ゴールデンウィークはどこも混雑していて、

お出かけが億劫…なんて思う方も多いですよね。

確かに、ゴールデンウィークは一気に旅行の需要が増え、

有名な観光スポットにはかなりの人混みが出来ています。

 

しかし、ゴールデンウィークでも楽しめる穴場スポットはたくさんあります。

今回は、東海地方を中心におすすめのお出かけスポットを紹介していきます。

どこも混んでいるからと諦めず、

折角の休みなわけですから、お出かけを満喫しましょう!



スポンサーリンク





ゴールデンウィークの穴場スポット!東海でおすすめのお出かけ場所~愛知県編~

ココラフロント(http://www.cocolafront.jp/)

16階建てのサーラタワー、6階建てのガーデンサイトからなる複合商業施設です。

ウィンドウショッピングで楽しみながら、棟内のカフェなどで一息つくことも出来ます。

サーラタワー最上階のレストランでは、優雅な景色を見ながら食事を楽しめます。

朝食、ランチ、ディナーとどの時間帯でも利用できるので、

デートのプランにも組み込みやすい穴場スポットだと思います。

 

サンテパルクたはらhttp://www.santepark.com/acsess/index.html

愛知県田原市野田町芦ヶ池8/TEL:0531-25-1234

 

花と自然に囲まれた、体験型のテーマパークです。

カップルはもちろん、子供と一緒でも楽しめる素敵な穴場スポットです。

 

ミニアスレチックや賞動物園、体験工房などなど、

園内には15カ所以上の体験スポットが点在しています。

園内が広いので混雑もあまり気になりませんし、

一日中時間をつぶせるので、ゴールデンウィークのお出かけにはとてもおすすめですよ。

 

DINO ADVENTUREhttp://www.dinoadventure.jp/index.html

名古屋市緑区大高町大高緑地内/TEL:052-693-8798

 

大高緑地の森を歩きながら恐竜探検することができるおすすめ穴場スポットです。

全長900メートルのコースのなかには、

21体の恐竜たちが迫力たっぷりに立ち並んでいます。

自分の身長を越える恐竜たちと並んで写真を撮るのもおすすめです。

 

子供も絶対喜びますし、

ゴールデンウィークのお出かけ先の一つにしてみてはいかがでしょうか。

 

サツキとメイの家https://www.aichi-koen.com/moricoro/shisetsu/satsukitomei/

名作映画「となりのトトロ」に登場するサツキとメイの家をそのまま再現した施設です。

映画を楽しんだ子供達はもちろんのこと、

映画と同じ時代を生きた大人達も懐かしの光景で心が躍ると思います。

観覧料も安く、かなり気軽に訪れることができますよ。



スポンサーリンク




ゴールデンウィークの穴場スポット!東海でおすすめのお出かけ場所~静岡県編~

ぬくもりの森http://www.nukumori.jp/

静岡県浜松市西区和地町2949/TEL:053-486-1723

 

中世ヨーロッパの小さな村に迷いこんだような、不思議な空間を満喫できます。

高い木々に囲まれた小さな森の中には、雑貨ショップやケーキショップ、

レストラン、ミニギャラリーなどの施設が建ち並びます。

人混みの喧騒を忘れた夢のひとときを味わうことができるので、

ゴールデンウィークの東海穴場スポットとしては一押しです。

写真や動画を撮って、ずっと残しておきたいと思うはずです。

 

竜ヶ岩洞http://www.doukutu.co.jp/

静岡県浜松市北区引佐町田畑193/TEL:053-543-0108

 

竜ヶ岩洞は東海エリア最大救の鍾乳洞です。

400メートルが一般公開されており、

様々な形、色の鍾乳洞があなたを神秘な空間に誘います。

洞内の気温は18度と涼しいので、避暑デートとしてもおすすめのスポットです。

洞窟周辺にはレストランや浴場などの施設もありますので、

ぜひ一緒にご利用ください。

 

静岡市立日本平動物園http://www.nhdzoo.jp/

静岡市駿河区池田1767-6/TEL:054-262-3251

 

少し前に全国的に話題になった直立するレッサーパンダ「風太くん」のいた動物園です。

2013年にリニューアルされ、綺麗で見やすい動物園に生まれ変わりました。

猛獣館やふれあい動物観など、バリエーションに富んだ施設が見所です。

全長390メートルのローラースライダーや、遊園地施設などもありますので、

一日中楽しめる穴場スポットになっています。

 

セルカレンズ

お出かけのときには、やはり思い出に残すための写真撮影が欠かせませんよね。

また最近ではスマホのカメラ機能が優秀なので、

デジカメなどは持ち歩かずにスマホで済ませているという方も多いでしょう。

そんなときにぜひ一緒に活用して欲しいのが、こちらのセルカレンズです。

 

スマホのカメラにセットするだけで、画角を120度まで広げることができ、

同じ景色の写真でもよりダイナミックに取ることができます。

さらに安価モデルよりも歪みが格段に少ないのも特徴です。

逆に、接写機能もあるので数センチの距離のものも鮮明に取ることが可能です。

ただのスマホでは絶対に取れない迫力の写真で、思い出を残すことができますよ!



スポンサーリンク




関連記事:母の日にはストールを!50代・60代におすすめの人気ブランドをご紹介!

ゴールデンウィークの穴場スポット!東海でおすすめのお出かけ場所~三重県編~

ななばの里http://www.nagashima-onsen.co.jp/nabana/index.html/

三重県桑名市長島町駒江漆畑270/TEL:0594-41-0787

 

世界各国の花を栽培している植物園やレストラン、温泉施設、地ビール園など

様々な施設が併設されたレジャースポットです。

視界いっぱいに広がる花々は圧巻の一言です。

ゴールデンウィーク中は休み無く営業していますし、

会場の広さから混雑も感じにくいです。

大人も子供も間違いなく楽しめるおすすめ穴場スポットですよ。

 

四日市港ポートビルhttp://www.yokkaichi-port.or.jp/

三重県四日市市霞二丁目1-1/TEL.059-366-7006

 

四日市市港の開港100年を記念して建てられた高さ100メートルのビルです。

最上階の14階からは、四日市市港の景色、鈴鹿山脈が一望できます。

昼は青空と海原の雄大な景色、

夜は日本夜景遺産に認定された臨海工業地帯の夜景が楽しめるので、

東海地方でいつでも寄って欲しいおすすめ穴場スポットとなっています。

 

展示コーナーでは、四日市市港の情報や歴史などを学ぶことができるので、

知的な大人デートも演出できるかもしれません。

ドリンクスペースなどもありますので、休憩がてら足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

ルーブル彫刻美術館http://www.louvre-m.com/

三重県津市白山町佐田東谷1957/電話:059-262-1111

 

パリのルーブル美術館の雰囲気が味わえる、東海地方屈指の美術館です。

有名な「ミロのビーナス」など、1300点の作品を鑑賞することが可能です。

テレビや教科書でしか見られないようなものが、

自分の目で見ることができるので、人生経験の一つとしてもおすすめのスポットですよ。

 

入館料は1500円ですが、前売り券を購入すれば1000円ですので、

前もって予定を決めてお得に楽しむのがおすすめです。

 

LEDライト付きセルカ棒

最近では持っているのが当たり前になりつつあるセルカ棒ですが、

こちらの商品はただのセルカ棒ではありません。

一番の特徴は、自身を照らすLEDライト付きという点です。

セルカ棒を使うとインカメで取ることになるわけですが、

そうなるとどうしてもフラッシュが弱くなってしまいますよね。

 

でも、このセルカ棒を使えば、その問題は解決です。

360度回転し、明度も3段階で調整できるので、

周りの明るさや写真を撮る角度に合わせて明かりを調節できます。

夜間や室内での自撮りのときにかなり効果を発揮する、おすすめの一品です。



スポンサーリンク




関連記事:鯉のぼりはいつからいつまであげる?関東と関西では違うの?

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は東海地方を中心に、

ゴールデンウィークにおすすめの穴場スポットを紹介していきました。

さすがにガラガラに空いているということはないでしょうが、

今回紹介した施設なら、何時間も並んだり、

人混みにぎゅうぎゅうに押されるといったことはほとんどないでしょう。

 

穴場スポットを探すポイントとしては、

会場が広いこと、自然を見て楽しむタイプの施設であること、などがおすすめです。

室内展示や遊園地のような施設は、

人の圧迫感を感じたり並ぶ確立が高くなってしまいますので、注意しましょう。