赤ちゃんが生まれると、

1年の間にたくさんの行事がありますよね。

 

お宮参りやお食い初めなどは

赤ちゃんの生まれた日からカウントしますが、

3月や5月に行われる初節句は

皆同じ日に行います。

 

早生まれの赤ちゃんは

節句の日まであまり日がないですが、

いつ初節句を行えばよいのでしょうか?

生まれてすぐでしょうか?

それとも翌年でしょうか?

 

今回は、早生まれの赤ちゃんの初節句について

男の子と女の子、それぞれいつ行えばよいか、

またそもそも初節句とは何をするかなど、

具体的に解説します。



スポンサーリンク





初節句とは?お祝いの相場は?

初節句とは?

初節句とは何かという

基本的なことからご説明しますね。

 

初節句は、赤ちゃんの健やかな成長や

厄除けを願う行事です。

また、これまで無事に成長したことを

お祝いする日でもあります。

 

女の子は3月3日の上巳の節句、

男の子は5月5日の端午の節句に行います。

 

初節句では、女の子は雛人形、

男の子は武者人形や兜などが贈られます。

これらは、厄災の身代わりになってくれる

守り神のようなものだと言われています。

 

節句とは「節日(せちにち)の供御(くご)」、

季節の変わり目の祝いの日に

神様へお供えをすることを言いますから、

節句には神様へお供えをし、

下げたお供え物を皆で頂くという

習慣がありました。

 

初節句の起源は平安時代。

「上巳の節句」に、女の子の初節句が

祝われるようになりました。

女の子の方が先だったんですね。

 

江戸時代には正式な祝日となり、

町人も参加するようになりました。

 

男の子の節句も行おうと

「端午の節句」を初節句にしたのは

鎌倉時代のことです。

 

こちらも江戸時代には正式な祝日とされました。

現在の「こどもの日」ですね。

こどもの日は実は男の子のお祝いの日なのですが、

こどもの為の祝日、という

イメージが強いような気がします。

 

初節句のお祝いの相場やお返しは?

節句は人形を出したりご馳走を食べたりと

毎年お祝いしますが、初節句の場合、

盛大なお祝いにするために

親族や知人を招待することもあるかと思います。

 

招待された方たちからお祝いを頂いた時の

お返しはどうしたら良いのでしょうか?

 

基本的に、お祝いへのお返しは

必要ありません。

というのも、初節句で振る舞うお食事が

お祝い返しの代わりになるからです。

 

これは、ご両親や親族だけでなく、

友人や知人でも同じです。

しかし、何も形にしないのもちょっと…

と思う場合は、お帰り頂く時に

ハンカチやお菓子などのちょっとした

お土産をお渡しすると良いでしょう。

 

お食事会に参加していない方から

お祝いを頂いた場合は、

結婚祝いや出産祝いなどと同様

頂いた金額の半分くらいの値段の

お菓子やタオルなどをお返しする

「半返し」にしましょう。

 

ちなみに、自分が初節句の席に

招待された場合、

お祝いはいくら持って行けばよいのでしょうか?

お祝いの相場は以下の通りです。

 

・両親    50000円~100000円

・親戚や兄弟 5000~10000円

・友人、知人 3000~5000円

 

両親のお祝い金はかなり高いですね!

というのも、赤ちゃんから見た祖父母が

雛人形や五月人形を購入する、

というご家庭が多いからです。

 

しかし、これは各ご家庭のスタイルがあるので、

必ず買わなければならないとか、

この金額を包まなければならない、

という訳ではありません。

 

心配であれば、

事前に相談して決めてくださいね。

 

また、お祝い金のルールとして

「4(死)」や「9(苦)」など

良くない連想をさせる数字は

相応しくないので避けましょう。

 

お祝い金、といいましたが

必ずしも現金である必要はありません。

商品券でも良いですし、

相場の値段で洋服やおもちゃを買って

プレゼントしても良いです。

 

相手が喜んでくれそうなものを選んでくださいね。



スポンサーリンク




早生まれの男の子の初節句

男の子の初節句について、

早生まれの場合どうするか、

初節句には何をするか、

人形はいつ購入するかなどをご紹介します。

 

早生まれの男の子の初節句はいつ?

初節句をいつ行うのかについては、

5月5日に行う、ということ以外

実は厳密な決まりはありません。

あとは地域や家庭の風習によります。

 

しかし、生後21日以内に初節句を迎える場合は

翌年に初節句を行う地域や、

生まれてから初めてお正月を迎えた後に

初節句を行う、という地域もあります。

 

男の子の場合、5月5日が節句の日なので

早生まれだけでなく、

4月2日~5月4日に生まれた赤ちゃんも

初節句を行う日に迷ってしまいますね。

 

そこで一般的には、神様に誕生の報告と

健やかな成長を祈願する

お宮参りが終わっているかどうかで

判断するようです。

 

神様への報告が終わっていないのに、

今後の成長や厄除けの祈願をするのは

失礼だと考えられているからです。

 

お祝い事にはそれぞれ深い意味があり、

順序が決まっています。

ですから、決まりはないとはいえできるだけ

お宮参り→お食い初め→初節句

の流れを守ると良いですね。

 

また、初節句のお祝いを盛大に行おうと思うと

産後間もないお母さんや赤ちゃんには

負担になってしまうこともあります。

 

ですから、早生まれや4月生まれの男の子は

翌年に行った方が良いかもしれません。

ご家族で話し合い、

無理なく楽しく行えるようにしましょう。

 

初節句は来年で良いけど、

今年も何かしたい!というのであれば

小さな人形や飾りと一緒に

写真を撮ってはどうでしょうか?

 

 

こちらの商品は、陶磁器の飾り兜です。

約11cm×8cm×8cmの大きさで

場所を取りません。

 

ちょっとした飾りスペースだけでなく

玄関や食卓の上などにも

さりげなく置くことができます。

 

また、お値段も本格的な兜や

五月人形と比べるとかなり安いので、

初節句は来年でも記念に何か!

と思う方には非常にオススメです。

 

兜だけでなく、こいのぼりや金太郎、

武者人形もあり、

温かみのある可愛らしいデザインのものや

本格的でカッコイイものまで様々です。

 

初節句には何をする?

初節句には鯉のぼりや五月人形を飾り、

縁起の良い料理を食べ、菖蒲湯に入ります。

1つずつ見てみましょう。

 

まず、飾り物についてですが、

前日や当日に飾ってはいけません。

「一夜飾り」と言って縁起が悪いです。

 

五月人形や兜などの「内飾り」は

春分の日(3月20日)を過ぎた頃から

飾り始めましょう。

「外飾り」の鯉のぼりは、

4月上旬くらいから飾ることが多いようです。

 

片付ける時期は特に決まっていません。

しかし、鯉のぼりが雨で濡れたり、

湿気に弱い人形が悪くならないよう

梅雨入り前には片付けましょう。

 

次に、縁起物の料理です。

端午の節句というと、関東地方では「柏餅」

関西地方では「ちまき」を食べることが多いです。

 

新芽が出るまで葉が落ちない柏の葉は

子孫繁栄の意味があり相応しいとされています。

 

ちまきは昔、茅(ちがや)の葉で

巻かれていたのですが、

茅は中国で邪気を払う植物とされていたので、

縁起物として食べられるようになったと

言われています。

 

端午の節句の縁起物というと

柏餅とちまきぐらいしか

思い付かない、という人もいるでしょうが

次のようなものもあります。

 

海老(腰が曲がるまで元気に、長寿)

鯛(めで「たい」)

鰤(出世魚。将来出世するように)

鰹(「カツオ」と「勝ち男」が似ている)

たけのこ(まっすぐ育つように)

 

5月に旬を迎えるたけのこや鰹は

料理に取り入れやすいですね。

 

とはいえ初節句の料理に

絶対!という決まりは特にないので、

お祝い事の定番とも言えるお赤飯や

デコレーションした可愛いケーキ、

兄弟がいる場合は子供の好きな

唐揚げやポテトなども用意して

楽しくお祝いしてください。

 

最後に菖蒲湯ですが、

端午の節句に厄払いとして入るお風呂です。

菖蒲の根や葉をまるごと入れたり、

細かく刻んで入れます。

 

菖蒲は「勝負」や「尚武」と

読み方が同じなので、

武士が出陣の前に入っていたとも

言われています。

 

強くたくましい男の子に成長してくれそうですね。

 

五月人形や兜はいつ買う?

初節句に欠かせない人形や兜は、

昔は母方の祖父母から贈られていました。

 

しかし最近は誰が買うかについては

こだわりがなくなってきています。

両親が買う場合もありますし、

両家の祖父母で折半、という家庭もあります。

 

鎧兜や人形は本格的なセットだと

飾るのもしまっておくのも

かなりスペースをとるので、

祖父母に購入してもらう場合は

自宅に合ったサイズのものを

お願いしてくださいね。

 

五月人形は3月中旬頃から売り出されます。

そして、季節物なので

年中店頭にあるわけではありません。

 

早生まれや4月生まれの男の子の場合、

生まれてから買いに行こうと思うと

売れ残りや割引品しかない、

ということもあります。

 

かといって、生まれる前から

用意しておくものでもありません。

そもそもそういうものではないですし、

生まれたら性別が違っていた!

なんてこともあり得ます。

 

じゃあいつ買えば良いの!?

厄災から身を守るものだから

早く用意しなきゃいけないんじゃないの!?

と思われるかもしれませんが…

実は、初節句に合わせて用意すればOKです。

 

初節句を翌年に行うのであれば、

カタログなどでどのような飾りが良いか

ある程度目星をつけ、

余裕を持って翌年購入すれば問題ありません。

 

生まれた年には人形はありませんが、

前述したように小さな飾りで

記念写真を撮っても良いですし、

本来お下がりはダメなのですが、

旦那さんのものを出して写真を撮るのも

良い記念になるかもしれません。



スポンサーリンク




早生まれの女の子の初節句

早生まれの女の子の初節句はいつ?

女の子の節句は

3月3日の上巳の節句に行われます。

「桃の節句」という方が馴染みが深いですね。

 

そんな女の子の初節句も男の子とほぼ同様です。

 

生後21日以内だったら翌年、

お正月を迎えてから初節句、

などのローカルルールはあるものの、

基本的にはお宮参りをしたかどうかが

決め手になります。

 

3月3日というと、

暦の上では春ですがまだまだ寒い時期。

早生まれの赤ちゃんは大きくても生後2ヵ月…

 

ほぼ室内でのお祝い事とはいえ、

首もすわっていない赤ちゃんと

産後間もないお母さんにとっては

大変ですよね。

 

無理に行って体調を崩したり

せっかくのお祝いを楽しめないのは

非常に残念ですから、

早生まれの女の子の初節句は

翌年に行った方が良いでしょう。

 

桃の節句は、女の子のお祝いであること、

春先であることなどから

華やかで可愛らしい飾りもたくさんあり、

人形がなくても

ちょっとしたお祝いがしやすいです。

 

 

ウォールステッカーで

可愛らしくお部屋を飾ってみては

いかがでしょうか?

 

お内裏様とお雛様、ぼんぼりや菱餅、

そしてたくさんのピンクのお花と

ボリュームたっぷりのセットです。

ステッカーも大きめで

お部屋や玄関が華やかになります。

 

慣れない育児でバタバタしていても

簡単に雛祭りの雰囲気を作ることができますよ。

関連記事:雛人形の名前は?由来や意味も詳しく解説!

 

初節句には何をする?

桃の節句には雛人形を飾り、

縁起の良いお料理を食べます。

 

雛人形も五月人形と同様、

一夜飾りにならないよう注意しましょう。

 

雛人形は節分を過ぎた2月4日から

飾ることができます。

 

本格的な7段飾りなどだと

段を組んだり飾りを並べたり

箱を片付けたりと結構な時間が掛かるので、

遅くとも2月中旬頃には飾り始めましょう。

時間を取って一気に行うのがベストです。

 

また、片付けについては

3月3日を過ぎたら早めに片付けないと

結婚が遅れると言われています。

人形も傷むので長く出しておかない方が良いです。

1週間以内には片付けたいですね。

 

とはいえなかなかすぐに

時間を取るのも難しい場合、

片付けるまでの間は

お内裏様とお雛様を後ろ向きにしておく、

という地域もあります。

 

桃の節句の縁起の良いお料理といえば

ちらし寿司やひなあられです。

ちらし寿司には、健康でまめに働けるまめ、

長寿のエビ、将来の見通しがつくレンコンなど

縁起物がたっぷり入っています。

 

ひなあられは白が清純、ピンクが魔除け、

緑が健康を意味しています。

また4色が四季を表しています。

 

ひなあられと同じ意味で

菱餅も縁起物とされています。

 

他には、良縁を意味する

はまぐりを使ったお吸い物や、魔除けの桜餅、

厄除けの桃花酒などがあります。

 

桃花酒は、桃の花びらを入れたお酒ですが、

最近では白酒や甘酒が飲まれています。

 

また、端午の節句同様、ケーキなども用意すると

大人も子供も嬉しいですね。

関連記事:端午の節句の起源や読み方!柏餅やちまきを食べる意味や由来は?

 

雛人形はいつ買う?

雛人形も五月人形同様、

翌年の初節句に合わせて購入しても

全く問題ありません。

 

早生まれの女の子は、

その年に雛人形を買おうと思うと

男の子以上に厳しいです。

時間もありませんし、

その分品数も少ないでしょう。

 

大きな買い物になるので、

売れ残りやセール品ではちょっと残念ですよね。

 

赤ちゃんが生まれると、

なぜか内祝いや人形のカタログなどが

わんさか届くことがあるので、

どんな人形を買うのか

参考にすると良いでしょう。

 

最初の桃の節句に人形がなくて寂しい!

という場合は、

先程ご紹介したステッカーや、

つるし雛などもオススメです。

 

つるし雛なら雛人形と一緒に

翌年以降も飾ることができます。



スポンサーリンク




関連記事:鯉のぼりはいつからいつまであげる?関東と関西では違うの?

まとめ

早生まれの赤ちゃんの初節句について

男の子と女の子に分けてご紹介しました。

 

赤ちゃんやお母さんはもちろん、

家族の負担にならず

皆が楽しくお祝いできるよう、

余裕を持って初節句を行ってくださいね。