バレンタインなどに

手作りのチョコ、憧れますよね~!

 

そんな憧れの手作りチョコに欠かせないのが

「チョコを溶かす」という作業ですが

これが意外と面倒で苦手な方も多いそうです。

 

が、ここで朗報!

 

実はこの面倒なチョコを溶かす作業は

ドライヤーを使って簡単にできちゃうそう!

 

今回は、ドライヤーでチョコを溶かす方法や

チョコのテンパリングのコツについてなどを

動画と一緒に紹介していきたいと思います。

 

簡単で美味しい手作りチョコは

これでもうバッチリ!?

一緒に見ていきましょう。



スポンサーリンク





ドライヤーでチョコを溶かす方法は?

手作りのチョコ。

チャレンジしたことありますか?

 

私は過去に何度かバレンタインなどで

手作りのチョコに挑戦したことがあるのですが

 

「手作りチョコなんて、

要は湯せんやレンジで

チョコを溶かして

固めるだけでしょう?」

 

そう、思ってとりかかると

意外と面倒で難しい!

 

チョコが固まらなかったり、風味が損なわれていたり

ダマになったり、焦げたりなどで

やむなく断念した経験が何度かありました。

 

そう、実はチョコって繊細!

手作りチョコって、案外難しいのです!

 

また、お湯を沸かしたり

温度計が必要だったり

面倒なことも多いですよね!

洗い物も多いし・・。

 

そんな、ちょっと面倒なイメージの

手作りチョコですが

実は、あのドライヤーを使うことで

簡単にチョコを溶かすことができるそうです。

 

さっそくドライヤーを使った

チョコを溶かす方法を

見ていくことにしましょう。

 

<用意する物>

ドライヤー

ボール

ゴムベラ

 

ボールはドライヤーの

熱を当てても変形しない素材を

選ぶようにしましょう。

 

<ドライヤーでチョコを溶かす方法>

 

1、チョコを適当な大きさにカットしてボールに入れる

 

2、ドライヤーの強の風をチョコに当てて溶かす

 

3、チョコが溶けてきたら、ドライヤーの風を弱にしてチョコに当てる

 

4、チョコが半分くらい溶けてきたら、ドライヤーの弱の風を当てながら

ゴムベラなどでゆっくり混ぜる

 

5、チョコの塊がなくなりとろけてきたらOK

 

に、なるそうです。

 

実に簡単ですよね!

 

時間にして2分前後で

チョコを溶かすことが

できるそうです。

 

ただ、注意点が3点!

 

1、ボールやゴムベラなどは水気のないものを使用する

 

チョコに水が入ってしまうと

溶けなくなってしまうので要注意!

 

湯せんでチョコを溶かす際に

失敗してしまう理由は

この水が入ってしまうことにあるそう。

 

ドライヤーでチョコを溶かす際も

水がチョコに入らないようにするのはもちろん

ボールやゴムベラに水滴などがついていないか

確認してから使うようにしましょう。

 

2、チョコをゴムベラで混ぜる際は、ゆっくり優しく混ぜる

 

ゴムベラでチョコを混ぜる際に

急いで激しく混ぜてしまうと

チョコに気泡が入り風味や食感が

損なわれることがあるそう。

 

ゆっくり優しく混ぜることが

大切なようです。

 

3、チョコを細かく刻みすぎるとドライヤーの風で飛んでしまうので注意する

 

湯せんやレンジでチョコを溶かす際は

できるだけ細かく刻んで小さくしたり、

予め小さい粒になったチョコを

使用することが多いですよね?

 

ところが、ドライヤーでチョコを溶かす場合は

小さすぎるとドライヤーの風で

チョコがボールから飛んでしまうことがあるそう。

 

なので、できれば普通の板チョコを

使うのがおすすめです。

 

 

昔ながらの定番のガーナミルクチョコ!

普通に食べても美味しい

安心のチョコですよね。

 

このような板チョコを

手でひとかけら分程度の大きさに

カットして使うといいそうですよ。

 

ただ、食べ慣れていて美味しいと

わかっているチョコなので

チョコをカットしながらのつまみ食いに

要注意かもしれませんよね!(笑)



スポンサーリンク




チョコをテンパリングする方法は?

ドライヤーでチョコを

上手に溶かすことはできましたか?

 

2分前後で溶かすことができるのは

嬉しいですよね、発見してくれた人に

感謝の気持ちです・・が!

 

美味しいチョコを作るには

ここで終了ではなく

チョコをテンパリングするという作業が

あるそうです。

 

テンパリングとは

 

「ドライヤーで溶かしたチョコの

温度を上げ下げして

チョコを安定させて、ツヤのある

きれいなチョコに仕上げていくこと」

 

になるそうで、このテンパリングをするか

しないかでは、チョコの仕上がりが

大きく変わってくるそうです。

 

特にバレンタインで意中の彼、

もしくは大事な友達にチョコをあげる予定なら

テンパリングは必ずやった方がいいそう。

 

ちょっとひと手間ですが

せっかくですからツヤのある

美味しいチョコを作りたいものですよね。

チョコのテンパリングの方法を

見ていくことにしましょう。

 

<用意する物>

 

温度計

ドライヤーで溶かしたチョコのボールが入るくらいの大きさのボール

ゴムベラ

 

<チョコのテンパリングの方法>

 

1、用意したボールに水を入れる

 

2、ドライヤーで溶かしたチョコのボールを、1のボールに入れて冷やす

 

3、混ぜながらチョコの温度を26~28℃くらいにまで下げる

 

4、チョコにドライヤーを当てて、チョコの温度を30~32℃くらいにまで上げる

 

に、なるそうです。

 

紹介している動画では

湯せんで温度を上げていますが

これをドライヤーで30~32℃まで

上げていきます。

 

ドライヤーで溶かしたばかりの

チョコの温度は40~50℃になるそうで

そのチョコを26~28℃の温度に下げ

再びドライヤーで30~32℃まで上げるという

このチョコの温度調節を「テンパリング」というそうです。

 

テンパリングのコツとしては

チョコを溶かす際と同様に

ゆっくり優しく混ぜることと

水で冷やす際にチョコの中に水が

入らないようにすること!

 

せっかくドライヤーできれいに

チョコを溶かすことができても

このテンパリングで水が少しでも

入ってしまうと台無しになってしまうので

注意が必要なようです。

 

また、動画ではチョコの温度を

手首で測っていますが

チョコ作りに慣れていない場合は

温度計がある方が安心です。

 

チョコを混ぜるゴムベラに

温度計を輪ゴムでくくって

行うとスムースなのですが

温度計と一体になった

ヘラもあるようです!

 

 

貝印のその名も「温度計付きで

テンパリングしやすいチョコヘラ」です。

 

これ、絶対に便利ですよね!

温度計が動いてしまって

チョコがビャっと跳ねる・・などの

アクシデントも予防できます。

 

温度計とヘラがひとつに

なっているということは

洗い物もひとつ減るということ!

 

便利で頼もしい温度計付きの

ヘラでテンパリング!

 

ツヤツヤできれいなチョコに

仕上げてくださいね!



スポンサーリンク




関連記事:チョコを溶かすのを失敗しないコツ!失敗した時の復活方法や再利用も!

湯せんでチョコを溶かす方法は?

ドライヤーでチョコを溶かす方法!

実に簡単にチョコを溶かすことが

できるのでとても便利ですよね。

 

とはいえ、ひょっとしたら家に

ドライヤーがない場合!

または、ドライヤーが壊れている場合!

実は、何を隠そう我が家が

つい最近までそうだったんです。(笑)

 

ヘアアイロンは家にあるけれど

ドライヤーはなくて、最近やっと

お手頃価格のドライヤーと出会えたので

購入したのです。

 

そんな方の為に、定番である

「チョコを湯せんで溶かす方法」も

紹介しておきたいと思います。

 

また、テンパリングでどうせ温度計やら

ボールやらを使うのなら

湯せんでチョコを溶かすほうがいいという方も

いらっしゃるかもしれませんよね。

 

さっそく見ていきましょう!

 

<用意する物>

 

ボール3つ

温度計

ゴムベラ

 

<湯せんでチョコを溶かす方法>

 

1、チョコを細かく刻む

 

2、ボールに50℃のお湯を入れる

 

3、2のボールに1のボールを浮かせる

 

4、チョコが半分程度溶けてきたら、お湯のボールからチョコのボールを外す

 

5、チョコをゴムベラでゆっくりと混ぜる

 

に、なるそうです。

 

この後、先のチョコのテンパリングを

行うといいそうなのですが、ドライヤーで溶かす際や

チョコのテンパリングと同様に、くれぐれも

チョコに水が入らないようにすることが大切で

湯気などの湿気にも注意が必要なようです。

 

また、その他の注意点としては

 

1、お湯の温度は50℃を保つ

 

温度が高すぎるとチョコの風味が

損なわれてしまうので

温度計で50℃のお湯であることを

きちんと確認するようにする。

 

2、いきなり混ぜない

 

お湯にチョコのボールを入れてから

しばらくチョコが溶けるまで

待っていることが大切!

いきなり混ぜてしまうとチョコが

ダマになってしまうそうです。

 

1分程して半分程度チョコが

溶けてきたら、ゆっくり

優しく混ぜるといいそうですよ。

 

また、先のドライヤーでチョコを

溶かす場合は、ドライヤーの風で

飛んでしまう可能性があるので

チョコはあまり細かく刻まないほうが

いいとのことでした。

 

ところが、湯せんの場合はチョコが細かい方が

溶かすのに便利になるようなので

このようなチョコチップを利用するのがおすすめ!

 

 

お菓子作りが好きな方達の間では

よく知られている

クーベルチュールのチョコチップです。

 

ミルキーで滑らかなチョコになり

溶かしやすく味も良いと

口コミでも評判のチョコチップです。

 

チョコを湯せんで溶かすことを

考えている場合は

このチョコチップを用意して

細かく刻む手間を省略!

 

簡単便利に美味しいチョコを

作っちゃいましょう!

関連記事:生チョコを冷蔵庫で冷やす時間は?何時間で固まる?

レンジでチョコを溶かす方法は?

ドライヤー、湯せんときたら

最後にレンジでチョコを溶かす方法を

紹介しておきたいと思います。

 

実は私、この方法も知らなかったのですが

皆さんはご存知でしたか?

チョコをレンジ溶かす・・こちらも

簡単な予感がしますよね!

 

ただ、この方法は溶かしたチョコを

固めてチョコにする・・とういよりも

溶かしたチョコを

 

マシュマロなどにかけてトッピングする

ケーキなどに混ぜて焼く

 

などに向いているそう。

 

様々なチョコの溶かし方!

知っておいて損はないはずです。

レンジでチョコを溶かす方法も

チェックしておきましょう!

 

<用意する物>

ゴムベラ

ボール

 

<レンジでチョコを溶かす方法>

 

1、チョコをボールに入れてレンジで加熱する

加熱の目安は50gのチョコを500Wで溶かす場合はレンジの強で約50秒

(レンジの弱なら4~5分程)

温度を上げてしまうとチョコの風味を損なうので要注意!

 

2、レンジから取り出してゴムベラでゆっくり混ぜる

 

3、チョコが溶け切れていない場合は、10秒ずつ様子を見ながら再加熱する

 

に、なるそうです。

 

やっぱり簡単ですよね!

 

ただ、加熱し過ぎると

チョコが焦げてしまうので

少しずつ加熱することが大切!

 

特に、2の工程でチョコをレンジから

取り出した際、チョコがまだ固まっていても

その後ゆっくり混ぜていくことで

一気にチョコが溶けはじめるそう。

 

3の再加熱は、チョコを混ぜてみて

それでも溶けない場合に行うことが

大切なポイントになるようです。

 

また、紹介している動画では

ミキシングアームと呼ばれる

専用の道具を使っていますが

これはボールとゴムベラで代用が可能です。

 

チョコを溶かしてトッピングしたい!

ケーキに混ぜたい!などの場合は

レンジでチョコを溶かす方法がいいそうですよ。



スポンサーリンク




関連記事:ホワイトデーのお返しチョコやマカロンの意味は?飴やグミ・ハンカチなど一覧で解説!

まとめ

ドライヤーでチョコを溶かす方法や

チョコのテンパリングの方法、

また、定番の湯せんで溶かす方法や

レンジで溶かす方法を見てきました。

 

ドライヤーでチョコを溶かす方法は

とても簡単で画期的ですよね!

 

次のバレンタインは

ドライヤーでチョコを溶かして

手作りチョコにチャレンジしてみようかな♪

 

心を込めて、でも簡単に!

 

美味しい手作りチョコを

大切な人にプレゼントしちゃいましょう!