葬式に参列するときのハンカチの色を

みなさん気にしたことはありますか?

 

葬式は突然お知らせがやってきます。

ハンカチの色は決まっているのか?

男性と女性で違いはあるのか?

マナー違反のハンカチはどんなハンカチ?

 

など今回は「葬式のハンカチ」について

詳しくご紹介します。

もしものときのために知識を身つけておくと良いと思いますよ。



スポンサーリンク





お葬式のハンカチの色は決まっている?白?黒?

「結婚式は白」「葬儀は黒」というように

私達の中で色がなんとなく決まっていますよね。

しかし葬儀に参列する場合のハンカチはこれと言って

厳しいマナーがないのです。

ですが、基本的には無地で白のハンカチを持っていきましょう。

 

こちらの商品は上品なレースがあしらわれた白のハンカチです。

綿100%なので、肌触りがよく、吸水性がとてもいいので

葬式などにはオススメです。

 

様々な理由があるようですが、昔は白装束を着て葬式を行う風習がありました。

故人があの世に行く時に、着ていく服がこの白装束であることから、

葬儀や告別式のハンカチも「白」を持参するようになったと言われています。

 

しかし現在の葬式や告別式の服装は基本的に「黒」ですよね。

その為、白でなくてはいけないという決まりがなくなり

薄いピンクや薄い水色、黒でもいいようです。

その他にもグレーや淡い紫色など、袱紗(ふくさ)の色に

似たような色もよく見かけます。

 

冠婚葬祭に使えるハンカチ。

無地に刺繍の単色ハンカチで綿100%なので

涙が多い冠婚葬祭に適したハンカチです。

 

よほど派手でない限り刺繍がしてあるハンカチもOKで

持ってきている方もよく見かけます。

スーツやネクタイのようにハンカチというものは

あまり人から見られるものではないのでとやかく

言う人は少ないと思うので気にしすぎなくて大丈夫だと思います。

 

だからといってなんでもいいや!ではだめですよ。

基本的には無地の白です。

 

普段使っているハンカチとは別に

葬式用に白いハンカチを

一枚用意しておくと良いかもしれませんね。

 

参列者側と喪主側で立場は変わってきます!

もし喪主側の場合は参列してくれた方々に見られる機会がとても多いので

そのようなときは基本の白かまたは黒の無地を持っていたほうが無難ですよね。

奇抜な色のハンカチを使っている喪主側の人…なんかイヤじゃないですか?

葬式に適したハンカチの素材やサイズは?

あまり大きいサイズのハンカチは焼香のときに

邪魔になってしまうのでポケットやバックに

入るくらいのサイズがいいです。

 

素材としては綿やシルク、ポリエスチルなど様々な種類がありますが

特に決まりはなくどんな素材のハンカチでも大丈夫のようです。

 

シルクやレーヨンなどのハンカチは水に弱いのでおすすめ出来ませんが

綿や麻、ポリエステルなどのハンカチはよく使っている人を

見かけるので良いと思います。

 

その中で一番のオススメは吸収性が良い「綿」。

ただし、しっかり畳んでポケットやバックに入れておかないと

シワになってしまうので注意が必要です。

 

タオル生地のハンカチも吸水性が良いのですが

少しカジュアルすぎてしまうので絶対ダメとは

言いませんが、あまりオススメは出来ません。



スポンサーリンク




男性と女性で葬式のハンカチの色の違いはある?

地域や宗教で変わってくるようですが、

葬式のハンカチに男女の違いはなく、

男女ともに基本的に「白」です。

 

葬儀用のハンカチとして売られているものを見てみると

男性は無地でシンプルなものが多く

女性は控えめな柄やレースなどがあしらわれたものが豊富です。

大人の男性、女性として品があるハンカチを持つように心がけましょう。

 

こちらは男性用のフォーマルハンカチです。

冠婚葬祭などあらゆる場面で使うことのできる

無地の白いハンカチは一枚持っていると

便利かもしれません。

 

男性の場合女性と違いバッグを持たず手ぶらの人が多いので、ハンカチを

忘れないようにしましょうね

 

ポケットチーフとして使いたいと考えている方も

もしかしたらいるかと思いますが日本にはまだまだ浸透していないので

ポケットチーフは控えたほうが良いかもしれませんね。

無難に黒や白のハンカチをズボンのポケットにいれるだけで良いと思います。



スポンサーリンク




葬式のマナー違反になるハンカチの色は?

特に厳しい決まりがないハンカチですが

場所をわきまえて色を選ぶ必要があります。

ハンカチにもきちんと気を配れるようになりましょう。

 

マナーが無いと言いましたが

光沢のあるハンカチはマナー違反です。

シルク素材なども光沢があるので控えたほうが良さそうです。

もちろんラメが入ったハンカチも葬儀の場で用いるハンカチとしては

適していないと思います。

 

その他には

キャラクターが描かれたハンカチ

カラフルなハンカチ

ロングタオル

大きいハンカチ

派手なハンカチ

 

はやめておきましょう。

ただし、派手なハンカチと言ってもさり気なく刺繍をあしらったものや

控えめなレースはマナー違反ではありません。

関連記事:葬式でのネイルマナー!色は?隠すには手袋がいい?

ハンカチ以外のお葬式のマナーは!?

ハンカチ以外にも葬式に必要な小物はたくさんありますよね。

「男性は黒い靴下、女性は厚手過ぎない黒いストッキング」など

マナーはたくさんあります。

 

【男性】

靴下は黒

黒のネクタイ

黒のフォーマルスーツ

黒のベルト

 

【女性】

黒のフォーマルスーツや黒のワンピース

厚手過ぎない黒のストッキング

バックや靴は光沢のない黒の布製バック

アクセサリーは結婚指輪以外外す

(真珠の一連ネックレスはOK)

ネイルは外す。又は黒っぽいレースの手袋などをして

ネイルを隠す。

 

最近では、黒のシンプルな革製の靴やバックでも良いそうですが

やはり普段使っているようなヒールの高い靴や飾りのあるバッグでは、

葬儀には適しません。

いざという時のためにシンプルな黒の布製バッグとヒールの低い靴は用意して

置いたほうが良いですね。

 

男性が忘れがちなのが、ベルト。

茶色などのカジュアルなベルトは普段使いならまだしも葬儀には不向きです。

型押しなども殺生を連想させるのでオススメ出来ません。

黒いシンプルなベルトを用意しておきましょう

 

その他にも革や毛皮は「殺生」をイメージさせるので、

色が黒であっても身につけるのはやめましょう。

 

革の小物もあまりおすすめできません。

髪の毛はピンで留めるなどしてスッキリ見せるようアレンジします。

またジャケットのボタンはしっかり閉め、靴は磨いておき、

自分に合ったサイズの服を用意しましょう。



スポンサーリンク




関連記事:法事の服装!女性のパンツスーツはOK?夏と冬にふさわしい服装を解説!

まとめ

お葬式にお洒落や自己主張は必要ありません。

なぜ普段と違う服装をして参列しているのかを考え、

マナーを守って出席するようにしましょう。

 

また葬儀や告別式は突然やってくるものですよね。

結婚式のようになれるものでもありません。

今回のような記事を参考にマナーを身に着けておくことが

 

大切なことだと思います。

 

ハンカチ一枚でもしっかりマナーを守ることで

親族に失礼や迷惑がかからないのです。

 

では最後まで読んでいただきありがとうございました。