家族や友達、またコンパなどでもバーベキューをする機会は多いですよね。

楽しいイベントですが、意外と困ってしまうのが炭の処理ではないでしょうか。

特に張り切ってたくさん買ってしまって余った!ということもよくありがちです。

 

ただ炭はきちんと後始末をしないと山火事の原因になったり、

また消えたと思っていたら再び火がついたりして危険なこともあります。

基本的に持っていった炭は持ち帰るのがマナーですが

きちんと火を消した上で、丁寧に持って帰る必要があります。

 

それに炭はまず1回で使い切ることはできないので

上手に処理をすればまた使うことができます。

再利用も視野に入れた正しい消し方と、

バーベキュー以外にも覚えておきたい炭の再利用方についてもご紹介します。



スポンサーリンク





バーベキューの炭の処理方法は?

バーベキューで使う炭は、きちんと火を消さないと

また発火したりするためとても危険です。

炭の消し方には、大きく分けて3つあり、どの方法でも炭は再利用できます。

一回着火した炭は「消し炭」といい、次に使う時着火しやすくなります。

 

バーベキューの炭の処理方法①密封して空気を遮断して消す!

炭をきちんと消す方法の一つが、空気を遮断して消す方法です。

密封出来ればいいので、お菓子やおせんべいが入っている蓋付きの缶に

炭を入れるのが一番簡単です。

ただしこの方法だと容れ物がかなり熱くなってしまいます。

子供やペットが触らないように注意する必要があります。

 

うっかりの事故を防ぐためには、炭の火を消す専用の道具を使う方法があります。

アウトドア用品に火消し壺というものがあり、中に炭を入れて蓋をし、消火します。

その他、炭を使って魚や野菜を焼く七輪に

蓋がついて火消し壺代わりに使えるものもあります。

 

アウトドア用の火消し壺です。

持ち手がついていて運びやすくなっています。

 

この消火方法をする場合、炭はかなり高温となるため

容器と設置している場所が草地の場合は発火する可能性があります。

必ず下に石を置く、もしくはコンクリートのある場所でおこなうようにしましょう。

 

バーベキューの炭の処理方法②水に炭を入れて消す

お家でバーベキューをした時、すぐに消すことができるのが

水に炭を入れる方法です。

 

花火の火消しをする時と同様に、こちらのようなトタン製バケツを用意する、

もしくはお家にある片手鍋などに水を張り、その中に炭を入れます。

 

炭はかなり高熱になっているため、

入れた途端にかなりの量の煙と音が出ます。

さらに再利用するためには、天日干しで時間をかけて乾燥させる必要があります。

水分が残っていると火がつかないので、しっかり乾かしましょう。

またこの方法だと完全に消えていないこともあります。

 

バーベキューの炭の処理方法③そのまま消えるのを待つ

炭を使った七輪やコンロに入れたまま、自然に消えるのを待つ方法です。

ただしものすごく時間がかかります。

またこの方法だと炭が灰になってしまい、再利用がほぼできません。

何度か再利用した炭か、もしくは少量の安い炭の場合にこの方法で消しましょう。

 

特にバーベキューで大量の炭を使った場合は、

消火するにも時間がかかります。

 

こちらのようなセットを用意しておけばスムーズですよ。

色々使える炭周りセットです。

 



スポンサーリンク




バーベキューの炭の処理の注意点や保管の仕方は?

キャンプ場などでは、炭の処分場が設置されていることもありますが

基本的には使った炭は持ち帰らなければなりません。

またちょっと多めに買ってしまった場合は、次に使うまできちんと保管しましょう。

使った後の炭の処理と余った炭の保管方法を詳しくご紹介します。

 

バーベキューで使った炭は持ち帰る!その方法は?

炭の消火方法について先にご紹介しましたが、

密封する方法でも炭が完全に消えるまでは時間がかかります。

それに炭が消えるまで待つ時間がない!ということもありますよね。

 

一番危険な方法は、燃やした炭を日当たりの良い場所に放置することです。

温度が高くなると炭が再燃することがあります。

必ず涼しい場所に置くようにしましょう。

 

火消し壺は炭が熱いまま入れることができますが、

こちらも冷めてから持ち運ぶのが基本です。

再燃すると蓋が内側から開くこともあります。

ロックができない容れ物の場合は、上から石などを重しに使いましょう。

 

バーベキューで使った炭は持ち帰りが基本!やってはいけないことは?

炭を消火し、処理する際にしてはいけないことは2つあります。

まず、炭が入ったコンロに直接水を入れること。

これは灰がまき散らされ、周りの利用者にも迷惑をかけるだけでなくコンロも傷みます。

さらに残った炭や灰を水に流したり地面に埋めることもしてはいけません。

これは環境破壊だけでなく火事の原因ともなります。

 

再利用できる炭は、水を張ったバケツに入れるか、

火消し壺に入れてそのまま持ち帰ります。

そして残った炭の欠片や灰は、万が一の発火に備えてアルミホイルに包みます。

間違っても新聞紙には包まないようにしましょう!

 

 

水に入れて消した場合でも、炭はアルミホイルに包みます。

炭の処理以外にも使うことが多いので準備しておきましょう。

 

余った炭は、密封して空気に触れないようにして保管します。

また燃やした炭を冷まして再利用する場合も同様です。

 

特に炭は空気に触れると、水分や臭いを吸収してしまいます。

販売されている炭は、段ボールの中にビニール袋で包まれて入っていますが

開けた時からどんどん湿気ていると考えておきましょう。

特に備長炭は水分を吸い込むと、発火するまで水分が抜けないため

着火時に激しくはぜ、炭が飛び散って危険です。

 

必要な炭を取り出した後は、ビニールで厳重に包み、シリカゲルを入れましょう。

保管する際には入っていた段ボールのままでもいいのですが、

密封出来るガラス容器だと臭い移りがないのでおすすめです。



スポンサーリンク




関連記事:バーベキューの炭の組み方!継ぎ足し方についても詳しく解説!

バーベキューの炭の再利用方法は?

炭は再利用ができますが、

前に使ってから時間が経ちすぎているものやきちんと

保管ができていなかったものは

燃やすと悪臭を放ち、はぜて割れ、飛び散ったりして危険です。

 

炭はバーベキューだけでなく、七輪でも使えますので

アウトドアでバーベキューをした後、七輪で再利用するという方法もありますが

しばらく使う予定がない場合は、再利用しましょう。

 

バーベキューで処理した炭の再利用方法①<プランターや庭で使う>

使った炭の再利用方法の一つとして、プランターの底に入れて使う方法と

土に混ぜる方法があります。

 

炭は水はけを良くしてくれるので、

プランターの底に入れる小石と同じような働きをします。

また灰と一緒に土に混ぜると、根の生長を助けて土が良くなります。

 

ただし畑などの広い場所でない限り、炭を庭にまくのは余りおすすめができません。

逆に土のアルカリ分が増えすぎてしまい、植物が枯れてしまうからです。

 

再利用で庭にまく場合は、あくまでも少量にしておきましょう。

またプランターで使う場合も、底に敷くだけにしておきましょう。

なお、炭は土に埋めても分解されませんので注意が必要です。

 

 

バーベキューで処理した炭の再利用方法②<消臭剤や入浴剤として使う>

よく洗った炭をしっかり乾かしてから、

布の袋に入れて下駄箱に置くと消臭剤代わりに使えます。

また同じように布の袋に入れた炭をお風呂に入れると、

お湯がアルカリ性になるため疲労回復に役立ちます。

 

ただし元々消臭や水をきれいにするために作られた炭を、

バーベキュー用に再利用することはやめましょう。

吸い込んだ臭いが燃焼によって悪臭に変わってしまいます。

 

再利用した炭も、臭いを吸い取らなくなったら処分するようにします。

ただし地域によって処分方法が違います。

燃えるゴミとしてではなく、燃えないゴミとされている場合や、

別に炭だけをまとめて出すことになっていることもあるので注意しましょう。



スポンサーリンク




関連記事:会社のバーベキューの服装は?手土産のマナーについても詳しく解説!

まとめ

バーベキューで使った炭の消火方法や処分の仕方、

さらに余った炭の保存方法についてご紹介しました。

いかがだったでしょうか?

 

バーベキューでたくさんの炭を使った後、

正しく消火しなかったり、ルールを守らず持ち帰らない人がいると、

山火事の原因になったり、自然を壊すことにもなりかねません。

 

バーベキューに限らずレジャーをした時には、

持ち込んだものは責任を持って持ち帰るのがルールです。

また炭はなかなか火が消えないため、消火したつもりでも

帰りの車の振動や車内の温度上昇で再加熱することもあります。

 

炭の怖さや危険性について、

家族でもよく話し合うようにし、怪我をしないようバーベキューやキャンプを

楽しむようにしましょう。



スポンサーリンク