2017年7月にサイゲームスが、セリエAの名門チームであるユベントスと

スポンサー契約をして大きな話題になりましたよね。

 

サイゲームスというと、 『神撃のバハムート』や

グラブルで知られる『グランブルーファンタジー』などのヒット作を生み出している

会社です。

 

サイゲームスは、スポーツのゲームがメインというわけでもなく、

サッカーのイメージがあまりなかったので、このスポンサー契約は意外でした。

 

そんなサイゲームスが気になったので、今回は、サイゲームスとユベントスの契約金額や

ロナウドが出演しているCMなどについて調べてみました!


スポンサーリンク


サイゲームスってどんな会社?

サイゲームスは、名前からも分かるかもしれませんが、

サイバーエージェントの子会社です。

サイバーエージェントは、芸能人が数多く使用している「アメーバブログ」や

インターネットテレビの「AbemaTV」で有名な会社です。

 

サイゲームスは2011年に設立された若い会社ですが、

多くのヒット作を開発していて、

現在は従業員2000人以上を抱える大企業に成長しています。

わずか数年で従業員数も2倍以上になっているので、

かなりすごいスピードで会社が大きくなっているのがわかります。

 

2017年の決算によれば、サイゲームスはサイバーエージェントグループで

一番の利益をたたき出しました。

その利益は何と133億円です!

サイゲームスは、もはやサイバーエージェントグループの中心といっても

いいような会社になっているといえますね。

 

サイゲームスは、「M-1グランプリ」や「キングオブコント」など

色々なお笑い番組のスポンサーもしています。

ゲームだけでなく、お笑いなどのエンタメに理解のある会社なのでしょうね。

関連記事:財布の使い始めに良い日2019!風水でベストなのはこの日!

ユベントスってどんなチーム?

ユベントスはイタリアのセリエAに所属するチームです。

セリエAはイタリアの1部リーグのことです。

日本で言うとJ1ですね。

 

セリエAは世界でも非常に高いリーグで、欧州サッカー連盟UEFAが発表した

ランキングによれば、スペイン・イングランドに次いで、

ヨーロッパ第3位のレベルの高さとなっています。

サッカーのレベルが最も高いヨーロッパで第3位ですから、

世界でもトップクラスのレベルの高さといえるでしょう。

 

そのレベルの高いセリエAにおいて、ユベントスは2011~2012のシーズンから

2017~2018のシーズンまで7回連続で優勝しています。

世界でもトップクラスのセリエAで長期間優勝し続けているのですから、

世界でも最強クラスのクラブチームなのは間違いないでしょう。


スポンサーリンク



関連記事:手術成功祈願・お守りで有名な神社!関東と関西についてご紹介!

サイゲームスとユベントスの契約金額は?

そんな超名門チームユベントスとスポンサー契約したサイゲームスですが、

契約金額は一体いくらぐらいなのか、気になりますよね。

調べてみたところ、正式な契約金額は発表されていませんでした。

 

現在、ヨーロッパのビッグクラブとスポンサー契約をしている日本企業は、

楽天と横浜ゴムです。

楽天は、世界でもトップレベルに有名なバルセロナと、

横浜ゴムは、イングランドのプレミアリーグの名門チェルシーと

スポンサー契約をしています。

 

このスポンサー契約の金額ですが、楽天は1年間で約65億円程度、

横浜ゴムは1年間約60億円程度と報道されています。

 

このことから考えると、サイゲームスの契約金額もこれに近い金額のようにも

思えてしまいますが、楽天と横浜ゴムはユニフォームで一番目立つ胸の

スポンサーとなっています。

これに対して、サイゲームスはユニフォームの背中のスポンサーとなっています。

 

Jリーグの基準だと、背中のスポンサーは胸のスポンサーに比べて大体2分の1から

3分の1くらいの契約金額になるようです。

ですので、サイゲームスのユベントスとのスポンサー契約の金額は、

大体20億から30億円くらいではないかと予想されます。

 

楽天や横浜ゴムに比べて少ないとはいえ、20億から30億というのは

とても大きな金額ですよね。

サイゲームスはかなりお金持ちの企業といえるでしょう。

関連記事:合格祈願!大阪で有名な神社やお寺はココ!

サイゲームスはサガン鳥栖とスポンサー契約をしていた!金額は?

実はサイゲームスは、ユベントスとスポンサー契約をする前に、

2015年から2018年まで、J1のサガン鳥栖とスポンサー契約を締結していました。

 

サッカーJ1だと一番高い胸スポンサーで年間2~3億円が相場といわれています。

サイゲームスは、サガン鳥栖と年間5億円でスポンサー契約をしていたそうです。

これは通常の相場の約倍なので、とても高い金額ですよね。

 

サガン鳥栖は、J1では比較的規模の小さいチームですので、

なぜそんなに高い金額を出すのか気になって調べてみたところ、

サイゲームスの社長である渡邊耕一さんが、佐賀県出身というのが

大きいようです。

 

渡邊耕一社長は、かなりのサッカー好きでサガン鳥栖の試合にも

頻繁に足を運んで観戦しているとのことです。

 

このサガン鳥栖とサイゲームスのスポンサー契約は、2018年で終了してしまったので、

一番の大口スポンサーが消えてしまったサガン鳥栖は、この先資金面で

苦労するかもしれないですね。

 

サイゲームスとしては、J1のサガン鳥栖から、セリエAのユベントスへと

スポンサー対象が変わったのですから、すごい変化ですよね。

会社がそうとう急成長していることの証明といえそうです。

 

サイゲームスのロナウド出演のCMがすごい!

ユベントスには世界のトッププレーヤがたくさん所属していますが、

その中でも一番有名な選手が、クリスティアーノ・ロナウド選手です。

サッカーのことはほとんど知らない人も、クリスティアーノ・ロナウド選手は

知っているというくらい有名な選手ですよね。

 

サイゲームスは、このロナウド選手も出演するCMを作成して、

話題になりました。

このCMは、サイゲームスが試合のスポンサーを務めたホームゲームの

開幕戦からの映像だそうです。

モノクロで取られていて、臨場感があってかっこいいですよね。


スポンサーリンク


まとめ

正確な金額は不明ですが、サイゲームスがかなりの金額をユベントスに

スポンサー契約で支払ったことは間違いないでしょう。

日本有数の大企業である楽天とそこまで違わない金額を使っているのですから、

サイゲームスの資金力はかなりのものです。

 

ユベントスのユニフォームをきっかけに、サイゲームスが

海外でも有名になって、世界中でプレイされるゲームを

どんどん開発してほしいですね!

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!


スポンサーリンク