子供が初めて迎える節句、初節句。

ついつい親もはりきって、子供の為に親戚を呼んで大きな集まりを開く事もありますよね。

 

でも、親戚が集まると気になるのが「席順」です。

誰を上座に座らせるのか、実両親と義両親はどちらを優先すべきかなど色々と

迷ってしまいますよね。

 

そこでここでは、席順や上座の座り方など初節句の集まりの席について徹底解説します。



スポンサーリンク





節句って?

初節句という言葉はよく聞きますが、そもそも「節句」・「初節句」とは何なのでしょうか。

 

席順や上座の座り方など初節句の集まりの席について徹底解説する前に、

まずは節句や初節句について説明します。

 

まず「節句」から見ていきましょう。

 

節句とは元々季節の変わり目に「次の季節も何事も過ごせますように」と

神様へ捧げものをしていたのが始まりでした。

 

「季節の変わり目」ですから節句は1つではなく、元々は複数あります。

それが以下の5つです。

 

・人日(じんじつ)の節句…1月7日

・上巳(じょうし)の節句…3月3日

・端午(たんご)の節句…5月5日

・七夕(しちせき)の節句…7月7日

・重陽(ちょうよう)の節句…9月9日

 

そして節句毎回同じ事をするのではなく、

毎回その季節に合わせた違った作物を食したり、

独特な行事を行ったりしていました。

 

そして平安時代の頃から、3月3日である上巳の節句が女の子の成長を祝う

「桃の節句(ひなまつり)」という祭りに変化し、

女の子の成長を祝う祭りがあるなら男の子の日も必要だろうという事で

鎌倉時代の頃から5月5日の端午の節句がそのまま「端午の節句」として

男の子の成長を祝う祭りに変化しました。

 

桃の節句も端午の節句も最初は貴族など身分の高い人だけが行う行事でしたが、

子供の成長を祝う日として庶民にしっかり定着したのは江戸時代だとされています。



スポンサーリンク




初節句って?

節句の意味が分かったところで、次は「初節句」について見ていきましょう。

初節句は「その人の最初の誕生日を過ぎてから初めて迎える節句」になります。

 

ただ、「何が何でも誕生日を過ぎて初めての節句じゃないと初節句はダメ」という事では

ありません。

 

例えば同じく赤ちゃんのイベントであるお食い初めというイベントは

「生後100日程度」などと生まれてからの日数が目安になるので問題ありません。

 

ですが節句というのは上記でも書いた通り、男の子の場合は5月5日、

女の子の場合は3月3日としっかり日付が決まっています。

 

例えば5月4日に生まれた男の子や3月2日に生まれた女の子だと

生後1日ですぐ初節句がきてしまいますよね。

 

いくらおめでたくても、生後1日の赤ちゃんを初節句だからと言って

多くの人が飲み食いする賑やかな集まりにひっぱり出すのは酷です。

 

ですから誕生日を過ぎてからだいたい1ヶ月以内程度に

その子の初節句が来てしまう場合は、

赤ちゃんやお母さんの負担を考えて初節句は「来年」に回す人が多いですよ。

 

お祝い事も気になるかもしれませんが、何より大事なのは赤ちゃんや

お母さんの体調ですので、そこは臨機応変に日程を変えるようにしましょう。

初節句ではどんなお祝いをする?

かわいい我が子の為に初節句を祝いたい!という親は多いですが、

「初節句のお祝いって何をすればいいの?」と思う人も多いと思います。

 

そこでここでは、初節句のお祝いでは一般的に何をするのかを紹介します。

 

また初節句には

女の子のお祝いをする桃の節句と男の子のお祝いをする端午の節句があります。

 

女の子と男の子では用意する物が少し違うので、分けて説明しますね。

初節句ではどんなお祝いをする?桃の節句の場合

まずは女の子の節句、桃の節句(ひなまつり)から見ていきましょう。

 

【飾るもの】

ひな人形

桃の節句と言えばまず目玉になるのが「ひな人形」ですね。

 

桃の節句の原形である上巳の節句では、「川に人形を流して穢れを洗い流す」という行事がありました。

また、平安時代には「ひいな遊び」と呼ばれる人形遊びが流行っていました。

 

その2つの行事が合体して、江戸時代に今のようなひな人形ができあがったそうです。

 

ひな人形を身代わりとしてその子に悪い事など起きないように、

そしてひな人形のように美しく生きられるようという願いを込めてひな人形を飾ります。

 

桃の枝

3月3日は「桃の節句」と言われる通り、桃の花が咲く(旧暦)季節でもあります。

 

桃には「生命力が溢れる」「老いない」という意味があり、そう言った事からも

女の子がいつまでも若く元気でいられるように花や蕾のついた桃の枝を飾ります。

 

ひし餅

ひし餅は「赤・白・緑」の三色である事が多いですが、

赤と白は普通の餅、緑はヨモギ餅でできています。

 

紅白の餅を飾るのは単純に縁起が良く見た目も良いという理由からです。

そしてヨモギが使われているのは、

ヨモギには邪気を払う力があると考えられていたからです。

 

ひなあられ

ひし餅と一緒に飾られる事の多いのがひなあられですね。

ひなあられは餅に砂糖をまぶしてカラっと炒めたお菓子です。

 

ひなあられは基本的に「ピンク、緑、黄、白」という4色で構成されていますが、

これは日本の四季を表しています。

 

この事から、「一年中健康で幸せに過ごせますように」という願いが込められています。

 

つぎは、桃の節句(ひなまつり)で食べるものを見てみましょう。

 

【食べるもの】

はまぐり…二つの貝殻がぴったり合わさっている事から、

「将来良い人と出会えて幸せな結婚ができるように」という縁起担ぎがあります。

また、はまぐりの旬がちょうど2月~3月なので単純においしいからという理由もあります。

 

はす(レンコン)…はす(レンコン)には穴がたくさん開いていますが、

そこから「将来までしっかり見通せるように」という縁起担ぎです。

 

エビ…えびのヒゲがすごく長い事から、「長生きができるように」という縁起担ぎです。

また、見た目が赤く華やかさがあるという理由もあります。

 

まめ…「健康でまめに働けるように」という縁起担ぎです。

 

袴ロンパースで主役をかわいく♪

 

初節句は子供が主役です。

初節句は皆で集まって食事をするイベントですが、実際は「ごちそうを食べる行事」

というより「かわいい子供の顔を見る」という行事です。

 

せっかく子供の顔を見る為に来てくれているのですから、かわいい姿を見せたいですよね。

ですが、0~1才だと頻繁におむつを変えなければいけませんし、

高価な着物を着せてもすぐ汚してしまいます。

 

そこでおすすめなのが、こちらの袴ロンパースです。

 

袴姿という事で初節句に相応しい服装になっていますし、

ロンパースなのでおむつ替えは簡単です。

見た目にもかわいく着脱も簡単なので親の負担も軽くて済みます。

 

初節句では着物を着せたいけど汚すのが心配という方は、

ぜひこちらのロンパースを使ってみてくださいね。

初節句ではどんなお祝いをする?端午の節句の場合

次は男の子の節句、端午の節句を見ていきましょう。

 

【飾るもの】

・こいのぼり

 

端午の節句と言えばこいのぼりが有名ですよね。

こいというのは中国では出世の象徴とされるとても縁起の良い魚です。

「登竜門」という言葉がありますが、この登竜門の主役もこいです。

 

中国には「竜門」と呼ばれる高い滝があり、

そこを登り切ったこいは龍になれるという言い伝えがあります。

つまり、こいは龍にまでなれるものすごい魚なのです。

 

さらに実際のこいは生命力が非常に強く、

普通の魚が住めないような汚い川でも生きる事ができます。

 

そこから、「出世できるように」・また「どんな困難な状況で持ち勝てるように」と

こいのぼりを飾るようになりました。

 

五月人形

同じ節句でもひな人形に対してかなり力強い印象があるのが、五月人形ですよね。

ですが、役割はひな人形とほぼ同じだとされています。

 

元々は男の子が生まれたお祝いとして神社に兜や鎧を奉納したという事柄が

ルーツのようですが、こちらも五月人形を身代わりとして、

その子に厄災が来ないように、また堅強な鎧が邪気を払ってくれるようにと飾ります。

 

【食べるもの】

ちまき

ちまきは笹や竹の葉で包んだ餅団子ですが、

端午の節句にちまきを食べるのは中国の古い言い伝えからきています。

 

昔中国にとても優秀な役人がいましたが、陰謀によって名誉を奪われ

悲しみのあまり入水自殺してしまいました。

 

同情した人々が毎年その川へお供え物を投げ入れようとしたところ、

龍が邪魔してお供え物を投げ入れられなくなりました。

 

そこで、龍が苦手な植物の葉で餅を包み、川へ投げ入れるようになった、

というのがちまきの始まりだそうです。

 

端午の節句は5月5日ですが、ちょうど季節の変わり目で

体調を崩す人も多かったので、この機会にと餅を包んだちまきを食べるようになったのが

そのまま端午の節句の食べ物として定着したそうです。

 

柏餅

柏餅は柏の葉で包まれていますが、この「柏の葉」が重要になります。

柏というのは少し特殊な植物で、新しい芽が出るまでは葉は冬でも強く成長を続けます。

そし新芽が出てから初めて役目を終えたように枯れて落ちます。

 

「次の世代が確実に誕生する、また親はその子が強く成長するまで長生きする」

という事で、子孫繁栄の縁起担ぎになります。

 

初節句、男の子ならビシっと和服で♪

 

初節句に着せる赤ちゃんの服は迷いますよね。

 

女の子なら例え普通の服でも赤やピンクの華やかな物がありますからいいですが、

男の子は普通の服装だとどうしても色合いが地味になってしまいます。

 

そこで初節句にぜひおすすめしたいのが、こちらの男の子用の袴風ロンパースです。

成人した男性が着るようなビシっとした和服ですので

初節句の主役を張るのには十分過ぎる服装ですよ。

 

腰についた房がそれっぽさを演出していていい味を出しています。

こちらもすぐに脱がせる事ができるのでおむつ替えも簡単ですし、

丸洗いできるのでよだれなどで汚れても簡単に洗濯する事ができます。

 

かわいくて決まる服ないのに気を遣わなくていい服装なので、

ぜひ男の子の初節句の時に使ってみてくださいね。



スポンサーリンク




初節句の席順は?①上座・下座って?

初節句では実両親や義両親、また親戚などを呼ぶ事も多いですが、その場合

席順はどうすればいいのでしょうか。

 

ここでは、初節句の席順を見ていきましょう。

 

でもその前に、席順を決める上で重要な言葉である「上座」「下座」の意味の

確認をしていきましょう。

 

まずは「上座」です。

上座は、目上の人やお客さんが座る席です。

 

上座の人は基本座りっぱなしでいいので、部屋の奥側、その中でも

出入り口から一番遠い席ほど上座になります。

 

次に「下座」です。

下座は上座に来た人をおもてなしする人が座る席です。

 

下座の人はおもてなしをしたりと立ち仕事をする事もあるので、

部屋の入口に近い場所に座ります。

 

中でも一番入口に近い場所が一番の下座になります。

 

初節句を行う部屋は和室だったり洋室だったり、

縦長の部屋だったり横長の部屋だったりするので迷う事もあると思いますが、

上座・下座は「入口に近いかどうか」で判断しておくと分かりやすいですよ。

関連記事:初節句は早生まれの時はいつする?男の子と女の子について解説!

初節句の席順は?①椅子にも「格」がある

上座・下座は「出入り口から近いか遠いか」という簡単な目安で分かりますが、

さらに注意しないといけないのが「椅子」です。

 

最近は和室ではなく洋室で初節句をする家庭も増えています。

 

和室の場合は全員座布団なので問題になる事はないですが、洋室だと

「ソファー」「アームチェア」「背もたれだけある椅子」「背もたれのない椅子」など

色々ありますよね。

 

実は椅子にも「格」というものがあって、上座に座ってもらう人ほど

良い椅子に座って盛らなければいけません。

 

上座なのに椅子が粗末、では示しがつきませんからね。

 

では、ここでは椅子の格について見ていきましょう。

 

一番格が高いのはゆったりと座れる

「ソファー」になります。

 

ソファーは一人用ではなく数人座る事ができますが、

何人座ろうとソファーが一番格が上になります。

 

次いで肘置きのある「アームチェア」です。

 

この椅子は一人用なのでいかにも格が高そうですよね。

 

次が肘置きのない「背もたれだけの椅子」です。

この椅子はよくダイニングテーブルなどで使われている、ごく一般的な椅子です。

 

最後が背もたれのない椅子です。

よく椅子がない時にあり合わせで用意されるような椅子ですが、

これが一番格下の椅子になります。

 

初節句で人を洋室に通す時に椅子がバラバラの場合は、椅子の格にも気を付けましょう。

関連記事:初節句の食事会はいつする?服装や場所についても詳しく解説!

初節句の席順は?③実際の座り方は?

では、具体的にどういう席順でどういう座り方になるか見ていきましょう。

 

初節句ではあなた達親子以外は全て「招待客」という事になりますが、

全員が「一番の上座」に座る事は不可能ですよね。

 

では、どういう席順にしたらいいのでしょうか。

 

まず、あなたの子が夫側の苗字なのか妻側の苗字なのかで変わってきます。

 

もし夫側の苗字であれば、一応その場では「子供は夫親族側の子供」として扱います。

つまり招待客として格があがるのは妻側の親族です。

 

子供が夫側の苗字を名乗っている場合は、

妻側の親族を、妻の血縁に近い順に上座から座ってもらいましょう。

 

例えば妻の実親、妻の祖父母、妻の兄弟が初節句に招待されていたら、

妻の隣の上座側に妻の実親、妻の祖父母、妻の兄弟という順に並びます。

 

そして、妻側に合わせるように妻の実親の対面になるように

夫側の実親、夫側の祖父母、夫側の兄弟に座ってもらえればバランスが良くなります。

 

子供が妻側の苗字を名乗っている場合はこの逆になります。

 

ただ、これはあくまで「一般的な席順」です。

 

特に「親族の席順」というのは、地方やその親族での独特のルールがありますから、

座り方などが気になる場合は先にお互いの両親に相談しておくのがいいでしょう。



スポンサーリンク




関連記事:雛人形の名前は?由来や意味も詳しく解説!

まとめ

初節句の席順は、「招待された人」を上座に座らせる事が重要です。

 

初節句は座り方や進行など色々と緊張する事も多いと思いますが、

そこに来るのは

「あなたとあなたの子をお祝いする為に集まった人達」です。

 

ですからあまり思い悩まずに、初節句を楽しめるといいですね。