みなさんの好きな食べ物ってなんですか?

 

筆者は、アイスクリームに目がありません。

 

暑い夏場はもちろんのこと、冬にだって

毎日のようにアイスクリームを食べています。

 

温かい部屋で、コタツに入りながら食べる

アイスクリームがまた格別なんですよね!

 

一口にアイスクリームと言っても、最近は

その種類も豊富で、アイスクリームとは縁遠いと

思われる寒い冬場でも美味しく食べられるような

味わいのものもあります。

 

しかし、アイスクリームはおやつです。

あまりたくさん食べると、身体に良くないと

いうことは言わずとも分かります。

 

食べ過ぎることで、もしかしたら病気に

なってしまうこともあるかもしれません・・・!?

 

今回はそんなアイスクリームの食べ過ぎに

よる弊害についてご紹介していきたいと思います。



スポンサーリンク





毎日アイスクリームを食べると太る?病気になることも・・・!?

食後やお風呂上りなど、アイスクリームを

食べたくなるときって日常生活の中で結構

ありませんか?

 

アイスクリームって、ひとつ食べたくらいじゃ

お腹がいっぱいになるなんてことはあまり

無いので、無意識的についつい頻繁に食べてしまう

ものなのではないかと思います。

 

しかし、そんなアイスクリーム好きなみなさんも

きっと薄々お気付きのことと思いますが、

アイスクリームって結構カロリーが高い

ものなんですよ。

 

なので、食べ過ぎると太る原因にもなり得ます。

 

場合によっては病気になるなんてことも

あるとかないとか。

 

まずはアイスクリームの食べ過ぎによる

影響についてご紹介していきたいと思います。

 

 

アイスの種類

一口に「アイス」と言っても、実は

以下のような4つの種類に分けることができるんです。

 

  • アイスクリーム

乳固形分15%以上・乳脂肪8%以上

  • アイスミルク

乳固形分10%以上・乳脂肪3%以上

  • ラクトアイス

乳固形分3%以上

  • 氷菓

 

冷凍されたお菓子を「アイスクリーム」と

呼んでいる方は多いと思いますが、厳密には

アイスクリームというのはアイス菓子の

種類の名前だったんですね!

 

アイスのパッケージには必ず

このうちのどれかの表記がなされています。

 

ちなみに、氷菓には乳固形分はほぼほぼ

含まれておらず、かき氷のような氷感の強い

食感のアイスということになります。

 

アイスクリームのように、乳固形分が多く

含まれているものの方が濃厚でクリーミー

な味わいになるんですよ。

 

スーパーやコンビニで売られている、

いわゆる高級系なアイスクリームなんかは

これにあたります。

 

太りやすいアイスは、どれ?

アイスには先述したような4つの種類

のものがあるということが分かりましたが、

ではどれが一番太りやすいのでしょう?

 

アイスは食べたいけど、太りたくはない!

と思うのが人間の性、ここは気にしておきたい

ところですよね。

 

イメージとしては、乳脂肪の一番多い

「アイスクリーム」が最も太りやすいアイス

なのではないかと思いますよね。

 

そして、乳成分の少ない氷菓が一番

太りにくいアイスだと思うでしょう。

 

しかし、その知識だけで考えるとだめなのです。

 

カロリーでいうと、氷菓はこの4つのなかでは

一番低いです。

 

なので、「太りにくいアイス」という認識でも

いいかもしれません。

 

ただ、その定義でいくと氷菓の次に

乳成分の少ないラクトアイスも太りにくい

アイスということになるかと思いますが、

実はそれは大きな間違いなのです!

 

カロリーの面でいうと、ラクトアイスは

アイスクリームやアイスミルクとそんなに

変わらないんですよ。

 

なんなら、アイスクリームよりもカロリーの

高いラクトアイスも結構あったりするのも

事実です。

 

アイスを食べたくなるタイミングとして

寝る前なんかが挙げられるかと思いますが、

寝る前に食べるアイスは太る原因になるので

やめた方がいいでしょう。

 

というのも、寝る前にカロリーの高いものを

食べると、うまくカロリーを消費しきれずに

そのまま蓄積され、脂肪となってしまうからです。



スポンサーリンク



アイスの食べ過ぎで病気になる危険性も!?

ラクトアイスがアイスクリームとそんなに

カロリーが変わらないというのにはびっくり

される方も多いことでしょう。

 

これは何故かというと、ラクトアイスには

コクを出すために植物性脂肪を加えているから

なんですね。

 

植物性の脂肪というのは乳脂肪よりも

太りにくいのでは?と思われるかもしれません。

 

しかし、それはオリーブオイルなどの場合

のはなしです。

 

ラクトアイスに加えられている植物性脂肪

というのは、パーム油やヤシ油を使用しています。

 

これらにはトランス脂肪酸というものが

含まれています。

トランス脂肪酸というのは身体にあまり

良くない物質です。

 

なんなら、アメリカでは規制されるほど

危険性が示唆されているものなんですよ。

 

トランス脂肪酸は太る原因にもなりますし、

それ以上に恐ろしい効果を発揮してしまいます。

 

それは、悪玉コレステロールを増やす、といった

働きです。

 

更にそれだけでは無く、同時に善玉コレステロール

までも減らしていってしまうのです。

 

悪玉コレステロールが増えてしまうことで、

動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞といった病気を

発症してしまうリスクが高くなってしまいます。

 

なので、少しでもこれらの危険性を避ける

ためにも、植物性脂肪を含んでいるラクトアイス

やアイスミルクを頻繁に食べるのは避けたほうが

いいかもしれませんね。

 

また、アイスというのはとても甘いことから

お分かりいただけるように、たくさんの砂糖が

使用されています。

 

なので、そんなアイスをたくさん食べ続けることで

糖尿病になるリスクも高めてしまいます。

 

フルーツをたくさん使っているアイスだから、

と安心してはいけませんよ!

 

そういったアイスでも必ず砂糖というのは使用

されていますからね。



スポンサーリンク



それでも毎日アイスを食べたい!太らない食べ方は?

食べ過ぎると健康被害を被ってしまうかもしれない、

そう言われていてもやっぱり大好きなアイスを

やめるというのはなかなか難しい!と思われる方も

いらっしゃることでしょう。

 

暑い夏場なんかはアイスというのは必須の

おやつですもんね。

 

では、健康被害を及ぼさず、太らずに済むような

アイスの食べ方というのはあるのでしょうか?

 

「アイスクリーム」はダイエットに最適!?

太るのは嫌だけど、でもアイスはやめられない、

と悩まれている、そんなみなさんに朗報です!

 

アイスクリームや氷菓なら毎日食べても

問題無いという見解もあるようなんです。

 

カロリーを気にしている方は、アイスクリーム

よりも氷菓を食べる方がいいですね。

 

また、実はアイスクリームというのは

考え方によってはダイエットに向いている

食べ物であると考えられているのです!

 

というのも、アイスクリームに含まれている

乳成分にはカルシウムやたんぱく質、ビタミン類

といった栄養分が豊富に含まれているんです。

 

それがラクトアイスに含まれている植物性脂肪と

違う点ですね。

 

なので、乳脂肪がエネルギーとして消費されやすい

というような特徴があるというわけなんですね。

 

そのため、カロリーが高かったとしてもエネルギー

として消費されるのでさほど食べ過ぎなければ

太る心配はないということになるんです。

関連記事:スポーツドリンクの飲み過ぎで太る?下痢や病気になる?

 

糖質を気にする人はアイスクリーム!

また、アイスクリームのように乳脂肪分が多いと

糖質を吸収するのに時間が掛かります。

 

つまり、血糖値の上昇が緩やかになるため、

糖質というものを気にされている方であれば

氷菓よりアイスクリームを食べることをおすすめ

します。

関連記事:もち麦の効果!便秘・血圧・コレステロール・血糖値への効能は?

 

食べる時間に気を付けましょう

アイスを食べるとき、寝る前に食べると太りやすい

ということを先にご紹介しましたが、では

どの時間帯に食べるのが一番いいのでしょうか。

 

太りにくい状態というのは、体温が高いとき

というふうに考えられています。

 

人の身体が一番体温の高いタイミングというのは、

15時~18時頃と言われており、アイスに限ったことでは

ありませんが、おやつを食べるのであればこの時間帯に

食べるのをおすすめします。

 

また、体調管理の面で言えば、朝にアイスを

食べるのも効果的です。

 

朝の時間帯に冷たいものを食べることで、

脳がリラックスしたり、情報処理の速度が上がる

というふうに考えられているというのです。

 

ただ、朝から身体を冷やしすぎるのは良くないので、

一緒に温かいスープなどを飲むことをおすすめします。



スポンサーリンク



関連記事:カレーは何日もつ?常温と冷蔵庫の場合について詳しく解説!

まとめ

いかがだったでしょうか。

 

恐らく嫌いなんて言う人はいないであろう「アイス」。

 

食べ方次第では病気を発症しやすい身体に

なってしまうこともありますし、その逆で

太りにくい身体にしてくれることもあります。

 

ただなにも考えずに食べるのではなく、

食べ方や食べる時間帯なんかに気を付けて

食べてみてくださいね。