赤ちゃんの笑顔は,最高に可愛くて

癒されるものですよね。

 

日々の疲れも癒し解してくれる,

そんな赤ちゃんの笑顔は

どのようなときに見ることが

出来るのでしょうか?

 

また,赤ちゃんの可愛い笑い声が

聴けるようになるのは,

生後何か月からなのでしょうか?

 

そこで今回は,

 

赤ちゃんの笑顔を見れるのはいつどんなときなのか,

声を出して笑うようになるのはいつからなのか,

など,赤ちゃんの笑顔と笑い声についてまとめました。



スポンサーリンク





赤ちゃんの笑顔はいつから見ることができる?

赤ちゃんの笑みは生まれてすぐの

“新生児期”から見ることが出来ます。

 

生まれて間もないころの笑みは

厳密には“笑顔”とはいえないのですが,

赤ちゃんのニコッとした顔は

生後0ヵ月の頃から見ることが出来ます。

 

生後3ヵ月を過ぎると,

いわゆる楽しいときに笑う“笑顔”

を見ることが出来るようになります。

 

なかなか笑顔を見せてくれない...

と不安に思う親御さんもいるかと思いますが,

赤ちゃんによって個人差もあるので

心配しすぎないことが大切です。

 

赤ちゃんの笑みは,寝ているときにも

見せてくれることがあります。

赤ちゃんがお休み中のお顔を見ていたら

ニコッとしたお顔を見ることができるかも?

 

赤ちゃんの笑顔は2通りある?

赤ちゃんの笑みは生まれて間もないころから

見ることが出来ますが,その笑顔は

“新生児微笑”と“社会性微笑”

の2つに分けられます。

 

①新生児微笑

“新生児微笑”は生理的微笑とも呼ばれる,

赤ちゃんの反射的・本能的に見せる笑顔です。

 

この笑顔は,自分の意思とは関係なく,

筋肉が働いて笑みを見せている状態です。

赤ちゃん自身の自己防衛手段として

笑みを見せていると考えられています。

 

②社会性微笑

“社会性微笑”は,赤ちゃん自身が

楽しいとき・嬉しいときに見せる笑顔です。

 

新生児微笑のような意思とは関係のない

反射や本能的な笑みではなく,

赤ちゃん自身の意思が作る笑顔で

声を出して笑う子やニコッと微笑む子など

多種多様な笑顔を見せてくれます。



スポンサーリンク




赤ちゃんが声を出して笑うようになる時期はいつ頃から?

赤ちゃんが声を出して笑うようになる

時期というのは個人差が大きく,

生後3ヵ月~6ヶ月と幅広いです。

 

新生児微笑の段階では,声を出して笑う

ことはなく筋肉が無意識に動くのみですが,

社会性微笑の段階になると

声を出して笑うようになります。

 

笑い声も,最初から「きゃっきゃ」「けたけた」

と笑う子もいれば,最初は長く息を吐くように

笑う子もいて,個人差が大きいです。

 

最初は声を出さずに笑っていた子も

少しずつ声を出して笑うようになります。

 

その差は,赤ちゃんの骨格成長の個人差が

影響しているといわれています。

 

赤ちゃんは生後3ヶ月ごろの骨格成長で

喉の咽頭部分が十分に拡張されることによって

声を出せるようになり,笑い声が出始めます。

 

それに加えて,呼気の反復を身に付けることで,

赤ちゃんの笑い声としてイメージするような

「きゃっきゃっ」「けたけた」「あはっあはっ」

という笑い声を出すことが出来るようになります。

 

この笑い声が出るようになるまでの発達は

発声・発話の発達にも重要な役割を果たしています。

 

喉の咽頭の発達によって声を発するようになり,

呼気の反復を身に付けることで

一息で複数の音を出せるようになります。

 

笑い声で発達していく呼気の反復によって

発話の際の言葉に分節性を持たせてくれます。



スポンサーリンク




関連記事:赤ちゃんの秋の服装!お出かけや寝るときについて詳しく解説!

生後1ヵ月・2ヵ月の赤ちゃんの笑みの役割とは?

生後1,2ヵ月の赤ちゃんの笑みは

“新生児微笑”であり,本能的・生理的な笑顔です。

 

自発的な笑みではなく,ふとしたときに

ニコっと見せてくれるものなので,

見れたらラッキーと癒されましょう。

 

“新生児微笑”は笑顔を見せることによって

自分は周囲からの保護が必要な存在であり,

周囲に愛おしく保護する対象である,と

認識させる自己防衛手段の働きを持っています。

 

生後1,2ヵ月の赤ちゃんの笑みは

“新生児微笑”であり,

赤ちゃん自身の自発的な笑みではないので,

どんなときに笑顔になるか,は予測できません。

 

ただ,寝ているときに赤ちゃんの寝顔を見ていたら

ニコっと笑ってくれた,という経験談を

良くお聴きするので,寝ているときは

笑顔を見られるチャンスかもしれませんね!

 

寝ているときに笑うのはなぜ?

寝ている赤ちゃんが笑顔を見せると

楽しい夢でも見ているのかな?

と思う保護者さんも多いのではないでしょうか。

 

実は,生後1・2ヵ月の赤ちゃんが

寝ているときに見せる笑顔は

“新生児微笑”の代表的な反応だと言われています。

 

眠っている状態の自分の自己防衛手段です。

寝ながらも笑みを見せることで

自分が保護の対象であることを示しています。

 

もちろん,“新生児微笑”は

赤ちゃんが起きているときにも

時折笑顔を見せてくれているので,

赤ちゃんが笑ったら笑い返すことを

心掛けるようにしましょう。

 

赤ちゃんの笑顔に周りが反応することで

赤ちゃんが笑顔の意味を理解しやすくなります。

 

周囲が赤ちゃんの笑顔に対して

笑顔を返すことによって,

“社会性微笑”への移行や声を出して笑うことに

良い影響を与えると言われています。

関連記事:法事の服装子供は何を着る?赤ちゃんや小学生についても詳しく解説!

生後3ヵ月の赤ちゃんはどんな笑みをする?

生後3か月を過ぎると,徐々に

“社会性微笑”をし始めます。

 

“社会性微笑”は,赤ちゃん自身の

意思によって笑顔を作ります。

 

赤ちゃんの視力の発達によって

人の顔を詳しく認識できるように

なると,目の前の人が笑うと

同じように笑い返す,という

まねごとをするようになります。

 

“社会性微笑”が始まると,

その笑顔が嬉しい時・楽しい時の表情である

と理解し,自分の意思で笑うようになります。

 

また,ママやパパなど世話をしてくれる人の顔を

区別出来るようになると,

信頼する人の前で笑顔を見せることを覚え

笑顔が人間関係を築くための

コミュニケーションだと学び始めます。

 

赤ちゃんの笑顔を引き出すには?

赤ちゃんを笑顔にしたい!

という願いは皆さん思うことですよね。

 

個人差があることは分かるけれど,

自分の子どもの笑顔を見たい!

と思うのも親心ですよね。

 

赤ちゃんの笑顔を見るためには,

笑顔になる環境づくりが大切になります。

 

社会性微笑の段階に入った赤ちゃんは

他の人の表情を見て,

それをまねするようになります。

 

保護者とその他を見分けられる時期の

赤ちゃんならばなおさら,

信頼する人の表情をよく観察して

まねしようとします。

 

赤ちゃんの笑顔が見たいからといって

真顔で赤ちゃんを見つめていても

笑顔はなかなか見られないでしょう。

 

周りの人たちが笑顔で楽しそうに

嬉しそうにしていると,

赤ちゃんも笑顔になりやすくなりますよ!

 

また,赤ちゃんとのスキンシップも

とても大切になります。

 

赤ちゃんは幼いながら……いいえ幼いからこそ,

人の感情を敏感に察知してしまいます。

 

スキンシップを楽しんで,赤ちゃんへ

愛情をたっぷり伝えることによって

この人が自分を愛してくれる存在だ,

と実感し,赤ちゃんも安心して

笑顔を見せてくれるでしょう。

 

スキンシップは赤ちゃんにとって

保護者の笑顔や声を間近で聞くことが

出来る機会になります。

 

その笑顔につられて笑顔になったり,

その笑顔が嬉しい・楽しいときを

示す表情だという理解も早くなるでしょう。

 

安心する人の声がすることも,

まだ声は出なくとも

赤ちゃんにとって嬉しい・楽しいことです。

 

赤ちゃんとたくさんお話することで

笑ったときに声が出るようにもなるでしょう。

 

1つ注意してほしいことは,

赤ちゃんは良い感情も悪い感情も

敏感に見分けてしまいます。

 

スキンシップのときに,

保護者側も楽しめていないと

その感情を赤ちゃんは察知してしまいます。

 

赤ちゃんとのスキンシップは

赤ちゃんだけでなく,

みんなが楽しい・嬉しいと思える

スキンシップであることが大切です。

 

また,赤ちゃん一人ひとりに

それぞれ笑顔になるツボがあると思うので,

そのツボを見つけられれば

たくさん笑ってくれるでしょう。

 

笑顔のツボを見つけることは,

赤ちゃんの笑顔をたくさん見られるだけでなく

ぐずったときや夜泣きのときにも

保護者側の対処がしやすくなる利点があります。

 

笑顔のツボを赤ちゃんそれぞれで

異なるので,根気強く見つけていきましょう。

なかには,なんでも笑ってくれるけれど,

すぐに飽きて笑わなくなる...そんな子もいます。

 

赤ちゃんの顔を優しく撫でて遊ぶ

優しくこちょこちょと擽る

いないいないばあをする(思いっきり!)

赤ちゃんの顔に息を吹きかける

などの方法で顔に風を当てる

写真や鏡などで赤ちゃんの顔を見せる

お気に入りのおもちゃで一緒に遊ぶ

 

などなど...根気強く楽しんで

赤ちゃんのツボを探しましょう!

 

このおもちゃは,生後3ヵ月の赤ちゃんから

安全に遊ぶことのできる赤ちゃん車です。

転がして遊ぶほかにもなめてもかじっても

安心な材料で作られています。

 

おもちゃで遊んでいる赤ちゃんを保護者が

優しく楽しそうに見守ってくれる,

そういう安心感も赤ちゃんが笑顔を見せる

ために大切な環境となるでしょう。



スポンサーリンク




関連記事:蚊の対策!庭・屋外ではハーブが効果的!犬や赤ちゃんにも安心?

まとめ

今回は,赤ちゃんの笑顔について

いつから笑うようになるのか,

声を出して笑うようになるのはいつからか,

などについてまとめました。

 

笑顔は生まれてすぐから

自己防衛手段としての笑みではありますが

見ることが出来ます。

 

声を出して笑うには,咽頭の拡張が必要なので

生後3ヵ月~6ヶ月ごろになるでしょう。

 

たくさん赤ちゃんの笑顔を見たいならば

赤ちゃん個人個人にある笑いのツボを

探すようにスキンシップを楽しみましょう。

 

赤ちゃんの笑顔は,疲れた心も体も

包み込む最高の癒しですよね!

 

最後までご覧いただきありがとうございました!