通勤や通学、近所のスーパーなどへの

お買い物に自転車を利用されている方も

多くいらっしゃいますよね?

 

自転車は足!

自転車が無い生活など考えられない!

そんな方もいらっしゃるかもしれません。

 

そんな自転車ですが

雨の日はどうされていますか?

 

雨の日などの傘をさしながら自転車に乗る

いわゆる、傘さし運転は

違反になるとか、ならないとか・・。

 

今回はそんな傘さし運転について

調べてみました。

 

違反になるって本当?

罰金はどのくらい?

傘立てで固定すれば違反にならない?

 

一緒に見ていきましょう!



スポンサーリンク





自転車の傘さし運転は違反なの?

雨降りの日に乗る自転車。

 

片手にハンドルを握って

片手に傘を持つ傘さし運転は

自分自身も濡れちゃうし、正直

ちょっと危なっかしかったりもしますよね?

 

実は、この傘さし運転は

2015年6月の道路交通法の改正によって

禁止されていて、違反になるそうです。

 

私は自転車にはほとんど乗る機会がないこともあって

正直、知らなかったのですが

違反というと、ちょっとドキッとしますよね?

 

自転車は特に免許も必要ないし

そこまで厳しく規制されるの?

などと、疑問に思ってしまいますが

自転車は軽車両に含まれ軽車両は車両に含まれるそう。

 

その為、軽車両、車両に対する規制は

自転車にも当てはまる規則になるそうです。

 

道路交通法の改正によって

どのような行為が違反になるのか

ちょっと詳しく見ていくと

 

1、信号無視

2、通行禁止違反

3、歩行者用道路における車両の義務違反

4、通行区分違反

5、路側帯通行時の歩行者通行妨害

 

6、遮断踏切立ち入り

7、交差点安全進行義務違反等

8、交差点優先車妨害等

9、環状交差点安全進行義務違反等

10、指定場所一時不停止等

 

11、歩道通行時の通行方法違反

12、制動装置不良自転車運転

13、酒酔い運転

14、安全運転義務違反

 

などがあるそうです。

 

納得の違反から、驚きの違反まで様々ですよね?

 

自転車での酒酔い運転も違反になるので

例えば、飲み会帰りに駅の駐輪場から

家まで自転車に乗って帰ってくることも

違反になってしまうのです。

 

イヤホンをつけながら、スマホをしながらの

「ながら自転車運転」も違反になるそう。

 

正直、ドキッとしませんでしたか?

こうして改めて、違反となる行為を

見直してみることも

大切なのかもしれないですよね。

 

さて、この中で自転車の傘さし運転は

どの違反になるのかというと、

14番目の安全運転義務違反に当てはまるそう。

 

片手に傘を持ちながらの傘さし運転は

自転車のハンドルを確実に操作することは

不可能とみなされ、違反行為となるそうですよ。



スポンサーリンク




自転車の傘さし運転は違反!罰金はあるの?

自転車の傘さし運転は

道路交通法の安全運転義務違反に

当たることが分かりました。

 

違反ということは、もしかして罰金も発生する?

 

違反と知った以上は傘さし運転をすることは

絶対にNGではありますが

罰金については少し気になりますよね?

 

罰金は発生する?

罰金があるとしたらどのくらい?

 

まず、自転車の傘さし運転の

違反として罰則がかかってくるのが

 

自転車の運転者が14歳以上

3年以内に2回以上の違反をした

 

などの場合になるそう。

 

傘さし運転をした、且つ

上記に当てはまる場合は

罰則の対象となり「講習」を受けることが

義務付けられるそうです。

 

罰金ではなくて、講習?

罰金ではないと知って

ちょっと安心しましたか?

 

とはいえ、この講習は3時間!

しかも講習代として5,700円を

支払わなければならないそうです。

 

3時間の拘束に5,700円!

これは罰金と言ってもいいような

気もしますよね?

 

その3時間の講習の内容とは

 

自動車の知識確認の小テスト

加害者や被害者、被害者家族の体験談

具体的な事故の事例や疑似体験

自転車のルールの学習

講習後の確認テスト

感想文

 

などなど、みっちり!

 

「面倒だなぁ」と、

この講習を受けずにいると今度こそ本物の罰金、

 

5万円の罰金

 

が、課せられるそうです。

 

5万円はもちろん辛いですが

3時間の講習も5,700円だって辛いですよね!

 

自転車の傘さし運転は絶対にしないこと!

 

「ちょっと、そこまで・・」

「見つからなければ・・」

 

などと、安易な気持ちで

傘さし運転をしないように注意をしましょう!



スポンサーリンク




自転車の傘さし運転は違反!傘立てで固定するのはどうなの?

片手で傘をもって

もう片方の手でハンドルを持って自転車を運転する。

 

この傘さし運転は違反となり

罰則や罰金が課せられることがあることが

わかりましたが、アレはどうなのでしょうか?

 

そう、アレです!

自転車の前側に傘立てを取り付けて

傘を固定させる、アレ!

こちらです!

 

 

どこでも傘をさせることから

その名も「さすべえ」

 

こちらの「さすべえ」は

自転車にワンタッチで取り付けられて

傘立てとして使わない時は

棒を倒して「ひったくり防止」の器具としても

使える便利な傘立てになります。

 

この傘立ては、当初大阪でヒットしたことから

「大阪のオバサマ」のイメージとして

テレビなどで紹介されていたことを

よく覚えているのですが、最近では

多くの方が利用されているそうです。

 

とはいえ、この傘立てで固定して

自転車を運転するのは違反にならないの?

両手は使えるけど・・どうなの?

 

気になりますよね!

調べてみたところ、先の道路交通法では

違反にはならないそうです。

 

が!

 

各都道府県が独自で定めている

道路交通法によっては傘立てで

傘を固定して自転車に乗るのはNG!と

している地域もあるそうです。

 

具体的には

青森県、岩手県、山形県、静岡県、

福井県、三重県などは傘立ての使用は

完全に禁止とされているそう。

 

また、完全に禁止ではなくても

一定の条件を満たす必要があるとして

傘立てを利用する場合には

様々な条件を定めている地域も

あるそうです。

 

傘を固定する傘立てを使って

雨の日も自転車に乗りたい!

 

そのような場合は、まずは

お住まいの地域の条例を確認する必要が

あるようです。

 

また「すでに傘立てで固定して

自転車に乗っているけど?」という方は

改めて、お住まいの条例を確認してみてくださいね。

自転車に傘立てで傘を固定する際の注意点は?

雨の日にどうしても傘をさして自転車に乗りたい!

私の地域は傘立てOKだから

傘立てで傘を固定して自転車を運転したい!

 

地域の条例で、傘立てで傘を固定して

自転車に乗ることが問題なければ

さっそくさきの傘立て「さすべえ」で

傘を固定して自転車に乗りたいですよね。

 

ただし!

 

傘立てで傘を固定して自転車を運転する場合にも

いくつかの注意点があるようです。

 

一緒に見ていきましょう!

 

傘立てで傘を固定する際の注意点!幅と高さに注意!

これは、道路交通法違反に関わってくるそうです。

 

自転車につけた傘立てに傘を固定して

傘を開きますよね?

 

その際、自転車全体の幅が60センチを

超えてしまう場合は、道路交通法の違反になるため

歩道を走行できなくなるそう。

 

また、同じく傘立てで傘を固定し

傘を開いた状態で、その傘の天辺の高さが

地面から190センチを超えてしまう場合も

やはり違反になるため走行できないそうです。

 

また、この幅や高さは地域の条例によっても

違いがあり、例えば

 

左右の自転車のハンドルの幅から

それぞれ0.15メートルを超えてはいけない

左右の自転車のハンドルの幅から

それぞれ0.3メートルを超えてはいけない

高さについては2メートルまでOK

 

など、様々なようです。

 

やはり、傘立てを利用して自転車に乗る際は

一度、お住まいの地域の条例を

確認することが大切なようですよ。

関連記事:免許更新のハガキが来ない!いつ届く?期限切れの場合失効する?

 

傘立てで傘を固定する際の注意点!しっかりと固定させる!

自転車に傘立てを固定して

傘さし運転をする場合、当然ですが

しっかりと固定させることが

何よりも大切になります。

 

自転車の運転中に

 

傘立てがフラついて、視界が遮られた

傘立てや傘が倒れて、自転車の運転の邪魔になった

傘立てや傘が倒れて、歩行者に当たってしまった

 

などに、なったら

安全の為に傘立てを利用しても

何の意味がないですよね。

 

またこれらは、道路交通法の違反の

対象にもなってしまうそうです。

 

傘立てを利用した自転車の運転は

 

傘立てを自転車にしっかりと固定させる

傘を傘立てにしっかりと固定させる

 

などの確認をしてから行うようにしましょう。

関連記事:お札を洗濯して縮んだ!使える?交換方法は?

雨の日に違反にならずに自転車に乗る方法は?

自転車の傘さし運転・・。

 

傘を手に持って運転することはもちろん

傘立てで固定したとしても

道路交通法違反や各都道府県の

条例違反などになることもあり

色々と注意が必要なようでしたよね。

 

では、雨が降った日は自転車に

乗ることはできないのでしょうか。

 

住宅環境でどうしても自転車に乗らないと不便!

経済的な面で自転車を利用したい!

健康面を考えて出来る限り自転車を利用したい!

 

など、様々な事情があることと思います。

 

私の実家は自転車に乗らないと

不便な住宅環境なので

私の母は雨が降ろうが自転車に

乗りたがるので何となくお気持がわかります!

 

そんな時、どうすればいいのか!

調べてみました。

 

おすすめの方法は、レインウエア!

レインコートなどとも言われていますが

このレインウエアを着て

自転車に乗るといいそうです!

 

レインウエアって言ったって

要は雨カッパでしょう?

それはちょっと抵抗がある・・。

 

そう思いますよね!

ところが、現在のレインウエアは

昔の雨カッパのイメージとは違って

お洒落なんですよ!

 

例えば、こちらのレインウエアを見てください!

 

 

ポンチョタイプでサッと

被るタイプのレインコートです!

 

シンプルなデザインに

豊富なカラーバリエーション!

これなら着ていても恥ずかしくないですよね!

 

見た目もお洒落なうえに

なんといっても嬉しいのが機能性!

 

ポンチョタイプでありつつ

袖があるので自転車の運転もしやすく

レインコートの上から

リュックも背負えちゃいます。

 

防水にこだわったしっかりとした生地なので

大雨でも、裏面に雨水がしみてくる

心配がほとんど無い上に撥水加工がされているので

水滴もサッと手ではじくことができます。

 

適度な重みもある為

裾がまくり上がりにくくなっていて

風の強い日でも安心です。

 

大きなツバ付きの帽子も

付いているので顔だって安心!

袖口にはゴム付きで、襟元も高めなので

雨の侵入をしっかりシャットアウト!

 

背中と裾に反射テープが

付いているので夜の自転車運転でも安心です。

嬉しい機能が本当にたくさんですよね!

 

雨の日の自転車は、傘さし運転ではなく

このレインウエアで雨対策をして

自転車に乗るようにしましょう!

 

カバンも濡らしたくないから

前のカゴ部分もすっぽりレインウエアで覆いたい!

そんな方はこちらがおすすめです。

 

 

自分自身と自転車の前カゴまで

すっぽりと覆えるレインポンチョです!

 

リップストップ生地で破れにくい丈夫なポンチョ!

前カゴにつけてしっかり

カバンも雨から守れちゃいます。

 

足元が広めに開いているので

梅雨時や夏もムレにくく

快適に自転車の運転ができるはずです。

 

大事な荷物だから濡らしたくない!

お気に入りのカバンだから濡らしたくない!

 

そんな日は、このレインポンチョで

前カゴごと雨をシャットアウトして

もらいましょう!

 

最近は、レインウエアはもちろん

お洒落なレインシューズなども

たくさん市販されていますよね?

 

お気に入りのレインウエアや

レインシューズを揃えて

危険が多い傘さし運転はお休み。

 

安心安全に自転車を乗るようにしましょう。

 

とはいえ、傘さし運転をしていなくても

雨の日は道が濡れていて滑りやすくなっています。

 

慣れないレインウエアでの

運転は集中力も散漫になりがちですので

十分注意を払ってくださいね。



スポンサーリンク




関連記事:コインパーキングの料金の仕組み!計算方法や相場は?

まとめ

自転車の傘さし運転は違反なのか。

罰金や、傘立てで固定するのは

どうなのかなどを見てきました。

 

まずは、お住まいの地域がどのような

条例になっているのか

確認してみることが大切ですよね!

 

そのうえで、無理のない方法で

自転車を運転するようにしましょう。

 

安全が第一、くれぐれも無理は

なさらないでくださいね!