ご愁傷様・・お悔みの時の言葉として

聞いたことはありますよね。

 

ただ、聞いたことはあるし

何となく「こういう時に使う言葉」

ということは分かっていても、言葉の意味や

自分が言われた時の返事の仕方などは

ちょっと曖昧だったりしませんか?

 

これで合っているのか

失礼はないかなど、不安な気持ちが

よぎったりもします。

 

そこで今回は「ご愁傷様」について

色々と調べてみました。

 

ご愁傷様と言われた時の返事の仕方は?

失礼やマナー違反にならない

ご愁傷様の使い方は?

そもそもご愁傷様の意味とは?

 

詳しく解説していきますので

いざという時に慌てない為に

しっかりチェックしていきましょう。



スポンサーリンク





ご愁傷様の意味とは?

まずはこの「ご愁傷様」を使うにあたって

しっかりと言葉の意味を把握しておきましょう!

 

ご愁傷様とは

「人が亡くなった時に、その方の死を悼み

身内の方に述べるお悔みの言葉」

になります。

 

ご愁傷様の漢字をひとつずつ見ていくと

もっと分かりやすいかもしれません。

 

「愁」とは、憂い、物悲しい、心を痛めるなど、

悲しい思いであることを意味します。

 

また「傷」については強い悲しみによる心の傷や

心の痛みを意味します。

 

この「愁」と「傷」が合わさることで

相手の心の傷や痛みを憂える思いであることを表し

「身内を失ってしまった人を大変気の毒に思う」

などの意味を持つお悔みの言葉になるのです。

 

また「愁傷」の言葉の前に「御」、後には「様」がつくことから、

相手に対して敬意を表すとともに相手への労いや心遣いの意味も

込められているそうです。

 

ただ、最近はお悔やみの言葉としてではなく

別の「ご愁傷様」の意味を持つ

使い方があることをご存知ですか?

 

例えば「今日も残業なの?ご愁傷様」

などのように気の毒な思いを

軽い同情や皮肉、からかいの意味などとして

使われることもあるそうです。

 

若い世代の方の中にはこちらの軽い意味の「ご愁傷様」しか

知らない人もいるそうでお葬式の場などで驚いてしまう

若者もいるそうですよ。

 

そんなことにならない為にも

一冊持っていれば心強いかもしれません。

 

 

図解入りのマナー本です。

ご愁傷様の本来の意味を知らずに目上の方に軽々しく

「ご愁傷様」と言ってしまいお叱りを受ける若い方も多いそう。

改めて日本のマナーを勉強してみましょう。



スポンサーリンク




お悔みの場での「ご愁傷様」の使い方は?

「ご愁傷様」の本来の意味がわかったところで

正しい使い方を見ていきましょう。

 

言葉は聞いたことがあってもなかなか使い慣れない言葉です。

いざ、言うとなると何をどう言ったらいいのか

不安になってしまいますよね。

 

「ご愁傷様」だけでは寂しい気もするし

とはいえ、何か言葉を付け加えるとしたら何?

モゴモゴと、口ごもってしまいそうです。

 

具体的にはどのような

使い方があるのでしょうか。

 

多くの場合は、お葬式などの場で

遺族の方に使うことになると思うのですが

まず、使い方の前に

いくつか注意点があります。

 

声の大きさは、相手に聞こえる程度のボリュームがいい

「くれぐれ」「たびたび」「ますます」などの、重ね言葉は使わない

「し」や「く」は「死」「苦」を連想させるので使わない

 

などがあるのですが、

安易に元気づけようと軽はずみに励ましの言葉を

言わないことも大切です。

 

注意点がわかったところで

具体的な使い方を見ていきましょう。

 

基本的には「ご愁傷様です」だけでも

大丈夫なのですが、

もう少し言葉を付け加えるとしたら

どんな言葉があるのか

紹介していきたいと思います。

 

少し付け加えると

 

この度はご愁傷様です

ご愁傷様でございました

 

などになります。

もう少し長めの言葉となると

 

ご愁傷様です、胸中お察しいたします

ご愁傷様です、この度は突然のことで言葉がみつかりません

 

などと付け加えるといいようです。

 

また、受付などでお香典を渡す際にも

「この度はご愁傷様でした」と

言ってからお香典を渡します。

 

受付の方は遺族でないことが多いので

本来はそれだけでも十分なのですが、

もし、他に言葉を付け加えるとしたら

「故人の霊前にお供えください」

とするといいようですよ。

ビジネスシーンでの「ご愁傷様」の使い方は?

「ご愁傷様」は、ビジネスのシーンでも

もちろん、使うことが出来ます。

 

会社の方の身内に不幸があった、

取引先や関係者の方に不幸があった、

などの場合にも使うことが出来るのですが

ビジネスシーンこそ

言葉の選び方が難しかったりしますよね?

 

ビジネスシーンでの

「ご愁傷様」の使い方は

どうするのがいいのでしょうか。

基本的には、余計な言葉は付けず

 

ご愁傷さまでした

この度はご愁傷様です

 

だけで十分です。

 

ただ、会社の代表として葬儀などに

行っている場合は「ご愁傷さまでした」の後に

「○○(会社名)を代表として、

ご遺族の皆様方に心よりお悔やみを申し上げます」

などと付け加えると、いいようです。

 

ビジネスの相手となるとさらに緊張してしまいますよね。

日頃からの敬語使いが大切になってくるのかもしれません。

 

敬語使いをマスターする為に

ちょっと持っておくと安心な一冊がありますよ。

 

 

元アナウンサーが書かれた敬語の使い方の本です。

お悔みの席での敬語も監修されていて

故人への哀悼の意を表すことの大切さ

なども書かれています。

 

もちろん普段使いの敬語のマナーについても

書かれているので、社会人として持っておきたい

一冊になるはずですよ。

メールでの「ご愁傷様」の使い方は?

お葬式やビジネスシーンなど

対面での「ご愁傷様」の使い方を

見てきましたが、

メールではどうすればいいのでしょうか。

 

身内に不幸があったことを知って

メールで気持ちを伝える場合の

「ご愁傷様の」使い方とは?

 

言葉で話すよりも、文面に残る方が

言葉選びに慎重になってしまいますよね。

 

実はメールで「ご愁傷様」と送ることは

あまり適切とされてはいないそうです。

メールだと表情が受け取れない分

こちらの気持がしっかりと伝わりにくいからです。

 

また、先にも触れましたが

最近は相手を皮肉ったりからかったりする意味で

「ご愁傷様」を使うこともある為、

人によっては印象が良くないこともあるそうです。

 

どうしても「ご愁傷様」を使いたい場合は、

それだけだと冷たい印象になってしまうので

「ご愁傷様です」の後に

 

突然のことで驚いております、言葉が見つかりません

残念でなりません、訃報にとても動揺しております

 

などの一文を

付け加えるといいようです。

 

とはいえ「ご愁傷様」は対面して表情や言い方など

気持を込めた状態で成立する言葉である為

出来れば使わないほうがいいのかもしれません。

 

メールの場合は「ご愁傷様」よりも

「お悔み申し上げます」の方が

適切なようですよ。



スポンサーリンク




ご愁傷様への返事はどうすればいい?

さて、これまでは「ご愁傷様」の使い方、

身内を失ってしまったご遺族へ

悲しみを労う言葉のかけ方や使い方を見てきました。

 

次は反対に、

あなたが労いの言葉をかけられた場合、

「ご愁傷様」と声をかけて頂いた場合は

どう返事をするのがいいのかを見ていきましょう。

 

お礼を言うのもおかしい気がするし

謝るのも違う気がしますおね?

どのように返事をすればいいのでしょうか

基本的な言葉がいくつかあるようです。

 

恐れ入ります

この言葉は目上の人に対する

敬意を示す言葉にもなるので

この言葉が一番適切です。

 

余計な言葉を足したりせずに

シンプルにこの言葉だけで

感謝の気持は十分伝わりますよ。

 

お心遣いありがとうございます

「ありがとうございます」は

誰もが使う感謝の気持を表す言葉ですよね。

 

とはいえ、お悔みの席などでは

「ありがとうございますは

使わない方がいい」

という考えもあるようです。

 

確かにありがたい席ではないですものね。

実際には多くの人が使ってはいるそうですが

不快に思う人もいるということを

心得ておいた方がいいかもしれません。

 

「ありがとうございます」の前に

「お心遣い」や「お気遣い」

などを付け加えるといいようですよ。

 

痛み入ります

あまり聞き慣れない言葉になりますが

「相手の心遣いなどに恐縮し感謝している」

という意味になります。

 

「恐れ入ります」よりも丁寧な言葉になるのですが

使い慣れていない場合は不自然にならないように

注意する必要がありますよね。

 

黙礼

「ご愁傷様」と言われる時期は

まだ遺された遺族として

気持の整理がついていない時期でもあります。

そんな中で無理に言葉を

述べる必要はないそうです。

 

何も言わなくとも

心を込めて黙礼をすることで

相手にもその気持ちは

しっかりと伝わるのかもしれませんよね。

 

以上が「ご愁傷様」への

基本的な返事の言葉になるのですが

実用例としては

 

お心遣い(お気遣い)ありがとうございます

お忙しい中、ご参列頂きありがとうございました

お悔み頂きありがとうございます

ご丁寧なお悔みを頂き、恐れ入ります

 

などになり、特に生前に深い親交があった方には

「生前、○○(故人の名前)が、大変お世話になりました」

などと言うといいそうです。

 

また、忌引きなどで休みをとった後出社した際に

「ご愁傷様」と言われた場合などは

「ご迷惑をおかけいたしました」と

言うといいそうですよ。

 

いずれにしても、その場にあった声のトーンで

静かに言うことが大切です。

 

悲しい気持ちであることは

相手もわかっていることなので

無理に言葉を繋げなくても

問題ないようですよ。

メールで「ご愁傷様」と言われた場合の返事はどうすればいい?

「ご愁傷様」と言われた場合には

どう返事をすればいいのでしょうか。

 

対面の時のように

「恐れ入ります」などの一言だけ

返事をするわけにはいかないですよね。

 

メールの場合は

対面でお悔みの言葉を言われた時よりも

丁寧に返事をする必要があります。

以下の3つ

 

連絡をくださったことへのお礼

お悔みの言葉をくださったことへのお礼

葬儀について

 

などを入れて、返事をするといいそうです。

 

具体的には

「ご多忙の折、ご連絡を頂きありがとうございます

ご丁寧なお悔みを頂き、恐れ入ります。」

などと書き

 

葬儀前であればこの後に「葬儀の日程」などを書き

葬儀後であれば「無時に葬儀を終えたこと」を

書くといいそうです。

 

メールはどうしても素っ気なくなりがちですよね。

また、文面に残る分言葉選びも丁寧に行う必要が

あるかもしれませんよね。

関連記事:袱紗はどこで買える?100均やコンビニに売ってる?

「ご愁傷様」への返事で注意すること

基本的には「ご愁傷様」と言われる立場は

参列者などと比較すると

それほど注意すべき言葉などはないとされています。

 

とはいえ、出来れば

先の「ご愁傷様」の使い方と同様に

「くれぐれ」「ますます」などの重ね言葉や

「し」や「く」など死や苦を連想させるような言葉は

使わない方がいいそうです。

 

また、「追って」「再び」「続いて」などの

次も続くことを連想させるような言葉にも

注意が必要です。

 

普段何気なく使う言葉が多いので

不意に使ってしまうことも

あるかもしれません。

 

それほど神経質になる必要はないものの

「使わない方が望ましい」ということは

頭に入れておいた方がいいのかもしれませんよね。



スポンサーリンク




関連記事:法事の服装男性は何を着る?ネクタイやシャツについても詳しく解説!

まとめ

「ご愁傷様」への返事や

その意味、使い方などを見てきました。

 

言葉って難しいですよね。

悪気はなくても、相手に不快な思いを

させてしまう可能性もあるのです。

 

十数年前、私の父が他界した時

やはり多くの方に「ご愁傷様」の

お心遣いの言葉を頂きました。

 

ところが、当時の私は返事の仕方が分からず

口ごもってしまうことが多かった記憶があります。

 

あの時、失礼はなかったかと

今でも少し気がかりです。

 

そんな後悔をしないようにしっかりと「ご愁傷様」の

意味や使い方、返事の仕方などを頭に入れておきましょう。



スポンサーリンク