お墓参りというと、お線香やお花を供えたり、

お墓掃除をしたりというイメージですが、

線香なし、花なしで行って

手を合わせるだけでは

マナー違反になるのでしょうか?

 

今回は、お墓参りに手ぶらで行くのはOKか、

また今更聞けないお墓参りのマナーなどを

確認していきましょう。



スポンサーリンク





お墓参りは線香や花なしでもいい?手を合わせるだけはマナー違反?

結論から言いますと、

お墓参りに線香や花なしで行くのは

必ずしもダメではありません。

 

とは言え、大きな声でOKとも言い切れません。

地域や宗派によっては受け入れてもらえる、

というのがふさわしいでしょうか。

 

線香なし、花なしで行く場合について

細かく説明していきますね。

 

お墓参りに線香なしで行ってもいい?

そもそもお墓参りに行くときは

お線香や火をつけるライター、

お花、お供え、掃除道具など

必要なものを持参するのが基本です。

 

昔は急な帰省などで時間がない、

道具もあまりない、という場合でも

「せめてお線香ぐらいは」と

お線香だけは持参する人が多かったです。

 

というのも、仏様は香りを食べるので、

お線香の香りは死者の食べ物だと

仏教では考えられているからです。

 

また、お線香は自分の体やその場所を

清めるとも言われており、

様々な意味を持っています。

 

ですから、他のものがなくても

とにかくお線香をあげよう!

と考えられていました。

 

しかし、時代の流れにより

この考え方が変わりつつあります。

 

昔はお墓が家の近くにあったり

大勢の家族で暮らしたりしていたので、

色々な節目に頻繁にお墓参りができ

物理的にも気持ち的にも

お墓が身近なものだったのが、

核家族の増加、家とお墓の距離が遠くなるなど

時代の流れによる環境の変化で、

お墓参りをする人や機会が減少しているのです。

 

その為、お坊さんの中には

お墓に行き手を合わせるという気持ちが大切なので

お線香やお花なしでも大丈夫、

手ぶらでのお墓参りを受け入れる、

という考えを持つ方が出てきました。

 

ですから、始めに言ったように

地域や宗派によっては線香なしで

お墓参りに行っても大丈夫ですし、

霊園によってはお線香を禁止している場合もあります。

分からない場合は、

一度お寺や霊園に確認してみてくださいね。

 

とはいえお線香を持参しないことで

特にメリットはありません。

持ち歩きもかさばりませんし、

火をつけるだけなので特に手間もありません。

 

しいて言えば、

お線香の灰を掃除しなければならない、

風の強い日にお線香をつけると

嫌がる人がいる、ということくらいでしょうか。

 

とはいえお線香を持って行かない人は少ないので、

ただ「面倒だ」という理由だけで

お線香を持参しないのは、

非常識だと思われる可能性が高いです。

 

お線香なしではダメというルールはありませんし、

何が正解ということもありませんが、

お線香は持って行った方が無難です。



スポンサーリンク




お墓参りに花なしはOK?

お線香と同じく、

お花も持って行かなくても

特に問題はありません。

これも地域や宗派、霊園などにより

ルールやマナーが異なるので

はっきりとした正解はありません。

 

しかしお花は、お線香と違って

持って行かないメリットが多いです。

 

まず、ゴミが出ないということです。

お花を持って行くと、

お花を包んでいた新聞紙やビニールなどの

ゴミが出ます。

古いお花も残念ですがゴミになります。

 

自分で持ち帰るのも大変ですし、

捨てられるとゴミが増えるという理由で

霊園がお花を供えるのを禁止している場合もあります。

 

また、親戚が多いとお墓参りに来る人も多いので、

お花が大量になってしまい、

供える場所がないこともあります。

 

先に供えてあるお花が枯れていれば

気持ちよく交換できますが、

まだお花が新しい場合は、

捨てるのも悪い気もするし、

かといって自分が持ってきたお花が

無駄になってしまうのも嫌だし…

と悩みますよね。

 

お花を持って行かなければ、

そのようなことで悩む必要もありません。

古いお花があれば処分し、

新しいお花が供えてあれば

お線香をあげて手を合わせれば良いのです。

 

更にお花を持って行かないことにより、

お墓を汚さないというメリットもあります。

 

お花の種類にもよりますが、

花粉が墓石についてしまい、

掃除してもなかなか取れないということがあります。

 

また、特に夏場などは、

お花が枯れてドロドロになってしまうと

その後の処理が大変です。

 

お花がなければ、このような心配もなく、

お墓をキレイに保つことができるのです。

 

とはいえお墓にお花がないのも寂しい、

と思われる方には

こちらの商品をオススメします。

 

 

造花の仏花です。

華やかながらも落ち着きがあり、

造花なので枯れる心配がありません。

また、虫もつきませんし、

お手入れ不要なのがありがたいですね。

 

サイズも大、小と選ぶことができ、

お墓だけでなくお仏壇にもオススメです。

 

なかなかお墓参りに行けない場合でも、

お花が枯れる心配がないので安心ですね。

 

お花はなしでも、こういった造花でも

OKになりつつあるので、

手ぶら、もしくはお線香のみ持って

お墓参りに行っても問題はありません。

 

とはいえ何度も言いますが、

お供え物がないと怒られたり

非常識だと思われることもありますので、

事前に確認する、

心配な場合は持って行く、

手ぶらで行くのは1人で行く時だけにするなど

臨機応変に対処してくださいね。

 

お墓にお線香やお花を持って行くかどうかは

個人の考えで自由ですが、

それによって揉め事が起こるのであれば、

自分の考えよりも

ルールやマナーを優先しましょう。

 

せっかくご先祖様を思ってお墓参りに行くのに、

トラブルになっては意味がありませんからね。



スポンサーリンク




お墓の洗い方やお供え物のマナーやお墓参りの時期・時間・服装

お線香やお花を持って行くかどうかについては

色々と分かりましたが、

お墓の洗い方やお供え物のマナー、

お墓にお水をかけて良いか、

お墓参りに適した時間帯や服装など、

基本的なことはご存じでしょうか?

 

知らない場合でも

今更人には聞きづらいかもしれませんし、

もしかしたら間違った知識で

行っているかもしれません。

今一度確認しましょう。

 

ちなみにお墓参りの作法などは

宗派や宗教、地域によって

全く異なりますので、

その辺りはご自分で確認してくださいね。

 

お墓の洗い方

お墓を洗う時に1番気を付けたいのは

墓石を傷つけないことです。

 

タワシを使ってこすったり、

砂埃がついた状態の墓石を

タオルで拭いたりすると

墓石に傷がついてしまうので控えましょう。

 

墓石をキレイにする場合は

スポンジでこすります。

文字の彫刻部分やお水を入れる部分は、

歯ブラシを使うと汚れが落ちやすいです。

 

一通り洗ったら、タオルで拭いて仕上げます。

水滴が残るとコケが生えやすいので、

拭き残しが無いようにしましょう。

特に文字の溝の部分は念入りに拭きましょう。

 

お墓を洗う場合、洗剤を使わずに

お水とスポンジのみで行っても

汚れが落ちるのであれば問題はありません。

 

しかし、水洗いのみで汚れが落ちず

洗剤を使用する場合は、

必ずお墓用の洗剤を使いましょう。

家庭用洗剤では、

墓石にシミがつく場合があります。

 

お墓用の洗剤で人気が高いのはこちらです。

 

 

墓石を傷めないよう、

汚れを浮き上がらせてくれる洗剤です。

また、ジェットタイプで

噴射した勢いで細かい汚れも落としてくれます。

 

持ち歩きやすい100mlのものから詰め替え用、

お得な大容量セットまで、

豊富なサイズ展開があるので、

お墓参りに行く頻度によって

自分に合った量のものを選ぶことができます。

 

ご近所さんとシェアするのも

良いかもしれませんね。

 

お供え物のマナー

お墓に盛り塩をしているのを

見掛けることがあるかもしれませんが、

墓石の表面に、直接塩を盛るのは

オススメできません。

 

墓石が変色、変質する可能性があるからです。

小さなお皿などを持参して

盛り塩をしてくださいね。

 

また、お供え物をすることは

全く問題はありませんが、

そのままにして帰ると

カラスや動物が食べて荒らしてしまったり、

虫が寄ってきたりする可能性があります。

そうでなくても、腐ります。

 

お供え物をそのままにすることは、

こういったトラブルや、

悪臭の原因となり、自分たちだけでなく、

近隣のお墓にも迷惑をかけることになります。

 

ですから、お供え物をしたら

必ず持ち帰りましょう。

もしくは、お墓には持って行かず

お仏壇にお供えしましょう。

関連記事:お墓参りの線香は消す?そのままでいい?後始末について詳しく解説!

 

お墓に水をかけても良い?

お墓に水をかけることについては

意見が分かれます。

 

ご先祖様に水をかけるのは失礼だという考えと、

水をかけることで

ご先祖様の魂が清められるという考えがあります。

 

どちらもご先祖様を大切に思う故の理由なので

どちらが正解、ということはありません。

 

しかし、丁寧に水をかければ

失礼にはあたらないと思いますし、

墓石の汚れを落とすことにもなるので、

特にどちらというこだわりのない人は

水をかけることをオススメします。

 

ただし、親戚や友人のお墓などでは、

そちらの考えに合わせて行ってくださいね。

 

また、故人が好きだったからと、

ビールやコーヒーをお供えしたり、

お墓に直接お酒をかけたりする人がいますが、

これはオススメできません。

 

マナー的にはNGではありませんが、

缶が錆びると墓石にもサビがつきます。

お供えしたら持ち帰るか、

置いてくるならば砂利や砂の所に

置くようにしましょう。

 

お酒もかけること自体はダメではありませんが、

アルコールが墓石の変色、変質を引き起こし

墓石を傷める可能性があります。

 

お酒をかけるのであれば、

墓石の周りにかけると良いですが、

無理にかけようとせず

持ち帰っても良いかもしれませんね。

関連記事:お賽銭のやり方!神社とお寺では違う?マナーを詳しく解説!

 

お墓参りの時期や時間、服装は?

結論から言うとお墓参りに行くのに、

決まった時期や時間はありません。

 

お盆や年末年始に帰省した際に

お墓参りに行く人もいますし、

近くにお墓がある場合、

何となく思い立って行くこともあるかと思います。

お墓にはいつ行っても問題はありません。

 

逆に、お彼岸や法事の時だけ行く人もいますが、

それもその人のスタイルなので

もっと頻繁にいかなければならない

ということもありません。

 

時間帯に関しては、朝でも夕方でも良いですし、

極端な話、夜中でも構いません。

夜中は近所迷惑になりますし、

真っ暗で危険なのでオススメできませんが…

 

とはいえ、霊園などお参りできる時間が

決まっている所もあるので、

事前に確認しておきましょう。

 

昔は、他の用事をお墓参りより優先するのは

ご先祖様に対して失礼だと考えられ、

早朝や午前中にすることが多かったですし、

現在も地域によってはお盆やお彼岸には

お墓に行く時間帯が決まっているところもありますが、

気にする人は減っています。

 

また、服装についても

特に厳しい決まりはありません。

派手すぎる服装はNGだというところもありますが、

これも気にする人は少なくなっています。

 

法事や法要など特別な時は、

黒いスーツや礼服の着用が

マナーとしてふさわしいですが、

それ以外は普段着で大丈夫です。

 

Tシャツにジーンズという

カジュアルスタイルでもOKですし、

サンダルを履いていても問題はありません。

 

むしろ何でもない時にスーツで行くと

掃除がしにくいので

普段着の方が良いと思います。

 

ただし、お墓が山奥にあったりする場合、

サンダルやタンクトップなどだと

虫に刺されたり怪我をする恐れがあるので、

その辺りは注意した方が

良いかもしれませんね。



スポンサーリンク




関連記事:お彼岸の訪問時の服装やマナーは?お供え物のおすすめは?

まとめ

お墓参りの線香やお花、

また基本的なマナーについて

ご紹介しました。

 

あまりに非常識でない限り、

お墓参りに厳密なルールはありません。

大切なのは、ご先祖様を思い

お墓に足を運び手を合わせる気持ちです。

 

とはいえ、気持ちがあっても

ルール違反、マナー違反な行動を取り

迷惑をかけては意味がありません。

 

地域や宗派の決まりを守って

気持ちよくお墓参りをしてくださいね。