地域によっていろいろな習慣やしきたりのようなものがありますが、

お彼岸に故人を偲んで、お寺に行ったり、お墓参りをしたり、

もしくは親戚のお家を訪ねることがありますよね。

そんな中で、実家のお彼岸のお供えはどうしたらいいんだろう?と迷うことも。

 

自分の実家、もしくは旦那さんや奥さんの実家に帰省することもあるかと思いますが、

そういった場合にも、どこまで何を準備するべきなのかと疑問ですよね。

こういった行事では行き届いていないと失礼に当たったり、

「何も知らないお嫁さん!」と義母さんに思われたりしたくないという

気持ちは女性ならば少なからずあるでしょう。

 

そこで、今回はお彼岸のお供えについて金額の相場や

手土産を用意するなら、どんなものをどんな風に準備しいけばいいのか

まとめてご紹介しますので、ぜひ知識として身につけておきましょう!



スポンサーリンク





実家のお彼岸のお供え金額の相場はいくら?

まず、そもそもですがお彼岸のお供えは、実家にも用意したほうがいいの?と

思う方もいるかもしれません。

ご両親が気を遣って、そんなのいいよ~と言ってくださっているお家もあるようですが、

実のところは、実家にもお供えは用意するのがマナー。

あくまでご先祖様を偲び、感謝するという行事ですからね!

 

そこで気になるのは、金額の相場。

低く見積もりすぎると恥ずかしい思いをしそうですし、

高すぎると相手に気を遣わせてしまうので、かえって迷惑になることも。

 

一般的に、金封として用意する場合には3000~5000円。

品物で用意する場合には、2000~3000円の範囲で準備しましょう!

基本的には、金封か品物のどちらかを準備すればいいのですが

もし両方必要という場合には、合計で5000円くらいになるように

準備すれば間違いはありません。

 

そして金封の場合には、のし袋に入れて準備しますが、

表書きは「御供物料」や「御仏前」などと、予め印字されているものを使えばOK。

のし袋は地域によって色が違ったりするので、

お住まいの地域から遠く離れたご実家に帰省される場合は、

そちらで購入した方が確実でしょう!

 

実家に行けない場合はどうする?

お仕事の都合やお子さんの事情などで、

どうしてもお彼岸に実家を訪問できない場合はありますよね。

そんな時も、「行けないからまぁいいか」と済ませるのではなく、

郵送するという手段で、故人への感謝を示しましょう。

 

では、いつまでに届くように手配すればいいのか?

結論から言うと、お彼岸の中日までに届くように送りましょう!

お彼岸というのは1年に2回あり、彼岸入り・中日・彼岸明けという期間があります。

 

この中日というのは、春分の日もしくは秋分の日なので

帰省できない場合には、しっかりカレンダーをチェックして、

ぬかりないように手配しておきましょうね。



スポンサーリンク



お彼岸の手土産は何がいい?NGやマナーもご紹介!

お彼岸のお供えは金封ならば準備もシンプルですが、

現金だと相手に気を遣わせてしまうのではないかという思いから、

品物で手土産を用意することのほうが多くあるかもしれませんね。

では、どんな手土産がいいのかをご紹介していきたいと思います!

 

定番、失礼にならないのはコレ・・・

お菓子

お酒

果物

 

故人の好きだったもの

義両親の好きなもの

ろうそく、お線香のセット

生花、フラワーアレンジメント

 

とくにお菓子や、お酒、果物はお彼岸の時期になると

デパートやスーパーの売り場でも、専用のものが売られていたりするので便利。

しかし、お彼岸というとぼたもち、もしくはおはぎというイメージがありますよね?

もちろんお供え物として必ず用意するものではありますが、

外から来る人が準備するよりは、どちらかというと実家で用意するものです。

 

しかも、実家の習慣などでぼたもちは誰が作って用意するというような決まりごとが

あったりする場合もあるので、ぼたもち・おはぎは避けたほうがよいでしょう。

同様に、毎年お酒を持ってくる方、果物を持ってくる方というように

お供え物の準備の分担が決まっていることがあるので、注意しましょう。

 

お供え物がカブってはいけないということはありませんが、

せっかくなら違うものを用意していきたいですよね。

そういう場合、選びやすいのはやはりお菓子です。

 

お菓子を選ぶときに注意しておくポイントは、

「ご先祖様にお供えした後にみんなでいただく」ということ。

それを考慮すると、生菓子は避け、できるだけ日持ちするもの。

そして個包装になっているもののほうが、分けて持ち帰るときにも扱いやすいです。

 

集まりの中にお子さんがいると分かっている場合には、

和菓子ばかりではなく、こういったゼリーなどもあると

後で喜んで食べてもらえそうですよね!

 

ゼリーなら日持ちもしますし、個包装されているので、

お供えなどにはもちろん、ちょっとした贈答用として重宝する品でもあります。

 

そんなに大勢が集まらないと分かっている場合には、

義両親が好きなものや、後で美味しく食べてもらえそうなものを選んでもOK。

何人くらい、どんな方が集まるのか事前に聞いておいたほうがいいということですね。

ご結婚されて間もなく、分からないことばかりという場合には

義母さんに聞いたり、旦那さんに聞いたりしてリサーチしておくのがいいですよ。

 

甘いものはあまり食べないとか、体のために甘いものは控えている

という方もいますよね。

そんなときには、お菓子よりもお線香のほうが喜ばれることもよくあります。

 

こういった贈答用のお線香なら、故人へのお供えに最適ですし

普段、仏壇に手を合わせる場合にも必ず使うものなのでもらって困るものではありません。

お彼岸だけでなく、お盆のお供えとしても使えますし

突然の訃報に、駆けつけることができない場合にお悔やみの気持ちを伝える品としても

使えるので、覚えておくといいですね。



スポンサーリンク



関連記事:お彼岸団子の供え方や意味!作り方も詳しく解説!

 

身内でも手土産に熨斗紙は必要?

熨斗紙をかけると、いきなり他人行儀な感じがしてしまいますが

身内へのお供え物でも熨斗紙はつけていくのがマナーです!

とくにご結婚されて、最初のお彼岸はマスト。

きちんと整えていって印象が悪くなるということはありませんからね。

 

しかし集まりの際に、他の方が熨斗紙なしで品物を準備されているようなら

次回からそうすればOK!

 

ちなみに熨斗紙というのは、慶事やお中元、お歳暮など贈答品に使用するもの。

お彼岸のお供えのように仏事や弔事などに使用する場合には「掛紙」と言います。

 

デパートなどでお菓子を購入して包んでもらうときには、

こちらも熨斗紙と言わないようにし、お供えに使うことを伝えれば、

掛紙をかけてもらえるでしょう。

なにがあってもお祝い用の熨斗紙をつけてはいけませんよ!

 

また掛紙をつけたときには、表書きが必要になりますね。

本来であればフルネームを書くところですが、身内だけの集まりなら

苗字は省いて、名前だけ書けば大丈夫ですよ。

 

ちなみに掛紙ものし袋と同様、地域によって色が違ったりします。

デパートであれば、他の地域の掛紙を揃えていることが多いので

包んでもらうときに、どこの地域のお供えなのか伝えると

ふさわしいものを用意してもらえるので安心です。

関連記事:お彼岸の訪問時の服装やマナーは?お供え物のおすすめは?

 

お花をお供えするときにはコレに注意!

仏壇にお供えするのであれば、お菓子などの食べ物で問題ありませんが

お墓にお供えするとなると、そうもいきませんね。

最近では、短時間であっても食べ物のお供えは禁止している墓地もあります。

これはカラスやサルが食い荒らしてしまうので、禁止されているのがほとんど。

しっかりマナーは守りましょう。

 

お墓へのお供えとなると、お花を用意するのが一般的ですよね!

お花屋さんでその旨を伝えて、ふさわしいお花を用意してもらうのが安心。

お彼岸の場合は、お祝いではないので赤やピンク系のお花は使用せず

青や白でまとめてもらうのがいいですよ。

 

そして、こういった場合にNGとされているお花もあるので覚えておきましょう。

まずバラやアザミのようにトゲのあるもの。

昔は厄病避けに使われていたということから、お供えにはふさわしくないとされています。

 

ほかには、つる性のもの。

巻きついていないと自立できない花は、お供え用には向いていません。

また、当然と言えば当然ですが、香りが強すぎるもの、毒のあるもの、

黒い花びらのものなども、あまりふさわしいとは言えません。

 

しかしながら、故人が大好きだったお花がNGとされるようなお花だった場合は

避ける必要もないとされています。

とくにバラが好きだった方などは多くいらっしゃいますよね。

そういったお供えとして、ちょっと特殊なお花を供える場合には、

まわりのお墓や墓地の管理に迷惑がかからないように気をつけましょう。



スポンサーリンク



関連記事:お墓参りの線香は消す?そのままでいい?後始末について詳しく解説!

まとめ

いかがでしたか?

お彼岸のお供えと言っても、堅苦しく考える必要はありませんよ!

ご自身のお住まいの地域や、旦那さん奥さんの実家の地域やお家の習慣さえ

事前に聞いておけば、品物選びも難しくありません。

 

あくまで故人やご先祖様を偲ぶ、感謝を伝える期間ですから

金額や品物の内容にこだわりすぎる必要もありません。

普段なかなか顔を合わせない親戚の方にも会える機会にもなりますので、

みなさんでお参りをして、ゆったり過ごすのもいいですね。