われないよう、

きちんとした形式に則って

寒中見舞いを作成してくださいね。