5月のイベントと言えば、ゴールデンウィークですが

5月5日のこどもの日も、お子さんがいるご家庭では欠かせませんよね。

ですが、結局こどもの日って何をしたらいいの?と思っている

お母さんもいるのではないでしょうか。

 

そこで今日は、こどもの日にすることや食べるものを

まとめて詳しくご紹介したいと思います!

ぜひ次のこどもの日の過ごし方の参考にしてくださいね!



スポンサーリンク





こどもの日には何をする?みんながすることを教えて!

まず、こどもの日といえば定着している一般的なイメージは

鯉のぼりをあげることですよね!

もちろん、こどもの日の大切なモチーフです。

その他に思い浮かぶことは、鎧兜や菖蒲湯などでしょうか?

これも定番の過ごし方には間違いありません。

 

ですが、こどもの日は男の子のためのお祝いというイメージもありませんか?

実際のところは、こどもの日は男女関係ないのです!

 

そもそもこどもの日の由来はご存知ですか?

歴史は非常に古く、さかのぼると江戸時代以前に起源があります。

この頃は、宮中行事や厄払い行事として行われていたそうです。

たしかにこの時代には、男の子のための行事でした。

 

しかし今のような形になったのは、昭和23年からと言われています。

「子供の人格を重んじ、子供の幸福をはかるとともに、母に感謝する」

という意味を持たせ、国民の休日になったことをきっかけに

男女関係なく、子供のための祝日となったのです。

 

そして鯉のぼりや鎧兜など、男の子のためのイベントを連想させる

要素も、由来を知ってみると男女関係ないということがわかりますよ。

 

まず、鯉のぼりの由来は江戸時代に立身出世のシンボルとして

鯉の滝登りを幟(のぼり)に描いていました。

この時代には、乳幼児の死亡率が高かったことから、子供が健康に育ちますように

という願いがこめられていたそうです。

そのため鯉のぼりは、性別関係なく子供たちみんなのためにあるんです!

 

そして鎧兜、五月人形に関しては厄受けの意味があります。

人の姿をした人形が、厄を代わって引き受けてくれるという信仰があったそうです。

そのため、これも男の子のためだけではないんですね。

 

しかしどうしても、強そうな鎧兜や金太郎の姿は男の子向けの印象が・・・

これには「たくましい男の子に成長しますように」という意味があるそうです。

だから強そうな姿をしているんですね!

 

最後に、菖蒲湯の由来をご紹介します。

これは鎌倉時代にまでさかのぼります。

この時代には、武士が強くなることを「菖蒲」と表現していたそうです。

そこから時代の変遷があり、菖蒲が「尚武」になり、「勝負」という言葉に

変わっていったと言われています。

 

また菖蒲の葉っぱが、剣に見えることから

武士の男の子の成長を祝う意味があったとも言われています。

このことから、菖蒲湯には男の子に強くなって欲しいという願いが込められて

いたという説があります。

 

しかし菖蒲という植物は、香りが強く魔物を避けてくれるという効果があります。

そのことから、やはりこれも女の子に共通する願いですね。

菖蒲はお風呂に入れるだけでなく、玄関に飾ったりもしますよ!

 

こんな便利なパックタイプの菖蒲湯の入浴剤なら

いつでも気軽に楽しめますね!

ゴミも出ないので、お風呂掃除もラクラクですし

薬剤なども不使用の無添加なので、小さな子供にも安心!

 

さらにお風呂上りの湯冷めもしにくいので、冷え性の方にもおすすめです。

一年中使いたくなる一品ですよ。



スポンサーリンク




関連記事:五月人形の飾る場所!玄関はok?マンションの場合は?方角についても詳しく解説!

こどもの日には何を食べる?定番料理とレシピもご紹介!

こどもの日には、なにか特別な料理を用意しないといけない?と

疑問に思っている方もいるかもしれませんが、

料理というよりは、お菓子を用意する必要がありますね!

 

定番中の定番は、柏餅!

どうして柏餅なの?と思われるかもしれませんが、

そこにはとっても素敵な意味があります。

 

柏という植物は、新しい目が出て育つまで、古い葉が落ちることがありません。

この特徴が「子供が成長するまで親が死なない」ということにつながり、

子孫繁栄や、跡継ぎが耐えないという縁起を担ぐようになったのです。

こんな縁起のいい食べ物だと知れば、ありがたみもひとしおですね!

 

そんな柏餅はお店で買うだけでなく、お家でも簡単に作れるんです!

せっかくの機会なので、お子さんと楽しく手作りしてみませんか?

 

用意するものは、柏餅8個分の分量で

上新粉 160g

砂糖大さじ1杯

あんこ 160g

柏の葉 8枚

 

上新粉、砂糖、水250ccを耐熱容器に入れ、よく混ぜます。

ラップをかけて電子レンジ(500w)で3分加熱したら、

水で濡らした麺棒などでよくこねましょう。

 

再びラップをして、3分加熱。

またよくこねて生地を8等分します。

生地を丸く平らに伸ばし、予め8等分しておいたあんを包んで

柏の葉で巻いたらできあがりですよ!

こんなに簡単にできるお菓子だとは思いませんでしたよね。

 

ちなみに、あんこが苦手なお子さんなどには

クリームやフルーツなど、洋風アレンジにしてあげても

美味しく食べられますよ!

 

柏の葉は、欲しいと思ったとき探しても

意外とスーパーで見かけることは少ないものです。

柏餅を自宅で作りたいときには、まず柏の葉をゲットしておきましょう。

 

こどもの日のパーティーなどでもっと大量に葉が欲しい場合には

大容量のものもあるので、必要に応じて買い分けできますよ。



スポンサーリンク




そして、もうひとつの定番と言えば、ちまき。

こちらは災いや厄を避ける意味があり、中国の風習に由来しているそうです。

しかも本来ちまきを結んでいた糸は、赤・青・黄・白・黒の5色で

これが鯉のぼりの吹流しの色にも反映されたと考えられています。

 

ちまきは、本来笹の葉で巻いた細長いお餅ですが

柏餅もあって、お餅ばっかり食べられないなという時や

夕食などのメニューに活かしたい場合には、もち米で作った中華ちまきでも

代用はできますよ!

 

お菓子のちまきも自宅で簡単に作ることができます。

団子の粉(もち米:米=4:1)500gだけで、

お餅の部分はあっという間にできあがりますよ!

 

混ぜ合わせた粉に、熱湯を少しずつ加え、

耳たぶくらいの柔らかさになるまで練ります。

コツはここでしっかりこねておくこと!

お団子のコシを出すのと、食べるときに笹の葉に引っ付くのを防いでくれますよ。

あとは好きな大きさに、お団子をちぎって笹の葉で包みましょう。

 

笹の葉で包むのはお子さんにとっては少し難しいかもしれませんが、

家族で食べるぶんには、巻き方はどんな形でもOK!

見栄えよりも、自分で作ったということに意味がありますよね!

 

笹の葉も意外と手に入りにくいので、必ず前もって準備しておきましょう。

ちまき以外にも、お寿司や魚料理などに敷いたりすることも使えます。

 

こういったちょっとした彩で、普段の食卓がぐっど豪華になるので

多めに買っても、他の使い道がたくさんありそうですね!

とくにお客様を自宅に招いて食事をするときや、

ホームパーティーの際には、料理の見栄えをぐっとあげてくれるので重宝しますよ!



スポンサーリンク




関連記事:鯉のぼりの種類!色の順番や意味についても詳しく解説!

まとめ

いかがでしたか?

こどもの日は、男の子のためのお祝いと思っていた方にとっては

意外だったのではないでしょうか。

女の子のお子さんにも、十分楽しめる日なので

とくに柏餅やちまきを一緒に作れば、親子のコミュニケーションにもぴったり。

 

ぜひ、次のこどもの日は家族みんなで楽しんでくださいね!



スポンサーリンク