2月3日の節分では、豆まき以外にも恵方巻きを食べるという風習がありますよね。

スーパーやコンビニなどにも恵方巻きが並び、

ニュースなどでもその年の恵方が紹介されたりするのが当たり前になっていますが、

「節分」というものが、実は年4回あるというのはご存じでしたでしょうか。

 

年4回の節分ごとに恵方巻きを食べるなら、

年に何回も恵方巻きをたべることになってしまいますよね。

 

今回は、恵方巻きの風習についてまとめてみました。

年に何回も恵方巻きを食べた方がよいのか、なぜ2月の節分が重要視されているのかなど、

気になる疑問を徹底解説していきます。



スポンサーリンク





恵方巻きの由来と意味は?

恵方巻きの由来

恵方巻きの発祥は、大正時代の大阪の花街だと考えられています。

当時はお新香の海苔巻きをその年の恵方に向かって食べる風習があったようですが、

一度、戦争をきっかけにその風習もなくなってしまいました。

 

その後、昭和24年(1949年)の大阪鮓商組合後援会が

再び恵方巻きの風習を復活させ、それが現在の恵方巻きの風習の元になっています。

そのときは、「節分に恵方を向いて海苔巻きを食べると幸福に恵まれる」

と書かれたビラが配られたようです。

 

大阪で始まった恵方巻きの文化は、その後昭和50年(1975年)に関東に伝わりました。

しかし、当時の関東は巻物と言えば鉄火巻きのような細巻きが主流だったので、

恵方巻きのような太巻きを食べる習慣が根付かず、浸透はしませんでした。

 

でも、現在では関東のみならず全国的にも恵方巻きの風習が浸透していますよね。

 

そのきっかけは平成元年(1989年)に恵方巻きをセブンイレブンが販売を始めたことです。

実はこの「恵方巻き」という名称もこのときにセブンイレブンが命名したもので、

それまでは「節分の巻き寿司」や「丸かかぶり寿司」などと呼ばれていました。

コンビニで購入できるという簡便さも相まって、

恵方巻きの風習が全国の一般家庭にも根付いていったということですね。

 

恵方巻きの意味

たくさんの具材を巻き込んで作る恵方巻きは、

「福を巻き込む」という意味があると考えられています。

 

また、1本の太巻きは鬼の金棒に見えることから、

節分に来る鬼を退治するという意味もあります。

恵方巻きは節分に食べるという風習の根拠も、ここにあります。

 

昭和24年に大阪鮓商組合後援会が始めた風習でも、

1年間の商売繁盛を願う縁起物として恵方巻きを食べていました。

 

恵方巻きの正しい食べ方

恵方を向いて食べるというのが恵方巻きの食べ方になります。

恵方というのは、その年の福徳と司る「歳徳神」がいる方角のことで、

毎年決まった順で変わっていきます。

 

周期のパターンは60もあるので、全て覚えておくのは難しいと思いますが、

恵方巻きの販売店ではその年の恵方も合わせて書いてあると思うので、

恵方巻きを書くときにチェックしてみて下さい。

 

気になる2019年の恵方は、東北東(やや東)になります。

最近ではスマートフォンのアプリなどで簡単に方角が分かるようになっているので、

恵方巻きを食べるときは気にしてみると良いでしょう。

ちなみに、2020年の恵方は西南西(やや西)、2021年は南南東(やや南)、

2022年は北北西(やや北)になります。

 

恵方を向いて食べる以外にも、恵方巻きを食べるときのルールがあります。

 

よそ見をしない

恵方を向いて恵方巻きを食べている間は、恵方以外を向いてはいけません。

神様がいらっしゃる方角を常に見ておくようにしましょう。

 

黙って食べる

恵方巻きを食べている間はお喋りしてはいけません。

喋ってしまうと福が逃げてしまうと言われています。

 

一気に食べる

恵方巻きは1本にかぶりつくというのが本来の食べ方になります。

上品に切り分けてしまうと、御利益がなくなってしまうと言われています。

ただ、小さいお子様やお年寄りにとっては大変たべにくいですし、

家族団らんの食卓に並べるには都合が悪いので、

その辺りは柔軟に対応して良いと思います。



スポンサーリンク




恵方巻きは年に何回食べる?節分は年4回?

恵方巻きは年に何回食べる?

実は節分というのは年4回訪れます。

節分とはそもそも「季節を分ける」という意味で、

立春、立夏、立秋、立冬の前日を指す言葉になります。

 

節分に恵方巻きを食べるという風習が当たり前となった現代ですが、

年に何回も恵方巻きを食べている方は少ないでしょう。

ほとんどの方が、恵方巻きは2月の節分に食べると思います。

 

しかし、恵方巻きは年に何回食べた方が良いということはありませんし、

逆に年に何回も食べてはいけないとういこともありません。

年4回訪れる節分で毎回恵方巻きを食べるのも良いでしょう。

ただ、スーパーなどに恵方巻きが並ぶのは基本的には2月だけなので、

それ以外の節分では自分で恵方巻きを作るしかないでしょう。

関連記事:節分はいつから始まった?豆まきや恵方巻きの起源は?

 

節分は年4回!何故2月が有名?

節分は年4回ありますが、多くの方が意識するのは2月の節分です。

これには、旧暦との関係があります。

 

旧暦では春の始まりを1年の始まりとしているので、

その前日である春の節分は、大晦日に当たります。

そのため、商人達はこぞって春の節分に恵方巻きを食べることで、

厄除けと商売繁盛を願っていたのです。

 

ちなみに、立春は「太陽の角度が315度になる日」と定められています。

そのため、立春のタイミングは毎年少しずつズレていて、

その前日である春の節分もズレています。

 

春の節分は、多くの方が2月3日と覚えているかと思いますが、

直近で言えば、2021年は2月2日が節分になります。

他にも、2025年、2029年で節分が2月2日になります。

 

穴子の恵方巻き

厳選した穴子と紀州梅どりの卵焼きなどを使った恵方巻きになります。

他にも、どんこ椎茸をじっくり炊き込んで作った中具、和歌山県産の三つ葉、

高野豆腐、かんぴょうといった厳選素材がふんだんに使われています。

 

福井・新潟のコシヒカリ、代々伝わる秘伝の配合で作った酢で作る酢飯も絶品です。

節分以外にも、父の日や敬老の日といったギフトイベント、

還暦や米寿などの長寿祝いにもぴったりの一品だと思います。



スポンサーリンク




関連記事:恵方巻きはいつから関東で始まった?関西ではどうなの?

年4回の節分!春以外の節分はいつ?

夏の節分

夏の節分は、立夏の前日になります。

立夏は冬至から3/8年後という定義で、5月5日か6日です。

そのため、夏の節分は5月4日か5月5日になります。

 

秋の節分

立秋は太陽の角度が135度のときと定義され、8月7日か8日です。

そのため、秋の節分は8月6日か7日になります。

 

冬の節分

立冬は冬至から7/8年と定義され、11月7日か8日です。

そのため、冬の節分は11月6日か7日になります。

 

日本の七十二候を楽しむ 旧暦のある暮らし

余談にはなりますが、日本には節分を始めとした季節の候が、七十二あります。

カレンダーによっては七十二候が細かく書いてあることもありますし、

穀雨や夏至、大暑、処暑などなど、なんとなく目にしたことはあるけど、

それっていったいどういう意味だったっけ?というようなものも多いですよね。

 

四季が楽しめる日本ならではの言葉でもありますし、大人の知識の一つとして、

季節に合わせて少しずつ読み進めてみるというのもよいのではないでしょうか。

著者は白井明大という詩人で、読みやすく優しい文章で七十二候が学べますので、

小難しい本はちょっと…という方にもおすすめですよ。

 

旧暦・年中行事カレンダー 2019年

一般的な1月始まりの卓上カレンダーですが、

旧暦での年間行事も細かく記載がされているのが特徴です。

現在では何気ない一日でも、旧暦を合わせてみると季節感も増しますし、

日本の伝統文化も一緒に学ぶことができます。

 

二十四節気、月齢、潮汐、九星など、

旧暦や年間行事についての知りたいことがたくさん載っているカレンダーです。



スポンサーリンク




関連記事:節分にいわしは関西?関東の食べ物は何?

まとめ

いかがでしたでしょうか。

恵方巻きの文化の発祥は大阪ですが、

現在のような「恵方巻き」という名称や風習が根付いたのは、

コンビニで販売されるようになったことが最大の要因のようです。

 

また、節分は季節に合わせて年4回訪れますが、

年に何回も恵方巻きを食べるという家庭は少なく、

基本的には旧暦での大晦日に当たる春の節分を重要視して、

2月3日に恵方巻きを食べるというのが多いようです。

 

ただ、秋の節分に合わせた恵方巻きが販売されていることもあるので、

年に何回も恵方巻きを食べるというのも、縁起が良くてよいかもしれませんね。