女の子が生まれたご家庭では、桃の節句が楽しみになりますよね。

そして桃の節句といえば、雛祭り、つまり雛人形が必要になるということ。

 

しかし、最近の住宅事情ではマンションやアパートで暮らしているご家庭も多く

雛人形を置く場所がない!なんて諦めている方も多いのではないでしょうか?

お子さんが小さいうちは気付きませんが、保育園や幼稚園に通い始めると

自分のお雛様が欲しくなったりするものですよね。

 

桃の節句は、女の子の健やかな成長の願っての行事なので

住宅事情で諦めてしまうのも、味気ないものですよね。

そこで今日は、マンションやアパートでの雛人形を飾る場所や

飾るコツなどをご紹介してみたいと思います。

これからご出産の予定がある方やお引越しをされる方も必読です!



スポンサーリンク





雛人形を置く場所がない!アパートやマンションは諦めるしかない!?

自分の子供時代には、実家の和室や応接間など雛人形を飾るためのスペースが

十分にあったという方も多いでしょうが、現代では同じようにはいきませんよね。

今住んでいるのがアパート、マンションだと雛人形を置くのは無理かな・・・と

諦めている方も多いようです。

 

しかし、現在でも女の子のいるご家庭では、雛人形や雛祭りの重要性は高い

という意識が強いため、どうにかして雛人形を飾っているお家が多いんです!

 

ですが、みんなどこに飾っているの!?と思うかもしれませんね。

実は、みなさん雛人形についてはかなり計画的に行動されているのです。

まずは現代の雛人形事情を見ていきましょう!

 

雛人形を置く場所は計画的に!

実は新居やマンション、アパートに入居する際には、

あらかじめ雛人形を飾る場所を見越しておくという方が多いんです。

 

そして引越しのときにそこまで考えていなかったという方や

お仕事の都合で転勤や引越しを繰り返しているご家庭でも、スペースは作れる!

ということで、マンション住まいでも雛人形の購入を決める方もいます。

ですので、住宅事情によって諦める必要は全くありません!

 

また雛人形というと、豪華な7段飾りを連想しがちですが

この形式も時代とともに変化しており、男雛と女雛だけを飾る

「親玉飾り」というスタイルが主流になってきています。

2体だけなら、なんとか置けそう!と希望が湧いてきませんか?

 

最近人気がある雛人形の形式としては

そのままの形で収納することができる「収納飾り」です。

屏風台や道具なども一緒にしまうことができるので、小物をなくす心配もありません。

 

収納飾りの雛人形は、台がついているので置くのに適した場所や

テーブルなどがないという場合には、大変ありがたいスタイル。

しかも台自体も華やかで、人形の飾りと統一されているので

非常に華やかな雰囲気が楽しめます。

 

親玉飾りでも決して寂しくないので、コンパクトに飾ることができて

マンションやアパートでもおすすめです。

 

そして「ケース飾り」も人気。

ガラスケースに収納された状態のものを飾るだけなので

なんと言っても人形が汚れることがなく、

ガラスケースを拭くだけなのでお手入れが簡単。

お子さんが小さくて触ってしまうのが心配という場合にもおすすめです!

 

ケース飾りの雛人形でも、このように豪華な五人飾りのものもあります。

こんなに美しい雛人形が自宅にあれば、お子さんの思い出にも残ります!

しかもケース飾りなので、はたきや柔らかい布でガラスのホコリを

払うだけでお手入れが終わります。

 

こういったお手入れならお子さんもお手伝いできますし、

親子で楽しみながらお雛様を眺められますね!

 

マンションやアパートでも飾る場所は確保できる!

では具体的に、どんな場所に雛人形を飾っているの?と疑問が湧きますね。

和室まであるマンションやアパートはなかなかありませんし

転勤などでなかなかじっくり新居が選べない場合、会社指定の社宅に入居

しなければならない場合など、環境は様々。

 

そんな事情を全て考慮すると、飾る場所の候補としては・・・

リビング

玄関

寝室

こういった場所しかありませんよね。

 

ですが和室以外に飾ることがいけないわけでないので、全く問題はありませんよ!

ちなみに例外としては自宅の近所に、自分の両親、もしくは義両親が住んでいる場合に

そちらで飾ってもらい、遊びに行ったときにお雛様を見るということもあります。

この場合には保管もお願いできることがほとんどなので、心配がかなり軽減されます。

 

では、次の項目では飾る場所を選ぶコツやポイントをご紹介してきましょう!



スポンサーリンク



アパートやマンションでの雛人形の飾る場所はどうすればいい?

先の項目で、雛人形を飾る場所の候補として、リビング・玄関・寝室の

3つの場所を挙げましたが、結論から言うとリビングが最適と言えます!

しかし環境はご家庭によって、差があるので

それぞれの場所のメリット・デメリットを確認しておきましょう。

ご自宅の場合に置き換えて考えてみてくださいね!

 

まず、「玄関って良さそうじゃない?」と思うかもしれませんね。

ちょっとした来客の方にも見てもらえるので、たくさんの方に見てもらえますし

お子さんが保育園や学校から帰ってきた時には、

玄関でお雛様が迎えてくれるので喜ぶでしょう。

では、なぜ玄関が最適とは言えないのかというと「風水」の観点にあります。

 

風水では、玄関に人形を置くと運気が全て吸い込まれてしまうと考えられています。

そのためこういった考え方を気にする方がご家族にいる場合には、設置場所としては

避けたほうがいいでしょう。

しかし、うちは誰も気にしない!という場合なら、気にせず飾ってOKですよ!

 

では次に、寝る時にも朝起きた時にもお雛様の顔が見れるし寝室でもよさそう!と

思うかもしれませんね。

しかし、寝室というのはあくまでの寝る為の部屋なので1日の大半は

寝室に誰もいないことになります。

 

人気のない場所に、お雛様を飾っておくのは寂しいですし

おじいちゃんおばあちゃん、もしくはお子さんのお友達やママ友が遊びに来たときでも、

寝室には案内しづらいですよね。

こういった観点から、人に見てもらうことができない寝室に

飾ることは好ましくありません。

 

では最後に、なぜリビングが最適なのかを見ていきます。

玄関と寝室のデメリットをクリアしているだけでなく、

やはりリビングは家族が一番多く時間を過ごす場所です。

そのためお雛様を眺める時間が一番多くなります。

 

短い期間しか飾ることのない雛人形ですから、飾っている期間は

できるだけ多く眺めて過ごしたいものですよね。

ただしリビングに飾るに当たって、気をつけたいのは日当たりと油汚れ。

 

直射日光が当たらない場所に置くことに配慮することと

あまりキッチンに近いと知らないうちに、油が飛んでいた!なんて悲劇もありえるので

キッチンに近いところに置く場合には、汚れないように向きなどを考えましょう。

普通に生活している場合には、湿気はそこまで気にする必要はありませんよ。

関連記事:雛人形はどっちの親が買う?母方と父方どっちなの?

 

日当たりやキッチンから遠ざけることを考えると、

この時期だけ特設でテーブルを設置するという方法も

雛人形への負担が少ないのでおすすめ。

 

こういった折りたたみ式のテーブルなら、使わないときには畳んで

家具の隙間などにしまっておくことができます。

雛人形だけでなく、五月人形やクリスマスツリーなど季節ごとのイベントの飾りに

活躍してくれますよ!

 

ちなみに、すでにお子さんの子供部屋が確保できている場合は

子供部屋に飾るというのもひとつの方法です。

 

ですが、小さいうちはおもちゃ類が多く雑多な環境になってしまいがちで

雛人形が映えないということもありますし、お子さんが雛人形に触ってしまい

汚れや破損の原因になることも十分ありえます。

お子さんの年齢を考慮して、飾れそうであれば子供部屋でもOK!ということですね。



スポンサーリンク



関連記事:雛人形は次女にも買う?つるし雛でもいい?

雛人形を飾る時期としまう時期はいつがいい?

では、最後に雛人形はいつから飾っていつしまうのがいいのかも

しっかり把握しておきましょう!

雛人形をしまうのが遅くなると、お嫁に行くのが遅れると自分の母親が

心配していたことを思い出しませんか?

実はこれは迷信なのですが、女の子のお母さんとしては心配なところですよね^^;

 

まず、雛人形を飾り始める時期は立春(節分の翌日)から2月中旬にかけて。

節分で厄払いをした後に、雛人形を飾るということですね!

ただでさえ雛人形は飾る期間が短いものなので、あまり遅れないように

きちんと準備をしておきたいものです。

 

そして雛人形をしまうタイミングとしては、雛祭りが終わってから2週間が目安。

古くからのしきたりで4月まで飾る地域もあるので、そういった地域にお住まいの方は

もちろんその習慣を優先させてOKです。

 

お雛様をなるべく早くしまうのが好ましいというよりは、お天気のいい日を見計らって

しまうほうが好ましいと言えます。

なぜかというと、お天気のいい日は湿度が低く人形への負担が少ないのです。

仮に雨などでジメジメした日にしまってしまうと、人形に湿気がついたままとなり

翌年、お雛様の箱を開けてみたらカビやシミが!ということがありえます。

 

ちなみに「お雛様をしまうのが遅れると、婚期が遅れる」という話は、

片付けがきちんとできない子は、きちんとした女性になれないので

お嫁にいけないですよ!という教育の一環から生まれた話でした。

あながち間違っていないのかしれませんが、あくまで迷信。

雛人形のコンディションを考えて、お天気と相談してしまいましょうね!



スポンサーリンク



関連記事:お内裏様の持ち物は?服装や頭の飾りについても詳しく解説!

まとめ

いかがでしたか?

マンションやアパートに住んでいるからと言って、

雛人形を諦める必要は全くありませんね!

むしろ最近の住宅事情や、家族事情に合わせたコンパクトな雛人形が

どんどん販売されているので、バリエーションは非常に豊富です。

 

逆に選択肢が多く、どれも素敵で決められないほど。

なるべく早めに雛人形の購入を計画し

コレ!と思える雛人形に出会えるのが理想ですね!

末永く雛人形を大切にしていきましょう。