5月5日は子供の日。

この日はあちこちで鯉のぼりを見かけますよね。

 

ただ、5月5日という1日だけ鯉のぼりを揚げるのはもったいないですから、

だいたいどこも、もう少し前から飾り始めます。

 

でも、実際鯉のぼりっていつからいつまであげるのが正しいのでしょうか。

また、地方によってこういう習慣は異なるものですが、

鯉のぼりの時期も関東と関西で違うのでしょうか。

 

そこでここでは鯉のぼりはいつからいつまであげるものなのか、

関東と関西ではどう違うのかを説明します。

 

鯉のぼりをあげておく時期について知りたい方は、ぜひ参考にしてくださいね。



スポンサーリンク





鯉のぼりって何?

鯉のぼりはいつからいつまであげるのか、また関東と関西の違いについて説明する前に、

まずは「そもそも鯉のぼりとは何のか」について軽く見ていきましょう。

 

鯉のぼりの風習が始まったのは、江戸時代だとされています。

 

江戸時代、武士の家に子供が産まれると

その子の成長を願い家訓のついた幟(のぼり)を家の前に立てかけていました。

 

幟(のぼり)とは旗の事で、

戦国合戦の時に兵士が持っている縦長の長方形の旗を思い浮かべれば分かると思います。

 

それとは別に、裕福な町民の間では端午の節句に男の子の成長を願う風習として

紙や布に鯉の絵を描いてそれを空にはためかせるというものがありました。

 

なぜ鯉かと言えば、鯉は生命力が強く汚い水でも生き残るので、

鯉のように強くたくましく育って欲しいという願いから鯉になったそうです。

 

また鯉には「鯉の滝登り」という諺があります。

 

その諺を要約すると

「中国の竜門と呼ばれる急流を登りきったら龍になるという伝説の川を

鯉だけが登り切り見事鯉は龍になった」という話になります。

 

つまり、鯉は魚から龍になるという「すごい出世した魚」という事なんです。

 

この時代、男の子にとって出世するというのは一族を挙げての名誉な事でしたから

男の子の成長を願う風習に鯉が選ばれるのも必然だったという事ですね。

 

そして武家の「幟(のぼり)をたてる」、町民の「鯉を飾る」という二つの風習が合体し、

「幟に布で作られた鯉をつけて空を泳がせる」という文化になったのが

鯉のぼりの始まりだとされています。



スポンサーリンク




鯉のぼりはいつからいつまであげる?

では、鯉のぼりはいつからいつまであげるのが正解なのでしょうか。

実は、鯉のぼりをいつからあげる、いつまであげるというのは決まっていません。

 

ですから鯉のぼりはいつからあげてもいいですし、

いつまでもあげていて大丈夫です。

 

でもそれだとちょっと納得がいかないですよね。

 

そこで、日本で古くから使われている二十四節季という暦を使って、

鯉のぼりにふさわしい時期を見てみましょう。

 

二十四節季とは1年を24に分け、それぞれに季節の名前を付けたものです。

ですがこれは毎年太陽の位置によって算出されますので、日付が固定ではありません。

 

ですが毎年大幅に日付がズレるという事もないので、ここでは目安の日を書いています。

実際に参考にする時は必ず「その年の」カレンダーや暦を確認してくださいね。

 

鯉のぼりを「いつから」あげる?

3月20日→春分(しゅんぶん)

春分の日は昼と夜の時間が同じになり、春が本格的になってくる時期です。

鯉のぼりをあげ始めるには少し早い気もしますが、

暦上では冬の気配はすでになくなっているとされているので

季節的には「春」に揚げる鯉のぼりにとっては、解禁シーズンです。

 

4月5日→清明(せいめい)

清浄明潔の略で、この日は空気が澄み太陽は輝いて心地よい風も吹き、

全てが清々しい日だとされています。

 

3月20日が少し早いというなら、

この日が空をはためく鯉のぼりをあげるには絶好の機会ですね。

 

鯉のぼりを「いつまで」あげる?

5月20日→小満(しょうまん)

鯉のぼりをしまう時期を二十四節季に合わせるなら、小満が良いでしょう。

小満は植物が生い茂り良く育つ季節という意味です。

 

子供も植物と同じように、たくましく元気に育って欲しいですよね。

この日まで鯉のぼりを飾れば、鯉のぼりとしての役目も十分だと思います。

 

次の暦は6月5日の芒種(ぼうしゅ)となり6月に突入してしまいますが、

6月まで鯉のぼりを出しているのは少し遅すぎるので、

5月20日の小満あたりをきっかけにしまうのがおすすめです。

鯉のぼりをいつからいつまであげるか?と迷ったら、ぜひ参考にしてくださいね。

 

また、二十四節季というのは「季節」なので1日ではなく期間を指します。

例えば4月5日の清明は、始まりが4月5日という事で、実際の期間は

2018年だと4月5日~4月19日までです。

 

ですから、4月5日が雨の時は無理やり出す必要はありません。

 

その期間の内、晴れの日は必ずありますから

もし外に出すのなら気候の良い日に鯉のぼりを飾ってくださいね。



スポンサーリンク




鯉のぼりをあげる期間の関東と関西の違い

では、鯉のぼりをいつからいつまであげるのかというもので

関東と関西に違いはあるのでしょうか。

 

違いはあります。

 

鯉のぼりをあげる期間ですが、

関東→3月20日~5月5日あたり、

・関西→4月3日~6月5日あたり

 

となっています。

関東と関西では随分違いますね。

 

関東は3月20日と割と早めに鯉のぼりを揚げ始め、

5月5日の端午の節句が終わると同時に鯉のぼりをしまっているようです。

 

一方関西では4月3日と関東より少し遅く鯉のぼりを揚げ始め、

6月に入ってからのんびり鯉のぼりをしまっています。

 

関東と関西では約1ヶ月ほどの誤差がありますが、

実はこれは旧暦と新暦の違いによるものとされています。

 

5月5日は端午の節句、つまり男の子のお祝いの日とされていますが、

その少し前にもうひとつ、似たようなお祭りがありますよね。

 

3月3日のひな祭り、つまり女の子のお祝いの日です

 

実は関西ではこのひな祭りを4月3日にしている所も多く、

4月3日にひな祭りが終わると同時に5月5日の端午の節句に向けて

鯉のぼりを飾る事も多いのだそうです。

 

でもひな祭りと言えば3月3日ですよね。

なのにどうして4月3日にお祝いするのでしょうか。

 

実は今日本で使われている暦というのは明治時代から使われ始めたものです。

一方、ひな祭りというのは平安時代からあるお祝いです。

 

そして新暦は旧暦と比べると1ヶ月ズレがあり、

旧暦では今の4月3日が昔の3月3日にあたる日になります。

 

急な暦変更に対応できず、新暦になっても旧暦の日付でお祝いし続けた結果、

全ての行事が一か月遅れになってしまったという訳です。

 

勿論関西でも3月3日にひな祭りをするところもありますが、

関西にはこの「1ヶ月ズレ」の風習が残っている事が多く、

だから関東と関西では1か月のズレがあるんですね。

関連記事:母の日は財布がおすすめ!50代・60代に人気のブランドをご紹介!

種類いろいろ!おすすめの鯉のぼりグッズ

 

ではここでは、おすすめの鯉のぼりグッズを紹介します。

 

まずはこちらの、「木製の鯉のぼり」です。

こちらは布製ではなく、なんと全て木で作られた鯉のぼりです。

 

鯉のぼりの鯉は取り外しができ、積み木として遊ぶ事もできます。

木の柔らかな温かみが、なんともいい感じを醸し出していますよね。

 

外に飾る鯉のぼりだと家の外からしか見る事はできませんが、

こちらは家の中に飾る事ができるのでいつでも眺める事ができますよ。

 

またそんなに大きくないのでしまう時も簡単です。

 

ぱっと出せてさっとしまえる、雨に濡れる心配もない鯉のぼりですので

片付けや処理が面倒な方にもおすすめの鯉のぼりです。

 

 

鯉のぼりのグッズをちょこっと飾りたい方におすすめなのが、

こちらの「コンコンブルの鯉のぼり」です。

 

コンコンブル雑貨シリーズはのんびりした雰囲気がありとても人気ですよね。

そのコンコンブルが、鯉のぼりのグッズも作りました。

このシリーズはクセがないのでどんな部屋にも相性が良いのが特徴です。

 

大人な部屋にも合いますので、

「鯉のぼりを飾りたいけど、部屋の雰囲気を壊したくない」という方にもおすすめです。

 

季節物を飾るのは、運をあげるにも良いとされています。

今まで鯉のぼりを飾った事はない方は、ぜひこちらのシリーズを使ってみてください。

 

 

上記では割と「親しみやすい」鯉のぼりグッズを紹介しましたが、

「おもちゃっぽいものではなく、もう少し本格的なものがほしい」という方に

おすすめなのがこちらの「ちりめんのミニ鯉のぼり」です。

 

こちらは飾りや台がかなりしっかりした作りになっており、

本格派の印象を与える鯉のぼりです。

 

メインの鯉のぼりはちりめんでできており、

布でありながらどっしりしたボリュームがありますよ。

 

使わなくなったら付属の箱に入れるだけでいいので

片付けも簡単です。

 

「片付けが面倒だから小さいものが欲しいけど、

それなりに本物っぽいものが欲しい」という方はぜひこちらを選んでみてくださいね。



スポンサーリンク




関連記事:5月の行事やイベントといえば?風物詩や食べ物には何がある?

まとめ

鯉のぼりは古くからある日本の風習ですが、

肝心の「いつからいつまであげる」という時期については、

実はどちらも正確には決まっていません。

 

鯉のぼりは、もともと厳正な武士の風習と自由な町民の風習が合わさった

何でもアリな文化なので、その辺も適当なのかもしれません。

 

ですからいつあげてもいいのですが、目安を決めたいなら

同じく日本に古くからある暦、二十四節季を参考にしてみましょう。

 

また今はありきたりな布の鯉のぼりだけでなく

片づけやすく小型化したものやかわいらさを強調したものなど

色んな鯉のぼりグッズがあるので、

ぜひ自分の好きな鯉のぼりグッズを選んでみてくださいね。