2月3日の節分には、鬼に対して

豆を撒いて邪気を祓うというならわしを

することが一般的な習慣とされています。

 

それに加えて節分の際に多くの人が

するならわしというのが、恵方巻きを

食べるということです。

 

その年によって食べる際に向くべき

方角というのは異なりますし、恵方巻きを

食べている最中には一言も発しては

いけないというような決まり事もあったりします。

 

そんな恵方巻きの文化ですが、それが始まった

起源というのがちゃんとあります。

 

また、地域によっては恵方巻きの文化自体が

無かったり、慣習が異なったりするのです。

 

今回はそんな恵方巻きの文化について、その

起源や地域によって異なる内容なんかについても

ご紹介していきたいと思います。



スポンサーリンク





恵方巻きはいつから始まったのか?その起源は関西!?

節分の際にはみなさん必ず食べるであろう

恵方巻き。

 

しかし、そんな恵方巻きが何故節分のときに

食べられるようになったのかということは

ご存知無いという方が大半ではないでしょうか。

 

恵方巻きにはちゃんとしたならわしや、

食べるにあたっての意味、食べ方なんかが

あるのです。

 

まずは、そんな恵方巻きの起源から

意味合いなどについてご紹介していきたいと

思います。

 

「恵方巻き」とは?

恵方巻きは一見巻き寿司とは変わらない

ように見えますが、別の言い方で太巻きと

言うくらい太さが特徴的な巻き寿司です。

 

別名では「丸かぶり寿司」とも言います。

 

恵方巻きはその名からも分かる通り、

その年の恵方を向いて食べるという

ならわしがあります。

 

ちなみに、恵方というのはその年の

最も縁起の良いといわれる方角です。

その方角というのは、その年の干支で

決められます。

 

恵方の方角には歳徳神といわれる、

陰陽道のその年の福徳を司る神が

いるというふうに言われているのです。

 

恵方巻き自体にも福が舞い込んでくる

ように、という意味や商売繁盛・無病息災

といった願いを込めて縁起の良い七福神に

ちなんで七種類の具材が使われています。

 

ちなみに、恵方巻きの七種類の具材として

一般的なのがきゅうり・かんぴょう・かいわれ・

伊達巻・うなぎ(あなご)・桜でんぶ・しいたけ煮

あたりでしょうか。

 

ご家庭や地域によっても恵方巻きに使われている

具材には違いがありますし、最近ではこどもでも

おいしく食べられるようにと、スーパーなどで

販売されている恵方巻きの具材には色々な種類が

あったりもしますよね。

 

ご家庭で太巻きを作る際に必要になるのが

巻きすですが、これがなかなか使いにくく

うまく巻けないんですよね。

 

 

そんなときに便利なのがこちらの商品です。

巻きすと箱型がセットになっているので、

とても簡単に太巻きを作ることができるんです!

 

恵方巻きの正しい食べ方

恵方巻きの正しい食べ方として周知

されているのが、上でもご紹介した

「その年の恵方を向いて食べる」

ということではないでしょうか。

 

しかし、恵方巻きを食べる際には実は

まだまだ他にも正しい食べ方というのが

あるのですがみなさんはご存知でしたでしょうか。

 

恵方巻きを食べている最中には

一言も発してはいけないのです。

 

また、恵方巻きを食べている間はただ

単に黙っていればいいのでは無く、

願い事を思い浮かべる必要があるのです。

 

そして恵方巻きの食べ方として最も大事

なのが、恵方巻きを決して切っては

いけないといことです。

 

恵方巻きは非常に太いですし、長さも

ありますから食べやすくするために

普通の巻き寿司のように一口サイズに

切っておきたいところです。

 

しかし、恵方巻きを食べるにあたって

それは禁物です。

 

恵方巻きを一本、切らずに食べることには

「ご縁を切らない」という意味合いが

込められているのです。



スポンサーリンク




恵方巻きの起源は大阪!

恵方巻きの起源については諸説あるのですが、

一説によると大坂(現在の大阪)の船場

というところで商売繁盛の祈願のために

始まったという風に言われています。

 

ちなみにこれは、江戸時代末期の頃と

言われています。

 

冒頭でも述べた通り、その説には様々な見解が

あるのですが、どれも起源となった地域は

大坂であるというふうに言い伝えられています。

 

しかし、この恵方巻きに関する風習というのは

戦後一時的に廃れていったのですが、1970年代に

またこの風習が広まり始めるのでした。

 

そのきっかけとなったのが、大阪の海苔問屋協会

によるイベントであると言われています。

 

これは、土用の丑の日にうなぎを食べるといった

すっかり一般的になった文化に対抗するかたちで、

節分ではまるかぶり寿司を食べようという

キャンペーンを始めたということなんだそうです。

 

それ以降、節分に恵方巻きを食べるという文化は

関西圏ではすっかり定着していったんだとか。



スポンサーリンク




恵方巻きの文化はいつから関東で始まった?

恵方巻きの文化が元々関西圏だけだった

というのは意外だったかもしれません。

 

しかし、今ではすっかり全国的に広く

知れ渡っている一般的な文化となっています。

 

元々は関西圏だけの文化だったのに、

如何にして日本全国で一般的な文化へと

成り上がったのでしょうか。

 

次に、恵方巻きの文化がどのようにして

関東でも一般的になっていったのかということ

についてご紹介していきましょう。

 

恵方巻きが初めて関東に進出した

それまで関西でしか馴染みの無かった

恵方巻きが、関東にも進出し始めたのは

1980年代のころでした。

 

関東を中心に、持ち帰りずし専門店として

展開していた小僧寿しがはじめに関東で

恵方巻きを広めようとしたというふうに

言われています。

 

その当時は恵方巻きという名称では無く、

「縁起巻」という商品名で売られていた

そうです。

 

しかし、結局このときはこの縁起巻・恵方巻き

を節分のときに食べるという風習は一般的に

馴染むことはありませんでした。

関連記事:節分にいわしは関西?関東の食べ物は何?

 

恵方巻きを全国的なものにしたのはコンビニ!?

そこから月日が流れ、1998年に再度

恵方巻きを全国的なものにしようとする

動きがみられました。

 

それを始めたのが、みなさんご存知の

コンビニ大手セブンイレブンです。

 

とはいえ、この年ですぐに恵方巻きが

関東でも一般的なものになった

というわけでは決してありませんでした。

 

このとき始まった恵方巻きの販売は、

あくまでもその後の恵方巻き商戦に火を

点けたまでだったのです。

 

翌年の1999年には同じくコンビニ大手の

ローソンが恵方巻き商戦に参入してきました。

 

ここから徐々に恵方巻きというものが関東の

方でも広く知られるようになり、2003年には

スーパーマーケットのイトーヨーカドーと

コンビニ大手のファミリーマートが節分の際に

恵方巻きを売る動きを見せました。

 

更にその翌年の2004年にはコンビニのam/pm、

その翌年の2005年には同じくコンビニのサークルK

とサンクスが恵方巻きの販売を始めたのでした。

 

こうして、コンビニ業界内では節分の風物詩として

毎年恵方巻きを販売するようになったのでした。

 

今でもコンビニは至る所にあって、私たちの

生活の一部となっている感があありますが、

この当時からコンビニというのは私たちの

生活に密接に関わっていたのだということが

このことからも分かりますよね。

 

 

最近ではこのようにインターネットでも

恵方巻きを購入することができるように

なったので、事前に注文しておけば当日

スーパーに買いに行ったらもう売り切れて

買えなかった・・・!なんていうアクシデント

に見舞われる心配は無くなりますね。

関連記事:2月の風物詩や行事といえば?行事食やイベントには何がある?

 

関西以西での恵方巻き文化は?

上で、セブンイレブンが1998年に

関東で恵方巻きを売り始めたということを

ご紹介しましたが、では関西以西では

恵方巻き文化というのはいつから、

どのようにして広まっていったのでしょう。

 

実は、セブンイレブンは関東で恵方巻き

を販売し始めたのよりも先に関西以西

の中国地方・九州地方で販売を始めていたのです。

 

セブンイレブンが恵方巻きを売り始めた

最初の地として選ばれたのが広島県でした。

 

当時広島県のセブンイレブンの店舗を

担当していた社員が初めて恵方巻きという

ものを知り、売れそうだと直感で判断し

広島県で売り始めたそうなんです。

 

元々恵方巻きの文化が根付いていた関西の

店舗よりも先に売り出したのが広島県

だったなんて意外ですよね!

 

これが1989年のことだったのですが、

ここで思いの外売れ行きがよかった為、

他の中国地方・九州地方、そして元々

恵方巻きの文化が根付いていた関西地方の

店舗で恵方巻きが売られるようになったのでした。

 

それは関東で販売し始めるよりも3年

早い1995年のことでした。



スポンサーリンク




関連記事:早春の時期は何月?意味や読み方は?

まとめ

いかがだったでしょうか。

 

今ではすっかり私たちのなかで定着

している「節分=恵方巻き」の文化ですが、

元々は関西で始まった文化だった

ということは意外だったかもしれません。

 

更に、その文化を全国的なものにする

きっかけを作ったのがコンビニだった

という話も驚きの事実でしたよね。

 

恵方巻きの正しい食べ方についてはあまり

ご存知なかったという方も結構いらっしゃる

かもしれません。

 

今回ご紹介した食べ方で、今度の節分では

恵方巻きを丸かぶりしてみてくださいね。