バーベキューの炭の火起こしが苦手、という方は多いです。

うちわでずっと扇いでいるのに全然火が付かないし…という方は、

もしかしたら炭の組み方があまり良くないのかもしれません。

実は、炭は上手に組めばあまり労力もかからずに火が付きます。

 

今回は、バーベキューで使える簡単な炭の組み方を解説していきます。

また、火力の維持には欠かせない炭の継ぎ足し方についても解説しますので、

ぜひバーベキューに出かける前に一度読んでみてください。

 

最後には炭の火起こしに使える便利な商品も紹介しているので、

ぜひ参考にしてください!



スポンサーリンク





バーベキューの炭の組み方!シチュエーション別に解説!

炭の火起こしはバーベキューで必須の工程の一つですが、

慣れていないとなかなかスムーズに着火させることはできません。

でも、炭の組み方を少し工夫するだけで、

かなり楽に火をおこすことができるようになりますよ。

 

まずは、必要な物品ですが、

着火するためのライターやマッチ、火種となる着火剤、風を送るためのうちわ、

軍手や耐火グローブ、炭を掴むためのトングがあれば十分でしょう。

あれば便利なものとしては、焼き台を保護する厚めのアルミホイルや

電動の送風機、火起こし機などが挙げられます。

 

ではまず、着火剤を使用する場合の炭の組み方を解説していきます。

最近では当たり前に使われる着火剤ですが、

ヘタに使うと余計にたくさん使ってしまってもったいないです。

 

一番簡単なのは、炭を8の字に並べる組み方です。

炭を何個か重ねて8の字に厚みを持たせたら、

丸の部分に着火剤を置いて火を付けます。

着火剤全体に火が付いたら、穴の上に炭をかぶせて待ちましょう。

適宜うちわで風を送ると早く着火されますが、

放置しておいてもちゃんと着火しますよ!

 

もう一つは、円錐状に炭を立てる組み方です。

最初に着火剤を二つほど置き、それを中心に円錐状に炭を組みます。

組み終わったら中心の着火剤にチャッカマンなどを使って火を付けましょう。

ライターしか無くて火が届かない場合は、

円錐の外からさらに着火剤を1本中の着火剤に触れるように差し込み、

その着火剤に点火してください。

 

着火剤を使わない場合には、火種となる新聞紙や木の枝などが必要になります。

組み方は、炭を立てるのがポイントです。

煙突状に炭を組み、その中央に火種を入れて下さい。

新聞紙はねじったり丸めたりしておくと火が長持ちするのでおすすめです。

ただ、着火剤を使うよりもかなり時間がかかります。

変に動かすと熱が逃げてしまうので、とにかく待つのがポイントです。



スポンサーリンク




バーベキューの炭の継ぎ足し方を解説!

上手く炭を起こせたとしても、

しばらく肉などを焼いていると火力はだんだん弱まってきますので、

バーベキューの中では、何度も炭を継ぎ足していく必要があります。

 

続いては、バーベキューの炭の継ぎ足し方について解説していきます。

 

炭の継ぎ足し方の一番のポイントは、火の起きている炭の下に入れるということです。

火の起きている炭の上から新しい炭を置いてしまうと、

網へ伝わる熱が一気に遮断されてしまい、肝心の料理が全然焼けなくなってしまいます。

また、新しい炭に火が付いたとしても下側なので、結局ひっくり返さなければなりません。

 

ただ、焼けている炭の下に入れるというのも、言うほど簡単ではありません。

そこでおすすめしたいのが、あらかじめ炭の火力分けをしておくというテクニックです。

例えば長方形の焼き台であれば、向かって左側に炭を多めに摘み、

右側へ向かって徐々に減らしていくという感じです。

 

炭を継ぎ足したいときには、まずは右側の炭の少ない側に新しい炭を入れて、

左側の燃えている炭をその上に重ねていきます。

そうすることで、炭を継ぎ足しながら火力の勾配が反転した形になります。

 

火力の勾配をつけておくことで、料理も最適な温度で焼くことができますし、

炭の継ぎ足しも簡単になるので、非常におすすめです。

 

もう一つの継ぎ足し方のポイントとしては、早め早めの継ぎ足しを心掛けることです。

一度炭の火力が弱くなってしまうと、

新しい炭に火が付くまでに時間がかかってしまいます。

炭の火力は、強い分にはどうにでもなりますが、

弱くなってしまった火を強くするのは難儀です。

少し火が強くなってしまっても、早めに継ぎ足すと失敗しにくいです。

 

継ぎ足しでの注意点としては、

炭の継ぎ足しが上手くいかなくて火力が物足りないと感じても、

着火剤を追加してはいけないということです。

 

炭が燃えている中に着火剤を入れると、瞬く間に大きな火があがります。

網の上の食材は一気に焦げますし、なにより危険です。

特に液状の着火剤は爆発する可能性もありますので、

絶対に燃えている炭に着火剤を入れてはいけません。



スポンサーリンク




関連記事:バーベキューで盛り上がる食材はコレ!面白い変わり種もご紹介!

バーベキューの時に便利な炭の火起こしグッズを紹介!

ここからは、バーベキューの時にあると便利な火起こしグッズを紹介していきます。

どれも高価なものではありませんが効果は抜群なので、

ぜひ今年のバーベキューでお試しください。

 

着火剤 文化たきつけ(18本入り)

おがくずを圧縮して油を染みこませた着火剤です。

炭の火起こしと言えば、まずはこの着火剤が定番でしょう。

非常にリーズナブルですが、着火力は申し分ありません。

この着火剤と炭さえあれば、バーベキューがすぐできますよ。

 

固体燃料 キャプテンスタッグ

使い方が少し上級になりますが、固体燃料タイプの着火剤もあります。

炭に直接塗り、火を付けてください。

必要な分だけ出せるので、ムダが無くエコに使えるのが特徴です。

また無臭で着火力も強いので、バーベキュー時にはもってこいです。

ただ、先ほども紹介したように、燃えている炭の中には決して入れないようにしてください。

 

炭焼き名人 火起こし器

うちわなどで扇ぐのが大変だ、という方には火起こし器がおすすめです。

火起こし器は煙突効果による上昇気流を利用して、

全く扇ぐこと無く火を起こすことができる優れものです。

こちらの商品なら価格も1000円ほどの手頃なタイプなので、

バーベキューは年に数回というライトユーザーにも大変おすすめですよ。

畳むとかなり薄くなるので、収納の場所もあまり取りません。

 

バーベキューファン 送風機

こちらの商品は、ガンタイプの送風機になります。

握るだけで送風できるので、うちわに比べるとかなり楽に火を起こすことができます。

さらに電源や電池は不要なので、いつでも使用可能というのが強みですね。

 

また、1点集中で風を送れるので、効率良く着火出来ますし、

握る強さや速度で風量が調整できるので、灰を舞わないように送風したりなど

お手頃な割に使い勝手はかなり良いです。



スポンサーリンク




関連記事:結婚式のふくさの色は?黒や紫でもOK?男性も必要?

まとめ

バーベキューでの炭の火起こしは、最初のイベントでもありますので、

そこで躓いてしまうとこの先のバーベキューがどんよりしてしまいますよね。

きっとお腹が空いて待っている人もいるでしょうし、

今回紹介した炭の組み方を参考にしながら、サクッと着火を済ませてしまいましょう。

 

また、火が弱くなってしまう前に早めの継ぎ足しを意識しながら、

火力の勾配を上手に利用して炭を継ぎ足して下さい。

最近では火起こしのための便利グッズがたくさん出ていますので、

それらを上手に使って、労力を最小限に火起こしができると良いですね。

 

楽しいバーベキューになることを祈っています。



スポンサーリンク