コンビニでおにぎりを買ったものの、

食べきれず残してしまったという経験はありませんか?

残ったコンビニおにぎりって

冷凍できるのでしょうか?

 

今回は、コンビニおにぎりは冷凍できるか、

自宅で作ったおにぎりの場合はどうかについて

ご紹介します。

 

また、冷凍した場合の賞味期限や解凍方法、

冷凍おにぎりを使ったアレンジレシピなども

詳しく解説します。

 

この記事を読めば、

余ったおにぎりの保存や活用だけでなく、

時短のヒントにもなりますよ!



スポンサーリンク





コンビニのおにぎりの賞味期限は?冷凍できる?

おにぎりはどれくらいもつ?

そもそもコンビニおにぎりって

どれくらいもつのでしょうか?

 

コンビニのおにぎりは

防腐剤が入っているので、

自宅で作ったものよりも長くもちます。

 

コンビニのおにぎりは、

日にちだけでなく、時間まで細かく

消費期限が決まっています。

 

気候などにより食べ物が腐りやすい季節もありますが、

季節を問わずできるだけその期限内に食べることを

オススメします。

 

消費期限を1~2日過ぎても平気な人もいますが、

そこは自己責任で…

1~2時間過ぎるくらいなら、食中毒はもちろん、

味が落ちる心配も少ないです。

 

ちなみに、手作りしたおにぎりの場合は、

気候や中の具材によって

日持ちする長さが全然違います。

 

気温が低い時期や、具材が梅干しなどの場合は、

常温でも比較的もちますが、

やはり24時間以内に食べることを

オススメします。

 

具材がイクラやタラコなど

生に近いものの場合はもっと短く、

12時間程度しかもちません。

 

また、高温や直射日光の場所に

おにぎりを放置するのは腐る原因になるので

注意が必要です。

 

コンビニも手作りも怪しいなと思ったら、

もったいないなどと思わず処分しましょう。

 

とはいえ食べ物を捨てるのは

やはり気が引けますから、

食べるなり上手に保存するなりして、

腐る前に対処しましょう。



スポンサーリンク




コンビニおにぎりは冷凍できる?

結論から言いますと、

コンビニおにぎりは冷凍保存できます。

白いご飯が冷凍保存できるのですから、

当然と言えば当然ですね。

 

ただ、おにぎりは白いご飯と違い、

具材が入っているので、冷凍する際は

冷凍に向いている具材かどうかを

見極める必要があります。

 

冷凍にオススメの具材は、

梅干しや昆布、おかか、シャケなどです。

定番の具材が多いですね。

 

生ものを使ったお寿司風のおにぎりは

冷凍に向いていないので、

早めに食べた方が良いです。

 

イクラやタラコ、明太子などは

本来冷凍可能なので、

冷凍しても問題なさそうですが、

解凍する際に火が通ると味が落ちるので、

本来の美味しさを保ちたいのであれば

オススメはできません。

 

また、エビマヨやツナマヨなどの

マヨネーズ系のおにぎりも

マヨネーズが冷凍に向いていないので

冷凍しない方が良いです。

 

マヨネーズは油分が多いので、

解凍した際に味が落ちてしまいます。

 

おにぎりに欠かせない海苔はどうかというと、

海苔自体は冷凍しても冷たくなるくらいで、

特に変化はありません。

 

ですから、後から巻くパリパリの海苔の場合は

一緒に冷凍しても全く問題ありません。

ただ、既に海苔が巻いてあるおにぎりは

解凍したとき海苔がベタベタするので、

気になるようなら外しましょう。

 

冷凍したおにぎりは

1か月くらいは保存できます。

ただ、時間が過ぎれば過ぎるほど

当然味は落ちますので、

できるだけ早く食べてしまった方が良いです。

 

また、コンビニのおにぎりは

買ってきたままの形で冷凍できますが、

パサパサになるのを避けたければ

フリーザーバッグに入れましょう。

 

手作りのおにぎりも、

コンビニおにぎり同様冷凍保存ができます。

手作りの場合は、

ラップで包む時しっかりと空気を抜き、

更にフリーザーバッグに入れて

乾燥を避けましょう。

 

また、具材がわからなくならないよう、

ラベルを付けておくのも良いですね。

 

スライダーバッグはメーカーなどにより

種類が豊富ですが、

特にオススメなのがこちらの商品です。

 

 

スライド式のジッパーで、開け閉めが簡単です。

冷凍保存はもちろん

電子レンジにも対応しているので、

解凍の際にも便利そうです。

 

また、S・M・L、3つのサイズが

セットになっているので、おにぎりの個数によって

丁度良いサイズを選ぶことができます。

 

フリーザーバッグは冷凍保存だけでなく、

野菜を入れたり、

湿気を防ぎたいものを保存したり、

更には旅行などで小物入れに使用したりと

用途も様々なので、

サイズ違いで枚数が多いセットは

ありがたいですね。

 

手作りのおにぎりや、

包装を取ってしまったおにぎりの

具材を忘れないようにする為に、

こちらの商品はいかがでしょうか?

 

 

ラップに書けるペンです。

ラップのようなつるつるしたものに

水性ペンで文字を書くと、

インクを弾いてしまいます。

 

油性ペンなら書くことはできますが、

電子レンジで加熱すると

インクが溶けてしまい、

食べ物につく恐れがあります。

 

このペンは水性なのにしっかりつくので、

直接具材を書き込むことができます。

また、乾くと水に強くなるので、

冷凍や解凍しても問題ありません。

 

色も豊富なので、

お子様のお弁当のおにぎりを

可愛く仕上げることもできますよ。

 

コンビニおにぎりは常温や冷蔵保存もできる?

コンビニおにぎりは、

常温や冷蔵庫でも保存は可能です。

夏場や、冬の暖房のきいた部屋の場合は、

常温よりも冷蔵庫の方が傷みにくいでしょう。

 

しかし、冷蔵庫に入れるよりも、

常温保存の方が

美味しい状態をキープできますから、

できれば常温で保存することをオススメします。

 

しかし、どちらも前述の通り

消費期限をしっかり守る必要があります。

冷凍以外の保存の場合は、

傷む前に早めに食べきりましょう。



スポンサーリンク




関連記事:うどんとそばで消化にいい方はどっち?消化にいい具は?

冷凍おにぎりの解凍方法やアレンジレシピ

冷凍したおにぎりの解凍方法

ラップに包んで冷凍したおにぎりは、

電子レンジで解凍するのがベストです。

冷凍庫から電子レンジに直接入れても良いですが、

余裕があれば一晩冷蔵庫で解凍させてから

電子レンジに入れると更に美味しいです。

 

ワット数や加熱時間は、

おにぎりの大きさや個数によって

自分で調節してください。

加熱しすぎると、ご飯が硬くなったり

具材に火が通り過ぎて美味しくなくなったりします。

 

アツアツの時に握った手作りのおにぎりの場合、

レンジで解凍するとふっくら仕上がります。

おにぎりに含まれる水分が、

ラップの中で復活して

ご飯を蒸すようにしてくれるんですね。

 

絶対にやってはいけないのは、自然解凍のみです。

ご飯がパサパサ、ボソボソとして美味しくないです。

自然解凍したら、必ずレンジにかけてくださいね。

 

海苔はパリパリの外せるものなら、

別にした方が良いです。

一緒にレンジに入れると

せっかくパリパリのまま保存したのに

ベタベタして巻きにくくなります。

 

おにぎりだけチンして、

あとからパリパリの海苔を巻いてください。

はじめから巻かれているしっとりタイプの海苔なら

一緒にチンしても大丈夫です。

 

また、冷凍おにぎりも1か月以内に

食べきりましょうと言いましたが、

長期間冷凍庫に入れておくと、

冷凍焼けしてしまいます。

 

独特の臭いがついたりするので、

やはり早く食べきった方が良いですね。

 

臭いなどに問題がなくても、

チンした時にご飯がパサついたり

硬くなったりする場合もあります。

 

そんな時は、ご飯に少し水をかけるなどして

湿らせてから再度ラップをし、

レンジにかけてみてください。

ご飯に水分が戻ってふっくらとしますよ。

関連記事:コンビニおにぎりが冷蔵庫でパサパサに!正しい保存方法は?

 

冷凍おにぎりの活用方法やアレンジレシピ

冷凍おにぎりは、好きなタイミングで

冷凍庫から出して解凍するだけなので、

お弁当や朝食、疲れた時のご飯、子供のおやつなど、

多くの場面で活躍してくれます。

 

まとめて作って冷凍しておけば、

色々と時短になるので

忙しいお母さんや、一人暮らしの方は

残ってしまったコンビニおにぎりだけでなく、

余ったご飯などもおにぎりにして

冷凍しておくことをオススメします。

 

また、冷凍おにぎりの活躍は

ただ解凍して食べるだけに留まりません。

冷凍おにぎりにひと手間加えるだけで

おにぎりとは違う顔を見せてくれますよ。

 

簡単にできるのは、焼きおにぎりやお茶漬けです。

解凍したおにぎりに醤油を縫ってトースターで焼けば、

簡単に焼きおにぎりが作れます。

海苔は外してくださいね。

 

お茶漬けは、解凍したおにぎりに

和風だし小さじ4分の1と、醤油小さじ、

熱湯150mlを溶いてかけるだけ。

お好みでねぎやワサビを入れてもおいしいです。

海苔も一緒に食べることができますよ。

 

他にも、解凍したおにぎりを

チーズと牛乳で洋風のリゾット、

卵やネギと合わせてチャーハン、

和風だしで伸ばして溶き卵でまとめたおじやなど、

和洋中色々なアレンジができます。

 

同じアレンジでも、具材によって

色々な味を楽しむことができるのも、

冷凍おにぎりの良いところですね。

 

ただ解凍して食べるのも良いですが、

ぜひアレンジメニューも試してみてくださいね。



スポンサーリンク




関連記事:カレーは何日もつ?常温と冷蔵庫の場合について詳しく解説!

まとめ

コンビニおにぎりは冷凍可能で、

レンジ解凍して食べることができますが、

おいしく食べられる期間は決まっています。

 

また、そのまま食べても良いですが、

焼きおにぎりやリゾットなどにアレンジすると

また違った味を楽しむことができます。

 

コンビニおにぎりが余ってしまったら、

無理にその場で食べきらず、

冷凍して「味変」してみてくださいね。