結婚式に参列するのに、ドレスを決めて、

ご祝儀袋を用意して、新札も用意して、表書きも丁寧に書いて…準備万端!

と思ったら、ふくさがない!と困ったことはありませんか?

 

ふくさはご祝儀を包んでおくためのもので、

結婚式のマナーについて調べると必ず書いてあります。

「買いに行く時間もないし、困ったな…ハンカチで代用しても良いかな?」

「そもそもふくさって絶対必要なの?」などなど、疑問がある方もいるでしょう。

 

今回はそんなふくさのマナーについて解説していきます。

ふくさの包み方や渡し方、ふくさがないときの代用についても解説していますので、

ぜひ参考にしてみてください。



スポンサーリンク





結婚式でふくさがない!ふくさは必須?

結婚式でのふくさの役割

ふくさは元々、貴重品を入れる箱の上に掛けられていた風呂敷が原型で、

贈答品などを日焼けや汚れから守るためのものでした。

 

結婚式で使う袱紗(ふくさ)の役割は、

ご祝儀袋を汚したり折り曲げたりしないというものです。

受付前でふくさからご祝儀袋を取り出すことで、

汚さないように大切に運んできましたという礼儀を示す意味があります。

 

ちなみに、弔事の際に不祝儀袋を包む風呂敷も、ふくさと言います。

 

ふくさのタイプと色の選び方

ふくさには、大まかに風呂敷タイプと金封タイプがあります。

風呂敷タイプは1枚の布でご祝儀袋を包むタイプで、

金封タイプは長財布のように開いてご祝儀袋をしまうタイプです。

金封タイプは「はさみふくさ」とも呼ばれます。

 

どちらを使っても問題ありませんが、ふくさの色選びは重要です。

ふくさはご祝儀袋も不祝儀袋も包みますが、

その役割はふくさの色によって大体決められています。

葬式に黒の喪服を着ていくように、ふくさにも色の礼儀があるということです。

 

結婚式で使うふくさは、暖色系が好ましいです。

赤や朱色、オレンジ、ピンク、藤色、金などが適しています。

弔事では紺や深緑、グレーなどの寒色系を使います。

 

ちなみに、紫色は慶事でも弔事でも使えるので、覚えておくと便利です。

 

日本製ふくさ

金封タイプのふくさです。

風呂敷タイプは慣れていないとなかなか上手に包めなかったり、

渡す時も手間取ってしまうことがありますが、

これなら誰でも簡単に取り出すことができます。

 

また、紫色なら慶弔両用なので、非常に便利です。

1000円ほどで購入出来るというのも有り難いですよね。

 

結婚式でふくさは絶対必要?

最近は結婚式自体も減っており、こういった文化も薄れてきました。

ふくさなんて持ってないよ、という若い方も多いです。

マナー的にはもちろんふくさがある方が良いのは間違いありませんが、

ふくさが無いからと言って礼儀知らずと思われることはないでしょう。

特に、若い方が友人の結婚式に出るくらいの場合では、問題ありません。

 

ただ、目上の方の結婚式や、明らかに参列者の階級が高いことが予想される結婚式では、

ふくさを用意していくのが無難だと思います。

最近はふくさを使わない方も多いので、

逆に「若いのにしっかりしてるな」と評価が高くなる確率が高いです。



スポンサーリンク




結婚式でふくさをハンカチで代用できる?

ふくさをハンカチで代用できる?

明日結婚式なのにふくさが見つからない!というとき、

ハンカチで包んでも問題無いだろうか、と考えることもありますよね。

 

結論から言えば、色と包み方を間違えなければ

ふくさをハンカチで代用するのは問題ありません。

もともとは風呂敷で包むのが原型だったわけですし、

そう考えれば納得かと思います。

 

ただ、綿素材のハンカチを選ぶ様にしてください。

タオル地のハンカチはさすがにカジュアル過ぎるので避けましょう。

アイロンがかけられるハンカチなら代用できる、と覚えておけば良いでしょう。

関連記事:袱紗はどこで買える?100均やコンビニに売ってる?

 

ハンカチで代用する際の注意点

ふくさをハンカチで代用する際には、色と包み方に注意する必要があります。

 

ハンカチの色選び

先ほども紹介しましたが、ふくさは用途に合う色選びが重要です。

これは、ハンカチで代用する際も同じように考える必要があります。

基本は暖色系が好ましいですが、

赤やオレンジというハンカチを持っているということもなかなか無いですよね。

 

そんなときは、明るい色のハンカチを使えば良いです。

本来は暖色とは言えないですが、白でも問題ありません。

実際、白のふくさも販売されています。

 

ただ、緑や青系のは弔事で使われるので避ける方が良いです。

 

ハンカチでの包み方

ふくさも同様ですが、ご祝儀の包み方は非常に重要です。

包み方によって慶事か弔事かが変わってくるので、慎重に包みましょう。

 

ただ、包み方は簡単ですので安心してください。

 

ハンカチを四隅が上下左右に来るように広げます。

上下の対角線上よりやや左側にご祝儀袋を置きます。

ご祝儀袋のサイズに合わせて、左側→上→下の順に折りたたみます。

最後に右側を折り、余った部分はそのまま巻き付けるように折ります。

 

以下に、包み方の参考動画を載せておきますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

包み方は以上です。

これはふくさでもハンカチで代用した場合でも同じになります。

とにかくポイントは、右開きになるようにするということです。

左開きになると、弔事での包み方になってしまうので、注意しましょう。

 

レース 袱紗

ふくさって、着物じゃないと浮いてしまいそう…なんて思っている方も多いはず。

確かに風呂敷タイプの袱紗は若い方には敷居が高いと思われても仕方がないですが、

こういった、ドレスに似合うレースのついた可愛いふくさもあるのです。

 

ベージュ、ブラック、ベージュ&ブラックの3色展開で、

お持ちのドレスにも合わせやすいかと思います。

ぜひ、このレースふくさで、ふくさデビューをしてみてください。



スポンサーリンク




関連記事:結婚式のふくさの色は?黒や紫でもOK?男性も必要?

結婚式でのご祝儀・ふくさの渡し方

これまでふくさを利用したことが無いという方は、

渡す時にどうしたらよいのか戸惑ってしまうこともありますよね。

 

最後に、ふくさを用いてご祝儀を渡す流れを紹介しておきます。

 

ご祝儀は渡すその瞬間までバッグにしまっておくのが基本です。

手に持って場内を歩き回ったりすることのないようにしましょう。

 

受付に着いたら受付係に一礼し、

「本日はおめでとうございます」などのお祝いの言葉を述べます。

その後芳名帳に記名をし、ご祝儀を渡します。

 

ふくさを取り出したら、右側→下側の順で開きます。

左手でふくさの左端を押さえながら、

右手でご祝儀袋をふくさの下側から引き抜きます。

 

引き抜いたご祝儀袋をふくさの上に乗せ左手で持ちつつ、

右手でふくさを元の通りに畳みます。

ふくさを畳んだら、上から見て時計回りに180度回転させ、

相手にご祝儀袋の正面が見えるように向けて差し出します。

この回す向きが逆になると弔事の作法になりますので注意して下さい。

 

正式にはこのままふくさごとご祝儀袋を渡すのがマナーですが、

受付が新郎新婦の友人など若い方だった場合、

受け取ったふくさをどうするかわからないということもあります。

 

不安な場合は、折りたたんだふくさをテーブルに残したまま、

ご祝儀袋を手に持って渡すのも問題ありません。

 

冠婚葬祭とマナーの基本辞典

冠婚葬祭に関するマナーがこれ一冊で全部わかります。

慶弔の表書きから、実際の式中のふるまいまで、

人に聞けないことも細かく書いてあるのでとても参考になります。

こういうマナー本が一冊あるだけで、安心して参列することができますよ。



スポンサーリンク




関連記事:結婚式のボレロの色のマナー!黒や白はだめなの?

まとめ

いかがでしたでしょうか。

身内や友達ばかりの結婚式なら、

多少マナーがなっていなくてもなんともないでしょうが、

いざという時に分からないでは恥ずかしい思いをしてしまいます。

 

ふくさも前もって準備しておくのがやはり望ましいですが、

どうしても用意できないというときにはハンカチでも代用は可能です。

色と包み方さえ気をつけていれば、特に難しいことはありません。

今回紹介した内容を参考にしながら、ぜひやってみてください。

 

せっかくの晴れ舞台ですから、

こちらも最大限の礼節を持って参列したいですよね。