お寺や老舗旅館などの入り口に、

「立春大吉」や「鎮防火燭」と書かれたお札を目にした事はありませんか?

一般の家庭ではあまり見られないお札ではありますが、

どちらも縁起が良い、大切なお札なのです。

 

また、これらのお札は自分で書くこともできますので、

誰でも簡単に自分の家にも飾ることが可能です。

 

でも、そのそも「立春大吉」や「鎮防火燭」のお札の意味を知らないという方も多いです。

また、貼る場所は玄関じゃないとダメなの?などの疑問もありますよね。

 

そこで今回は、立春大吉と鎮防火燭について解説していきます。

お札の貼る場所や貼る時期、いつまで貼れば良いのかなど、

実際に貼るときに気になる疑問を解決していきます。



スポンサーリンク





立春大吉とは?お札の貼る場所は玄関が良い?

 

View this post on Instagram

 

A-miu ア.ミュウさん(@hutte.a.miu)がシェアした投稿

立春大吉とは

立春大吉というのは、ざっくり言うと厄除けのお札のことを指します。

立春の日に禅寺の門前に貼り出される習慣があります。

 

なぜ立春大吉が厄除けの効果を持つ由来については、こんな話が言い伝えられています。

 

「立春大吉」という言葉は、縦に並べて書くと左右対称になります。

表から見ても立春大吉、裏から見ても立春大吉と同じように読めますよね。

 

鬼がある家に悪さをするために入り込もうとしたとき、

その家の門には立春大吉と書かれたお札が貼ってありました。

鬼が門をくぐってふと振り返ると、同じように立春大吉という文字が目にとまります。

 

すると鬼は、「まだ門をくぐっていなかったのか」と勘違いをして、

きびすを返して門から外へ出て行ってしまった、というような話になります、

立春大吉という文字には、鬼に勘違いをさせて、

家に入れないようにするという効果があるということなのです。

 

もちろん、鬼というのは邪気や災厄の言い換えで、

立春大吉の札を貼ることで一年間を無事に過ごすことができる、

という厄除けのお札として現在でも扱われています。

 

ちなみに、立春大吉のお札を貼るのは、禅寺の中でも曹洞宗という宗派の習慣になります。

ちゃんとしたものが欲しい、と思っても

なかなか個人宅には郵送してくれるお寺は少ないというのが現実のようです。

 

郵送してくれるところとして有名なのは、出雲大社相模分祠が挙げられます。

毎年1月1日から受付を開始していますので、

気になった方は問い合わせてみて下さい。

 

お札の貼る場所は玄関が良い?

立春大吉のお札は、鬼を玄関で追い返すためのものなので、

一般的に貼る場所は玄関が良いとされています。

具体的には、玄関の外側、そして向かって右側というのが正式なようです。

ただ、あまり周囲から見られたくないということであれば、

玄関の内側でも良いとされています。

 

また、どちらの場合でも大切なことは目線より高い位置貼るということです。

これは、鬼の目に留まるように、という意味合いからです。

 

また、玄関以外にも、家の鬼門(北東)や裏鬼門(南西)を貼る場所として良いですし、

子どもの厄除けとして子供部屋に貼るという家庭もあります。

大切にしている部屋や神棚も、貼る場所として適しています。

 

逆にあまり貼る場所として適さないのは、

トイレやキッチン、洗面所などの水回りになります。



スポンサーリンク




鎮防火燭とは?お札の貼る場所は玄関が良い?

 

View this post on Instagram

 

天宮光啓さん(@koukei_amamiya)がシェアした投稿


鎮防火燭とは?

「鎮防火燭」は「ちんぼうかしょく」と読みます。

意味は「かまどの火や燭(ともしび)を鎮め、防ぐ」ということで、

いわゆる火の用心と同じような目的のお札になります。

また、立春大吉と同様に厄除けとしても用いられます。

 

立春大吉が左右対称であることが厄除けの由来であったように、

鎮防火燭も書き方に意味があるので、ただ書けばよいというわけではありません。

 

鎮防の下の「火」は小さく、そして水の字に似せて書きます。

また、「燭」の火へんも同様に水の字に似せて書きます。

これは、鎮火するのは水であることからきていて、

お札が常に水を呼んでいるという意味になります。

 

呉竹 半紙

お札を自分で書く際には、半紙に墨で書くのが理想です。

こちらは242mm×334mmのサイズで、中厚口の半紙になります。

にじみがきれいに表現できる紙の風合いで、

墨で書いた文字も美しく映るでしょう。

 

チャック付きの袋に入っているので、半紙の劣化も少なく、長く使えるひと品です。

即日発送、日本全国送料無料というのも、嬉しいところですよね。

 

お札の貼る場所は?

鎮防火燭のお札は立春大吉のお札とセットで貼ることも多いです。

その場合は、立春大吉のお札と一緒に玄関に貼るのが良いでしょう。

立春大吉は向かって右側に貼るのが正式でしたが、

鎮防火燭は向かって左側に貼るのが良いです。

 

高さは立春大吉と同様、目線よりも高い位置に貼りましょう。

 

また、鎮防火燭のみを貼るという場合には、

火事が起こりやすい場所、例えばキッチンなどに貼るというのも良いでしょう。



スポンサーリンク




関連記事:立春大吉のお札は神棚に飾る?貼り方や貼る場所を詳しく解説!

立春大吉、鎮防火燭のお札を貼る時期はいつまで?処分方法は?

お札を貼る時期はいつまで?

立春大吉、鎮防火燭のお札を貼る時期としては、

立春が過ぎたのち、雨水(うすい)までの時期に貼るのが良いとされています。

ちなみに、立春は2月4日ごろ、雨水は2月19日ごろになります。

正式には、立春時間(立春の日の深夜1時頃)を過ぎたころに貼るということですが、

そこまではあまり気にする必要はないでしょう。

 

お札の有効期限は1年間とさえているので、

いつまで貼っておけば良いのかということなら、次の立春まで貼っておけば良いです。

 

お札を貼るときの注意点

お札を貼るときは、貼る場所や時期、いつまで貼るかということも大事ですが、

他にも注意しておかなければならないことがあります。

それは、「お札を傷つけない」ということです。

 

例えば、お札に直接ピンや画鋲を刺して貼るというのはもっての外です。

テープやノリなどで落ちないように貼り付けるというのが良いですが、

お札に直接貼り付けてしまうのはあまり良くありません。

 

理想は、半紙などの白い紙を折り、お札を差し込んでおけるようにして、

その半紙に画鋲を刺したりテープを貼ったりすることです。

そうして飾っておくことで、お札の劣化の防ぐことができますので、

ご利益が期待できるでしょう。

関連記事:西枕は老ける?風水での効果や対策を徹底解説!

 

お札の処分方法は?

一年間飾ったお札は、新しいお札を飾るときに処分します。

ただ、縁起物のお札ですから普通に捨ててしまうのも何だか忍びないですよね。

 

一般的なお札の処分方法としては、お寺や神社で炊きあげて貰うというものです。

神社に問い合わせれば、炊きあげの行事が行われているのか、

次はいつやるのかなどを教えてくれますので、確認してみてください。

いきなり行ってやって貰えるものではないので、

事前しっかり確認しておきましょう。

 

そういった行事で処分するのが面倒なときは、

家庭ゴミとして出すことになりますが、

そのときはお清めの塩を振って、お札に一年間の感謝を込めましょう。



スポンサーリンク




関連記事:財布の使い始めに良い日2019!風水でベストなのはこの日!

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「立春大吉」や「鎮防火燭」は、厄除け、火の用心の意味があり、

立春の時期に玄関に貼って、一年間その場所を守って貰うためのものです。

いつまで貼るの?と疑問に思っていた方もいたかと思いますが、

次のお札を貼るときまで、というのが答えになります。

 

貼る場所としては、正式には玄関の外側で、

立春大吉は向かって左側、鎮防火燭は向かって右側となりますが、

見た目の問題もありますので、各家庭で都合の良いように貼って良いとされています。

 

また、自分で半紙などに書いても良いので、

その気があればすぐにでも飾ることができますので、

興味がある方は是非始めてみて下さい。