冬になるとその猛威を振るい

私たちを苦しめるインフルエンザ。

 

一度A型に感染してしまえば

A型インフルエンザについては

もう今シーズンは大丈夫だろう,

と思っていたのにまたA型に感染した...

 

なんて経験をしたことがあるという方も

多いのではないでしょうか?

 

そこで今回は,一度感染したから大丈夫!

と高を括ると危ないインフルエンザについて

 

1シーズンで同じ型のインフルエンザに

かかることがあるのはなぜか?

インフルエンザの予防に有効に働く対策

などをまとめました。



スポンサーリンク





1シーズンで複数回インフルエンザにかかる訳は?

ご存知の方も多いと思われますが,

インフルエンザには“型”があります。

 

複数の“型”の種類があるため

違う型のインフルエンザに感染すると

1シーズンに複数回インフルエンザに

かかることがあります。

 

インフルエンザの流行時期と言われる

冬12月~3月ごろですが,

それぞれの“型”によって流行時期も

違いがありその症状にも違いがあります。

 

インフルエンザの“型”によっては,

同じ型でも1シーズンに何度も

感染するものもあります。

 

「今回はもうかかったから,

体調悪いけれどインフルじゃないだろう」

と出勤・出席してしまい,ウイルスを

撒き散らしてしまう...

 

という最悪のことも考えられるので,

それぞれの“型”の特徴を良く

理解しておくことが大切になります。



スポンサーリンク




インフルエンザ型の種類の違いとは?

冬に猛威を振るい,人々を苦しませる

インフルエンザには,A型・B型・C型

の3種類の“型”があります。

 

一般的によく知られ,人間にとって

脅威となりうるのはA型とB型です。

 

C型は症状も流行性も小さいので,

あまり脅威とは考えられにくいようです。

 

A型インフルエンザの特徴・流行時期

症状

A型インフルエンザは最も感染力が強く,

重症化しやすい恐れがあります。

 

体感的にも「しんどい・きつい」と

感じやすく,高熱と強い寒気・関節痛など,

激しい症状が現れます。

 

どっと症状が押し寄せ激しい症状で人を苦しめると

すっと落ち着いていく,

A型インフルエンザはそういったイメージを

持っておくと良いと思います。

 

特徴

A型のインフルエンザのなかでも

種類がいくつか分かれており,

「香港A型」「ソ連A型」のほか,

 

「新型インフルエンザ」として

1シーズンで世界的に流行するインフルエンザは

A型インフルエンザの変異型であることが

多いことも分かっています。

 

そのため,予防接種を受けていても

Aの変異型インフルエンザなどは

かかりやすく拡散されやすくなります。

 

流行

A型インフルエンザの流行時期は

主に12月~1月の間です。

 

冬のインフルエンザが流行する

初期~中期程度までの期間に

猛威を振るい続けます。

 

B型インフルエンザの特徴・流行時期

症状

B型インフルエンザは,腹痛や下痢といった

消化器症状が強く現れやすいのが特徴です。

また,咳や喉の痛みなど

呼吸器系の症状も起こりやすいです。

 

A型インフルエンザのような高熱は

出にくいとされていますが,発熱がだらだらと長く続き

完治までに時間がかかることもあります。

 

特徴

B型インフルエンザのなかにも種類が分かれており,

「山形系統」と「ビクトリア系統」

という2種類が知られています。

 

B型インフルエンザウイルスは

一度感染すると,免疫ができるため

二度目はかかりにくいと言われています。

 

ただし,B型にも2種類あるので

1シーズンで両方のB型インフルエンザに

かかってしまうことはあります。

 

また,ウイルスの遺伝子は定期的に

変異していくので,1シーズンで

何度も感染してしまうことも

可能性として考えられなくもありません。

 

流行

B型インフルエンザの流行時期は

主に1月~3月です。

 

インフルエンザ流行の後期に

猛威を振るい始めます。

 

C型インフルエンザの特徴・流行時期

症状

C型インフルエンザの症状は軽く,

インフルエンザだと気づかないうちに

ただの風邪として治っていることもあります。

 

特徴

C型は症状も流行性も低く,

一度免疫体を持てば,ほぼ一生

免疫が持続するとされています。

 

C型インフルエンザにかかりやすいのは

まだ免疫を持っていない子どもたちです。

 

感染しても軽度の症状でインフルエンザだと

気づかれずに治るくらいなので,

医師たちも脅威だとは考えていません。

 

流行

C型インフルエンザは,流行時期はなく

いつでも感染する可能性は考えられます。

 

そのため,A・B型インフルエンザが

「季節性インフルエンザ」と呼ばれるのに対して,

C型インフルエンザは「通年性インフルエンザ」

と呼ばれています。



スポンサーリンク




インフルエンザで同じ型に2回かかることはある?

A型であれば「香港型」「ソ連型」

B型には「山形系統」「ビクトリア系統」と

同じ型であっても複数の種類があります。

 

同じ型であっても

それぞれのインフルエンザにかかったのならば,

1シーズンで同じ型に2回かかることになりますよね。

 

最近ではインフルエンザの検査技術が向上し,

早期にインフルエンザの判断が

下されるようになりました。

 

すぐに抗インフルエンザ薬を処方され,

インフルエンザウイルスの活動を抑えるため

体内で抗体が作られないままに再感染する,

という説も考えられています。

 

また,A型はウイルスの変異が多く,

免疫や抗体を持てずに再び感染する

ということも多いようです。

 

その上A型インフルエンザでは,

予防接種をしていても変異してしまった

ウイルスには抗体が効きにくく,

再感染してしまいます。

 

今シーズンはもうかかっているから,

と油断せずに同じ型であっても再感染の可能性,

別の型への感染の可能性を頭に入れておきましょう。

 

インフルエンザだとは思わなかった,で

会社や学校にウイルスを持ちこんでは

元も子もないので,常日頃から

特に流行時期には油断せず過ごしましょう。

 

少しでも可能性を疑ったならば

医療機関への受診をおススメします。

予防の徹底でインフルエンザの感染を防ぐ!

インフルエンザはかかってしまうと

熱や寒気,咳,喉の痛みなど

身体も辛い上に,感染が広がらないように

家族と隔離,社会から隔離されます。

 

その孤独感もインフルエンザの辛さに

拍車をかけているのではないでしょうか。

 

自分自身もそんな思いをしたくないですし,

子どもや親にそんな思いをさせたくないです。

 

インフルエンザにかからないようにするには

ウイルスの感染経路を絶つことが

重要な予防対策となります。

 

シーズン期に毎日インフルエンザの患者に会い,

ウイルスに触れている医者たちが実践する

インフルエンザ予防方法についてご紹介していきます。

 

①マスク

インフルエンザのウイルスは,

粘膜に付着して増殖していきます。

そのため,マスクは鼻・口の粘膜を

守る役割があり,重要なのです。

 

しかし,マスクは菌の侵入を防げない

と聞いたことがあるよ,と思う人も

いらっしゃると思います。

 

確かにマスクで完全シャットアウトできる

訳ではありませんし,それは無理です。

 

インフルエンザウイルスは,先に言った通り

粘膜に付着して増殖します。

 

粘膜がただ晒されているマスクなし,と

粘膜までに一枚隔てるものがあるマスクあり,

どちらが予防対策に良いかは明確ですよね。

 

ただ眼鏡をかける人にとっては,

マスクは厄介なものですよね...

 

眼鏡が曇る!

 

マスクで鼻の部分に当たるところに

折って密着するようにしたものもありますが,

正直アレあんまり効果ないですよね...

 

そんな方へ裏技です!

 

マスクの鼻に当てる部分を内側に折り返す

上部を折り返したままの状態でマスクをつける

折り返した状態のまま鼻の形に折り曲げる

 

つまり,鼻に当たる部分のマスクの生地を

二重にする,ということです。

(説明が下手ですみません...)

 

私はこのマスクの付け方をするようになって,

眼鏡が曇ることは減ったように感じます。

ぜひ一度やってみてください。

 

マスクを付けていると気になる

独特のマスクの臭いを消してくれる

マスクスプレーが販売されています。

 

この商品は天然由来の原料でできたスプレーで,

マスクをスッキリ良い香りにしてくれます。

香りでスッキリ気分転換にもなると思いますよ!

 

②予防接種

インフルエンザワクチンを接種することで

重症化を防ぐことが出来るとされています。

 

特に,子どもや高齢者は重症化すると

インフルエンザとともに

合併症を引き起こし,命を落とすことがあります。

 

ワクチンの効果は1年間なので,

毎年予防接種を受けるようにしましょう。

関連記事:インフルエンザはa型とb型どっちがきつい?両方同時にかかることはある?

 

③免疫力を高める

免疫力を上げることで,インフルエンザに

限らないすべての感染症にかかりづらくなります。

 

免疫力は,日々の食事・運動・睡眠などの

生活習慣が影響し,上下します。

 

常日頃の生活習慣を見直し,

高い免疫力でインフルエンザを予防しましょう。

関連記事:トイレで足が痺れるのは病気?原因や対処法を徹底解説!

 

④手洗い・うがい

手洗い・うがいで,粘膜や皮膚に

ついてしまったウイルスを追い出しましょう。

 

家に帰ってきたら,手洗い・うがいの習慣を

身に付け,常日頃から実践しておきましょう。

 

手洗い・うがいの予防対策は

効果がない,とテレビで聞いたことがある

という人もいると思います。

 

私もウイルスはいたるところにいて

洗ってもすぐ付くから意味がない,

という理論で効果がないとする話を

聞いたことがあります。

 

だからといって,ウイルスが家の中以上に

沢山いる外から帰ってきて

洗い流さずに家に持ち込むことと,

外で付いた分は洗い流しておくこと,

どちらが予防対策となるかは歴然ですね。

 

うがい薬は嫌な臭いや気持ち悪い感じが

して使わない,という方には

この商品をおススメします。

 

「ワンプッシュ」という名の通り

ワンプッシュが適量と分かりやすいです。

すっきり清涼成分も入っているんで,

朝起きて目覚めのうがいなどにも使えますよ!



スポンサーリンク




関連記事:インフルエンザの時の食べ物でコンビニで買えるのは?飲み物は何がいい?

まとめ

今回は,インフルエンザについて,

1シーズンで何度もかかることはあるのか?

なぜ同じ型でも複数回かかるのか?

インフルエンザにかからないための予防方法は?

などをまとめました。

 

インフルエンザにも種類が分かれていて,

前回はA型で今回はB型にかかった

というように何度もかかることはあります。

 

同じ型であっても遺伝子が異なる

ウイルスが複数あると,それぞれのウイルスで

感染することもあります。

 

インフルエンザ予防の対策は

確実に防げる,というものはありません。

 

やらないよりはやっていた方が

確率が低くなり健康に過ごすことが出来ます。

 

インフルエンザ対策として,

出来ることはやってウイルスに負けない

強い身体を作りましょう!

 

最後までご覧いただきありがとうございました!