簡単に淹れられて美味しいインスタントコーヒー。

ご家庭で飲む人も多いのではないでしょうか?

 

そんなインスタントコーヒーですが、

保管方法が悪かったり

長期間そのままにしておくと

湿気により固まることがあります。

 

固まったインスタントコーヒーは

復活させて飲むことができるのでしょうか?

そもそも固まらない方法はあるのでしょうか?

 

今回は、インスタントコーヒーの

そんな疑問にお答えします。



スポンサーリンク





インスタントコーヒーは湿気で固まる!品質に影響は?

インスタントコーヒーは開封後

しばらく置いておくと、

湿気によって黒く固まります。

固まったインスタントコーヒーは

品質に影響があるのでしょうか?

 

インスタントコーヒーが入っている瓶などを振り、

サラサラの状態に戻るのであれば、

品質にはほとんど影響なく、

美味しく飲めるでしょう。

 

しかし、振っても固まったままの場合は、

コーヒー本来の風味を損なっている

可能性が高いです。

 

湿気を多く含み固まらないように、

保管方法や保管期間には

充分注意する必要があります。

 

また、インスタントコーヒーを

長期間保管していると、

表面に白いカビのような、

蜘蛛の巣のようなものが見られることもあります。

 

実はこれは、カビではなく

高温多湿によりカフェインが結晶になったものです。

 

コーヒーに含まれるカフェインは、

湿気の多い場所や温度の高い場所に置かれると、

顆粒の表面に針状の白い結晶になって

現われることがあります。

 

この結晶はお湯で溶けばなくなり

問題なく飲むことができますが、

結晶ができているインスタントコーヒーは

風味が落ちていると考えて良いでしょう。

 

インスタントコーヒーはそもそも乾燥したもので、

湿気がついたと言っても

水分を多量に含んでいる訳ではありません。

よほど湿気が入ったら話は別ですが…

基本的にはかびたり腐ったりしないと

考えてよいでしょう。

 

インスタントコーヒーは、

固まっても白い結晶ができても

健康を害することなく飲むことができます。

しかし、風味が損なわれ、

本来のおいしさを引き出すことはできません。



スポンサーリンク



固まったインスタントコーヒーの復活方法

おいしいいれ方で復活

固まったインスタントコーヒーの

復活方法をご紹介します。

 

まずは、おいしいコーヒーのいれ方で

復活させましょう。

 

用意するものは

インスタントコーヒー

お湯

スプーン

です。

家に当たり前にあるものばかりですから、

特別な材料や道具を用意する必要はありません。

 

いれ方は以下の通りです。

 

固まったインスタントコーヒーを

瓶を振ったりスプーンで砕いたりして

適量をカップに入れる

 

少量の水を入れ、

スプーンでかき混ぜてコーヒーを溶かす

 

水にコーヒーが溶けたら

お湯を注いでできあがり

 

お湯を注ぐ前に、

水でインスタントコーヒーを溶かすという

工程が加わっただけですが、

これだけで香りや味が全く変わります。

格段に美味しくなりますよ。

ぜひ試してみてください。

 

乾麺で復活

湿気で固まってしまったインスタントコーヒーを

元に戻す方法はいくつかありますが、

その中の1つに乾麺で復活させる方法があります。

 

マカロニやパスタなどの乾麺を

インスタントコーヒーの瓶の中に

何本か入れておくことでサラサラの状態に戻ります。

 

インスタントコーヒーについた湿気を

乾麺が吸い取ってくれる、という訳です。

 

パスタは長いので、

丁度良い長さに折ってから

瓶の中に入れてくださいね。

 

電子レンジで復活

固まったインスタントコーヒーを

電子レンジにかけると、

熱により湿気が飛び

元のサラサラの状態に復活します。

 

当たり前ですが、

絶対に瓶のまま電子レンジには

かけないでくださいね!!!

大変なことになります。

 

また、電子レンジにかける場合は

一気に過熱せず、

短い時間電子レンジにかけて中の状態を確認、

また電子レンジにかける…

と小まめにチェックしながら行ってください。

 

冷凍庫で復活

固まったインスタントコーヒーを

冷凍庫に入れると、元の粉状に戻ります。

 

乾麺や電子レンジと同じく、

冷凍庫に入れることで

余分な湿気を飛ばしてくれるのだそうです。

 

瓶のまま冷凍すると瓶が割れたり

蓋が開かなくなったりするので、

容器を移し替えるのをお忘れなく。

 

しかし、乾麺、電子レンジ、冷凍庫での復活方法は

カチカチに固まったインスタントコーヒーには

効果がなく、

また固まり始めたばかりの

インスタントコーヒーにしか効きません。

 

また、カチカチになったインスタントコーヒーは

風味も相当落ちていますから、

復活しても美味しくありません。

 

固まりすぎてびくともしないインスタントコーヒーは

元に戻す労力もかかりますし、

元に戻せても美味しくないので、

諦めて捨てた方がよさそうです。



スポンサーリンク



インスタントコーヒーが固まらない方法は?

固まったインスタントコーヒーを

復活させる方法はわかりましたが、

そもそもインスタントコーヒーが

湿気で固まらないようにするには

どうしたら良いのでしょうか?

 

ビン入りのインスタントコーヒーの場合

ビンに入ったインスタントコーヒーの場合、

高温多湿を避け、常温で保存します。

ふた、キャップはしっかりと閉めましょう。

 

湿気を避け、しっかり蓋をしておけば

だいたい1か月くらいはおいしく飲めますから、

1か月を目安に飲みきってください。

 

また、ビン入りのインスタントコーヒーは、

開封するとき蓋の中に、更に紙の蓋がしてあると思います。

この紙の蓋のはがし方を工夫するだけで

湿気対策ができます。

 

ベストなはがし方は、

ナイフなどで縁に沿って切り取り、

縁の部分だけを残して平らにするという方法です。

これだと、湿気がかなり入りにくくなります。

 

縁も取ってしまっても問題ありませんが、

縁の部分は糊付けしてありはがしにくいので、

無理にはがすと凸凹になって

湿気が入りやすいですから、

やはり縁は残した方が無難でしょう。

 

縁が残っていれば良いので、

紙の部分をちょっとだけ開けるのもOKです。

使いやすい方法を試してみてください。

 

袋入りのインスタントコーヒーの場合

袋入りのインスタントコーヒーの場合、

開封したら袋の中の空気をできるだけ抜いて、

しっかりと封をしましょう。

 

もちろん、高温多湿を避けてください。

直射日光に当たるのも良くないので、

冷暗所に置いておきましょう。

 

とはいえ袋のまま保存すると

湿気が入る可能性が高く、

空気も完全に抜くのは難しいでしょう。

空気が入ると酸化して風味を損なうので良くないです。

 

袋入りのインスタントコーヒーは、

袋ごと密封できる容器に入れるか、

袋から出して

タッパーや瓶などに移し替えて保存しましょう。

 

湿気の入りにくいオススメの保存容器はこちらです。

 

 

密封性が高く湿気に強いディスペンサーです。

この容器は、適量をカップに入れることができるので

スプーンなどで計る必要がありません。

手やスプーンが触れないのも湿気に強い理由の1つですね。

 

メモリを調節して好きな分量を決められるので、

濃い、薄いなどの調整も簡単です。

1回入れても、2,3回振れば

すぐに同じ分量のインスタントコーヒーを計ってくれます。

 

何個購入しても送料無料、

グラニュー糖や粉ミルクにも対応しているので、

コーヒー用、グラニュー糖用など

複数購入するのも良いのではないでしょうか?

 

袋ごと保管したい場合、こちらはいかがでしょうか?

 

 

プッシュ式のポンプで

簡単に真空状態が作れる密閉容器です。

袋ごと入れて空気を抜けば

酸化や湿気からインスタントコーヒーを

しっかりと守ってくれます。

 

コーヒーの風味を損ないたくない人、

普段あまりコーヒーを飲まない人には

かなりオススメです。

 

様々なサイズがセットになっているので、

食品の保存にも使用できますし、

重ねてコンパクトにしまえるので

場所も取りません。

 

冷蔵庫に入れても良い?

インスタントコーヒーを保存する際は

高温や直射日光を避けた方が良いですが、

冷蔵庫や冷凍庫に入れても良いのでしょうか?

 

結論から言いますと、

冷蔵庫や冷凍庫での保存は可能です。

低温で保存した方が劣化の速度が遅くなります。

しかし、冷蔵庫や冷凍庫に入れる場合に

注意することがあります。

 

インスタントコーヒーを低温の所から

室温に出すと、温度の変化が起こります。

これにより、容器が結露し水滴がつき、

湿気が入ってしまう可能性があるのです。

 

ですから、冷蔵庫や冷凍庫で保存する場合は

水滴をしっかりと拭き取る、

水滴が入り込まないようにするなどして

結露による湿気に気を付けましょう。

関連記事:アーモンド食べ過ぎの副作用!胃痛・下痢・鼻血・肌荒れなどの症状が出る?

 

保存期間はどれくらい?

瓶のインスタントコーヒーは

1か月を目安に飲みきりましょうと言いましたが、

冷蔵庫や冷凍庫に入れた場合は

2か月くらいは持ちます。

 

ちなみに未開封のインスタントコーヒーの賞味期限は

だいたい1年くらいです。

 

とはいえ、上記の保存期間を過ぎても、

インスタントコーヒーは基本的に

腐ったりかびたりしません。

 

風味が損なわれる、味が落ちるなどのことはありますが、

健康には問題なく飲むことはできますから、

保存期間の目安を過ぎたものは

自己判断で飲むかどうか決めてくださいね。

関連記事:もち麦の効果!便秘・血圧・コレステロール・血糖値への効能は?

 

賞味期限が切れたインスタントコーヒーはどうする?

では、賞味期限が切れたインスタントコーヒーは

どうしたら良いのでしょうか?

 

腐っていなければ飲むことはできるでしょうが…

賞味期限が過ぎたものは

あまり口にいれたくありませんよね。

かといって、飲めそうなものを捨てるのももったいない!

という場合は、他のことに使いましょう。

 

定番なのはお部屋や下駄箱の消臭、脱臭です。

灰皿に入れてタバコの臭いを消す、というのも

良く目にします。

 

他にも、溶かしたインスタントコーヒーを

白い木材に塗るとアンティーク調になるので

DIYにも使用可能です。

 

時々、植物の土に

インスタントコーヒーを入れる人がいますが、

カフェインは植物の成長に良くないので

最悪の場合枯れてしまうこともあります。

植物にインスタントコーヒーはあげないでくださいね!



スポンサーリンク



関連記事:コンビニおにぎりが冷蔵庫でパサパサに!正しい保存方法は?

まとめ

湿気で固まったインスタントコーヒーの

復活方法や保存方法をご紹介しました。

 

インスタントコーヒーは

もし固まってしまっても、

ある程度は復活することができますが、

味や風味が落ちてしまうのは

避けられません。

 

ベストなのは保存方法や期間を

しっかりと守ることです。

高温多湿、直射日光を避け、

1か月程度で飲みきれば

固まることはまずありません。

 

せっかく飲むなら美味しい方がいいですよね!

ぜひ対策をしてみてくださいね!