退職される方に心に残るような

暖かい送別会を行いたい!

 

司会進行役は

その中でも大切な役目です。

 

でも、初めての司会って

緊張するしどうしたらいいか

わからないという不安もありますよね。

 

こちらでは送別会の司会進行の例文や

台本をご案内します。

 

ぜひ参考にしてみてください。



スポンサーリンク





定年退職の送別会の司会に決まったらまず初めにすることはなに?

地域によって

送別会のスタイルは様々です。

 

なので、まずは前回の

送別会のシナリオがあれば

それを手に入れましょう。

そうすることでどういった雰囲気か

ある程度把握することができますよ。

 

もし手に入らなくても

どういった内容だったか

前回参加した方に

確認してみるのもいいかもしれません。

 

幹事と司会進行を兼任する場合ですが、

その次に大切なのは

「日取り」「会場探し」です。

 

送別会は可能であれば退職される方の

最終出勤日当日か

そこから1週間前後以内がおすすめです。

 

退職される方の

都合のいい日を選びましょう。

 

送別会をする時期はだいたい被りますから

早めに会場を探して

予約しておくことが大事です。

 

和やかで温かい送別会にしたい場合は

その雰囲気にあった

お店選びをするようにしましょう。

 

「予算」ですがあまり少なすぎても

多すぎてもよくありません。

 

10人から20人ほど集まるのであれば

2500円~4000円以内

高齢の方が10人未満ならば

3000円~5000円ほどと考えましょう。

 

次に大切なのは「贈る言葉」などの

挨拶をしてもらう人を決めておくことです。

 

当日挨拶する人も

事前に知らせておいたほうが

準備することができて安心です。

 

なるべく早めに決めておきましょう。

 

こちらも、司会者と幹事を

兼任する方向けですが

ここまでの準備が終わったら

次は案内状を準備しましょう。

 

案内状に必要な内容は

送別会の目的、場所、時間

会費の4つです。

 

だれが見てもわかるような

内容にすることが大切です。

 

そして、招待する側の人には

「招待状」を送るようにしましょう。

招待状の中に

誤って会費を書き込まないように

気を付けてください。

 

これで、事前準備は完了です。

早め早めに準備することが大事ですね。



スポンサーリンク



関連記事:飲み会の断り方!メールの例文を会社や取引先についてご紹介!

定年退職の送別会当日の司会進行の台本

送別会の司会は何度やっても

緊張しますよね。

 

温かくて心に残る

送別会にしたいですよね。

 

ここからは

退職者の挨拶や祝辞などの

タイミングやタイムスケジュールに

配慮した例文や台本を

ご紹介したいと思います。

 

まずは、台本から確認していきましょう。

 

【台本】

開会前の確認

開会の言葉

発起人(社長)挨拶

乾杯

会食・歓談

祝辞

記念品贈呈

退職者の挨拶

手締め

閉会の言葉

二次会への案内

 

送別会は大体2時間で

行われることが多いです。

なので台本を見ながら

時間配分をしていくといいでしょう。

 

開会の言葉や発起人挨拶は短めに

時間をとって記念品贈呈や

退職者の挨拶は多めに時間を

とるとバランスよくなりますよ。

 

送別会なので、

どうしても湿っぽい空気になりがちですが

 

定年まで勤め上げたことに

敬意を表して

つらいこともあったが

いい会社員生活だったと

思えるように

 

司会の人は明るい雰囲気で

進行していきたいですね。



スポンサーリンク



関連記事:会社のバーベキューの服装は?手土産のマナーについても詳しく解説!

定年退職の送別会当日の司会進行の例文!

【開会前の確認】

人数が半数以上なら

開始してかまいませんが

半分満たない場合は

もう30分ほど待ってみましょう。

 

人が集まっても、式が始まる前ですから

全体的に会場はざわついている状態です。

だんだんと式を始められるような

状態にもっていきましょう。

 

「間もなく送別会を開会します。皆さん席にお着きください。」

「後5分ほどで開式しますので、皆さんご準備のほどよろしくお願いします。」

 

こういった感じで

会場にアナウンスしましょう。

 

その際に

司会者はあまりその場から

動かないほうがいいでしょう。

 

人が席に着いて静かになってきたら

一言「ご協力ありがとうございます」

と伝えましょう。

 

【開会の言葉】

席に皆さんついたら始めましょう。

 

「これより、○○部長の送別会を始めます。」

 

または

 

「ただいまより、○○部長の送別会を始めたいと思います。

○○部長はこの度定年を迎えられ、○月○日を持って

退職されることになりました。

これまでの長年のご功労をねぎらって、本日は送別会を開かせていただきたいと思います。」

 

「○○さんは本日が最終ご出勤日となります。大変名残惜しくありますが、

お世話になった○○さんをぜひ盛大に送り出して差し上げましょう。」

 

【発起人(社長)挨拶】

「それでは、本日の発起人の

△△課長から一言ご挨拶をいただきたいと思います。

△△課長お願いいたします。」

 

【乾杯】

発起人挨拶が終わったら

すぐに乾杯の音頭を

取ってもらうように促しましょう。

 

「それでは乾杯に移りますので、ご準備をお願いします。」

「ご準備ができましたらお立ちください。」

「では乾杯を行いますので、○○さん、乾杯の音頭をおねがいします。」

 

乾杯の音頭をとる時は、

挨拶を担当した人か、

その人より一つ役職が下のひとに

頼むようにしましょう。

 

【会食・歓談】

乾杯後は会食・歓談にすぐ入ります。

「それでは皆様、しばしご歓談をお楽しみください。」

 

【祝辞】

歓談で席を離れていたり

グループになって話しているかと思いますので

いったん席に戻るように促します。

 

「ご歓談中ですが、ここでご出席されている皆様から祝辞を

頂戴したいと思います。」

 

「○○さん、この度はご定年並びにご勇退、誠におめでとうございます。」

「ご在職中は、優しく丁寧に、そして時には厳しくご指導いただき

私たちもここまで成長することができました。メンバーを代表して

お礼申し上げます。」

 

勤続年数が長い場合は

各勤務先で声をかけましょう。

 

そこでの功績やエピソードを

話していただくことで

その人の人柄がわかり主賓の印象が深まります。

 

もし、この時に主賓が

立たない場合は司会者が

一言声をかけましょう。

 

「○○さん、恐れ入りますがその場にお立ちください。」

関連記事:定年退職の送別会の締めの挨拶例文!送られる側の文例もご紹介!

 

【記念品贈呈】

「それでは、引き続き記念品の贈呈を行います。

○○さんお願いします。」

 

「それではここで、長い間お世話にいなった○○部長に

お祝いの品を送りたいと思います。

△△部を代表して、○○さんから、記念品と

寄せ書き色紙の贈呈です。」

 

挨拶が済んだすぐ後に

プレゼントを渡すようにするのが

贈り物で一番いいタイミングになります。

 

記念品のほかに

花束や寄せ書きした色紙

なども添えるといいでしょう。

 

花束にはこんなものはどうでしょう。

 

 

花瓶がなくても自立する花束です。

水を変えなくても

ゼリー状に固めた吸水剤で

そのまま飾っておくことができます。

 

送られた側も安心して

受け取ることができますね。

 

袋に入れて送ることもできますよ。

 

【退職者の挨拶】

「それでは、○○部長から、一言ご挨拶をお願いいたします。」

 

送られる側の挨拶は

送別会では最も重要です。

 

当人の気持ちの準備もあるので

タイミングを図って声をかけましょう。

 

また、時間も長くかかりがちなので

時間調整ができるように

あらかじめ余裕をもって

タイムスケジュールを組みましょう。

 

大体全体終了の30分前ほどに

行うのがいいですね。

 

【手締め】

「そろそろお開きの時間が迫ってまいりました。

最後に、○○部長の前途を祝し、

手締めを行いたいと思います。

皆様、ご起立願います。

それでは、□□課長お願いします。」

 

「宴もたけなわではありますが、ここで閉会の挨拶に移りたいと思います。

□□課長お願いします。」

 

ここで地域によっては

万歳三唱のところもあります。

 

こちらは、上から2番目程度に

偉い立場にある上司にお願いしましょう。

 

すでに乾杯の音頭をお願いしてしまった場合は

同じくらい偉い方か一番近い地位の方に

お願いするようにしましょう。

 

挨拶は、同じ人ばかりに被らないように

上の方にまんべんなく

割り振るようにしましょう。

 

 

【閉会の言葉】

「名残惜しいですが、これをもちましてお開きとさせていただきます。

○○部長、これからのご活躍とご健康を

お祈りしています。

皆様、○○部長を盛大な拍手で送りましょう。」

 

「○○部長、新天地でますますご活躍されることを

お祈り申し上げます。」

 

「それでは皆様、お忘れ物のないようご確認の上、お気をつけて

お帰りください。ありがとうございました。」

 

 

【二次会への案内】

「ご案内申し上げます。

二次会はこの後○○時から○○で行います。どうぞ皆様ご移動を

お願いします。」

 

締めの挨拶が終わったら

速やかに会場を去るように促しましょう。

 

締めの挨拶で全員がひと段落ついた

頃を見計らって、二次会の誘導を

するとスムーズに進みますよ。

 

終了後は代行や、皆さんの見送り、会計など

いろいろとやることがあるので

最後まで気を引き締めて行いましょう。



スポンサーリンク



関連記事:一本締めの挨拶例文!正しいやり方も詳しく解説!

まとめ

送別会の司会進行は

事前準備からやることが

沢山ありますから

間違いのないように

段取りよく行いましょう!

 

まちがっても、送られる側から会費を

もらわないように気を付けて

 

心温まる思い出に残るような

送別会にしていきましょう!