香典の用意はいつも突然のことになります。

それは,人が亡くなる

という出来事が突然のことだからです。

 

そんなときに慌てふためく

ことのないよう,今一度

確認しておくことをおススメします。

 

そこで今回は,ご香典について

 

ご香典に包む金額は?

お札はバラで5枚・10枚でもいい?

お札が偶数になるのはNG?

 

などの疑問をまとめました。



スポンサーリンク





香典の金額はどのくらいがいい?

香典に包む金額は,亡くなられた方との

関係性によって異なります。

 

大体の金額の目安としては,

 

血の繋がりのある親族→1万円以上

仕事関係・友人関係→5千円

ご近所の方→3千円

 

この金額を目安にご香典を用意します。

 

ただし,明確な金額が

決められている訳ではなく

ある程度の基準として考えておきましょう。

 

亡くなられた方との

交流関係によってもまた

変動しますし,特に,仕事関係や

友人関係であった場合

悩みの種となります。

 

仕事関係・友人関係の場合,

その交流度合いによっては

5千円でいいのかな...

お世話になっているし

1万円以上包むべきじゃ...

 

と悩む方が多いです。

 

香典の金額で悩むときはどうする?

ご香典を用意するときに

悩むのが,いくら包むべきか?

という点です。

 

特に悩ませるのが,

5千円か1万円か,です。

 

5千円という金額は,濃すぎない繋がりで

かつ,薄すぎる訳ではない

ちょうど良い関係,というイメージが強く

仕事関係で直接的に深く

付き合っていた関係や,

友人関係の中でも仲が良かった場合,

 

5千円が良いのか

1万円が良いのか,に悩みます。

 

香典に包む金額で5千円か1万円で

悩んでしまう場合は,

5千円で良いと思います。

 

香典をお渡しする側としては

生前とてもお世話になった・

とても仲良くさせてもらった,

という想いがあるのでしょうが,

 

受け取る側としては気を遣ってしまう,

という問題があります。

 

ご香典を受け取る側は

香典をいただいた方に向けて

“香典返し”をします。

 

この香典返しでは,受け取った香典の

何分の1かの金額のものを

お返しとして渡します。

 

当然,ご香典の金額が高いと

香典返しも高価なものを

お返しすることになります。

 

その点での気の遣い方が

親族からの1万円とは

また別物になります。

 

それに,受け取る側としても

故人が仲良くしていた方だといって

「こんなに仲良くしてたのに

5千円かよ...」とか絶対思いません。

そんな不謹慎なこと思う人いません。

 

という訳で,ご香典に包む金額で

5千円か1万円かで悩む場合,

5千円の方が良いです。

 

香典をお渡しする側の金銭的負担の面でも,

ご香典をいただく側の気遣いの面でも,

 

仕事関係や友人の方の葬儀で

香典の金額に悩むのならば,

5千円の方が良いと思います。



スポンサーリンク



関連記事:香典袋の金額で横書きの書き方は?薄墨で書くの?

香典は千円札を5枚・10枚のバラでもいい?偶数の枚数は避けるべき?

香典に包む金額が決まり,

次の悩みとしてお札は

千円札のバラでも良いのか,

という点ですよね。

 

香典を5千円と決めて,

千円札を5枚で良いのか

5千円札を入れるべきなのか。

 

1万円と決めて,

千円札を10枚で良いのか

5千円札を2枚はどうか

1万円札を入れるべきなのか。

 

これについては,

いくつかの意見があります。

 

お札はバラで包んでも

1枚で包んでも

どちらでも良いとし,

 

それ以上にお札の向きを

合わせることが大事だ

とする考えもあれば,

 

お札を複数枚包むことは,

「故人との関係が切れバラバラになる」

とされ,縁起が悪いとして

基本的にお札は1枚で包むのが良い

とする考え方もあります。

 

私個人的な考えを述べさせてもらうと,

バラでも1枚でもどちらでも良い派です。

 

受け取る側もそこまで

気にしていない,という

話を聞いたことがあるからこそ,

私はどちらでも良いと思っています。

 

また,香典に包む金額は

奇数が良く,偶数はNG

という話を聞いたことがありませんか?

 

これは,奇数が陽数

偶数が陰数として

知られているからです。

 

これについても,

そこまで気にする必要は

ないでしょう。

 

ただし,4と9については

不吉な語呂合わせが

明確なので,避けておいた方が良いです。

4は死,9は苦の語呂となってしまいます。

 

一目瞭然に不吉だと

見られる数字には気を付けましょう。

 

まあ,香典に4千円や9千円は

不吉以前に中途半端なので,

わざわざその金額を

選ぶようなことはしないようにしましょう。



スポンサーリンク



関連記事:香典袋へのお金の入れ方!向きや中袋なしの場合も詳しく解説!

香典に包むお札に新札はNG?香典の包み方の注意点とは?

香典を用意するときに

良く耳にするのが新札はNG,という話です。

 

基本的にはNGとされ,

一度使用したお札を包むのが良いでしょう。

香典に新札が包まれていることは,

その不幸をあらかじめ

待っていた,とされるようです。

 

新札はとっさの時には

手に入らないものであり,

それを訃報という

突然の不幸の時に用意できるのは,

その不幸を待っていた

とされてしまいます。

 

この考え方についても

そこまで気にしていない

という人も多いです。

 

受け取る側としても

新札だからといって

マナーが悪いとは思わないし,

嫌な気持ちになることもない

という人が多いです。

 

そのため,新札かどうかは

そこまで気にする必要は

ないと思います。

 

新札しか用意していない場合,

新札を包むしかありませんし

気にしてしまう方は

半分に折って折り目を付ける

という対応をすると良いですよ。

 

香典袋に入れるお札の向きの注意点

まず,お札には裏表が

あることを知っておきましょう。

 

人物の絵がある方が表

人物の絵がない方が裏です。

香典に包む際は,

お札の表が香典袋の裏側になる

ように入れましょう。

 

香典袋の表からは

お札の裏が見える向きが正しいです。

 

これは受け取った側が

金額を確認していくときに

分かりやすいように,

というのを気遣ったマナーです。

 

 

香典を連名で渡す場合の注意点

香典は,個人のもの以外に

連名で渡すこともあると思います。

 

そんなとき,連名分の

お札を集めると,

枚数が多くなるでしょう。

 

集めたお札をそのまま

香典に包んでしまうことは,

枚数が多くなり,

数える側の負担になります。

ある程度の大きい金額の

お札に替えて包みましょう。

 

これも受け取った側への

気遣いのマナーですね。

 

また,連名とする場合でも

一人ひとりが用意する金額は

個人で渡す場合と同額を

用意するようにしましょう。

 

故人との関係性で5千円と

判断したならば,

連名する場合も一人5千円を

出し合いましょう。

 

それがマナーです。

 

ただし,連名で集めた金額が

キリが悪く,語呂的に悪い場合は,

調整をしてキリ良くしましょう。

 

香典袋の書き方の注意点

お札を包む香典袋の

表書きにも注意が必要です。

 

なぜなら,香典の表書きは,

宗教や宗派によって変わるからです。

 

故人が信仰している

宗教に合わせて

表書きを変える必要があり

注意が必要です。

 

一般的には“御霊前”という表書きが

使われることが多いです。

 

この“御霊前”は

多くの宗教で使うことが出来,

故人の信仰する宗教が

分からない場合などにも

使うことが出来ます。

 

ただし,故人の信仰宗教が

分かっている場合は,

それに合った最適な表書きを

書くのが良いでしょう。

 

仏式であった場合は

“御香典”“御香料”“御仏前”

などの表書きが良いです。

 

神式であった場合は

“御玉串料”“御榊料”,

キリスト教式であった場合は

“お花料”などの表書きが良いです。

 

そうは言っても,

故人の信仰していた宗教が

何か,というのは

深い交流があったとしても

知らない人が多いと思います。

 

そのため,一般的には

“御霊前”が使われますし,

 

◯式だと思って

◯式の表書きを書いたら

△式だった,表書きを間違えた,

ということもあるでしょう。

 

書き間違えてもマナー違反だ!と

怒られることはありませんが,

気を付けましょうね。

 

そして,香典袋の裏側には

住所・氏名・香典の金額を書きましょう。

 

住所や氏名を記入するのは,

遺族が香典返しの確認や

故人との関係を

把握するために必要になります。

 

香典の金額を記入するのも,

香典袋との照らし合わせにも

必要になります。

 

さらに,喪中はがきを送る時にも

必要になるので,

書き忘れのないように

注意しましょう。

 

そして葬式などの弔事の場合は

薄墨で書くことが一般的です。

 

こういった名前スタンプも

販売されています。

この商品は慶事,弔事用に

黒と薄墨どちらにも

使い分けることが出来るので

使用用途はたくさんありますよ。

 

筆ペンで字を書くのが苦手

綺麗な字で書けない

と悩む方はこういった商品を

使うのも良いでしょう。



スポンサーリンク



関連記事:香典は薄墨で書くの?中袋はボールペンでもOK?

まとめ

今回は香典について

ご香典に包む金額は?

お札はバラでも良い?

お札が偶数はNG?

 

などをまとめました。

 

香典袋の書き方にも注意が必要です。

 

香典のマナーについては

諸説あり,気にする必要もない

とする人も多いです。

 

どこまで気遣うべきか

難しいラインではありますが

自分の基準で良いでしょう。

 

受け取る側もそこまで

気にしませんし,それで不快にさせる

ことはほぼありません。

 

故人への想いを込める

ことが大切になるとおもいます。

 

最後までご覧いただきありがとうございました!