寒さが増してくると、年越しの準備をしなければならないと

意識し始める方も少なく無いのではないでしょうか。

 

年越しの準備として大事なことの上位として挙げられるのが

年賀状の準備です。

 

もし、毎年年賀状のやり取りをしている方のなかに

喪中の人がいるのであれば、その方には年賀状を

送ることが出来ないということはご存知の方も多いことでしょう。

 

しかし年に一度の挨拶はしておきたいもの。

そういった場合には寒中見舞いを送るのがいいです。

 

では、もし相手が喪中のときにこちらの出産の報告を

しておきたい場合、寒中見舞いのなかで出産報告を

おこなってよいものなのでしょうか?

 

今回は寒中見舞いでの出産報告についてご紹介

していきたいと思います。



スポンサーリンク





寒中見舞いとは?

「寒中見舞い」という言葉は聞いたことがあるとは

思いますが、具体的にはどのようなもので、いつ

送るべきハガキなのか、みなさんはご存知でしょうか?

 

まずは寒中見舞いについて、基本的なところから

ご紹介していきたいと思います。

 

寒中見舞いの役割とは?

寒中見舞いというのは、簡単にいうと暑中見舞いと

同じような役割があります。

 

暑中見舞いも寒中見舞いも、体調を崩しやすい時期である

夏場と冬場に相手の体調を気遣って送るハガキという

意味合いが込められています。

 

そして、こちらの近況を報告するという役割も同時に

担っているのです。

 

また、寒中見舞いにはもうひとつ別の意味合いがあります。

それは、喪中の人に年賀状の代わりに送る挨拶状です。

 

ですので、もし年末に喪中はがきが送られてきたら

その差出人の方には年賀状を出すのは控え、代わりに

寒中見舞いのはがきを出すのがいいですね。

 

 

こちらは既に寒中見舞い用の文言や柄が

印刷してあるのでこのままの状態ですぐに

使うことが出来ます。

 

オーダーする形では無いので、文章やデザインを

こちらがわざわざ校正する必要も無く面倒な

手続きなどは一切ありません!

 

寒中見舞いを出すタイミング

では、寒中見舞いのはがきと言うのはどういった

タイミングで出すのが正しいのでしょうか。

 

1月1日~1月7日までの、松の内と呼ばれる期間は

年賀状を差し出す期間ですので、寒中見舞いはそれ以降

に送るものであるとされています。

ただし、2月4日の立春までには送ってしまいましょう。

 

はがきは一般的に1~2日で届きますので、それを考えると

1月6日頃にポストに投函すると松の内明けすぐに

届くので一番いいタイミングであると言えるのでは

ないでしょうか。

 

また、暑中見舞いを送ることができる立秋までの期間

が過ぎたら残暑見舞いに切り替わるように、

寒中見舞いも立春を過ぎると余寒見舞いというものに

切り替わります。

 

文章の構成

続いて、寒中見舞いの基本的な文章の構成について

ご紹介していきたいと思います。

 

必ず入れるべき構成というのは、7つに分けることが

できます。

 

①寒中見舞いの挨拶

「寒中見舞い申し上げます」という文言が基本となります。

はがきの冒頭部に、他の文章よりも大きいサイズで書き入れます。

 

②時候の挨拶

挨拶状やお礼状など、様々な用途のはがきを差し出す際に

書き込むことが多い時候の挨拶、寒中見舞いでも例に漏れず

書いておくのが無難であると言えるでしょう。

1月上旬から立春にかけての、季節感の表われる文言を

用いて書きましょう。

 

③年賀状のお礼に関する一文

もしあなたが年賀状のお礼として寒中見舞いを差し出す

のでれば、年賀状をいただいたことに関する一言を

添えておくのがマナーとなります。

 

④差出人側の近況報告

差出人本人の現在の仕事の状況であったり、家族の

現状について報告する文言を書き入れましょう。

また、結婚するであったりマイホームを建てるであったり、

その年に起こり得るであろう事柄について報告しておく

というのでもいいでしょうね。

 

⑤お付き合いをお願いする一言

その年も、これまで通りにお付き合いをお願いしたい旨の

文言を入れておきましょう。

 

⑥相手の体調を気遣う一言

寒中見舞いのはがきを差し出す一番の目的というのが、

最も寒い季節に体調を気遣うためのものなのです。

なので、終盤には相手方の体調を気遣うような文言を

忘れずに入れておいてくださいね。

 

⑦日付

寒中見舞いというのは基本的に縦書きです。

なので、日付は「平成○○年〇月〇日」というような

形で、漢数字で書いてください。

 

 

この本を参考にすれば、寒中見舞いに限らず

手紙やはがきの書き方やマナーについて例文と一緒に

解説してくれているので問題無く書き上げられると

思いますよ!



スポンサーリンク




喪中の場合、寒中見舞いでの出産報告は大丈夫?

寒中見舞いというのはこちらの近況報告や相手の体調を

気遣うという目的以外に、喪中の人に年賀状代わり

として送るものという意味合いがあるということを

先に述べました。

 

逆も然りで、12月中に親族が亡くなったことで喪中と

なった場合に、喪中はがきが間に合わなかった場合に

代わりに寒中見舞いを差し出すということもあります。

 

寒中見舞いのはがきを送る相手方が喪中の場合、

その内容にも色々と気を遣う部分が出てくることでしょう。

 

では、もしそのような状況の時にこちらの出産の報告を

したいという場合、寒中見舞いに出産報告の文言を

入れてしまっても構わないものなのでしょうか?

 

また、寒中見舞いの差出人自身が喪中の場合に、

そのなかで出産報告をするというのは問題無い

ことなのでしょうか?

 

寒中見舞いを送る相手が喪中の場合

喪中というのは、具体的にいうと「親族が亡くなり

悲しい気持ちがあり、お祝い事は出来ないです」

ということを言います。

 

つまり、年末に送る喪中はがきというのは「親族が

亡くなったことでお祝い事は出来ないので、新年の

ご挨拶は控えさせていただきます」ということを

表すためのはがきであるということになります。

 

対して、出産報告というのはおめでたい出来事ですよね?

悲しい出来事があった人に対しておめでたい出来事を

報告するというのは、あまり良くないと考える人も

中にはいることでしょう。

 

ですので、寒中見舞いを送る相手方が喪中の場合は

出産の報告というのは相手方にとって失礼なことに

あたりますし、出来るだけ控えるというのが

マナーとしては理想的な形なのかもしれません。

 

しかし、遠方に住んでいるなどの事情で年賀状や

暑中見舞いでしか繋がっていないような相手であれば

出産の報告をどうしても一言伝えておきたいという

気持ちもあることでしょう。

 

その場合は相手方の喪が明けるのを待ち、手紙などを

改めて送って出産報告をしましょう。

 

その際に、「喪が明けられてから報告させて

いただこうと思っていたので、報告が遅れてしまいました」

という一言を添えていると丁寧で良いと思いますよ。

 

寒中見舞いの差出人が喪中の場合

場合によっては差出人本人が喪中という状況で

寒中見舞いのはがきを差し出すということもありえます。

 

そんなとき、寒中見舞いのなかに出産報告を盛り込んでも

いいものなのか悩むのではないでしょうか。

 

差出人が喪中である寒中見舞いのなかで出産報告を

すること自体には特に問題はありませんが、その文言を

入れるのであれば注意すべき点もあります。

 

寒中見舞いの本来の、第一の目的としては「相手の体調を

気遣うこと」にあります。

 

なので、寒中見舞いのなかで出産報告の部分がメイン

となってしまっては具合が良くありません。

 

もし寒中見舞いのなかに出産報告の文言を

盛り込むのであれば、「私事で大変恐縮ですが」と

前置きをするのがベターな方法ではないかと思います。

 

そして簡潔に報告することも忘れないようにしましょう。



スポンサーリンク




関連記事:寒中見舞いの切手の種類や値段は?普通のでいいの?コンビニで買える?

喪中時の寒中見舞いでの出産報告に写真を入れるのは良い?文例もご紹介!

場合によっては寒中見舞いでの出産報告は問題無い

ということをご説明しましたが、では寒中見舞いの

差出人が喪中の際に寒中見舞いの中に

こどもの写真を入れるというのはどうでしょう?

 

やはり生まれたばかりの可愛い我が子を皆さんに

見てもらいたい!という気持ちがあるとは思いますが・・・。

 

喪中時の寒中見舞いでの写真の添付

何度もご説明している通り、寒中見舞いというのは

あくまでも相手方の体調を気遣うために送るものです。

 

差出人側の近況報告というのはあくまでも

おまけ程度のものにしておく必要があるということを

認識しておきましょう。

 

そのため、年賀状のように生まれたばかりの我が子の

写真を大きく添付しているような寒中見舞いというのは

あまり理想的なものでは無いと言えるでしょう。

 

もしどうしても可愛い我が子を多くの人にお披露目

したいというのであれば、家族みんなが元気な姿を

みなさんに見てもらうという意味でも、家族みんなが

写っている写真を小さく控えめに添付する程度に

留めておくのがいいのではないでしょうか。

関連記事:手術成功祈願・お守りで有名な神社!関東と関西についてご紹介!

 

喪中時の寒中見舞いでの出産報告の文例

では、ここまででご紹介してきた事柄を踏まえた

うえで、寒中見舞いで出産報告をする場合の

文例をひとつご紹介しておきたいと思います。

 

寒中お見舞い申し上げます

例年以上の厳しい寒さが続いておりますが、

皆様如何お過ごしでしょうか。

 

私事で大変恐縮ではありますが、昨年▽月に

長男となる☆☆(名前)を出産いたしました。

 

本年も変わらぬお付き合いをお願い申し上げます。

寒さが一層厳しくなりますが、皆様のご健勝と

ご多幸をお祈り申し上げます。

平成〇〇年〇月〇日

 



スポンサーリンク




関連記事:財布の使い始めに良い日2019!風水でベストなのはこの日!

まとめ

いかがだったでしょうか。

 

年を取れば書く機会も徐々に増えていくであろう

寒中見舞いですが、その意味合いや書き方などが

分かっていなければ相手方に対して失礼に値してしまう

恐れもあります。

 

決して何を書いてもいいというわけではありませんし、

今回寒中見舞いについての意味合いについてご紹介

させていただいたところを読んでいただければ、たとえ

喪中であったとしても失礼にならないように出産報告も

できるのではないでしょうか。

 

ご家族が寒中見舞いを書いていたら、一度内容を

チェックしてあげるのもいいかもしれませんね。



スポンサーリンク