日本では一年が“春夏秋冬”という

美しい四季に分かれていますよね。

 

それぞれの季節によって,

気候や草木,雰囲気が変化し,

風景を変えていきます。

 

そんな四季の変わり目の区切りはあるのでしょうか?

四季のそれぞれの期間はいつからいつまでなのでしょうか?

 

また,「季節の変わり目は風邪を引きやすい」

なんて話をよく聞きますよね。

 

その話は,実際はどうなのでしょうか?

そもそも“季節の変わり目”という言葉は

いつのことを指しているのでしょうか?

 

そこで今回は,

季節の変わり目はいつを指しているのか?

季節の区切り方はどうしているのか?

季節の変わり目には注意してほしいこと

についてまとめました。



スポンサーリンク





季節の変わり目はいつ?四季はいつからいつまで?

季節の変わり目は,今の季節から次の季節へと

移行する時期のことを指しています。

明確に○月○日から○日まで,

といった決まりはありません。

 

気候や草木が変わり始めると

今年も春(夏,秋,冬)が終わるなあ...

と感じて淋しく思う方も多いでしょう。

 

雰囲気が変わりつつある,そう感じ始めたときが

“季節の変わり目”といえるでしょう。

 

四季の期間については,複数の区切り方があり

それぞれの考え方によって,

いつからいつまでをその季節とするか異なります。



スポンサーリンク




季節の区切り方はどうしている?

四季の期間の区切り方はいくつか方法があり,

それぞれによって期間は異なっています。

 

一般的には,天気予報でも使われる区切り方を

使って四季の区切りをしていることが多いです。

 

ただし,絶対的な定義などはなく

季節の区切り方は,それぞれ別の用途で

使われ続けています。

 

四季の期間,区切り方について,

いくつかの方法をご紹介します。

 

気象庁による区切り方

・春:3月~5月

・夏:6月~8月

・秋:9月~11月

・冬:12月~2月

 

一般的に,私たちが四季の期間として

季節を区切るのに使われているのは,

気象庁が使う区切り方です。

 

天気予報でも使われる区切り方で,

私たち一般人でも納得できる

一番しっくりくる区切り方ではないでしょうか?

 

年度による区切り方

・春:4月~6月

・夏:7月~9月

・秋:10月~12月

・冬:1月~3月

 

新年度が始まるのに合わせた区切り方で,

テレビ・ラジオの1クールの周期や

学校の新学期などで使われる区切り方です。

 

この区切りでは,行事を考慮しやすい

などの利点があり,都合が良いので

企業や学校で使われ続けています。

 

手帳なども4月始まりの物も多いですよね。

この手帳も4月始まりで,

ひと月を一覧できる月間ブロック式と

一週間ごとに分かれた週刊レフト式

どちらのページもあります。

 

The 手帳!といった印象の手帳なので,

初めて手帳を持つ方や,

中々理想の手帳を見つけられないという方は

ぜひ一度お試しください。

 

天文学的な区切り方

・春:3月21日頃~6月20日頃

・夏:6月21日頃~9月22日頃

・秋:9月23日頃~12月21日頃

・冬:12月22日頃~3月20日頃

 

“二至二分(にしにぶん)”を基準に

季節を区切っている方法で,

「夏至(6月21日頃)」,「冬至(12月22日頃)」,

「春分(3月21日頃)」,「秋分(9月23日頃)」

によって季節を区切る方法です。

 

二至二分は,毎年同じ日にち

という訳ではないので,

~頃という表記となります。

 

暦上の区切り方

・春:2月4日頃~5月5日頃

・夏:5月6日頃~8月7日頃

・秋:8月8日頃~11月7日頃

・冬:11月8日頃~2月3日頃

 

1年を24等分した“二十四節気”を基準に

四季を区切っています。

 

“二十四節気”のなかで,季節の始まりを表す

「立春(2月4日頃)」,「立夏(5月6日頃)」,

「立秋(8月8日頃)」,「立冬(11月8日頃)」

によって季節を区切る方法です。

 

二十四節気の日にちは,太陽の動きによって

定められ,毎年同じ日ではないので,

~頃という表記となります。



スポンサーリンク




季節の変わり目に気を付けてほしいこと!

季節の変わり目という時期は,

体調が崩れやすくなってしまいます。

 

朝晩の寒暖差によって

身体にストレスがかかることが

原因だとされています。

 

気温さの激しい環境にいると,

“自律神経の乱れ”による

「自律神経失調症」になりやすくなります。

 

自律神経には,“交感神経”と“副交感神経”があり,

この2つの神経は呼吸や循環,代謝,

体温調整,発汗調整などに働いています。

 

交感神経は活動時に働き,

副交感神経はリラックス時に働いています。

 

朝晩の激しい寒暖差は,体温・発汗調整のために

自律神経の働きを頻繁に行う必要があり,

2つの自律神経のバランスが崩れやすくなってしまい

体調不良を起こす人が多くなります。

 

また,年度による区切り方を使っていると

季節の変わり目にあたる時期には,

環境が大きく変化することが多々あります。

その変化も体にストレスを与えてしまい,

体調不良となる原因となります。

季節の変わり目の自律神経の乱れが引き起こす体調不良はどんなものがある?

季節の変わり目に起こりやすい

自律神経の乱れは体調不良の原因となります。

 

自律神経の乱れによる体調不良はさまざまであり,

症状の種類も重さも人によって異なります。

日によっても,症状の重い軽いは変化します。

 

自律神経の乱れによって起きやすい

代表的な体調不良についてまとめました。

 

自律神経の乱れによる症状は

複数が同時に起きることが多いです。

少しでも症状を軽くできる方法もまとめたので,

お役に立てば幸いです。

 

①頭痛

全体的に頭が重く感じる,偏頭痛,

刺されるような頭痛,締め付けられるような頭痛...

 

自律神経の乱れによって,引き起こされる頭痛は

さまざまな種類があり,人によって異なります。

 

頭痛がひどくなってしまった場合は,

薬に頼っても良いと思います。

薬の服用規定に沿って,活用していきましょう。

 

肩回りの運動も,頭痛の緩和には効果的です。

肩こりや首こりが頭痛を酷くしている場合があるので,

肩回りを温めたり肩をまわしたりしてみましょう。

 

②肌荒れ

肌の乾燥,敏感肌,ニキビなどの

肌荒れの症状が起きやすくなります。

 

季節の変わり目に自律神経が乱れると,

発汗調整に異常が起き,発汗機能が乱れ

肌荒れを引き起こすようです。

 

“肌は腸を映す鏡”

といわれていることをご存知ですか?

肌荒れは,腸内環境を正しく保つことが

出来れば,抑制できるとされています。

 

腸内環境を整えるためにも,

善玉菌の栄養素となる食べ物を摂取しましょう。

 

ヨーグルトが腸内環境を整える,とされるのは

含まれる乳酸菌が腸内の善玉菌の栄養源となる,

とされているからです。

 

また,最近では,生きたまま腸に届く乳酸菌!

という商品も増えており,

善玉菌としても活躍するものが増えています。

 

腸内の善玉菌の栄養源となるものは,

乳酸菌のほか,水溶性の食物繊維,オリゴ糖

なども挙げられます。

 

栄養源となるものを多く含んでいる

納豆やアボカド,バナナなどを

積極的に食べて腸内環境を整えることで

肌荒れの改善が期待できますよ!

関連記事:飲み会の断り方!メールの例文を会社や取引先についてご紹介!

 

③めまい・耳鳴り

めまいや耳鳴り,耳の聞こえが悪くなる

などの症状が出る方もいます。

酷くなると通常のめまいや耳鳴りよりも

症状が悪化したメニエール病を発症する方も

一定数いらっしゃいます。

 

“めまいは耳石の位置がずれているから”

“耳石の位置が元に戻ればめまいは治る”

という話を聞いたことありませんか?

 

確かに,一時的には治ることはあります。

しかし,自律神経の乱れによるめまいでは,

すぐに再発してしまう可能性が高いです。

 

めまいが起こる原因の一つに

「身体の冷え」があります。

自律神経の乱れによって,

体温調節がうまく出来ていないと

めまいが起こる可能性が高くなります。

 

季節の変わり目は身体を冷やさないよう

衣服による体温調節も大事になってきますね!

関連記事:地黒の原因は?治す方法やメリットも詳しく解説!

 

④倦怠感

自律神経が乱れてしまうと,

疲れやすく,常に疲れているように感じたり,

身体が重く感じるなどの症状が

起こることもあります。

 

なかなか寝付けなかったり,

朝は起きられなかったり,

睡眠に大きく影響してしまいます。

 

季節の変わり目は,寒暖の差が激しく,

なかなか眠れない日が続いてしまうことがあります。

 

ぬるめのお風呂に長く浸かったり,

暗くした部屋で落ち着く音楽を聴いたり,

身体がリラックスする時間を設けて

睡眠時に影響する副交感神経の働きを

良くしておくようにしましょう。

 

その上で,いつもより長めに

睡眠時間を確保することで,

身体の疲れを癒すことができますよ!

 

目の上にのせて,疲れを癒すアイピローです。

温める使い方,冷やす使い方,両方が出来るので,

リラックス時間に使ってみてはいかがでしょうか?

 

相当気持ち良いですよ!

香り袋も入っているので,

よりリラックス度アップです!

 

デザインもとてもかわいいので,

使っていないときもインテリアとして

飾っておくことができそうですね!



スポンサーリンク




関連記事:財布の使い始めに良い日2019!風水でベストなのはこの日!

まとめ

今回は,季節の変わり目とはいつを指すのか,

日本にある四季それぞれが

いつからいつまでの期間を指すのか,

季節の変わり目に注意が必要なことは何か,

について,まとめました。

 

季節の区切り方は,複数の考え方があって

すべてがそれぞれどこかの場所で

使われていることが分かりました。

 

気象庁が使う区切り方と

学校が使う区切り方は

一般の人にも馴染み深いものですね。

 

カレンダーに良く書かれている

立春や夏至という言葉も

季節の区切りを表していることが分かりました。

 

季節の変わり目は,自律神経が乱れやすく

体調を崩しやすいので,

 

リラックス時間を作る

バランスよい食事を心がける

身体を冷やさないよう服装を切り替える

 

などの対策を取って,体調に注意しつつ,

日本の美しい四季とその移り変わりを

楽しんで過ごしましょう!

 

季節の変わり目に起こる体調不良は

長引くことが多いです。

もし体調を崩してしまったときは,

しっかり休みを取って,しっかり治しましょうね!

 

最後までご覧いただきありがとうございました!



スポンサーリンク