3月3日の桃の節句(ひな祭り)や、5月5日の端午の節句

(こどもの日)では女の子と男の子の成長を願ってお祝い事を

したりします。

 

なかでも、生まれて初めて迎える節句の日のことを

「初節句」と言い、盛大にお祝いをする傾向があります。

 

そんなおめでたい初節句では、ご家庭によっては

親族を招いて食事会を開いたりすることもあります。

 

しかし、初節句のお祝いの食事会というのはなかなか

しないことでもあるので、場所や内容について悩まれる

方も多いことと思います。

 

今回はそんな初節句の食事会について、いつするのが

いいのかということから、服装や場所についても

ご紹介していこうと思います!



スポンサーリンク





初節句の食事会はいつするもの?

可愛い我が子の初めてのイベント事が「初節句」

だというご家庭も多くあることと思います。

 

そうなると、より一層力を入れてお祝いを

してあげたくなるものなのではないでしょうか。

 

イベント事で最も力を入れたくなるのが「食事」

になるのではないかと思うのですが、初めての

イベント事となれば両家の両親を呼んで一緒に

お祝いをすることとなるかもしれません。

 

そうなった場合いつ、どういったタイミングで

行うのが最も良いのでしょうか。

 

まずはそんな初節句の食事会の日取りについて、

ご紹介していきたいと思います。

 

節句とは?

そもそも、節句とはいつのことを言うのか

について、まずはご説明していこうと思います。

 

冒頭で、ひな祭りやこどもの日は節句の日に

あたるとご紹介しました。

 

これは多くの人が認識していることだと思いますが、

実は節句というのはあと3つあるということを

ご存知でしたでしょうか?

 

年が明けてすぐにやってくるのが、1月7日の

「人日の節句」で、別名「七草の節句」とも

言われています。

 

これは七草粥を食べてその年の豊作と無病息災を

願うという意味が込められています。

 

この次に3月3日の「桃の節句」、5月5日の「端午の節句」

と続きます。

 

そのあとにやってくるのが7月7日の「七夕(しちせき)の

節句」で、これはみなさんご存知の七夕(たなばた)のことを

言います。

 

そして9月9日の「重陽の節句」というものがやってきます。

 

これは別名「菊の節句」と言われており、寺院などでこの日に

菊の鑑賞会が行われていたりもします。

 

場合によっては異なる「初節句」!?

「初節句」というのは読んで字の如くで、その子が

産まれてから初めて迎える節句の日を表します。

 

先に、節句というのは一年のうちに5つ存在する

ということをご紹介しましたが、そのなかでも

「桃の節句」と「端午の節句」はこどもに関する

節句なので初節句というのはこのふたつに絞られます。

 

6月生まれの女の子や男の子が迎える初節句

というのは、その次の年の3月3日や5月5日

にやってくるということになります。

 

しかし、この考えでいくと2月生まれの女の子や

4月生まれの男の子というのは生後わずか1カ月ほどで

初絶句がきてしまうということになりますよね。

 

生後1カ月ほどの赤ちゃんといえば、まだまだ

朝晩の区別がついておらず生活リズムも

定まっていなかったり、授乳間隔も短かったりで

そんななか食事会を開いたりするのはなかなか

難しい状況だということが言えます。

 

そういったことを鑑みて、お子さんの誕生日から

節句の日までが短い場合などには、その次の年の

節句の日に初節句のお祝いをするというご家庭も

多いようですよ。

 



スポンサーリンク




初節句の食事会はいつがベスト?

初節句のお祝いというのは、多くの場合その子が

初めて迎えるイベント事の日ということになります。

 

そうなると盛大にお祝いをしたくなるでしょうし、

両家の両親を招いての食事会になることもあるかと

思います。

 

しかし、3家族の予定を合わせて食事会の日取りを

設定するというのはなかなか難しいものだったりします。

 

本来であれば3月3日や5月5日の節句の日当日

に行うのがベストなんだと思います。

 

5月5日のこどもの日は国民の祝日にあたりますから

比較的日を空けておきやすい日ではあるかと思いますが、

3月3日に関しては国民の祝日として設定されている

日ではありませんから、お仕事をされている場合には

この日を空けるというのはなかなか難しいでしょう。

 

また、節句の日の日柄(六曜)があまり良くない

場合には、その日にお祝い事をするというのはなんだか

気が引けてしまうと考えてしまうこともあるでしょう。

 

そういった場合はそれぞれの家族の予定が合う、

節句の日に近くて日柄の良い日取りを設定したり

するというのでもいいのではないでしょうか。

 

また、誕生日と節句の日が近い場合には誕生日と

初節句のお祝いを合わせてしてしまおう、という

ご家庭も結構あるようです。

 

その場合、誕生日か節句の日どちらかを食事会の日に

設定したり、誕生日と節句の日のちょうど間にあたる

日を食事会の日に設定するようですよ!

 

つまり、「初節句のお祝いは節句の日にしなければならない」

なんていう決まりは全く無いということです。

 

それぞれの家族が、それぞれに都合の良い日を食事会の

日にすればいいのです。



スポンサーリンク




初節句の食事会での場所や服装は?

初節句の食事会の日取りが無事に決まって安心

できるのも束の間、次は食事会での服装や場所

について頭を悩ませなければなりませんよね。

 

おうちでしてもいいものか、はたまたどこかお店を

予約しておくべきなのか・・・。

 

服装は普段着で大丈夫なのか、それとも親子共に

かっちりとした服を着ておくべきなのか・・・。

 

次は、そんな食事会での服装や場所について

ご紹介していこうと思います。

 

初節句の食事会の場所はどこがいい?

初節句の食事会をする場所というのは、

どこが適しているのでしょうか。

 

答えから言うと、ここでしなければいけない!

というような決まりというのは特にないので、

それぞれのご家庭の都合や事情に合わせて選択

すればいいでしょう。

 

初節句のお祝いとはいえ、そんなに大掛かりな

ことをしなくてもいいかな、と考えている方は

ご自宅でいつもより少し豪勢なお料理を用意して

楽しめばいいと思います。

 

また、初節句の食事会には両家の両親などは

呼ばず、家族だけで行うのであればわざわざ

お店を抑える必要性もないでしょうしね。

 

逆に両家の両親を初節句のお祝いの食事会に

招こうと考えている場合、ある程度の広さが

必要になることもあるでしょう。

 

そうすると自宅だと広さ的に難しいかもしれません。

 

また、それだけ大人数分の食事を用意したりするのも

なかなか大変ですよね。

 

それでしたらいっそのこと、どこかお店を

予約して初節句の食事会をするというのでも

いいかもしれませんよ。

 

最近はこういった赤ちゃんのイベント事に

対応しているお店も増えつつあり、赤ちゃんでも

食べられる食事を用意してくれていたり

イベント事に合わせたケーキを出してくれたりする

お店もあるようです。

関連記事:お食い初めのお祝い金!祖父母や兄弟の金額相場は?品物のおすすめもご紹介!

 

初節句での食事会の服装はどんなのがいい?

初節句の食事会をどこでするか決めた次に

悩むであろう、当日の服装。

 

これは、どこで、どんなふうな食事会をするかに

よって臨機応変に考えればいいと思います。

 

ご自宅で、家族だけで食事会をするのであれば

普段通りの服装でも問題無いのではないでしょうか。

 

しかし、初節句という赤ちゃんにとって一生に一度きりの

イベント事ですからきっと家族揃って写真撮影することに

なるのではないでしょうか。

 

そうなった場合、着古したよれよれの服よりは少し

キレイめな服装の方が後々写真を見返したときの

ことを考えるといいかもしれませんね。

 

どこかお店を予約して食事会を開く場合、

そのお店のランクによって服装を考えるのが

いいのではないでしょうか。

 

とはいえ、お店の雰囲気があまり分からない

場合、どんな服装を着ていけばいいか悩みますよね。

 

自分だけやたら派手な服装を着て行ってしまって

浮いてしまうなんてことは避けたいところです・・・。

 

そうならないために、事前に当日食事会に来る

ことになっている両家の両親などを含めて、

当日の服装のテイストについては話し合って

おいた方がいいでしょう。

 

 

大人の服装に加え、赤ちゃんの服装についても

頭を悩ませることと思いますが、こちらでは

赤ちゃん専用の袴風カバーオールを購入することが

できます!

 

家族みんなで写真撮影する場合、赤ちゃんが

これを着ていたら写真映えすると思いませんか!?

 

男の子用・女の子用と用意されていて、

カラーバリエーションもあるのでその子にぴったりの

ものを選ぶことができますね。

関連記事:お宮参りに義両親は呼ばない?両親は?誰と行くものなの?

 

初節句の食事会での食事はどんなものを食べる?

初節句の食事会をお店でする場合、大抵

お店側がそれにふさわしいメニューを用意

してくれているものです。

 

しかし、自宅で初節句の食事会をする場合、

どんなものを用意すればいいものか悩むと思います。

 

これと言ったものは特に決まっていませんが、

基本的には「おめでたい」ことに関するものを

出すのが一般的ではないかと思います。

 

例えばお赤飯や、鯛の姿焼きなんかはめでたい

ときに食べるメニューとして知られていますよね。

 

ご自宅で鯛を一匹、丸ごと焼くというのは

なかなか難しく大変な作業です。

 

 

しかし、こちらでは既に焼いてある鯛をそのまま

購入することが出来るので手間が掛かりません。

そして、祝鯛ということでそれにふさわしい

飾りつけがしてあるというのもポイントです!

 

更に、お赤飯か蛤のお吸い物が一人前

プレゼントとしてついてくるというもの

嬉しいですよね。

 

また、節句のときに食べる特有のもの

(桃の節句であれば雛あられ、端午の節句であれば

かしわもち等)を準備しておくのもマストと

言えるでしょうね。



スポンサーリンク




関連記事:お宮参りは大安以外の友引や先勝・先負でもいいの?赤口はダメ?

まとめ

いかがだったでしょうか。

 

初節句という、赤ちゃんにとって一生に一度の

イベント事ですから張り切って色々とやってあげたく

なるものだと思います。

 

しかし、「こうでなければいけない!」というような

堅苦しい決まり事というのはあまりありませんし、

みんなが楽しく思い出に残るような食事会にすることが

一番ではないかと思います。

 

素敵な初節句の食事会ができますように!