寒い季節がやってくると、クリスマスや年越し

といった楽しい行事がたくさんやってきます。

 

これらを十分に楽しむためには体調管理をしっかり

しておく必要があるわけですが、その時期に

厄介なのがインフルエンザです。

 

予防接種を受けていても場合によっては

感染してしまうこともあり得るからです。

 

インフルエンザにはa型やb型といった

種類があり、効果のあるワクチンも異なるのです。

 

そんなインフルエンザa型やb型には

症状に明確な違いがあるのでしょうか?

 

今回はこれらの違いなどについて、ご紹介して

いこうと思います。



スポンサーリンク





インフルエンザのa型とb型の違いは?

インフルエンザウィルスには数多くの種類が

あるとされているのですが、そのなかでも私たち

人間が感染する型にはa型・b型・c型の、

みっつの種類があります。

 

c型はあまり耳にしませんが、それはあまり流行

しない型だからなのです。

 

これらみっつの型違いのインフルエンザには、それぞれ

症状の違いなどがあります。

 

まずはインフルエンザの各型の違いについて、

ご紹介していきたいと思います。

 

インフルエンザa型・b型・c型の共通点

インフルエンザのa型・b型・c型にはそれぞれ

違う症状があるということを先に述べましたが、

もちろんこのみっつに共通する症状というのも

いくつかあります。

 

≪a型・b型・c型共通の症状≫

急な体調の変化

普通の風邪とは異なり、インフルエンザにかかる前

というのは予兆的な症状というのはほとんどみられません。

 

悪寒や寒気がする

インフルエンザにかかり始め、まだそんなに熱が

上がってきていない状態のとき、悪寒や寒気といった

症状が現れ始めます。

 

高熱

普通の風邪であればせいぜい38度前後までしか

熱は上がりませんが、インフルエンザにかかると

40度近い熱が出ることもまれではありません。

 

頭痛

激しい頭痛に襲われることもあります。

 

咳やくしゃみ、鼻水

高熱が出てウィルスに感染することで喉の扁桃腺が

腫れ、喉に痛みを感じることもあります。

 

それと共に咳が止まらなかったり、くしゃみが

頻繁に出るといった症状も出ます。

また、水状の鼻水がとめどなく流れ出てくる

こともあります。

 

これらの症状が共通点として挙げられますので、

体調が悪くなってきたときにいくつかの症状が

あてはまるようでしたらどの型かということは

別として、インフルエンザにかかってしまったと

いうことを疑った方がいいかもしれません。

 

インフルエンザa型の特徴

ではまず、インフルエンザa型の症状などの特徴

についてご紹介しましょう。

 

まず症状の特徴として挙げられるのは、

38~40℃の高熱が出る

関節痛や筋肉痛といったものがある

喉に痛みが出て、咳がよく出る

といったことです。

 

a型は、他のb型やc型と比べると

高い熱が出るというところが一番の特徴として

挙げることが出来ます。

 

また、運動後でもないのに筋肉痛や関節痛

といった痛みの症状が出るのも、このa型の

特徴と言えます。

 

 

喉の痛みが出るということもa型の特徴ですが、

そんなときにはスプレータイプの喉専用の

薬がおすすめです。

 

ワンプッシュするだけで喉の奥まで薬が行き届くので

簡単に使用することが出来ます!

 

a型が流行する時期というのは、気温が下がってきて

空気が乾燥してくる11月~2月というふうに

言われています。

 

インフルエンザウィルスというのは高温多湿の環境に

弱いため、湿気の多い夏場なんかはほとんど

かかることは無いとされています。

 

数多く種類があるインフルエンザのなかでも、人間が

感染するのはa型b型c型ということを先述しましたが、

このa型ウィルスは人間以外の動物にも感染することが

あるのです。

 

動物が感染した「インフルエンザ」といって多くの人が

思い浮かべるのが「鳥インフルエンザ」ではないかと

思うのですが、実はこの鳥インフルエンザは私たちが

かかることのあるa型のインフルエンザなのです。

 

ですから、このa型のインフルエンザというのは決して

人間からしかかからないということではないということを

覚えていてくださいね。

 



スポンサーリンク




インフルエンザb型の特徴

次に、インフルエンザb型の症状などの特徴

についてご紹介しましょう。

 

まず症状の特徴として挙げられるのは、

37~38度の、比較的低い熱が出る

激しい腹痛に襲われる

下痢をしやすい

といったことです。

 

インフルエンザにしては低いと感じるくらいの

熱が出るというところが特徴として挙げられますが、

場合によっては40度近い熱が出るという人もいます。

 

それよりも、このb型の症状の一番の特徴ともいえるのが

腹痛が起こり、下痢をするということです。

 

あまり高い熱が出ていなくても、いつもと違った

症状の腹痛やひどい下痢に襲われている場合には

インフルエンザの感染を疑った方がいいかもしれません。

 

 

お腹の調子が良くないときには食べられるものも

限られてきます。

 

そういったときにはこの鍋焼きうどんがおすすめです。

うどんは消化にも良いですし、このタイプのものは

面倒な調理の手間も無いので体調が良くないときでも

気軽に作って食べられます。

 

b型が流行するのは大体a型の流行のピークが

落ち着いてきた頃というパターンが多く、

時期でいうと11月~3月といったところでしょうか。

 

b型の場合はa型と違って人から人へしか感染しません。

 

しかしその感染力は強いですから、激しい下痢に

襲われているような状況のなかでトイレを使用した場合は、

使用後すぐにトイレを掃除・除菌しておくことで

家族内での感染を防ぐことが出来ます。

 

インフルエンザc型の特徴

次に、インフルエンザc型の症状などの特徴

についてご紹介しましょう。

 

まず症状の特徴として挙げられるのは、

37~38度の、比較的低い熱が出る

多量の鼻水が出る

といったことです。

 

こちらもb型と同様に、インフルエンザにしては

比較的低いと感じるくらいの熱しか出ません。

 

c型の症状の一番の特徴として挙げられるのが、

多量の鼻水が出るということです。

 

しかし多量の鼻水というのは普通の風邪の時でも

起こり得る症状ですから、この状況でインフルエンザに

感染したと気付ける人はなかなか少なかったりします。

 

c型のインフルエンザが他のふたつの型と違うのは、

ウィルス自体が変異しないということです。

 

なので、c型に一度かかると抗体ができ、再び

かかるということはまずありえません。

 

なので流行する時期というのも無いとされています。

 

また、a型やb型のインフルエンザに感染した場合には、

主にタミフルなどの専用の薬で治療をしますが、c型の

場合は上でもご紹介した通り症状は比較的軽めなため

専用の薬で治療するということもありません。



スポンサーリンク




関連記事:インフルエンザの時の食べ物でコンビニで買えるのは?飲み物は何がいい?

インフルエンザa型・b型、どっちがきつい?同時に両方かかることも?

ここまでで、それぞれの症状の特徴について

ご紹介してきましたが、では結局のところ

a型とb型ではどちらの方が症状はきついのでしょうか。

 

c型はあまり流行する型ではないので、今回は

比較の対象から外します。

 

インフルエンザa型・b型では、どっちがきつい?

上でご紹介した症状を見ると一目瞭然かも

しれませんが、どちらがきついかといえば

高熱も出て身体の節々に痛みが出るということを

考えれば圧倒的にa型のインフルエンザにかかった

時の方がきついと言えるでしょう。

 

また、症状が重症化しやすいのもa型の方で、

過去にはインフルエンザa型にかかって死亡した例も

あるほどなのです。

関連記事:コンビニおにぎりが冷蔵庫でパサパサに!正しい保存方法は?

 

インフルエンザa型・b型、同時に両方かかることはありえる?

同じインフルエンザでも、型が違えばそれに有効な

ワクチンも別のものになります。

 

インフルエンザa型とb型はそれぞれ違うものだと

認識しておいた方がいいかもしれません。

 

ということは、これらに同時にかかってしまうことは

ありえるということになります。

しかしそれはかなりまれな例です。

 

よっぽどのことが無い限りはa型とb型に同時に

かかるなんていうことは無いですが、絶対にありえない

というわけではありませんから充分な注意が必要です!

 

たとえば同居している家族がインフルエンザa型に

かかってしまった人とインフルエンザb型にかかってしまった

人がいれば同時に感染する危険性があるというわけなのです。

 

もしa型とb型を同時に発症してしまった場合、

症状は二重に現れるということでもないようです。

 

同時感染した場合、その勢力が強い方のウィルスによる

症状が出るのでもう片方の型のウィルスによる症状は

ほとんど出ないので安心してくださいね。



スポンサーリンク




関連記事:鍋料理は翌日で腐る?冷蔵庫や常温の場合について詳しく解説!

まとめ

いかがだったでしょうか。

 

多くの人がかかったことのあるインフルエンザ。

 

毎年寒くなる季節がやってくると油断できません。

 

それぞれの症状を念頭に置いておくことで、

重症化しないように対処できたり他の人にうつさないように

気を付けることが出来ます。

 

「インフルエンザにかかったかな?」と感じる症状が

出始めたら無理はせず、安静にしましょう!