小学生になるお子さんがいるご家庭では、いろいろな準備が必要になりますね。

ランドセルからはじまり学習机や、文房具などなど・・・

そして必ず使うもののひとつに、お道具箱があります。

 

お道具箱は学校指定で一括購入であれば問題ありませんが、

個人で準備すると言う場合は、そもそも箱のサイズからして悩みます。

同い年のお子さんや少し年上の子を持つママ友がいればアドバイスももらえますが

なかなかそんなにちょうどいい年代のママ友がいないこともありますよね。

 

そこで、今日はお道具箱事情をサイズや中身など詳しく解説してみたいと思います!

小学校だけでなく、幼稚園の子のお道具箱についてもご紹介するので、

お子さんを持つママはぜひご参考にしてください!



スポンサーリンク





小学校のお道具箱のサイズは?素材はなにがいい?

お道具箱は小学生にあがると必ず準備しなければなりません。

冒頭でも触れたように、学校指定のものがあるという場合には

悩む必要がないのでありがたいです。

しかし個人で好きなものを用意していいと言われてしまうと、

選択肢がありすぎて、かえって困りますよね。

 

そこで、まずはお道具箱の基本であるサイズや材質について見ていきましょう!

 

まずなによりも、お道具箱のサイズを決めることから始まりますね!

もちろんなんの説明もなく、ただ準備してきてくださいということはなく、

入学説明会でお道具箱の準備に関してもお話があるでしょう。

 

お道具箱の使い方としては、自分の机の引き出しに入れて使うか

教室の後ろなどにある棚に置いておけるお道具箱なのかでサイズが異なります。

一般的に引き出しサイズならB5、

棚に置いておくものならA4サイズで大丈夫です。

 

入学準備はママも楽しみになって、あれこれ先に準備したくなりますが

気に入ったお道具箱を見つけたとしても、入学説明会を待って購入しましょう。

サイズが合わないと悲惨です・・・

 

そして次に気になるのが、お道具箱の材質!

紙製なのかプラスチックなのかという選択肢が出てきます。

学校から指定がない場合にはそれぞれにメリット、デメリットがあるので迷いますね。

 

まず厚紙のお道具箱の場合には、持ち運びの際にガチャガチャ音が鳴りません。

さらに、撥水加工がしてあれば汚れも落としやすいですし

使わなくなったときに処分しやすいというメリットがあります。

しかし使い方によっては、破れてしまったり水分でふやけてしまうこともあります。

 

次にプラスチック製のお道具箱は、紙製に比べると丈夫で長持ちさせやすいですね。

汚れても洗えるので、清潔に管理できます。

しかし最大のデメリットは、割れる可能性があること。

 

割れると確実に買いなおさなくてはなりませんが、

心配なのは割れたときにプラスチックの破片などでケガをしてしまうのではないか?

ということですね。

ご自身のお子さんは当然ですが、まわりのお友達にまでケガがあったら大変です!

 

そういったことを懸念して、プラスチック製はNGとしている学校もあるようです。

そのため、これも説明会でよく確認してくる必要がありますね。

ちなみに、お道具箱は箱タイプではなく、大きい巾着袋を使うお道具袋を導入している

学校もあるようです!

そういった場合には、袋も指定が出てくるので確認しましょう。

 

女の子のダントツ人気を誇るのは、やはりディズニーのプリンセスシリーズ!

紙製のB5サイズなので、引き出しにもちょうどいいサイズです。

キャラクターOKの学校なら、こういったものを持たせてあげると

学校へ通うのが楽しくなるかもしれませんね。

 

もしキャラ物NGであれば、おうち用のお道具箱として使ってもいいでしょう。

宿題に使うものなどをまとめてしまっておけば、自宅学習もはかどるかも!



スポンサーリンク




小学校のお道具箱の中身はコレを準備しよう!

では次に肝心な、お道具箱の中身について見ていきます。

こちらもやはり、学校指定があったり一括購入できるようになっていることがありますが

各自準備するという場合もありますね。

これに関しても、入学説明会で案内があるので、よく確認しましょう。

 

しかし一番初めに必要となるものは、ほぼ固定のものです。

色鉛筆

クレヨン(もしくはクーピー)

はさみ

のり

 

この4種類は必ず準備するものですが、色鉛筆などは色のバリエーションが多すぎても

先生の指導の都合上、困ることもあるので、○色程度のように指定がある場合も。

そしてのりもスティックのりなのか、ツボ型容器に入ったものなのか確認が必要です。

 

小学生と言っても、まだまだ手は小さく思うようにはさみを使えないこともありますよね。

こういった切りやすさや、手への負担が考慮された設計になっているはさみなら

細かいものも切りやすく、手が疲れません。

しかも高学年まで使うことができますよ!

 

キャップが付いているので、刃先でケガをする心配もありませんし

名前を書くスペースがあるので、お母さんの名前付けもラクラク!

 

また、学校によって必要になるものは

ネームペン(フェルトペンの場合もあり)

セロテープ

ホッチキス

ボンド

 

こういった物が挙げられます。

最初から言われていなければとくに準備しておく必要はありません。

また必要になるタイミングで別途案内がありますし、

その時に学校で一括購入だった場合には、準備しておいてもムダになってしまうことも。

 

また算数の学習度合いが進んでいくと、定規や三角定規のセットなども

必要になってくることがありますが、その時にもやはり案内があるので

こういった物は、その都度準備するのがいいでしょう!



スポンサーリンク




関連記事:墨汁の落とし方!畳や手・壁・フローリングの場合について詳しく解説!

とにかく名前を付けることを徹底!手書き派?シール派?

お道具箱とその中身が準備できたら、次に大変な作業は名前付け!

とくに小学校ではじめに使うものは、色鉛筆一本にまで名前を書かなくてはいけません。

 

そのため、当然お道具箱や中身にも名前を書かないといけませんが

手書きで書かないというわけではないので

忙しいお母さんや、ちょっと字に自信がないという場合には

印字済みの名前シールを使いましょう!

 

名前シールはお子さんが見やすい位置、向きに貼れば見栄えもよくなります。

そしてこういったシールを貼る場合には、剥がれてこないように

シールのうえから、セロテープを貼っておくといいですよ!

名前シールを使えば、兄弟や親戚からお下がりでもらってすでに名前が

書いてあった場合にも上から貼れば問題なく使えるので、お下がり感もでません。

 

ただし名前シールのデメリットは、コストがかかること!

なにかと支出がある時期なので、ちょっとでも出費を抑えたいと言う場合には

手書きでコツコツと名前を書いていきましょう。

 

手書きはただ面倒というばかりではなく、シールが剥がれるという心配がないですし、

鉛筆などの小さなものにシールを貼るのは非常に貼りにくいです!

その点、手書きのほうが作業時間としては早く済むというメリットもありますよ!

関連記事:漂白剤でピンクに!落とす方法や変色の原因を徹底解説!

幼稚園のお道具箱はどうしたらいい?

幼稚園もしくは保育園のお道具箱も、小学校と同様に園で指定があり

入園時に一括購入することがあります。

しかし、各自用意するということも多くあるのが幼稚園のお道具箱。

その場合にも、サイズや材質などの指定はあることが多いので

そこまで心配はいりませんよ!

 

小学生のお道具箱と共通で、はさみやのりは必要ですが、

マーカーペンや粘土、粘土遊びに使うヘラなども入れます。

そしてやはり幼稚園児の手の大きさなどを考慮して、お道具箱もB5サイズが

使いやすいようです。

そのためB5サイズで指定されることが多いようです。

 

そして幼稚園の場合には、ケガをするなどの観点からプラスチックよりも

厚紙製のお道具箱が好まれる傾向にあります。

 

またサイズや材質などをクリアしていて、

自由の用意していいとなった場合に、

気になるのはキャラクター物はOKなのか?ということ。

できればお子さんの好きなアニメキャラクターなどで準備し、

少しでも楽しく幼稚園で過ごせるようにしてあげたいですよね!

 

これも指定がある場合があるので、幼稚園によく確認しましょう!



スポンサーリンク




関連記事:地黒の原因は?治す方法やメリットも詳しく解説!

まとめ

小学校のお道具箱は保管の場所によって、サイズが異なりますし

お道具箱の材質にも気をつけなければいけないということですね!

しかし、きちんと入学説明会で確認していれば大きな間違いや

まわりの子とのズレもないはずです。

 

お道具箱や中身をある程度、自由に準備ができるという学校なら、

お子さんと一緒に選ぶのがいいですね!

小学生に通い始めた頃は、お子さんもなにかと緊張する時期です。

お子さんが気に入ったものをそろえてあげれば、少しでもリラックスして

授業を受けられるでしょう!