美味しくてサイズも丁度よく、

美容やダイエットにも良いと言われているアーモンド。

ついつい食べ過ぎてしまうことはありませんか?

 

アーモンドの食べ過ぎは健康に影響があるのでしょうか?

胃痛や下痢、鼻血、肌荒れなどといった

副作用はあるのでしょうか?

 

今回は、アーモンドの食べ過ぎによる副作用や、

適量や食べるタイミングなどをご紹介します。

 

アーモンド好きな方、

効果的にアーモンドを食べたい方は

ぜひチェックしてくださいね。



スポンサーリンク





アーモンドの栄養成分は?

アーモンドには多くの栄養成分が含まれていますが、

特に豊富なのがビタミンEです。

アーモンド100gあたり31.2mgのビタミンEが

含まれています。

これは他の豆類と比較しても飛び抜けて高い

含有量です。

 

ビタミンEは「子宝ビタミン」と呼ばれ

妊娠に欠かせないビタミンです。

更に葉酸も含まれているので、

女性はぜひ摂取したい栄養素ですね。

 

また、ビタミンEは抗酸化作用があるので、

美肌や老化防止などの

アンチエイジングにも効果が期待できます。

 

他にもアーモンドには、

女性に嬉しい栄養成分が豊富に含まれています。

 

ビタミンB2

脂肪燃焼効果のあるビタミンB2も豊富で

ダイエットにも効果的です。

 

ミネラル類

女性に不足しがちなカルシウム・亜鉛・

マグネシウム・鉄分なども多く、

アーモンドを食べることで体調を整えてくれます。

 

食物繊維

豊富な食物繊維で

便秘に効果が期待できます。

 

脂質

実はアーモンドの成分の約50%は脂質。

カロリーも1粒10kcalと高めです。

 

しかし、アーモンドの脂質は

ほとんどがオレイン酸、リノール酸といった

不飽和脂肪酸なので、

中性脂肪や悪玉コレステロールを低下させてくれ、

摂取しても太りにくいと言われています。



スポンサーリンク




アーモンドを食べ過ぎる副作用がある?胃痛・下痢・鼻血・肌荒れなどの症状が出る?

アーモンドを食べ過ぎると副作用がある?

嬉しい効果の期待できる栄養成分を

豊富に含んだアーモンドですが、

食べ過ぎると副作用があるのでしょうか?

 

結論から言うと、アーモンド食べ過ぎによる

副作用の心配はほとんどありません。

 

ビタミンEは過剰摂取すると、

体内に蓄積され肝機能障害や下痢、吐き気、

筋力低下、骨粗しょう症などの症状を

引き起こすと言われています。

 

しかし、ビタミンEの摂取上限は650mg。

アーモンドのみでこの量を摂取するとなると

なんと2kg近くも食べなければいけません。

 

いくらアーモンドが好きでも、

2kgも一気に食べることはまずないでしょうから、

副作用の心配はないと言えます。

 

しかし、アーモンドを食べ過ぎるのは

決して良いことではありません。

アーモンドの食べ過ぎによって

体に色々な悪影響が生じる可能性があります。

 

どのような症状が起こるか

1つずつ見て行きましょう。

 

アーモンド食べ過ぎによる症状①胃痛

アーモンドに含まれる食物繊維は

消化が悪いと言われる部類のものなので、

食べ過ぎると胃に負担がかかり、

胃痛や胃もたれなどを引き起こします。

 

食物繊維自体も、

摂取しすぎるとお腹にガスが溜まり

腹痛を引き起こすことがあります。

 

また、脂質が多いのも消化吸収に時間がかかり

胃腸に負担がかかる要因となっています。

 

アーモンド食べ過ぎによる症状②下痢

女性に嬉しい豊富な食物繊維も

一度に摂取しすぎると、

お腹を壊し下痢になることがあります。

 

また、一見便秘に良さそうなアーモンドですが、

反対に便秘が悪化することも。

これはアーモンドに含まれる「タンニン」という

渋み成分が原因です。

 

タンニンを摂りすぎると、

腸が引き締まって便秘になりやすいそうです。

便秘に悩んでいる方は、

アーモンドの皮を取って食べるのをオススメします。

 

アーモンド食べ過ぎによる症状③鼻血

アーモンドを食べ過ぎると鼻血が出る

という話を聞いたことはありませんか?

 

実はこれ、医学的根拠は一切ありません。

しかし、アーモンドを食べ過ぎて

本当に鼻血が出てしまうこともあります。

なぜでしょう?

 

原因はアーモンドの成分ではなく、

硬さにあります。

 

硬い食べ物を一気にたくさん食べることで

「キーゼルバッハ部位」と呼ばれる

鼻の一部が刺激され鼻血が出ることがあるのです。

 

病的な鼻血以外は、

ほとんどがキーゼルバッハ部位への

刺激によるものだそうです。

 

また、アーモンドは栄養価が高いので、

一度に多量摂取すると

興奮してしまうことがあります。

 

鼻の粘膜の弱い人は

この興奮により鼻血が出てしまう、

という場合もあります。

 

どちらにせよ、

アーモンドを一気に食べ過ぎるのは

体に良くないという

先人からの警告だと受け止め、

過剰摂取は控えた方がよさそうですね。

 

アーモンド食べ過ぎによる症状④肌荒れ

アーモンドは栄養だけでなく

良質な油分も含んでいるので、

髪やお肌のツヤを保つのに効果的です。

 

しかし、油を摂りすぎると

髪がべたつく、お肌がてかる、

ニキビができるなどの可能性があります。

 

また、ビタミンEは美肌効果が期待できますが、

過剰摂取すると肌荒れの原因となります。

 

お肌の状態が良くない時は、

アーモンドの摂取を控えた方がよさそうです。

 

アーモンド食べ過ぎによる症状⑤ヘルペス

ストレスや疲れによって、

口周りに痛みやかゆみを伴う

口唇ヘルペスができやすいという人は、

アーモンドの摂取に注意が必要です。

 

アーモンドにはアルギニンという

アミノ酸が多く含まれています。

これは、ヘルペスウイルスが増殖する際に

必要となる栄養素なので、

アーモンドを大量に、長時間食べ続けると

ヘルペスを発症しやすくなります。

 

口唇ヘルペスは目立つ場所にできますし、

食事もしにくくなるので、

ヘルペスができるのが心配な場合は

アーモンドの摂取を控えるか、

摂取量に注意しましょう。

 

アーモンド食べ過ぎによる症状⑥太る

食物繊維や、脂肪燃焼に必要なビタミンB2が豊富で、

ダイエットにも効果が期待できるアーモンドですが、

摂取量には注意が必要です。

 

アーモンドはカロリーが高いので、

食べ過ぎればもちろん太ります。

 

食べ過ぎにより便秘などが起こると、

更に太ります。

 

ダイエットに最適な量を、

良いタイミングで摂取することが大切です。

 

アーモンド食べ過ぎによる症状⑦薬服用中は注意

アーモンドに含まれる

マンガンという栄養素は、

摂りすぎると抗生物質や便秘薬、

高血圧の薬、抗精神病薬などの薬の効果を

弱めることがあるので注意しましょう。

 

とはいえ現在服用中の方も、

風邪などで抗生物質をもらった場合なども、

適量であれば薬が効かない!

などということはないので、

安心して食べてくださいね。



スポンサーリンク




関連記事:もち麦の効果!便秘・血圧・コレステロール・血糖値への効能は?

アーモンドの適量は?

アーモンド摂取1日の適量は?

アーモンドの食べ過ぎにより

どのような症状が起こるかを説明しましたが、

アーモンドの1日の適量は

どれくらいなのでしょうか?

 

アーモンドの1日の摂取量の目安は

20~25粒です。

この量ならカロリーも120~150kcalくらいなので、

ダイエット中の方も安心して

食べることができそうですね。

 

ちなみに女性は20粒、男性は22粒くらいが

ビタミンE摂取の丁度良い量となります。

 

25粒以上食べることは

当然控えた方が良いですが、

色々な症状が出る量は人によって違います。

 

20粒食べても問題ない人もいれば、

20粒食べるとお腹を壊したり

ニキビができたりする人もいます。

 

摂取量を調整して、

自分に合った量を見つけてくださいね。

関連記事:もち麦は食べ過ぎると副作用がある?胃痛や下痢になる場合があるの?

 

アーモンドはいつ食べると良い?

1日20粒ほどのアーモンド。

一体いつ食べるのが効果的なのでしょうか?

 

アーモンドはお腹への負担を考えると、

20粒前後を2~3回に分け

食前に食べるのがオススメです。

おやつの代わりに食べても良いですよ。

 

アーモンドは小さく食べやすい上に

味も良いので、

油断しているとついつい食べ過ぎてしまいますが、

よく噛んでお水やお茶を飲みながら食べると、

満足感や満腹感を得ることができます。

 

上手に食べれば

脂肪燃焼効果、便秘解消効果も期待でき、

ダイエットの強い味方となってくれますよ。

 

ダイエットにオススメしたいのは、

無塩・素焼きのアーモンドです。

 

 

オリジナルの遠赤外線熱風ロースターを使用し、

香ばしく焙煎されたアーモンドです。

 

アメリカ、日本で2度選別されているので、

品質が良く形もキレイです。

 

健康や美容の為には無塩のアーモンドが

良いですが、

味がないと食べづらい、飽きてしまう、

という方には、

有塩のアーモンドも用意されています。

 

2袋セット購入で、

無塩のみ、有塩のみ、無塩有塩1袋ずつと

好きな組み合わせを選ぶことができるのも

嬉しいですね!!

 

アーモンドの栄養と一緒に、

カルシウムも摂りたい!という方には

こちらもオススメです。

 

 

子供から大人まで皆が大好きな

大容量のアーモンド小魚です。

 

こちらは定番のカットアーモンドだけでなく、

素焼きアーモンドの商品もあり、

好きなタイプのアーモンドを選べるのが

嬉しいポイントです。

 

どちらも無塩、無添加で

カルシウムたっぷりの小魚との

相性抜群です。

 

アーモンドだけよりも

噛みごたえ、食べごたえがあり、

満足感もしっかり得られそうですね!



スポンサーリンク




関連記事:うどんとそばで消化にいい方はどっち?消化にいい具は?

まとめ

アーモンドの副作用や適量を

ご紹介しました。

 

アーモンドは摂取量を守れば、

健康によく、

ダイエットや美容などにも効果が期待できる

素晴らしい食べ物です。

 

食べ過ぎると色々な症状が出る場合がありますが、

アーモンドに限らず

何でも食べ過ぎは良くありません。

 

適量を守り、おいしいアーモンドで

楽しく健康を手に入れましょう!!