「早春」という言葉は、歌や小説、また時候の挨拶にもよく出てくる言葉です。

 

早春は言葉の雰囲気からなんとなく「早めの春」という印象がありますが、

実際早春とはいつ頃の時期を指す言葉なのでしょうか。

 

ここではそんな「早春」の時期はいつで何月を指すのか、

またその意味や読み方についても説明します。



スポンサーリンク





早春の意味や読み方は?

まず早春の読み方ですが、早春は「そうしゅん」と読みます。

特にひねりもなく、そのままの読みですね。

 

早春の意味ですが、こちらも文字から連想される通り

「春の初めごろ」という意味があります。

早春の時期は具体的に何月?①2月~3月の初めまで

早春は「春の初め頃」というのは分かりました。

でも、春の初め頃って、具体的にいつだと思いますか?

 

特に季節の感じ方というのは、人によっては色々ですよね。

「2月の終わりが春の初め!」という人もいれば

「2月はまだ冬。春が始まるのは3月の終わりごろから!」という人もいます。

 

では実際、早春の時期というのは具体的に何月を指すのでしょうか。

 

早春の時期は具体的には2パターンあるので、それぞれ説明します。

ひとつめのパターンは「2月~3月の初め頃」です。

 

2月というとまだまだ寒さが厳しい時期ですから、早春を使うには少し

早い気がしますね。

 

ただ、これには訳があります。

早春という言葉が生まれたのは、日本がまだ「旧暦」を使っていた頃です。

 

旧暦は今使っている新暦と少し時期にズレがあります。

旧暦の春は「立春」と言って、2月4日頃(毎年変動あり)から始まります。

2月4日に春が始まるから、早春の時期も2月がスタートなんですね。

 

また、旧暦では2月19日頃の雨水(うすい)の季節を過ぎると

3月5日頃(毎年変動あり)から「啓蟄(けいちつ)」という季節になります。

 

啓蟄の季節は、「冬ごもりの虫が這い出してくる」という意味を持っています。

この日を境に、気温が一気に上昇し春になっていくという事です。

 

啓蟄になるともう「春が来た」という事になるので、

大体啓蟄の時期までを早春と呼ぶようになったそうです。



スポンサーリンク




早春の時期は具体的に何月?②2月~3月の中旬まで

早春の時期、2つ目のパターンは「2月~3月の中旬まで」です。

 

1つめのパターンと始まりは一緒ですが、

こちらは終わりが3月の中旬までと少し長くなっています。

 

確かに旧暦上では3月5日頃から季節が啓蟄になり本格的な春になり始めるのですが、

実情としては、冬の寒さは2~3月の初めくらいまでがピークになりますよね。

という事で3月の中旬くらいまでは早春でもいいだろう、と

3月の中旬でも早春という言葉を使う事もあります。

 

1つめのパターンが完全に旧暦に乗っ取った考え方だとすると、

2つ目のパターンは実情に合わせた考え方だと言えます。

 

どちらの使い方でも間違いではないので、総合して2月~3月の中旬頃までは

安心して早春という言葉を使ってみてくださいね。

旧暦って?

早春の言葉で「旧暦」という言葉が出たので、旧暦についても説明します。

 

暦(こよみ)とは、いうなればカレンダーの事なのですが、

今私たちが普通に使っているカレンダーに表記されてある暦は

太陽暦(グレゴリオ暦)と言って、明治5年(1872年)に西洋から導入されたものです。

つまり今(2018年)から146年前のものです。

 

でも、日本の歴史はもっと古いですよね。

では、太陽暦が導入される前は日本はどうしていたのでしょう。

明治時代に太陽暦が導入されるまで、日本には暦というものはなかったのでしょうか。

 

そんな事はありません。

日本にも独自の物ですが、ちゃんと暦がありました。

それが「旧暦」と言われる太陽太陰暦の事です。

 

太陽暦は太陽の動きだけを見て1年の暦を作るのに対し、

太陽太陰暦は月の満ち欠けを見て1年を作ります。

 

そして太陽太陰暦では「新月から満月までを1月」として暦を作っていたのですが、

太陽暦では2月を除くと全ての月が30日~31日ありますよね。

 

ところが新月から満月の日数は平均すると29.5日程度になるので、

総合すると太陽太陰暦は太陽暦より1年の日数が短くなってしまいます。

 

そしてその誤差は1年で11日ほど、3年で1ヶ月分くらいにもなります。

そこでその誤差をどうしたかと言えば、太陽太陰暦では3年に一度「閏月」という月を

設けて「13月目」というものを作り、1年の平均総合日数を合わせていました。

 

ただ、13月目は12月の次とは限らず、どこにいれるのかはその年によって様々で、

その年によっては夏が長くなったり冬が長くなったりしたそうです。

 

少し不便な所もありますが、日本の文学作品を見ると、

太陽太陰暦に情緒を思わせるような数多くの表現が出てきます。

 

そうして日本では実に800年以上も大切に使い続けられてきた太陽太陰暦でしたが、

明治時代に入ると日本人は政府の一声で太陽太陰暦を捨て、暦を

あっさり太陽暦に変えてしまいました。

 

勿論明治政府のやや強引な後押しもあったと思いますが、

日本人も割とすんなりと受け入れたようです。

 

それは少し残酷なような気もしますが、

欧米の暦に合わせないと外交などで政治に支障が出やすい・

欧米の知識を少しでも多く吸収する為など当時の激動な時代背景があったようです。



スポンサーリンク




「早春」が使われている作品①早春賦(童謡)

早春の意味や読み方、何月を指すのかが分かった所で

「早春」という言葉が使われている作品などを紹介していきましょう。

 

まず最初は童謡である「早春賦(そうしゅんふ)」です。

 

この歌は学校の音楽の教科書に載っている事もあるので知っているという人は

多いのではないでしょうか。

 

早春賦は1913年、なんと第一世界大戦より古い時代に発表された童謡です。

吉丸一唄という人が作詞をし、中田章という人が作曲をしました。

 

早春賦はその日本らしい歌詞と美しい曲調から、

文化庁と日本PTA全国協議会が選定した日本の歌百選にも選ばれている歌です。

 

内容は“早春”賦というタイトル通り、

長野県の大町市にある安曇野の「早春の風景」をうたった歌だとされています。

 

早春賦の「賦」という字には「漢詩を歌う事・作る事」という意味があり、

また漢語にも「早春に賦す」という言葉がある事から、

タイトルに付け加えられたそうです。

 

ただ、当時の人も早春という言葉は春というには早すぎたのか

歌の内容は「早春の時期だけどまだ寒いし雪も降ってるね(早く春にならないかな)」

という事を歌っています。

 

「早春」という言葉だけ聞くと、すでにちらほら花が咲いていたり蝶々が舞っていたりと

穏やかな風景が思い浮かぶと思います。

 

早春賦という歌も、早春の具体的な時期を知らなければ

「春の穏やかな光景をうたった歌だろうな」と思うでしょう。

 

ですが実際の早春の具体的な時期を考えながら「早春賦」という歌を聴くと、

また違った情景が頭の中に思い浮かぶと思いますよ。

「早春」が使われている作品②早春の候(時節の挨拶)

次は作品ではないのですが、よく使われる表現を紹介します。

 

日本人が書く手紙の冒頭には、必ずと言っていいほど

「〇〇の候~」など時節の挨拶が来ますよね。

 

そしてなんと「早春」も時節の挨拶として使われるんです。

 

使い方としては、「早春の候」から始まり、

まだ寒さも残りますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

貴社ますますのご繁栄の事とお慶び申し上げます。

 

などと続きます。

 

どれも、「春ですがまだ寒いですね」という意味合いになっています。

 

「早春の候」を使い時期も、

早春という言葉自体の時期と一緒で2月~3月中旬くらいまでです。

 

もしこの時期に手紙や書類を書く機会がありましたら、

ぜひ早春の候を使ってみてくださいね。

「早春」が使われている作品③早春(外国映画)

 

実は「早春」という映画もあるんです。

 

早春というタイトルを持つ映画はいくつかあるのですが、ここでは一番よく知られている、

1970年にポーランド人であるイエジー・スコリモフスキ監督が

イギリスで撮影した映画を紹介します。

 

こちらは季節の早春というよりは「人の早春」にスポットを当てた作品です。

 

主人公は思春期真っただ中の15才の少年マイクです。

マイクは公衆浴場でアルバイトをしていたのですが、

そこで働く年上の女性スーザンに恋をします。

 

まさに早春ですね。

ちなみにヒロインであるスーザンを演じたのは

ジェーン・アッシャーという女性でしたが、彼女は当時世界で人気だったビートルズの

メンバー、ポールマッカートニーの婚約者としても有名でした。

 

さて、話を戻しますが

このスーザンにはすでに婚約者がいて、マイクの事は“あまり”相手にしません。

ところがマイクはますますスーザンに夢中になり、最後には大変な事になります。

 

最初は思春期に誰しもが感じるであろう「年上の異性への憧れ」のようなものを

表現した穏やかな物でしたが、思春期特有の暴走により展開は

どんどん変な方向へ進んで行ってしまいます。

 

終わり方がかなりインパクトがあるので

「少年の甘酸っぱい恋の経験」「穏やかな映画を見たい」という方には

あまりおすすめできません。

 

スリルとショックが好きな方はぜひ見てみてくださいね。

 

ちなみにこの映画は、2018年1月にリマスター版がでているので

古い映画にも関わらず美しい映像で楽しむ事ができますよ。

関連記事:ごきげんようの意味や使い方!目上の人や男性でも使える?

「早春」が使われている作品④早春物語(小説)

 

こちらは赤川次郎が書いた小説になります。

当時かなり人気のでた作品で、1985年に映画化、1986年にドラマ化もされています。

 

ジャンルとしてはミステリーになり、また赤川次郎の作品らしくとても読みやすいので

スラスラと読めはするのですが、小説の内容は少し人を選ぶものになっています。

 

というのも、こちらは高校生の女の子が主人公なのですが、内容としては

「母親が恋した男性に娘が同じように恋をする」というものだからです。

 

高校生同士の恋愛なら青春物語としてほのぼのした感じで読む事ができますが、

高校生と父親のような年齢のおじさんとの恋愛ともなると、

ちょっとう~んとなる人も多いのではないでしょうか。

 

ただ、こちらはただの恋愛物語ではなくきちんとミステリーにまとめられていますので

恋愛の流れも割とあっさり感はあります。

 

赤川次郎作品らしくスラ~っと読めますので、気になる方はぜひ読んでみてくださいね。

関連記事:流石の意味や由来とは?読み方や使い方も詳しく解説!

「早春」が使われている作品④早春 その他(小説)

 

こちらは藤沢周平という人が書いた小説です。

 

タイトルが「早春、その他」となっているのは、短編集だからです。

「早春」という作品の他に、いくつか別作品が編集されています。

 

藤沢周平さんは時代小説が得意なので短編集の時代背景は

全て時代ものになっているですが、早春だけは舞台が現代になっています。

 

そしてその内容ですが、こちらも人を選ぶというかあまり明るいものではありません。

 

主人公は妻を早くになくし、定年も近い窓際族のおじさんです。

このおじさんには娘が一人いるのですが、その大切な娘は妻子ある人と不倫中で

近々家を出て行く予定…と、

なんだか人物の背景を読んでいるだけで落ち込んでしまいます。

 

主人公はすでに年老いていて思春期ではないですし、

恋物語も娘が不倫と早春どころか晩秋のような感じですよね。

 

とても「早春」とは思えない内容ですが、

なぜ作者がこんな話に「早春」と名付けたのか、

そして主人公がどういう決断をするのかを考えながら読み進めるのも面白いですよ。

 

足先もポカポカ!足先ホッカイロ

 

早春の時期は「春」がついてますがまだまだ寒いというのが分かりましたね。

早春の時期でも寒さ対策はしっかりしましょう。

 

そこでおすすめなのが、靴下に貼る足先ホッカイロです。

寒さ対策といえばついつい上着なんかを着込みがちですが、特に寒さを感じるのは

胴体ではなく手や足の先だったりします。

 

手はポケットに入れれば温かいですが、

足先は靴を履いているのでそれ以上はどうやっても温かくなりませんよね。

 

ですがこの靴下に貼るホッカイロを貼れば、それだけでポカポカと足を温めてくれます。

特に冷え性の人におすすめですよ。

 

洗える電気毛布でポカポカ

 

「夜、寒すぎて眠れない」という人におすすめなのが、電気毛布です。

エアコンやストーブなどを付けておくという手もありますが、

エアコンはかなり空気を乾燥させてしまうので特に冬の時期は風邪の原因になりますし

ストーブなどを睡眠中つけっぱなしにしておくというのは火事の危険があります。

 

ですが電気毛布なら空気も乾燥しませんし、火事になる事もありません。

さらに言うならピンポイントで自分の体だけを温めてくれるので、無駄がありません。

 

さらにこちらの電気毛布はコードを外す事で水洗いができ、さらに

「毛布洗濯コース」がある洗濯機なら洗濯機に入れる事もできます。

 

また、このような温熱性の毛布だとダニが気になる人もいますが

ダニ退治機能もついているので、ダニ駆除も簡単ですよ。

 

寒い夜を凍えることなくエコに過ごしたいという人にはぜひおすすめの暖房器具です。



スポンサーリンク




関連記事:南無三の意味!読み方や使い方についても詳しく解説!

まとめ

早春の意味は「春の初め」という意味で、早春の具体的な時期は

「2月~3月の初め」か「2月~3月の中旬くらいまで」を指します。

日本に古くからある風流な言葉ですから、ぜひ使ってみてくださいね。

 

また、「早春」と名付けられた作品に触れてみて

その意味を考えながらその作品を楽しむのもおすすめです。