「三寒四温」という言葉、ご存知ですか?

 

恐らく実際に使ったことはなくても

見たり聞いたりしたことはあることと思います。

風情がある言葉ですよね。

 

サラリと使えたら素敵だなとは思うものの

三寒四温の正しい意味や

季語としてどの季節に使うのかが

実は曖昧だったりしますよね。

 

そこで今回は

この三寒四温を徹底調査!

 

三寒四温を季語として使う季節や

挨拶の例文を紹介していきたいと思います。

 

きっとあなたも三寒四温を

サラリと使えるようになるはずですよ。

一緒に見ていきましょう!



スポンサーリンク





三寒四温の意味や由来は?

三寒四温・・私はこの言葉を

メールや手紙で頂いた事はあるものの

自分で使ったことはありません。

 

なぜなら、意味が少し曖昧で季語として

正しく使える自信がないからです。

 

そこで、まず知りたいのは

三寒四温とはどんな意味になるのか。

三寒四温の意味から

見ていくことにしましょう。

 

三寒四温の意味は、その言葉通り

 

「三日寒い日が続いた後に

四日暖かい日が続く」

 

という意味になるそうです。

 

寒い日が3日と暖かい日4日で

合計7日周期で繰り返しやってくる

寒暖のことを意味しているそうで

この三寒四温の時期は

 

「暖かい日は天気が悪い

寒い日は天気が良い」

 

などの特徴があるそうです。

 

ん?こんな気候、日本の季節にある?

そう、思いますよね!

 

実はその疑問は大正解で

この三寒四温という言葉は

もともとは日本ではなく

 

中国の北東部

朝鮮半島北部

 

などの冬の季節によく見られる現象で

三寒四温とは

 

「冬のシベリア高気圧からの寒気が

7日の周期で強くなったり

弱くなったりすること」

 

を、表現したことわざで

中国や朝鮮から伝わってきた

言葉になるそうです。

 

そもそもの三寒四温の意味としては

シベリアでたまった北極近辺の寒気が

まとまって放出されることをいい

この周期が中国北東部や朝鮮半島北部では

7日程になるのだとか。

 

また、そのシベリアからの高気圧の

影響をダイレクトに受けるのは

中国北東部の北朝鮮の北京や平壌など。

 

日本では、日本海や太平洋に面している為

このシベリアからの高気圧の影響のみで

天気が左右されることはないそうです。

 

日本でこの三寒四温とされる現象が起こるのは

冬に一度あるかないか程度になるそうです。



スポンサーリンク




日本での三寒四温の使われ方は?

中国の北東部や朝鮮半島北部から

やってきたと言われる「三寒四温」。

 

日本はシベリアの高気圧の影響を受けることは

少ない為、これらの地域で言われている「三寒四温」が

日本国内で起こることはほとんどないようでが

なぜ、日本で使われるようになったのでしょうか。

 

それは、日本では2月や3月に

この三寒四温と同じような現象が

起こりやすいから!

 

日本の2月や3月は移動性の高気圧と低気圧が

交互に移動する為、三寒四温と同じような

寒暖が交互にやってくるという現象が起こるそう。

 

低気圧が通ると日本は暖かくなり

高気圧が通ると冷たい空気が入り込むため

寒くなるからです。

 

こうして寒暖を繰り返して

春になっていくのですが

この現象を日本では

三寒四温と呼ぶようになったそうです。

 

もちろん日本のこの寒暖は

本来の三寒四温の意味である

シベリア高気圧とは関係ありません。

 

本来の意味の三寒四温ではないものの

2月~3月に訪れる寒暖差がある時期を

「季節の変わり目」という意味合いと共に

「三寒四温」という言葉で表すようになったそうです。

 

本来の意味とは違うものの

日本での三寒四温はこの時期に使うことが定着し

正式な気象用語ではないものの

テレビの天気予報などで天気予報士が

使うことも多くあるようです。



スポンサーリンク




三寒四温を季語として使う場合はどの季節がいい?

三寒四温の生まれや由来

日本での使われ方が分かってきました。

 

日本で使われている意味と

本来の意味とは違いがあるようでしたよね。

そんな三寒四温ですが、

実際に季語として使う場合は

どの季節に使うのがいいのでしょうか。

 

本来の三寒四温の意味から考えると

季語として使うのに相応しい季節は「極寒の冬」。

 

本来の意味であるシベリア高気圧の

発生の季節が冬である為

1月や2月の寒い冬の季節の季語として

使うのが正しい使い方になるそう。

 

歳時記などにも「冬の季語」として

記されていうそうです。

 

とはいえ、先の通り日本では

2月~3月の寒暖を繰り返す季節、

春の訪れを感じられる季節に

三寒四温という言葉を使うことが

多いとのことでした。

 

その為、本来の三寒四温の季節ではないものの

日本では、春の季節や春の訪れを感じる季節に

挨拶の季語として三寒四温の言葉を

使うことが多いそうです。

 

ただ、挨拶の季語としては使われるものの

季節のズレがあることから

俳句の季語としては、現在はほとんど

使われていないそうです。

関連記事:海が綺麗ですねの元ネタ!返しや意味も詳しく解説!

三寒四温を使った挨拶の例文!

季節のズレなどから

俳句の季語として使われることは

ほとんどないという、三寒四温。

 

本来、冬の季節の季語であるものの

日本の冬とは合わない為

俳句には使われることはあまりないそうですが

手紙の挨拶として使われることは多いですよね。

 

私自身、手紙や結婚、出産などの

報告の挨拶の季語として書かれものを

頂いたこともあります。

 

三寒四温の意味がわかってきたら

頂くだけでなく、ぜひ自分の手紙の

挨拶の季語としても使ってみたいもの!

 

とはいえ、どう書いていいのやら・・。

不安だったりもしますよね?

 

そこで、三寒四温を季語に使った

挨拶の例文をいくつか紹介したいと思います。

 

例文を参考に、三寒四温をサラリと取り入れた

素敵な挨拶文にチャレンジしてみましょう!

 

三寒四温を使った挨拶の例文!三寒四温を文頭に入れる挨拶の例文

季語である「三寒四温」は

手紙などの挨拶の文頭に入れる場合と

文末に入れる場合があるそうです。

 

まずは、三寒四温を文頭に入れる

挨拶の例文を見ていくことにしましょう。

 

文頭であっても文末であっても

寒暖の差による体調を気遣う言葉と

結ぶといいそうです。

 

三寒四温を実感する今日この頃、お変わりありませんか?

三寒四温と呼ばれる季節になってきましたが、お変わりありませんか?

 

三寒四温と言われ、徐々に暖かくなってくる今日この頃

三寒四温の候、季節は冬から春へと移り変わるようですね

三寒四温の季節、暖かな日にほっと心が和む今日この頃です

 

三寒四温と言われる季節、少しずつ梅のつぼみも・・

三寒四温の季節、体調など崩されることのないよう

三寒四温を繰り返し、季節は徐々に春へと近づいてきておりますが

三寒四温の季節、貴方様におかれましてはいかがお過ごしでしょうか

三寒四温の候、皆様におかれましてはご健勝のこととお慶び申し上げます

 

三寒四温の季節、少しずつ春めいてきているこの頃ですが

三寒四温の季節柄、体調を崩されることなく新年をお迎えのことと存じます

三寒四温の季節、健やかにお過ごしのことと存じます

 

今年は三寒四温がまだ遠く、寒い日が続きますね

拝啓、ひと雨ごとに寒さも緩み、三寒四温を感じる季節になりました

 

などが、あるようです。

 

季節の季語である三寒四温。

やはり挨拶に取り入れると

とても上品な挨拶文になりますよね。

 

文頭にこのような

気遣いのある挨拶が入ることで

手紙の印象がグッと良くなります。

 

続きを読むのがきっと

楽しみになるはずですよね。

関連記事:早春の時期は何月?意味や読み方は?

 

三寒四温を使った挨拶の例文!三寒四温を文末に入れる挨拶の例文

三寒四温を文末に入れる場合は

どのような挨拶になるのでしょうか。

 

文頭に三寒四温などの季語が入るのも

素敵ですが、最後の文末に季語が

添えられているのも素敵ですよね!

 

優しい季語を使った

心遣いにホッと気持ちも

和むはずです。

 

文末に三寒四温を使う場合の

挨拶の例文には

 

三寒四温の季節柄、体調など崩されることのないようご自愛ください

三寒四温の季節、くれぐれもお体にお気を付けくださいませ

三寒四温で不安定な時期ですので、お体にはお気を付けください

三寒四温の季節、体調を崩されることなく春をお迎えください

まだまだ三寒四温で寒い日も続くようです。どうぞご自愛くださいませ

 

などになるそうです。

 

やはり、三寒四温という

季語の言葉を添えるだけで

文頭であっても文末であっても

素敵な優しい挨拶になりますよね。

 

優しい挨拶にピッタリな

素敵なレターセットで

この季節のお手紙を書いてみては

いかがでしょうか。

 

 

淡い桃色が可愛い

シンプルな和柄のレターセットです。

 

白い雪に梅とウグイスのイラストが

三寒四温の季節にピッタリだと

思いませんか?

 

まるでウグイスが春の訪れを

知らせてくれているようです。

 

便箋はやや厚手なうえに

100×145ミリと小さめなので

ちょっとしたお礼状や挨拶に

ちょうどいいサイズです。

 

封筒はL判の写真が入るサイズので

季節の写真を入れても喜ばれそうですよね。

 

この季節にピッタリのレターセットで

季節の季語「三寒四温」を使った優しい挨拶を

届けてみましょう!

 

便箋ではなく葉書でご挨拶がしたい!

そんな場合は、こちらの葉書がおすすめです。

 

季節のはがき[冬] 紅梅

 

楽天で購入

 

 

やはりこの季節ならではの

梅の絵柄が素敵な和紙の葉書です。

 

ピンクの色が春の訪れを

感じさせてくれますよね!

まさに三寒四温の季節にピッタリの

心が落ち着く葉書です。

 

こちらの葉書に、先ほどの挨拶の例文

「三寒四温と言われる季節、少しずつ梅のつぼみも」

などと書いて届けたら、素敵な季節のご挨拶になると

思いませんか?

 

相手の方を思いながら

優しい葉書に優しい言葉を添えて

季節の挨拶を届けてくださいね。



スポンサーリンク




関連記事:五月雨式の意味は?例文やビジネスメールでの使い方!

まとめ

三寒四温について

季語として使う季節やその使い方を

挨拶の例文と合わせて見てきました。

 

本来、使うとされる季節とは

少し違うようでしたが

やはり風情がある

素敵な日本の季語のひとつです。

 

三寒四温をサラリと使って

優しい季節のご挨拶を

お届けしちゃいましょう!