女の子が生まれたら、可愛らしいお洋服やベビーグッズを買いたくなりますし

実際に、自分の両親や義両親からもどんどんお祝いの品が届きますよね!

そして、女の子の初節句と言えば桃の節句、お雛祭りですね。

 

また、両家にとって初孫であればさらに気合が入るのは当然。

おじいちゃんおばあちゃんは、できるだけ何でもしてあげたい、買ってあげたい!

と思いますよね。

しかしその気持ちはありがいたいですが、雛人形をどっちの祖父母が買うのか?

という問題で揉めてしまっては、板ばさみになる赤ちゃんの両親も辛いところ。

 

ということで、初節句をトラブルなく、みんなが気持ちよく迎えるために

雛人形をどっちの親が買うのがいいのか、どうやって準備を進めればよいのか

などなどを解説してみたいと思います!

女の子が生まれる予定のご家庭の方は、必読ですね!



スポンサーリンク





雛人形はどっちの親が買うもの?母方それとも父方?

雛人形の値段はピンキリで、お値打ちなものであれば1万円くらいから

そして高級なものであれば、数十万から百万円を越すものまで様々。

どういった雛人形を買うにしても、ある程度の出費がありますよね。

 

そこで祖父母の出番とばかりに、雛人形の購入に関して

父方、母方の両親からアピールがあることも多く見られるようです。

しかし、どちらかの祖父母に買ってもらうと、

もう一方の顔が立たないということで、なかなか難しい問題ですね。

 

まず雛人形の由来などを知ることによって、どちらの親に買ってもらうのが

そもそものしきたりなのかということを理解しましょう。

そしてそれを現代や自分の家庭に置き換えて、

雛人形の準備に取り掛かるとスムーズかもしれませんよ!

 

そもそも雛人形を準備する由来は?

昔の時代には、雛人形というのは嫁入り道具のひとつと考えられていました。

結婚は、婿の家庭に入ること、そして婿側の親と同居することがほとんどであったため

嫁側の両親は、嫁いでしまった娘になかなか会うことができませんでした。

そこでお祝いを持っていくのを口実に、娘の顔を見ていたというわけで

そのひとつに雛人形があったということなんです。

 

もちろん雛人形だけでなく、お宮参りの晴れ着や、男の子のための鯉のぼりなど、

孫の成長をお祝いするためのものは、すべて母方の両親が用意するというのが

習慣になっていました。

 

ということは、こういった慣習から考えると、

雛人形は母方の親が買うのが自然と言えますね!

 

現代の雛人形購入の実情は?

雛人形の購入に関しての慣習が分かりましたが、

現代の結婚というと、昔のようにお婿さんの家庭に入るというガチガチのものではなく

お嫁さん側の両親も気軽に、娘に会うことができますよね。

 

そういった時代背景の変化からも、雛人形は母方の両親が用意するもの!という

考え方は、かなり薄れてきているようです。

そのため、どちらの両親に買ってもらってもOK!

・・・というのが逆にトラブルの素になっているのかもしれませんね。

 

そういった親戚関係のトラブルを避けるために、おすすめしたい方法としては

欲しい雛人形を夫婦間で早めに決めておくこと!です。

なぜかというと桃の節句が迫った時期に、まだ雛人形の目星をつけていないと

どちらの祖父母も、自分達で雛人形を見つけてくる可能性があり

買ってあげるというアピールが始まる恐れがあります。

 

そうなる前に、「欲しいものがあるからね」とこちらから話しておけば

両親、義両親に余計な手間をかけさせることもありません。

そして慣習的に、まずは母方の両親にすでに決めた雛人形があることを伝えておきます。

そこで母方の両親が買うとなれば、夫から自分の両親に伝えてもらえばカドがたちません。

 

また、母方の両親にもしも経済的に余裕がなく雛人形の購入を任せられないとなれば

父方の両親にお世話になるというのもアリです。

もしくは両家の顔を立てるならば、どちらかに買ってもらうのではなく

お祝い金だけいただき、そのお金で欲しい雛人形を買うというのもいいですね!

 

雛人形の購入に関しては、かなり柔軟さが求められるので

揉め事やわだかまりを残さないためにも、まずは夫婦で先に方針を決めて

手を打っていくのがなにより大切ということですね!



スポンサーリンク




雛人形のお下がりはNG?姉妹がいる場合にはどうする?

最初の女の子の場合には、誰が雛人形を買うのか?ということで悩みますが、

そもそも、女の子のお母さんが持っている雛人形を引き継ぐことはできないのか?

という疑問も出てきますよね。

大切にしていた雛人形を娘にも大切にしてもらいたいという気持ちになるのも当然です。

 

そして、2人目の女の子が生まれた場合には、新しく雛人形が必要なのか?

ということも悩みます。

ここで、この疑問を解決しましょう!

 

雛人形はお下がりをもらってもいい?

お母さんの嫁入り道具を娘が使うというのは、とても素敵なことですが

では、それは雛人形においてはいかがなものでしょうか?

 

結論から言うと、NGです。

なぜならば、雛人形というのは女の子に身になにか良くないことが起こった場合に

その子の身代わりとなって、その厄を引き受けてくれるというのが本来の意味。

その考え方から、お母さんの雛人形を娘に引き継ぐことによって、

その厄まで引き継がせてしまうことになるということになります。

 

こういったことを思うと、せっかく綺麗に保存してあった雛人形も

娘に引き継がせるのは、抵抗があるというのが親心かもしれませんね。

そう思った方は、娘さんには新しい雛人形を購入し、

自分のものは、ここまで無事にやってこられたことに感謝して保管しておきましょう。

 

しかしながら、最近ではこういった意識にも変化があり

自分の大切にしてきた雛人形を娘にも使って欲しいという思いで、

お下がりを使っている家庭もあるようです。

 

これに関しては、意識次第なので

お母さんがどのような考え方をするかによって変わりますね!

これが正解というものはないので、みんなが気持ちよく

初節句を迎えることができるのが一番です。

関連記事:雛人形は次女にも買う?つるし雛でもいい?

 

妹が生まれた場合には新しい雛人形が必要?

では次に、2人目の女の子が生まれた場合にはどうしたらいいのでしょうか?

これに関しては、先ほどご紹介した厄を引き受けてくれるという雛人形の役目を

考えると、新しくその子のための雛人形を買う必要があります!

 

しかし、この厄を引き受けるという役目を果たしてくれるのは

お内裏様とお雛様の1ペアです。

そのため三人官女や五人囃子などを含めたフルセットで用意する必要はありませんよ。

 

お雛様を新しく購入する事に関して問題になるのは、

経済的なことよりも、飾る場所や保管する場所などのスペースの問題ですよね。

マンション暮らしの場合にはなおさらです。

 

そのため、1人目の女の子がにもコンパクトサイズの雛人形を用意し、

2人目の女の子が生まれた場合でも

差をつけないようにするなど工夫しているご家庭もあります。

そして女の子が一人だけだった場合には、どんどん段飾りを増やすという方法が

収納面の観点からも安心ですね!

 

コンパクトサイズの雛人形はどうも寂しいと思っていませんか?

こちらの雛人形は、着物や装飾品も丁寧に作られており

電気コードがついており、雪洞も灯りが点るようになっています。

 

しかもケースのピンク色にもこだわっており、飾るだけで華やかな空間に。

このくらいの大きさであれば、アパートでも飾ることができるので

スペースにお悩みの方にオススメです!



スポンサーリンク




関連記事:雛人形の名前は?由来や意味も詳しく解説!

雛人形はいつ買うのがいい?

雛人形の購入は、早めに動いておくのが望ましいのですが

では実際には、いつ購入するのがいいのでしょうか?

・・・答えはいつでもOKです。

 

もちろんデパートなどの売り場では、桃の節句が近づいた時期のほうが

大々的にディスプレイしているので見つけやすいですが、

基本的には通年購入することが可能です。

 

しかし桃の節句のお祝いといえば、ちらし寿司やはまぐりのお吸い物、

ひなあられなどその時にしか食べない、独特のものが多いですよね。

そのため、赤ちゃんが桃の節句の直近に生まれた場合には、

こういった食べ物を楽しめないという理由から

あえてその年には、雛人形は用意せず、翌年を初節句にするというのもひとつの手です。

 

そのほうが、ゆっくりと時間をかけて雛人形を選ぶことができますし

離乳食が食べられる時期になっていれば、みんなで食事を楽しむことができますね。

 

そういった方針を決めたら、早めに両親、義両親に伝えて雛人形購入をめぐっての

トラブルが起きないようにしておくことが大切ですね!



スポンサーリンク




関連記事:初節句は早生まれの時はいつする?男の子と女の子について解説!

まとめ

いかがでしたか?

雛人形の準備というのは、意外といろいろな思惑をもって

行動する必要がありそうですね。

 

しかしながら、桃の節句などの昔からの行事ごとに関しては

地域で独特の風習やしきたりがあることも少なくないもの。

自分の地域の習慣はもちろんですが、相手(妻・夫)の生まれた地域の習慣も

きちんと把握しておき、行き違いやトラブルが起こらないようにしましょう。

 

なにはともあれ、生まれてきた女の子の健康や成長を願っての行事なので

その気持ちを忘れずにみんなでお祝いすることが大切ですね!