インフルエンザになったとき、辛い中病院に行くのも面倒だし、

市販の風邪薬や前に処方されたロキソニンを飲んで済ませよう、

なんて思うことありませんか?

 

しかし、解熱鎮痛剤の中には、

インフルエンザウイルスと組み合わせてはいけないものもあるのです。

最悪の場合、インフルエンザ脳症などの恐ろしい病気が発症し、

後遺症が残ったり命を落としてしまうこともあります。

 

そこで今回は、知らなかったでは済まされない解熱剤の常識を解説していきます。

ロキソニンやバファリン、イブといった、

普段使いがちな解熱剤についても詳しくみていきます。

また、インフルエンザ時にも飲める解熱剤も紹介していますので、

ぜひ参考にしてみてください。



スポンサーリンク





インフルエンザ時にロキソニンなどの解熱剤を使っても良い?

インフルエンザ時には使用する解熱剤の種類に注意が必要?

インフルエンザにかかると、40度近い高熱や関節痛、頭痛やだるさなどなど、

辛い症状が次々と襲ってきます。

とにかく解熱剤を飲んでしまおう、と考えるかもしれませんが、ちょっとお待ちください。

 

実は、インフルエンザのときにロキソニンを一緒に飲むと、

インフルエンザ脳症を誘因、もしくは重症化させる可能性があるとされているのです。

 

インフルエンザ脳症は、発症すると死亡率は30%という恐ろしい病気です。

助かったとしても、25%に後遺症が発症すると言われています。

あまり聞いたことが無かったかも知れませんが、

季節性のインフルエンザが原因で年間200人ほどが発症しています。

 

インフルエンザ脳症を誘因すると言われている解熱剤は、

ロキソニンを始めとするNSAIDs(エヌセイズ)という種類のものです。

日本語で言うと「非ステロイド性抗炎症薬」です。

 

また、分かりやすく具体的な名称で言うと、

「ロキソニン」、「ボルタレン」、「バファリン」、「ポンタール」、「PL配合顆粒」などです。

自宅の薬箱の中にある、という方も多いのではないでしょうか。

 

ライ症候群

インフルエンザ時にNSAIDsを飲むことで誘因される病気は、

インフルエンザ脳症だけではありません。

 

ライ症候群という病気もその一つで、

インフルエンザ時にアスピリンを飲むことで発症のリスクが高まります。

ライ症候群の症状としては、急性脳症、低血糖、高アンモニア血症などがあり、

命にも関わる非常に重大な病気です。

 

アスピリン(アセチルサリチル酸)はバファリンなど、

市販の風邪薬にも多く含まれているので、気軽に飲めてしまうので注意が必要です。

 

特に注意が必要なのは小児!

先述の通り、インフルエンザ時には

ロキソニンのようなNSAIDsの解熱剤を使わない方が安全です。

 

ただし、インフルエンザ脳症やライ症候群の発症リスクが高まるという報告は、

主に小児(10代以下の子供、特に5歳以下)の話になります。

 

成人以降では、NSAIDsの投与と

インフルエンザ脳症の発症率に差は無いとも言われています。

 

つまり、インフルエンザ時の解熱剤に特に注意が必要なのは、小児ということです。

そもそも、15歳未満にはロキソニンの処方が認められていませんが、

家族の誰かに処方されたものを飲ませてしまうということもあります。

 

親御さんの誤った知識で、子供が危険にさらされるということはあってはなりません。

子供がインフルエンザかもしれない、となった場合には、

自己判断で自宅にある解熱剤を飲ませることはやめましょう。

速やかに医療機関を受診し、

正しい診断を受けた上で処方された解熱剤を飲むようにしてください。



スポンサーリンク




インフルエンザ時にバファリンやイブは飲んでも良い?

薬莢などでも手軽に購入することができる、

バファリンやイブなどの解熱剤についても詳しくみていきましょう。

 

バファリン

「痛み、熱に早く効く」という文句で有名なので、風邪でもインフルエンザでも、

とにかく熱や頭痛に悩まされたらバファリンを飲むという方多いのではないでしょうか。

 

ただ、バファリンには、病院で処方されるバファリンと、

市販薬の大人用バファリン、小児用バファリンなど種類がたくさんあります。

実はそれぞれ、解熱鎮痛するための成分が異なります。

 

まずは、バファリンの種類と成分について押さえておきましょう。

 

・病院で処方されるバファリン:アスピリン(アセチルサリチル酸)

 

以下、市販されているバファリンです。

・バファリンA:アスピリン

・バファリンプレミアム:イブプロフェン、アセトアミノフェン

・バファリンEX:ロキソプロフェン

 

・小児用バファリン:アセトアミノフェン

・バファリンルナi:イブプロフェン、アセトアミノフェン

・バファリンルナJ:アセトアミノフェン

 

インフルエンザ時にバファリンを飲むときに気をつけたいのは、

アスピリン、ロキソプロフェンが配合されているかどうかです。

逆に、インフルエンザ時に飲んでも安全なのは、

「アセトアミノフェン」、「イブプロフェン」のみが含まれたバファリンになります。

 

病院から処方されるバファリンは、

基本的にアスピリンが配合されているので注意が必要です。

市販されているバファリンでも、

バファリンAとバファリンEXはアスピリンがロキソプロフェンが配合されています。

 

もし子供がインフルエンザになった場合には、

きちんと小児用のバファリンを飲ませてあげましょう。

 

自分用のバファリンがあるからと言って飲ませてしまうのは危険ですよ。

関連記事:インフルエンザで同じ型に2回かかることはある?

 

イブ

イブも市販されている有名な解熱鎮痛剤です。

イブプロフェンという有効成分が配合されており、

これはNSAIDsの一種ではありますが、

インフルエンザ時に使用しても良いとされています。

 

ただ、小児への使用は注意が必要なので、

小児科で処方された時以外は飲まない方が賢明でしょう。

 

市販されている解熱剤、しかも同じ会社の解熱剤の中でも、

インフルエンザ時に飲んでも良い解熱剤かどうかが変わってくるのです。

先述のとおり特に小児の服用に関しては注意が必要ですので、

親御さんが成分をきちんと確認するのは大切ですよ。



スポンサーリンク




関連記事:インフルエンザはa型とb型どっちがきつい?両方同時にかかることはある?

インフルエンザ時にも飲んで良い解熱剤はコレだ!

結局の所、インフルエンザ時に飲んでも良い解熱剤は何なの?という方のために、

具体的に商品を挙げながら紹介していきます。

 

イブ 36錠

イブプロフェンという有効成分が2錠(1回分)で150mg含まれており、

これはインフルエンザの時に飲んでも大丈夫な成分です。

痛みや熱の原因となるプロスタグランジンの発生を押さえてくれる解熱鎮痛剤になります。

 

ただし、イブプロフェンはNSAIDsの一種なので、

15歳未満の小児には服用させてはいけません。

また、出産予定日12周以内の妊婦も、服用は避けましょう。

 

イブA錠EX

こちらも、イブプロフェンが配合された解熱鎮痛剤です。

2錠で200mgのイブプロフェンが入っているので、

先ほどのイブよりも解熱効果は高いです。

注意点も同様で、15歳未満の小児と妊婦は服用を避けて下さい。

 

バファリンプレミアム

バファリンは、種類によってロキソプロフェンやアスピリンが含まれているので、

有効成分をしっかり確認するのが大事です。

バファリンプレミアムは、イブプロフェンとアセトアミノフェンが配合されたもので、

インフルエンザ時に飲んでも大丈夫な解熱剤になります。

 

ただ、イブプロフェンが含まれているので、

15歳未満の小児と妊婦は服用を避けて下さい。

 

小児用バファリン

ここまで紹介してきたのは、全て大人しか服用できない解熱剤でした。

子供がインフルエンザのときには、こちらの小児用バファリンを服用させてください。

有効成分はアセトアミノフェンというものになります。

3歳から15歳までの小児が対象で、熱や痛みを緩和する効果があります。

 

フルーツ味やオレンジ味のタイプもあるので、

薬が苦手なお子さんでも飲みやすいと思います。



スポンサーリンク




関連記事:インフルエンザの時の食べ物でコンビニで買えるのは?飲み物は何がいい?

まとめ

いかがでしたでしょうか。

インフルエンザと解熱剤の組み合わせを間違えてしまうと、

恐ろしい副作用が発症することがあります。

 

注意が必要なのは、ロキソニンとアスピリンという成分です。

解熱剤が家にあるからといって安易に飲むのはやめましょう。

特に、お子さんへの服用は絶対にしてはいけません。

 

子供がインフルエンザかも知れない、となったときは

一番は病院できちんと解熱剤を処方して貰うことですが、どうしてもという場合は、

小児用のバファリンなど安全が確認されている解熱剤を飲ませてあげましょう。