親戚や知り合いなどに不幸があった場合、

お通夜や葬儀の場に香典を持参します。

 

香典袋には主に現金を入れるわけですが、

お札の向きなど、

香典袋へのお金の入れ方のマナーは

きちんと知っていますか?

 

中袋なしの香典袋の場合は

どうしたら良いのでしょうか?

 

今回は、今更人には聞けない

香典袋の使い方について説明したいと思います。



スポンサーリンク





香典袋のお金の入れ方の基本!お金の向きなどは?

香典とは?

香典袋のマナーについて説明する前に、

そもそも香典とは何か、簡単にお話ししますね。

 

「香典」とは、

故人への供養の気持ちを表すものです。

「香」は線香の代わりに供える、

「典」は死者の霊の前に供える金品や物品

という意味があります。

 

香典としてお線香やお米を供えるのみ、

という時代もありましたが、

現代ではお線香やお花の代わりに

現金を持参します。

 

突然の不幸で、何かと出費があるので、

金銭面で助け合おうという精神から、

現金を渡すようになったと言われています。

 

そして、その現金を入れるのが

不祝儀用の「香典袋」なのです。

 

香典袋の種類・選び方

香典袋はスーパーやコンビニ、

100円ショップなど様々なところで

売られていますが、

袋の種類がいくつかあるのは

ご存知でしょうか?

 

香典袋の種類によっては、

宗教が限定されるものもありますから、

香典袋を数種類から選ぶ場合は

注意する必要があります。

 

まず、白と黒の水引のみの無地の香典袋は、

どの宗教でも使用することができます。

 

蓮の花がプリントされた香典袋は仏教のみ、

十字架やユリの花がプリントされた香典袋は

キリスト教のみ、使用することができます。

 

亡くなった方の宗教や宗派が

あらかじめわかっている、

ご遺族から知らせを受けた際に確認できている、

といった場合には、

宗教に合わせた香典袋を用意しましょう。

 

しかし、故人の宗教・宗派が

わからないこともあるでしょう。

そのような場合は、無地の香典袋で、

表書きが「御霊前」となっているものを

選べば問題ありません。

 

実は、浄土真宗は他の宗派と違い、

人が亡くなるとすぐに

仏になると考えられているので、

「御霊前」ではなく「御仏前」が正しいと

言われています。

 

しかし、そこまで気にする方も

少ないでしょうから、

宗派がわからなければ

やはり「御霊前」を使用するのが無難です。

「御香典」でも良いですよ。

 

わからないからと言って

わざわざご遺族に確認するのは、

葬儀の準備などで忙しい時に、

逆に迷惑だったり、

非常識だと思われたりすることもあります。

 

宗教・宗派の他に香典袋を選ぶ基準となるのは

故人との関係や香典の金額です。

 

香典袋には水引が印刷されているもの、

白黒の水引がついているもの、

和紙に銀の水引がついているもの

などがあります。

 

故人が顔見知り程度の方であれば、

水引が印刷されたもので問題ありません。

 

白黒の水引がついたものは、

会社関係の方や友人が

亡くなった場合に使用します。

 

そして、一番高級な銀の水引の香典袋は

家族や親戚が亡くなった場合に

使用します。

 

もちろん故人との関係によって、

包む金額も変わってきます。

香典袋のランクは、

中身と比例していると考えて良いでしょう。

 

香典袋のお金の入れ方!お札の向きなどのマナー

香典袋の種類が決まったら、

お札の入れ方や向きなどに注意して

お金を入れましょう。

 

お札の向き

お札の向きは気にしなくても良い、

という考え方もありますが、

念の為注意しましょう。

 

お札には表と裏があります。

人物が印刷されているのが「表」、

人物がいないのが「裏」です。

 

香典袋にお札を入れる時は、

裏側が見えるようにします。

そして、上側に金額、下側に人物が

くるように入れます。

 

また、お札を2枚以上包む場合は、

全てのお札の向きを揃えて入れるようにしましょう。

 

とはいえ正式な決まりはないので、

お札の向きが揃ってさえいれば、

表裏などはあまり気にし過ぎなくても

問題ないでしょう。

 

新札は使用しない

香典袋に新札を入れると

「不幸を待っていた」

「不幸の日の為に用意しておいた」

と思われるから、

新札ではなく古いお札を

包みましょうと言われています。

 

どうしても新札しかない場合は、

一度半分か4分の1くらいに折ってから

包むようにしましょう。

 

とはいえ破れたお札や

あまりにもくしゃくしゃなお札、

汚れたお札などでは

故人に失礼にあたるので注意してくださいね。

 

 

香典袋の名前の書き方

香典袋の水引の上に「御霊前」、

下に名前を書きます。

 

「御霊前」などの文字は、

印刷されているものが多いです。

 

できれば薄墨の筆で書きますが、

急な不幸で用意できない場合は

黒のサインペンやボールペンでも

マナー違反にはなりません。

 

名前は水引より下の、

中央部分にフルネームで書きます。

故人と仕事上の関わりだった場合、

ご遺族にも関係がわかるよう、

名前の右肩に会社名を記載しましょう。

 

また、会社などで連名の香典を

出す場合もあると思います。

連名者が3名までなら、

中央から全員の名前を書きます。

目上の人から順に書きましょう。

 

4名以上連名で出す時は、

「○○(グループ名など)一同」、

もしくは代表者の名前を書き、

左下に「外一同」と小さく書きます。

 

そして、別の便箋などを用意し、

全員の氏名、住所、金額を書いて

お金と一緒に中袋に入れてください。

この場合も、目上の人から順に、右から書きます。

 

夫婦で香典を出す場合、

基本的には夫の名前のみで問題ありません。

しかし、夫婦共に

故人と関わりが深かった時などは、

連名で書くこともあります。

 

香典袋の真ん中に、

慣れない薄墨の筆で名前を書くのは

簡単なようで、

意外とキレイに書けなかったりします。

そんな時にオススメのアイテムがこちらです。

 

フルネームの名前スタンプです。

職人がこだわって選んだ8つの書体を用意。

 

またゴムとは違い、字が滲まない、切れない

 

特殊樹脂を使用しています。

 

そして、速乾インクは服や手にインクがつく、

押した文字に触れて滲んでしまうなどの

トラブルを減らしてくれます。

 

更にこの商品、薄墨と普通の墨文字の

2種類のスタンプがセットになっていますから、

弔事だけでなく、慶事などにも使用できます。

 

急に筆文字を書くことに

自信がない人にはありがたい商品ですね。



スポンサーリンク




中袋って何?書き方は?

中袋とは?

香典袋には、上包みと中袋があります。

水引がついていて、名前を書いたりする

表の部分が上包み。

お金を入れて、上包みの中に入れるのが中袋です。

 

結婚式のご祝儀袋などと同じですね。

 

香典袋だと、中袋がないものもありますが、

それについては後程詳しく説明します。

 

中袋の書き方(表面)

中袋も、上包みと同じく薄墨の筆ペンを使用しますが、

黒のサインペンやボールペン、普通の筆ペンなどでも

問題はありません。

 

上包みに書いたものと合わせると良いです。

では中袋の表には何を書くのでしょう?

 

表面の中央には、入っている金額を書きます。

縦書きと横書きで、書き方が違うので

注意してくださいね。

 

縦書きの場合は、大字(だいじ)と言われる

難しい漢字で書きます。

よく使用するのは以下のような数字です。

 

・1=

・2=

・3=

・5=

・10=

・100=

・1000=

・10000=

・円=

 

なぜこのような難しい

漢字を使用するのかというと、

「一万円」と書いてあるところに

ペンで縦棒を足して、

「十万円」にし経費にするなど、

悪質な行為を防ぐためです。

 

金額の前には「金」と書きます。

例を挙げると

・1000円=金壱阡圓

・5000円=金伍阡圓

・30000円=金三萬圓

のようになります。

 

また、最後に「也」を付ける場合もありますが、

「也」は端数がない、という意味で使用するので、

特に書かなくても問題はありません。

 

横書きの場合は、

「金1,000円」「金30,000円」

などのように、アラビア数字を使用します。

縦書きより簡単ですね。

 

3桁ごとに「,」を入れるのを

忘れないようにしましょう。

 

中袋の書き方(裏面)

裏面の左下には、住所と名前を

縦書きで書きます。

 

表面もそうですが、市販の香典袋には、

金額・住所・名前を書く欄が

印刷で指定されているものも存在します。

 

その場合は、決まった場所に記入しましょう。

 

個人で香典を送る場合は、自分の住所と名前を

書くだけで良いですが、会社や友人同士で連名で

香典を送る場合もあります。

 

その場合、まずグループ名、

目上(年上)の人から順に、

住所、改行してフルネームと金額。

最後に「香典のお返し等はご無用に願います」

と書きます。

 

とはいえ遺族の方も、お礼状や香典返しを送らない、

という訳にもいきませんから

住所は忘れずに書いて下さいね。

 

会社の場合は、フルネームと金額のみで、

住所は書かないことが多いです。

もし書くとしたら、会社の住所にしましょう。



スポンサーリンク




関連記事:香典袋の金額で横書きの書き方は?薄墨で書くの?

中袋なしでも問題ない?なしの場合のマナーは?

中袋なしの香典袋はOK?ない場合のマナーは?

購入した香典袋に中袋がない、

という場合があるかもしれません。

地域によっては、中袋なしの香典袋が存在します。

 

中袋がない理由は、

上包みと中袋、両方あると二重で不幸が重なる、

という意味に通じる。

 

上包みと中袋があると、2回開封しなければならず、

受付などで手間がかかる。

 

金額が少ない=中袋なし(略式)

金額が多い=中袋あり(正式)

とされている。

 

などが挙げられます。

お通夜や葬儀を行う地域では

どちらが常識的か、把握することが大切です。

 

家族に聞く、葬儀を執り行う会社に聞くなどして、

その地域の常識を学んでくださいね。

 

また、中袋がない場合のお札の入れ方や書き方の

マナーはどうでしょうか?

 

中袋がない場合、お札は直接上包みに入れます。

お札の向きは、中袋に入れる時と同じです。

 

また、上包みの表面の

水引の下に氏名を書くのは

同じですが、中袋なしの場合は、

上包みの裏に金額と住所を記入します。

 

書く場所が指定されている場合は、

説明や記載されたものに従ってくださいね。

関連記事:香典は薄墨で書くの?中袋はボールペンでもOK?

 

中袋が必要な場合はどうする!?

中袋なしの香典袋を購入してしまったけれど、

中袋を使用した方が良いという結論になった場合、

どうしたら良いでしょうか?

 

半紙やコピー用紙で包む

半紙やコピー用紙など、

真っ白で身近にあるものを利用する方法があります。

 

簡単にできますし、費用もかかりません。

 

中袋の代わりになるものを買う

中袋だけを買う、という選択肢もあります。

白無地の金封は、弔事はもちろん

慶事の中袋にも使えるので、

余分に持っていて損はないと思います。

 

中袋ありの香典袋を購入する

中袋は必要だけど

手間がかかるのはイヤ、という人は

色々と考えている間に中袋のついた香典袋を

再度購入するのが1番です。

 

購入するだけなら簡単ですし、

値段も50~60円程度から

高くても100円くらいですから、

迷う暇があれば買い直しましょう。



スポンサーリンク




関連記事:葬式のハンカチの色は?白でもいい?男性と女性で違う?

まとめ

香典袋や中袋の書き方やマナー、

お札の入れ方などをご紹介しました。

 

色々と細かい決まりがあるようですが、

意外と難しくありません。

 

急な不幸があった場合に恥をかかない為にも、

ぜひ大切な知識として

頭の片隅に入れておいてくださいね。