「これだからゆとりは…」なんて陰口も叩かれる事も多いゆとり世代。

 

ゆとり教育を受けたゆとり世代が社会で「使えない」とされるのは

「指示がないと動かない」「会社の飲み会に参加したがらない」などがありますが、

こういう人達はゆとり世代でなくても社会にちらほらいますよね。

 

何でもかんでもゆとり教育のせいにされてしまっては、

ゆとり世代の人が不憫にも思えます。

 

では実際、ゆとり世代とはいつからいつまでの世代の人の事を言うのでしょうか。

年齢層や特徴についても詳しく解説します。

 

ゆとり世代とは何なのかについて詳しく知りたい人は、ぜひ参考にしてくださいね。



スポンサーリンク





ゆとり世代とは?

ゆとり世代とは、一般的に「ゆとり教育を受けた世代の人達」の事を指します。

 

そこでゆとり世代がいつからいつまでを説明する前に、

ゆとり教育について少し見ていきましょう。

 

ゆとり教育とはその名の通り「ゆとりのある教育」の事です。

ゆとり教育は

 

小中学校で2002年度

高等学校で2003年度

 

から開始されました。

 

日本は以前は知識を覚えるだけ覚えさせる詰め込み式の教育を行っていましたが、

それはあまり子供に良くないのではという議論が起こり、

もっとゆとりのある教育をしようという事で

 

学校を週5日制にして土曜日を完全に休みにしたり学習内容を削減したりする一方で、

体験学習や討論など「生きる為に必要な力」を学ばせる機会を増やしました。

 

これがゆとり教育です。

 

詰め込み方式から緩やかな教育方式になったことから、「ゆとり」と言われているんですね。

 

ただこのゆとり教育は生きる力を身につけるという教育は良かったものの、弊害もあり、

学習内容が減り登校日数も削減された事から

一部の子供たちに学力低下の傾向がみられました。

 

そこで今では、生きる力を身につける教育はそのままに、

休みだった土曜日を隔週で登校日にする・学習内容を増やすなど

若干の修正がされました。

 

完全にゆとり教育を否定するものではないものの、

この流れは「脱ゆとり教育」とも呼ばれています。

 

このような脱ゆとり教育が開始されたのは

小学校で2011年度

中学校で2012年度

高等学校で2013年度

 

からで、それが今に続いています。



スポンサーリンク




ゆとり世代の年齢はいつからいつまで?

ゆとり世代とはゆとり教育を受けた人達を指すなら、

ゆとり世代の年齢はいつからいつまでという問いについては

「ゆとり教育期間に学生だった人達」がゆとり世代という事になりますよね。

 

ゆとり教育期間は

一番早く始まったのは小中学校の2002年度から

一番遅く終わったのは高校の2012年度までの期間です。

 

これに年齢を合わせると、だいたい

1987年~2004年生まれあたりまでが

「ゆとり教育をしっかり受けた」年齢世代になります。

 

若者を見ると誰かれかまわず「ゆとり世代」と言う人もいますが、

完全なゆとり教育は2012年度までで終了しているので、

それ以降、つまり2004年より先に生まれた年齢の人は

学力低下という問題があったゆとり教育の影響はほぼないので、

明確にはゆとり世代とは言いません。

 

ちなみに2018年現在では、

ゆとり世代と言われている人達の年齢は14才~31才になっているはずです。

 

まとめますと、ゆとり世代がいつからいつまでというのは

1987年4月2日~2004円4月1日生まれの人

という事になります。



スポンサーリンク




ゆとり世代の特徴は?

ゆとり教育は2002年度~2012年度という短い期間に行われた教育でしたが、

ゆとり世代というのは世間一般に広く知られている言葉ですよね。

 

約10年しか続かなかった教育なのに、

なぜ「ゆとり教育」・ゆとり教育を受けた「ゆとり世代」という言葉は

ここまで周知されたのでしょうか。

 

それは、ゆとり世代と呼ばれる人達が学校を卒業して社会に出た時に、

共通した特徴があったからです。

 

では、ゆとり世代の特徴とはなんでしょうか。

よく言われる特徴は、以下のようなものがあります。

 

指示されないと動かない。

仕事で嫌な事があるとすぐやめてしまう。

プライベートを大事にする。

会社の飲み会に参加したがらない。

残業をしたがらない。

電話を取りたがらない。

 

これがよく、「これだからゆとり(世代)は…」と文句を言われる特徴です。

 

でもよく見ると、「指示されないと動かない」「電話を取りたがらない」は

新人の頃は誰でもよくある特徴ですし

「仕事で嫌な事があるとすぐやめてしまう」「プライベートを大事にする」

「飲み会に参加したがらない」「残業をしたがらない」というのも

欧米に近い個人主義の特徴にも見えますよね。

 

プライベートをほとんど犠牲にして会社に貢献してきた

団塊世代やモーレツ社員世代の方は共感しにくいかもしれませんが

ゆとり世代にはゆとり世代の良さがありますので、

そこを見極めるのが大事ですね。

関連記事:ご愁傷様への返事は?使い方や意味についても詳しく解説!

ゆとり世代を理解するおすすめブック!

ではここで、一見「わがまま」にも見えるゆとり世代を理解する為に

役に立つ本を紹介します。

 

共感はできなくても、

本を読めば彼らがなぜそんな考え方をするのか理解をする事はできますよ。

 

 

もし会社に「ゆとり世代」の人がやってきたら、おすすめなのがこちらの本です。

こちらの本ではゆとり世代への仕事の指導の方法、

理解してもらえる叱り方など場面ごとに説明しています。

 

ゆとり世代は「合わない」と感じたらさっさと転職する方も多く、

「自分と同じ世代のつもりで叱ったら、翌日から来なくなってしまい、

自分が人事部から注意を受けてしまった…」という事に意外と多いんですよ。

 

そうならないように、お互いに気持ちよく仕事をする為にも

ぜひこの本を読んでゆとり世代への接し方を勉強してみましょう。

 

 

こちらはゆとり世代を含む今時の若者について知りたくなった時におすすめの本です。

特に今の年配者と若者には働き方の価値観や考え方に大きな隔たりがありますよね。

 

そんな「なぜ若者がそんな事をするのかさっぱり分からない」という方も、

この本を読めば若者の行動や思考の理由が理解できます。

 

「これだから若者は…」「ゆとり世代は…」というのは簡単ですが、

彼らも悪人ではありませんし、大半は真面目です。

 

彼ら若者を応援するつもりで、年配者として適切なアドバイスができるように

ぜひこの本を読んでみてください。

 

 

「扱いにくい」と言われているゆとり世代ですが、

実はきちんと向き合えばしっかりした即戦力になってくれる

ポテンシャルを秘めた存在なんです。

 

こちらの本では、

ゆとり世代とうまく付き合い、潜在能力やヤル気を引き出す方法が説明されています。

 

今は若者の人数が少ないので、新人という素材はどこも取り合いですよね。

せっかく苦労して獲得した新人がすぐに会社をやめてしまっては会社としても大損害です。

 

ここはしっかりゆとり世代と向き合い、彼らの「取り扱い方」を学んで

ぜひ会社を支えてくれる1本の柱に育ててみましょう。



スポンサーリンク




関連記事:退職時の菓子折りを渡すタイミングや渡し方!のしは必要?

まとめ

よく文句を言われがちなゆとり世代ですが、

その文句の内容を詳しく見ていくと、「完全に悪い」という訳でもありません。

 

ゆとり世代に文句を言う人の多くが一つ前の世代やさらに上に世代だと考えると、

日本の社会の意識が若者を中心に変わりつつある最中なのかもしれませんね。

 

ゆとり世代に疑問がある方は、ぜひこの機会にゆとり世代について学んでみてください。



スポンサーリンク