ピッタリだと思って買った靴なのに

いざ、履いて出掛けようと思ったら

「この靴ちょっと大きいかも・・」

これ、意外とあるあるですよね?

 

そこで、今回は

靴が大きい時の対処法!

 

実は、靴が大きい時は

つま先やかかとに詰め物をするのが

おすすめなのだとか。

 

そんな靴の詰め物について

解説していきたいと思います。

 

靴の詰め物は100均でも売ってる?

一緒に見ていきましょう!



スポンサーリンク





大きい靴を履き続けるとどうなる?

自分の足にピッタリな靴選びって

意外と難しいものですよね?

 

お店で履いた時はピッタリな気がしても

普段履いているとどうもしっくりこない・・

小さかったり、大きかったり。

 

また最近は、ネット通販などで

試し履きをせずに、靴を購入する方も増えている為

自分の足のサイズと合わない大きい靴を

もてあましている方が、意外と多いようです。

 

靴が小さい場合は「無理かな」と

諦め気分になりますが

大きい場合は「だましだまし

何とか履けるかな?」

そんな気もしてしまいますよね?

 

ところが、そのまま

大きい靴を履き続けるのはNG!

 

大きい靴を履き続けていると

歩く時にかかとが浮いてしまったり

靴の中で足が泳いでしまう為

 

靴擦れができる

歩き方が悪くなる

転びやすくなる

姿勢が悪くなる

疲れやすくなる

 

などの弊害が起こる

可能性があるそうです。

 

その為、大きい靴は

自分に合うように調節してから

履くことが大切になるそう。

 

大きい靴の調節方法といえば

インソールなどの中敷きが思い浮かびますが

日本人の足は甲高幅広なことが多い為

インソールだと逆に窮屈になってしまうことも

多いそうです。

 

そこで、おすすめなのが

つま先やかかとに詰め物をして

調節する対処法!

 

このつま先やかかとの詰め物は、特に

「靴の横幅のサイズはちょうどいいけど

縦幅が大きい場合」におすすめの

対処法になるようです。

 

具体的にどんな方法になるのか

次の項目で詳しく見ていくことにしましょう!



スポンサーリンク



靴が大きい時にはつま先に詰め物をするのがおすすめ!

靴が大きい時の対処法!

まず、つま先に詰め物をする

方法から見ていきましょう。

 

つま先への詰め物はスニーカー

ブーツ、パンプスなど

脚先の部分がカバーされている

靴であれば対応できる方法です。

 

実は、このつま先への詰め物は

応急処置的に家にある物でも

出来ちゃいます。

例えは、

 

ティッシュ

いらない布

伝染したストッキング

メラミンスポンジ

 

などになり、これらを

つま先の部分に詰めればOK!

とりあえずの応急処置には

なるそうです。

 

ティッシュや布などは何となく

分かりますがメラミンスポンジって

ちょっとビックリですよね?

 

鏡のウロコ状の汚れなどを

洗剤無しで落とせると人気の

メラミンスポンジですが

これを少し大きめにカットして

つま先の詰め物として使用するといいそう。

 

はじめは違和感があるものの

2~3度履いているうちに

馴染んでくるようですよ。

 

とはいえ、しばらくは家にある物で

対応するとしても、やはりそれ専用

=つま先の詰め物を準備するのも大切!

 

最近は、様々な素材のつま先の詰め物が

市販されているようです。

 

特に人気が高いつま先の

詰め物はこちら!

 

 

つま先に詰めるだけで

大きい靴がピッタリになる

「低反発のつま先クッション」です。

 

低反発のウレタン素材のつま先クッションは

ゆっくり沈んでゆっくり戻る性質なので

足の指に優しくフィット。

 

触り心地はお餅やマシュマロのように

柔らかく痛みを感じにくい上に

パイル生地なので長時間使用していても

ムレにくく、足ムレ対策も出来ちゃいます。

 

また、抗菌防臭加工もされているので

足のニオイが気になる場合も安心。

ニオイの元となるバクテリア菌の

繫殖も防いでくれますよ。

 

市販のつま先の詰め物は

このような「低反発のクッションタイプ」が

多いようですが、中にはプニプニの触感が心地いい

「ジェルタイプ」の詰め物もあるようです。

 

自分に合った詰め物で

大きい靴も快適に

履きこなしちゃいましょう!



スポンサーリンク



靴が大きい時にはかかとに詰め物をするのがおすすめ!

つま先の詰め物に次いで

おすすめなのが、かかとの詰め物!

 

こちらも、つま先の詰め物と同様に

靴の横幅はちょうどいいけど

縦幅が大きい場合におすすめです。

 

靴のかかと部分にクッションになるような

詰め物をして、靴を履くのですが

クッションタイプのものやゴムタイプのものが

市販されているそうです。

 

かかとがカバーされるので

大きい靴による靴擦れの防止にも

なりますよね!

 

また、「靴擦れ」といえば

皆さん靴擦れができると

絆創膏を足のかかとに貼りますよね?

 

実はこの絆創膏、かかとではなくて

靴の方に貼るのがおすすめなのだとか。

 

靴のかかと部分に絆創膏をはることで

かかとの靴擦れをカバーしつつ

大きい靴のかかとの詰め物がわりにもなるそう。

 

とりあえずの応急処置にもいいようなので

かかとの詰め物が手元にない場合は

試してみてくださいね!

 

もちろんかかとの詰め物を

準備することも大切!

かかとの詰め物、今人気の商品は

こちらになります。

 

 

低反発クッションを使用した

かかとの詰め物です。

 

低反発クッションが

かかとに合わせて変形するので

安定感もバッチリ!

 

靴を脱げにくくしつつ

かかとをしっかり守ってくれます。

 

使い方は簡単!

かかと部分にシールで貼りつけるだけ。

こちらも抗菌防臭加工が施されているので

足のニオイが気になる時も安心です。

 

また、かかとの詰め物は、つま先の詰め物と違い

履いている時に見えてしまうので

靴の内側の色に合わせるか

ベージュにしておくことも大切なポイント!

 

お洒落心も忘れずに!

大きい靴を安全に

履きこなしてくださいね。

靴の詰め物は100均に売ってる?

靴の詰め物は100均で

入手することはできるのでしょうか。

 

「欲しいものがあるなら

まずは100均を探そう!」とも

言われている昨今ですから

靴の詰め物も100均に

売っていそうな気もしますよね?

 

正直、人の目に触れるものではないので

できるだけ安く済ませたいものです。

靴の詰め物は100均に売っているのか!

この答えは、

 

100均にも売っている!

 

そうです。

 

大手100均ショップであれば

 

靴サイズ調整つま先クッション

つま先ピッタリクッション

かかと滑り止めシート

 

などの名前で売られているそう。

 

ただ、品数の多さでは「インソール」と呼ばれる

中敷きタイプが多く、色や柄、厚さなど

種類豊富に取り揃えられている為

インソールを可愛い柄に変えてオリジナルの靴に

アレンジして楽しんでいる方も多いそうです。

 

また、そのインソールの中でも

靴全体のインソールではなく

つま先、土踏まず、かかとなど

部分ごとに使える「部分インソール」が

今人気で注目を集めているようですよ。

 

100均で購入したものであれば

もし、靴や足と合わず失敗したとしても

それほど精神的なダメージはないですよね!(笑)

 

詰め物はもちろん、

インソールもいくつか購入して

しっくりくるものを選んでも

いいかもしれませんよね。

靴が大きい時に詰め物以外に対処法はある?

靴が大きい時には、つま先やかかとに

詰め物をするのがいいようで

様々な詰め物が市販されているようでした。

 

・・が!

 

実は、靴が大きい時の対処法は

他にもいくつかあるようです。

 

また、画期的なインソールも発見したので

靴が大きい時の対処法、詰め物以外の対処法を

いくつか紹介させて頂いたいと思います。

 

詰め物以外の対処法①インソール

先程から、何度もインソールや

中敷きの名前は出て来ていますし

靴が大きい時の対処法といえば

インソールを靴の中に敷くというのは

定番中の定番です。

 

ところが、こんな画期的な

インソールがあるってご存知でしたか?

 

 

その名も「極厚インソール」です。

 

そのまま使えば極厚のインソールなので

かなり大きいブカブカな靴でもOKの

頼もしい商品なのですが、それだけではない!

 

なんと!このインソールは

厚さが調節できる「はがせる三層構造!」

 

インソールが3層に分かれていて

1層目と2層目は、つま先、土踏まず、かかと部分を

はがすことができちゃいます!

 

なので、つま先が大きい靴であれば

土踏まずやかかと部分のインソールをはがして使用し

かかとの衝撃を和らげたい場合は

つま先のインソールをはがして使用すればOK!

 

また、つま先やかかとのインソールをはがして

土踏まずのみにすれば、疲れにくい靴に早変わり!

自分の足に合ったインソールに調節できちゃうのです。

 

実に画期的ですよね!

組み合わせ方法としては20通りもあるので

きっとしっくりくる靴に調整できるはず。

 

自由自在のインソールで

大きい靴を心地いい靴に

変えてみてくださいね!

 

詰め物以外の対処法②厚めの靴下を履く

これは足全体を覆っている

靴であればできる対処法です。

 

スニーカーや革靴、ブーツなどには

厚手の靴下を履いて、自分の足を大きい靴に

合わせてしまうといいそうです。

 

厚手の靴下がなければ

靴下を2枚重ねてはいてもいいですよね!

 

ムレるのが気になるようであれば

1枚目はムレにくい5本指の靴下にするのも

おすすめです。

 

女性のパンプスなどの場合は

厚手のタイツを履くことで

5ミリほど足が大きくなるのだとか。

 

大きい靴に自分の足を合わせる!

「なるほど!」と、納得の対処法です。

 

詰め物以外の対処法③靴のバンドを付ける

この対処法は女性用のパンプスのみに

使える対処法になるのですが

足の甲をバンドのようなもので

おさえて固定してくれる「靴用のバンド」があるそうです。

 

シューズバンド

パンプスバンド

シューズストラップ

 

などと、呼ばれていて

これは100均でも市販されているそうです。

 

目立たない透明のものから

リボンやビジューが付いたもの、

カラーバリエーションも豊富に

あるそうなので、靴に合ったバンドを

選ぶといいそうですよ。

 

可愛いオリジナルの靴の誕生!

ちょっと楽しくなりますよね。

 

詰め物以外の対処法④滑り止めをつける

こちらも女性用のパンプスのみの

対処法になるのですが

パンプスなど、かかとのある靴は

靴の中で足が前へ滑りがちですよね?

大きい靴であればなおさらです。

 

そこで、靴の中にジェル状の

滑り止めを貼るといいそうです。

ジェルタイプなので目立ちにくく

足にも優しい為、疲れにくくもなるそう。

 

かなり大きい靴の場合は

つま先の詰め物と合せて使うと

いいそうですよ。

靴を買う時の注意点

靴が大きい時の対処法には

つま先やかかとに詰め物をしたりインソールを敷いたり

様々な対処法はあるようでしたができれば

自分の足にピッタリ合った靴を

選びたいものですよね。

 

自分の足にピッタリ合う靴を

買う為にはどうすればいいのか

靴を買う時の注意点を

最後に紹介したいと思います。

 

靴を買う時の注意点①試し履きは両足履く

靴を買う際、片方の足だけ履いて

「うん、いいかも!」などと

決めていませんか?

 

実はこれはNG!

両足きちんと履くことが

大切なようです。

 

必ず両足履いて、店内を少し歩き

屈んだり、しゃがんだりして

履き心地を試すことが大切!

 

つま先の空間や、かかとの浮き具合など

しっかりとチェックするようにしましょう。

 

靴を買う時の注意点②つま先は少し余裕がある靴がベスト

靴を履いて、つま先までピッタリだと

「ジャストサイズ!」

そう、思ってしまうところですが

実はこれも間違いになるそうです。

 

つま先は1~1.5センチ

余裕がある靴がベストになるそう。

足が靴の中で動くらいの

余裕がある方がいいそうです。

 

店員さんに聞けばチェック

してくれるそうなので

見てもらうといいようですよ。

関連記事:エナメル靴の汚れの落とし方!除光液は効果ある?黄ばみはどうする?

 

靴を買う時の注意点③かかとや横幅はジャストサイズがベスト

つま先には余裕が必要ですが

横幅やかかとについては

ピッタリジャストサイズの靴が

いいそうです。

 

かかとや横幅がしっかりと

固定されていると安定感が出る為

長時間履いていても

疲れにくい靴になるそうですよ。

関連記事:靴のサイズが大きい時の調整方法!つま先やかかとをうまく調節する方法を詳しく解説!

 

靴を買う時の注意点④午後3時以降に買う

足のサイズは午後3時頃が

一番大きくなるってご存知でしたか?

夕方になるこの時間帯は、足がむくむ為

サイズが大きくなるそうです。

 

その為、この時間に靴を試し履きして

買うのがいいそう。

この時間に大きいと感じる靴は

他の時間だと、もっと大きいと感じるはず。

 

自分の足が大きい時間に

あえて靴を買うことで

自分の足とピッタリ合う靴と

出会えるようですよ。



スポンサーリンク



関連記事:女性の足のサイズの平均や分布は?身長との関係は?

まとめ

靴が大きい時の対処法を見てきました。

 

つま先やかかとへの詰め物、

インソールや靴のバンドなど

様々な対処方があるようでしたよね。

 

また、最近は100均でも

豊富な品揃えがあり、

詰め物なども入手できるようです。

 

大きい靴でも諦めずに!

 

自分に合った靴のサイズに調整して

安心安全に履きこなしちゃいましょう!