年の前半である上半期の感謝の気持を込めて

お世話になった方に送る、お中元。

 

いつまでに送るか、正確な時期ってご存知ですか?

 

何となく「梅雨が明けてから送る」

ということは、分かっていても

ちょっと自信がなかったりしますよね。

 

しかも、お中元は地域によってその時期が異なるのだとか!

今回はそんなお中元を送る時期について調べてみました。

 

関東、関西、東海、九州、東北などの

地域ごとの違いも詳しく調べましたので

合わせて紹介していきたいと思います。

 

しっかりチェックして失礼のないお中元を

送るようにしましょう!



スポンサーリンク





そもそもお中元って?お中元の由来やはじまりは?

お中元をいつまでに送るのか、その時期を見ていく前に

まずは、そもそもなぜお中元がはじまったのか

その由来を、改めて見ていくことにしましょう。

 

そこを理解することで、お中元の時期の意味や

地域によって差がある理由が見えてきますよ。

 

お中元とは、夏の暑い時期にその年の前半にお世話になった方に、

感謝の気持やその方の健康を願って贈り物をする

日本の古くからの習わしですよね。

 

この習わしはその昔、中国からやって来たそうです。

 

中国では三元と呼ばれる、

上元(1月15日)

中元(7月15日)

下元(10月15日)

 

など、年に三度の大切な日があり

この三元の日は天神様の誕生日とされて

お祝いにお供え物をしていました。

 

これを、道教の思想といい

この思想が後に日本にやってきたそうです。

 

そしてさらに

 

この7月15日の中元に仏教から伝わってきた

盂蘭盆会(うらぼんえ)=お盆が重なったことが

お中元のはじまりになります。

 

お盆の習慣のひとつに「盆礼」と呼ばれ、霊前に供える物を

親やお世話になった親戚、近所の人との間で

やりとりをする習慣があるのですが、

これが先の中国の中元と結びついたのです。

 

その為、お中元には先祖の霊にお供え物をするとともに

お世話になった方や、目上の方にも贈り物を送る習慣が

生まれたそうです。

 

お中元とは中国の思想「中元」と仏教の「お盆」が重なって生まれた

習わしだったのですね。

 

いずれにしても、昔も今もお中元には

 

「いつもありがとうございます」や、

「この贈り物で、夏の暑さを乗り切ってください」

 

など、相手を敬い感謝して

健康を願う気持ちが込められているのですね。

 

改めて、大切にしていきたい日本の習わしのひとつですよね。



スポンサーリンク




お中元はいつまでに送る?地域によって差があるのはなぜ?

さて、そんな由来で誕生したお中元ですが

さらに掘り下げて、お中元の時期について見ていきましょう。

 

7月15日の中元とお盆の時期とが重なって生まれたお中元ですが、

先にも触れましたが、地域によってお中元をいつまでに送るのか、

その時期には差があるようです。

 

地域ごとの具体的な時期については後程詳しく解説させて頂きますが、

まず、なぜこの差が生まれるのか気になりませんか?

 

お中元をいつからいつまで送るかその時期を大きくわけると2つで、

 

7月初旬~7月15日頃(主に関東地方)

7月中旬~8月15日頃(主に関西地方)

 

になります。

 

なぜ、このような差が出来たのかというと、

それは、地域ごとにお盆を迎える時期が違うことにあるようです。

 

現在、日本では新盆(7月)と旧盆(8月)に分かれているのですが

これは、明治時代に行われた改暦によって生じた違いになります。

 

改暦によって、旧暦から新暦に変わったものの

地域ごとの行事の日にちなどが統一されずに

今日まで至っているのです。

 

それにより、同じ日本であっても関東地方は新盆でお盆を迎え、

関西地方は旧盆でお盆を迎えています。

 

お盆の時期に合わせてお中元を送る風習があることから

その結果として、

 

関東では関東のお盆に合わせた、7月

関西では関西のお盆に合わせた、8月

 

などの差が生じているようです。

同じ日本なのにお盆を迎える時期が違うって

少し不思議な気もしますよね。

 

地域ごとのお中元の時期を

しっかり見極めて送ることが大切なのですが

1ヶ月も差があると

 

「気付いたら、お中元の時期が過ぎていた!」

などということも有り得ることですよね。

 

そんな場合は、熨斗を「お中元」から「暑中お見舞い」や「残暑お見舞い」に

変えて送るといいそうです。

 

が!

 

ここでも地域ごとのお中元の時期の差による

ズレに注意が必要です!

 

例えば関東などの7月初旬から中旬までが

お中元の時期とされている地域は

 

7月15日までは、お中元

7月16日~8月7日頃(立秋)は、暑中お見舞い

8月7日頃(立秋)以降は、残暑お見舞い

 

になりますが、関西などの7月中旬から8月中旬までが

お中元とされている地域は

 

8月15日までは、お中元

8月16日以降は、残暑お見舞い

 

になります。

 

とはいえ、最近では関東のお中元時期の早まりの影響で

全国的にお中元時期が早くなっていて

その差が徐々に狭くなっているそうです。

 

また、「色んな地域に送るお中元、一度に手配を済ませたい!」

そんな場合には、どちらの地域にも重なる

7月15日をメドに送るのがいいですよ。

 

万が一時期を逃してしまっても熨斗を変えることで

気持を贈ることは出来るのですね!

 

もちろん「お中元をいつまでに送る!」と

しっかりインプットしておくことが一番大切ですが、万が一の時の為に

こちらの熨斗紙を用意しておくと安心かもしれません。

 

 

シンプルな蝶結びの熨斗紙です。

蝶結び・花結びの熨斗紙は何度あってもいい祝いごとや、

ご挨拶に使われる熨斗紙です。

 

お中元にはもちろん、暑中お見舞いにも残暑お見舞いも使えますよ。

お歳暮や御年賀にも使えるので

常備しおいてもいいかもしれませんよね。

 

また、少し親しい相手だったら

こんな可愛い熨斗紙もありますよ。

 

 

思わず「まぁ、可愛い!」頬が緩んでしまいそうな熨斗紙に

きっと贈られた相手の方も喜んでくれるはずです。

 

また、熨斗紙に必須なのが表書き用の筆ペン!

 

 

筆ペンだけど「本物の筆に近い」と

言われている筆ペンです。

 

カートリッジ交換タイプなので長く使えるのも嬉しいですよね。

筆ペンって苦手な方、多いですよね!

私も大の苦手で、書く時に緊張してしまいます。

 

カートリッジタイプのこの筆ペンで

日頃から存分に練習しておくといいかもしれませんよね!

 

とはいえ、出来る限りお中元をいつまでに送るか・・

地域ごとに差もあり大変ではありますが、

しっかりインプットしておきましょう!



スポンサーリンク




関連記事:葬式のハンカチの色は?白でもいい?男性と女性で違う?

関東・関西・東海・九州・東北、それぞれのお中元時期は?

感謝や健康を願う気持ちを込めた、贈り物。

そんな意味合いを持つお中元なので多少、送る時期がズレてしまったとしても

不快に感じる人は少ないかもしれません。

 

また熨斗を変えて送れるという方法があることも分かりました!

 

とはいえ、せっかく贈るのですから相手の地域のお中元時期に合わせて

少しの失礼も無いように送りたいものですよね!

 

そのほうが気持ちも伝わるような気がします。

 

そこで最後に、関東、関西、東海、九州、東北の地域別に

お中元をいつまでに送ればいいのか、

具体的なその時期を、それぞれ紹介していきたいと思います。

 

しっかりチェックして相手の地域のベストな時期に

心のこもったお中元を送るようにしましょう。

 

関東のお中元はいつまでに送る?

東京、神奈川、埼玉、千葉、栃木、群馬、茨城の

関東地方のお中元時期は

 

7月初旬~7月15日頃になります。

 

ただ、最近はお中元も宅急便で送ることが多いですよね?

 

宅急便の場合、お中元時期の混雑緩和の為に

早期割引などの特典をつくり、

6月下旬から配送を始めていることもあるそうです。

 

相手との関係が、時期のズレを気にしないような関係であれば

早めに送ってもいいかもしれませんよね。

 

関西のお中元はいつまでに送る?

近畿地方を含めた関西、

大阪、京都、奈良、兵庫、三重、滋賀、和歌山

などの地域は7月15日~8月の15日頃になります。

 

先にも挙げましたが、関東と関西とのお盆の時期の違いから

生じている時期の差ではあるのですが、

最近は、関東、特に東京の影響もあり

関西も時期が早まりつつあるようですよ。

 

東海のお中元はいつまでに送る?

長野、岐阜、静岡、愛知などの東海地方の

お中元は関西と同じで

7月15日~8月15日頃になります。

 

ただ、静岡や愛知の都市部では

7月にお盆を迎える地域もあるようです。

 

特に名古屋では、同じ名古屋地域内であっても

7月と8月とで、お盆の時期が異なることがあるそうです。

 

東海地方の方に送る場合は相手のお盆の時期を

一度確認したほうがいいかもしれませんね。

 

九州のお中元はいつまでに送る?

福岡、佐賀、長崎、大分、熊本、宮崎、鹿児島

などの九州のお中元は

いつからいつまでになるのでしょうか。

 

8月1日~8月15日頃になります。

 

ちょうど関東の1ヶ月遅れになるのですね。

 

先にも触れましたが、関西などの地域は、関東の影響により

お中元の始まりが少しずつ早まってきているのですが、

九州については未だ早まる気配はないようです。

 

8月のお盆の時期がお中元の時期とされているそうですよ。

 

東北のお中元はいつまでに送る?

青森、秋田、宮城、福島、山形、岩手などの

東北のお中元は

7月初旬~7月15日頃になります。

 

関東と同じ時期になるのですが、

一部の地域では、8月にお盆を迎えているところもあり、

7月の初旬から8月15日頃までを

お中元時期としているところもあるそうです。

 

やはり、相手のお盆の時期を確認してから送るのが

安心かもしれません。



スポンサーリンク




関連記事:結婚式のボレロの色のマナー!黒や白はだめなの?

まとめ

夏のご挨拶、お中元。

いつまでに送るのか、その地域ごとの違いについてなど

様々な点から見てきました。

 

少しややこしいところもありますが、

毎年のことになるので、相手の地域の習慣などを、一度しっかり

調べておくといいかもしれませんよね。

 

お中元の本来の意味や相手の方の地域のことを

知っていくこともまた楽しいものかもしれません。

 

お世話になった方に、心のこもったご挨拶。

しっかりと気持ちも一緒に届けるようにしていきましょう!