冬といえば、クリスマスをはじめとしたイベント事

などがたくさんある季節ですよね。

 

どれも体調を万全にして臨みたいところですが、

冬には老若男女問わずみんなが気を付けなければ

ならないものもあります。

 

それはインフルエンザです。

 

予防接種を受けていても感染してしまうことも

ありますから、十分に気を付けなければなりません。

 

インフルエンザに感染すると高熱が出ますから、

もし一人暮らしだった場合そんな体調のなか自炊を

するなんてなかなか難しいです。

 

そんなときに便利なのがコンビニです。

 

今回はコンビニで買える、インフルエンザの時に食べられる

ものについてご紹介していこうと思います。



スポンサーリンク





コンビニで買える!インフルエンザの時の食べ物は?

寒くなってくると心配なのが、「風邪」です。

 

普通の風邪なら熱も比較的すぐに下がりますが、

厄介なのがインフルエンザに感染することです。

 

40度前後の高熱が出て、しかも結構長引きます。

 

身体の節々も痛くなりますし、そんななかで日常生活

を送るのはなかなか難しいですよね。

こういうときに頼るべきなのが、コンビニです!

 

どのご家庭でも、たいてい近所にありますよね。

 

コンビニには意外にも、インフルエンザにかかった

ときでも食べられるような食べ物が売られています。

 

まずはコンビニで買える、インフルエンザのときに

食べるべき食べ物をご紹介していきましょう。

 

①おかゆ

風邪の時に食べる食べ物の定番と言えば「おかゆ」です。

 

おかゆは通常お米を炊く時よりも水を多くして

調理しているため、非常に消化に良いのです。

コンビニにはレトルトのおかゆが売られています。

 

湯煎でも電子レンジでの温めでもいいので、

体調が優れないときには簡単に調理して

食べることができるというのがいいですよね。

 

体調が良くなってくるまではおかゆを食べることに

なると思いますし、一度にたくさんのおかゆを

買っておくといいかもしれません。

 

レトルトなのでそれなりに賞味期限は長いですから、

万が一の時に備えて普段から常備しておくと急な

体調不良に襲われても食べ物に関しては心配することは

ありません。

 

おかゆ自体には味はなにも付いていませんから、

毎日三食おかゆが続くとどうしても飽きがきてしまいます。

 

しかし、その点に関しては心配ご無用です。

 

最近は鮭やたまご、梅などの具が含まれているような

おかゆもバリエーション豊富に扱われているので

様々な味を楽しむことが出来ますよ!

 

②うどん

「うどん」も風邪をひいたときに食べる食べ物

の定番品として挙げられます。

こちらもおかゆと同じく、消化に良いのです。

 

冷蔵コーナーでしたら、アルミの容器にうどんと具材、

つゆまでが入っていて火にかけるだけでいいように

なっている鍋焼きうどんがあります。

 

冷凍コーナーでしたら、麺だけが冷凍されているものから

最近は具材までも一緒に冷凍されているタイプの冷凍うどん

もあるのです。

 

調理の手間は、火にかけるか電子レンジで温めるか

だけなので、インフルエンザでダウンしているときには

非常に助かります。

 

うどんはだし汁も一緒に飲むことで、身体を温めて

免疫力も上げていきましょう!



スポンサーリンク




③くだもの

くだものにはビタミンが豊富に含まれているので、

風邪をひいたときに食べると免疫力を上げてくれる

という点では非常におすすめな食べ物です。

 

くだもののなかでも特におすすめなのが「バナナ」です。

バナナにはビタミンの他にも、タンパク質やカリウム

といった栄養素も豊富に含まれています。

 

更に、バナナは実は炭水化物なので非常に腹持ちが

良いので、高熱が続いていて食欲があまり無いといった

ときにも重宝します。

 

リンゴなどのような包丁で皮を剥かないといけないような

くだものとは違って、バナナは手で簡単に剥くことができる

という点でも体力の無いインフルエンザのときには

おすすめ出来る点として挙げられます。

 

少し黒くなってきている、熟しているバナナの方が、より

消化に良いのでそういったものを選んでくださいね。

 

④ヨーグルト・ゼリー

熱が出ると、同時に扁桃腺が腫れて喉に痛みが

出てしまう場合もありますよね。

 

そんな状況のときに固形物を食べるのはなかなか

辛いものです。

 

こんなときにおすすめなのが、ヨーグルトや

ゼリーのような形状の食べ物です。

 

噛む必要も無く、口に含んでそのまま飲み込む

だけで食べられるので、高熱にうなされて体力が

ないようなときでも食べやすい食べ物のひとつです。

 

ヨーグルトやゼリーの具材としてフルーツが入っている

ものが大半なので、同時にフルーツも摂取することが

できるという点では一石二鳥な食べ物ではないでしょうか。

 

また、風邪をひいているときには同時に胃腸も

弱っている場合が多いですが、そういったときには

ヨーグルトを食べることをおすすめします。

 

ヨーグルトに含まれている乳酸菌が腸内環境を

整えてくれるので、胃腸の不調も改善してくれますよ。

 

⑤スープ類

スープ類やお味噌汁は、食欲が無いようなときでも

比較的食べやすいですし、身体を温めてくれます。

 

コンビニで売っているタイプのスープやお味噌汁は

お湯を注ぐだけで作れるものになっているので、

手間も時間も掛からないという点でもおすすめです。

 

ただし、胃腸が弱っているときなんかは、胃腸に刺激を

与えてしまう辛い味付けのスープは避けた方がいいでしょう。



スポンサーリンク




コンビニで買える!インフルエンザの時の飲み物は?

インフルエンザのときは高熱が続くわけですが、

高熱が続くと汗もたくさんかきますし、その分

水分補給が大事になってきます。

 

しかし、インフルエンザのようなときには

なにを飲んでもいいというわけではありませんし、

より効率的に水分接種が出来たり体調を整えてくれる

効果のある飲み物があるのです。

 

次に、コンビニで買える、インフルエンザのときに

飲むべき飲み物をご紹介していきましょう。

 

①スポーツ飲料

スポーツ飲料は水分補給も出来ますし、

電解質という物質が含まれているため

発熱によって失われたものを補給してくれる

働きがあるといわれています。

 

また、適度な量のナトリウムも含まれているので、

その働きによって身体が効率的に水分を吸収してくれる

ようになっているのです。

 

汗のかきすぎ、水分不足などで脱水症状のような

症状が出てきているときにはまず先にスポーツ飲料

を飲むようにしてくださいね!

 

②果汁100%のりんごジュース

こどもの頃、風邪をひいたときにおかあさんが

すりおろしたりんごを食べさせてくれたことが

あるという人がもしかしたらいるかもしれません。

 

りんごには抗ウィルス作用があるとされているのですが、

風邪をひいていて消化作用が低下しているときには

丸々食べるのが難しいため、すりおろしたりんごを

食べるといいというふうに言われているのです。

 

しかし、自分でりんごをすりおろすというのは

なかなか面倒ですし、時間の掛かる作業です。

 

これをインフルエンザのときにするというのは

辛いものがあります。

 

そんなときにおすすめなのが、りんごジュースです。

 

しかし、このときに重要なのが「果汁100%かどうか」

ということです。

 

果汁100%のりんごジュースであれば、リンゴに

含まれている抗ウィルス作用を体内に取り込むことが

可能ですが、そうでなければその作用を十分に

取り入れることが難しくなってしまいますからね。

 

③ココア

ココアには、風邪をひいているときにあると有難い

ミネラルとポリフェノールが豊富に含まれています。

汗をかくことで不足しがちになるのがミネラルです。

 

また、ポリフェノールには消炎作用というものがあり、

炎症を鎮めてくれる効果があるのです。

 

これらの効果があることを考えると、ココアは

インフルエンザの時にはかなりおすすめできる

飲み物であるということがお分かりいただけるかと思います。

 

インフルエンザの時はなるべく身体を温める方がいいので、

パックで売られているココアを買ってきた場合には耐熱の

コップに移し入れ、レンジで温めたホットココアを飲む方が

いいでしょう。

コンビニで買える!インフルエンザの時にあると便利な物は?

ここまでで、インフルエンザになったときにおすすめの、

コンビニで買える食べ物や飲み物をご紹介してきました。

 

では最後に、コンビニで買うことが出来る、

インフルエンザになったときにあると便利なアイテムを

ご紹介していきたいと思います。

 

①冷えピタ

インフルエンザになると高熱が出るわけですが、

薬を飲んでいてもなかなか熱が下がらないというのが

インフルエンザの特徴であると言えます。

 

高熱が出ていると身体の熱さによりダルさが出たり、

汗をたくさんかいてしまったりします。

そんなときにあると便利なのが「冷えピタ」です。

 

太い血管が通っているところを冷やすと、より効果が

あるそうで、首や太ももの付け根、脇の下なんかに

貼っておくのがおすすめです。

 

 

一般的な冷えピタといえば、おでこに貼るタイプ

のものが主流ですが、こちらの商品はボディ専用の

冷えピタなので上でご紹介した部分に貼りやすい

ものとなっています。

 

また、熱が出始めたころは寒気を感じることがあると

思いますが、その状態で身体を冷やすことはあまり

良くないので、熱が上がり切るまでは使わないでください。

 

②のど飴

インフルエンザにかかると、扁桃腺が腫れて喉が

痛くなってしまうことも考えられるわけですが、

そんなときにあるといいのが「のど飴」です。

 

風邪をひいていると甘いものが食べたくなることも

あるかもしれませんが、胃腸が弱っているときだと

食べられるものは限られてしまいます。

 

そんなときでものど飴であれば消化には問題ありませんし

おすすめですよ!

関連記事:鍋料理は翌日で腐る?冷蔵庫や常温の場合について詳しく解説!

 

③マスク

インフルエンザにかかっていると、くしゃみや

咳といった症状が出ることもあります。

 

そんなときにマスクを着用していることで、

一緒に住んでいる家族にインフルエンザの菌を

まき散らしてしまう心配もありません。

 

また、冬場は空気が乾燥しているためそれによって

喉が乾燥して痛めてしまうということも考えられます。

 

 

こちらのマスクは、普通のマスクとは違って

着用することで潤いを与えてくれる効果があるのです。

 

マスク自体にウェットシートを入れることが出来る

ポケットが付いていて、呼吸をする際に喉に水分を

与えてくれるというわけなのです。

 

これらのことから考えてみても、やはりマスクがあると

便利なのです。

関連記事:飲み会の断り方!メールの例文を会社や取引先についてご紹介!

 

④紙製の食器

インフルエンザにかかっていると、熱があっても

無くても体のダルさはあるものです。

 

そんなときに、いつものように家事をするのは

なかなか大変です。

 

紙皿や紙コップといったものがあると、洗い物の

手間が省けるので風邪をひいているときには

かなり助かるアイテムです。

 

こういったものには使用期限というものはないので、

ご自宅に常備してあるといいかもしれませんね。



スポンサーリンク




関連記事:西枕は老ける?風水での効果や対策を徹底解説!

まとめ

いかがだったでしょうか。

 

今や無くてはならなくなったといっても過言では

なくなったコンビニ。

 

インフルエンザにかかってしまったときでも

食べられるものというのはたくさんあります。

 

インフルエンザには突如感染しますし、賞味期限が

長いものに関してはご自宅に常備してあると

いいのかもしれませんね。