子供のために買った五月人形も役目を終えたからそろそろ処分しようかときに、

一体どうやって処分したら良いのか悩む事ってありますよね。

縁起物だからそのまま処分するのも気が引けるけど、

粗大ごみとしてそのまま処分することができるならやっぱり楽で良いですよね。

 

そこで今回は、五月人形を粗大ごみで処分できるのかについて解説していきます。

粗大ごみ以外の処分方法や、供養すべきかなどについてもまとめていますので、

五月人形を処分する際の参考にしていただければと思います。



スポンサーリンク





五月人形は粗大ごみで処分できる?他の処分方法は?

五月人形は粗大ごみで処分できる?

結論から言うと、五月人形を粗大ごみで処分することは、可能です。

粗大ごみの捨て方については自治体によって様々あるので、

必ず自治体のホームページなどで確認するか、

直接問い合わせてから粗大ごみとして処分しましょう。

事前に問い合わせてからでないと処分が認められないこともあるので注意しましょう。

 

また、多くの自治体では粗大ごみは有料で、

極端に大きな五月人形でなければ数百円程度で処分可能です。

 

粗大ごみとして処分するときの注意点としては、

ケースと人形、付属品の金属などをきちんと分別してからでないと

粗大ごみとして受け取って貰えないことがある点です。

 

事前にそのあたりについても自治体に問い合わせておくと、トラブルがないでしょう。

 

また、廃棄物処理場に直接持っていくなど、

自治体によっては粗大ゴミとして出すよりも安く済む場合もあるので、

リサーチは大切です。

 

五月人形の処分方法は他にある?

粗大ごみとして処分する他にも、処分方法はいくつかあります。

 

オークションサイトなどに出品する

五月人形は欲しいけど、お金はなるべくかけたくないという方は多いです。

メルカリやヤフオクなどのサイトに出品すると、意外と売れることがあります。

処分する側にとっては、処分費用がかからず、

その上お金までもらえるという一石二鳥の処分方法です。

 

リサイクルショップに持ち込む

上記同様、リサイクルショップに売るという方法もあります。

持ち込めば即日即金で処分が可能であるという身軽さがウリですが、

ショップ側の言い値になるので、想像よりもかなり安くなってしまうことも多いです。

 

知り合いにあげる

知り合いに欲しいという方がいれば、あげることもできます。

男の子が生まれる知人がちょうどいるなら、

ダメ元でも一度聞いてみると良いでしょう。

 

寄付する

福祉施設などに寄付するという処分方法もあります。

自治体に相談してみると紹介してくれることがありますが、

大きく豪華な五月人形でない限り、なかなか引き取り手はないのが現実です。



スポンサーリンク



五月人形は神社で供養してもらったほうが良い?

五月人形の意味

そのそも、五月人形とは子供の厄の身代わりとして家に置くものです。

当然、1人の子供に対して1体の人形というのが五月人形の原則です。

各家庭の考え方によりますが、お古の五月人形というのを好まない家庭も多いです。

そのため、先ほど紹介したような売ったりあげたりという、

引き取り手がいなくても仕方が無いと諦めましょう。

 

また、縁起物でもある五月人形を、粗大ごみとして処分してしまうことに

後ろめたさを感じる方もいるでしょう。

そういったときの処分方法としては、神社による供養がおすすめです。

 

五月人形を神社で供養してもらうには?

神社の多くでは、五月人形のような縁起物を供養して処分してくれます。

ただ、いきなり行っても供養してくれないこともありますので、

事前に「供養を行ってくれるのか」「いつ行けば良いのか」「いくらかかるのか」などを

確認しておくのが良いでしょう。

 

供養代行サービス

なかなか神社に持っていく時間がない、面倒だという方におすすめなのが、

日本人形教会の人形感謝(供養)代行サービスです。

日本郵政のゆうパックと提携したサービスで、

申し込むとお人形差出キットが届くので、それに梱包しておけば、

あとは郵便局員がご自宅まで五月人形を取りに来てくれます。

 

その人形は、毎年10月頃に行われる東京大神宮の「人形感謝祭」にて供養されます。

お電話、Webサイトから申し込みが可能で、受付は一年中行っています。

ただ、10月以降のお申し込みの場合、翌年度の供養となりますのでお気を付けください。

 

五月人形以外にも、兜、ひな人形、ぬいぐるみ、こけし、鯉のぼりなどなど、

普通なら処分に困るものも申し込みが可能です。

また、人形以外のもの、3編の合計が170cm以上、

重量30kg以上のものは申し込みできませんので、ご注意ください。

料金は、1箱5000円となっています。

 

五月人形 兜ケース飾り

創業1711年、江戸で最古の老舗吉徳大光が販売する兜ケース飾りです。

オシャレな六角ケースに、着用できる兜を合わせています。

銀色ベースの兜に伊達政宗の前立を合わせたもの、

金色ベースの兜に上杉謙信の前立を合わせたものの2パターンから選ぶことができます。

 

実際に兜を着用することが出来るので、

お子様の勇ましい姿を写真に収めることも可能です。

サイズもさきほど紹介した供養代行サービスに申し込み可能なので、

処分するときも困らないので大変おすすめです。

 

自分で供養する処分方法

神社に持ち込んだり、代行サービスで処分する方法では、

大体5000円程度の処分費用がかかります。

もう少し安く済ませたいという方は、

自分で供養するという方法もありますので、その手順を紹介します。

 

まずは、五月人形に感謝の気持ちを込めて掃除します。

その後、お清めのための塩をかけて、

白い紙に包んでから処分します。

処分方法は、自治体の指示に従いましょう。

 

お清め塩 500g

国産の海水を使用したお清めの塩です。

お清めの塩は、もともとは神道の考え方に由来するものですが、

現在では邪気を祓うものとして広く用いられています。

 

部屋に盛り塩として置いたり、五月人形のような縁起物を処分するときなどに使えるので、

家にあると気持ちの上で楽になることも多いと思います。

盛り塩固め器とのセットでも購入が可能ですので、ぜひご検討ください。



スポンサーリンク



関連記事:ハトムギ茶の効能!イボや美白・ホクロに効果があるの?

五月人形を処分するタイミングはいつ?

五月人形は何歳まで飾る?

五月人形は、諸説ありますが7歳まで飾るというのが多いようです。

昔の子供は死亡率も高く、「7歳までは神のうち」と言われていたほどで、

7歳を迎えられたら無事に大人になることができるだろうと考えられていました。

この風習の名残で、五月人形の厄除けを7歳まで享受するというのが理由です。

他にも、元服の15歳、成人の20歳を飾る期限とするという説もあります。

 

また、子供が成長して五月人形に興味を示さなくなったら処分するという家庭も多いです。

結局は各家庭の考え方が優先されますので、

処分しようと思ったときがそのタイミングなのかもしれませんね。

関連記事:太る食べ物ランキング!太らない食べ物もご紹介!

 

処分するのに適した時期はある?

五月人形というくらいだから処分するのも五月が良いのだろうか、

などと考えることもあるかもしれませんが、処分の時期はいつでもよいです。

ただ、神社で処分する場合には日程が予め決まっている場合もありますので、

注意しましょう。

 

おうちで楽しむ季節の行事と日本のしきたり

日本の伝統的なしきたりについて、その内容と意味をまとめた一冊です。

フルカラーのイラストが親しみやすく、子供と一緒に読むのもおすすめです。

五月人形の正しい飾り方についても記載があるので、参考になるかと思います。

他にも、大人なら知っておきたい季節の行事について、たくさん学べますよ。



スポンサーリンク



関連記事:靴が大きい時には詰め物!つま先やかかとに!100均に売ってる?

まとめ

いかがでしたでしょうか、

五月人形はきちんと分別を守っていれば粗大ごみとして処分することが可能です。

自治体を利用して処分するのが処分費用も安く済みますが、

オークションやリサイクルショップなどで売ることができる場合もありますので、

あまり処分方法にこだわりがないということであれば、挑戦してみましょう。

 

また、ただ捨てるのが忍びないという場合には、

神社や自宅で供養してから処分するという方法もあります。

供養代行サービスなど、便利なサービスもありますので、

自分にあった処分方法を利用してみてください。